CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【ふるさととくぢ連載〜森のことこと〜目で歩く 愛で歩く】 | Main | 山口新聞とふるさととくぢに(一社)もりとわが紹介されました »

カテゴリアーカイブ
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール

もりとわさんの画像
http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【森の案内人について五つの質問 その5 松本さん】[2019年05月11日(Sat)]
森林セラピーとは、森の持つ癒し効果を人間のココロとカラダの元気づくりに活かそうとする取り組み。そこで重要な役割を果たすのが、ガイドやインストラクターとしての役割を果たす森の案内人です。

山口市では、令和元年、第9期となる森の案内人の養成講座を開講します。
6月から始まる養成講座を前に、すでに森の案内人として活動しているメンバーに、五つの質問を通じて、森の案内人の活動の意味や価値、やりがいや活動の具体をご紹介できればと思います。

第5回は、森の案内人松本和也さんです。

14.jpg

(1)松本さん流の森の案内人活動とはどんなものですか?

 ガイド活動はもちろんですが、他の基地との合同研修の進行役をしたり、イベントの司会役をしたりしています。ほかには、写真など、広報のお手伝いもしています。
 訪れる方が、どんなふうにきて、どんなふうに帰っていくか、そこはすごく意識しています。

(2)森の案内人になって良かったこと・森の案内人になってからの自分の変化を教えてください。

 森林セラピーってなあに?ということを深める中で、ノルディックウォーキングやツリークライミング、シェアリングネイチャーや、プロジェクトアドベンチャーなどいろんなことを学ぶことができました。そういった知識とこれまでの経験がかみ合って、案内人としてちょっとずつよくなっているのでは、と思います。
 もちろん至らない点は多くありながら、謙虚な気持ちでいられるのは、理想が高く持てる森林セラピーという活動だからだと思います。

(3)これまでで一番の思い出、エピソードがあれば。

 野谷集会所を森林セラピーの活動拠点として、整備する際の場所づくり作業は、まさに手作りで、印象深いです。
 ほかにも、いろいろな人と力を合わせて行ったことはいずれも大切な思い出です。最初はお互い手探りな感じだけれども、成功を成し遂げたときにはハイタッチをしたくなるような・・。そういう気持ちはなかなか他では感じられないかもしれません。

 (4)森の案内人養成講座をどんな人にオススメしたいですか?

 いろんな方におススメしたいですが、あえて言うと、子育てがひと段落した45〜55の年代の方とか、仕事と家庭以外に何かソーシャルな活動を持ちたい方には男女を問わずお勧めしたいです。森林セラピーの活動は、お仕事にも家庭にも好循環をもたらすはずです。
 特に何か特技があったり、他の活動の指導等されている方なら、それらの活動がびっくりするくらい森となじむことにすぐ気がつくはずです。森という場所を活用したい、という方にはぜひおすすめしたいです。

(5)参加を考えておられる方に一言アドバイスをするとすれば・・。

 案内人活動というとハードルが高そうですが、みんながスーパーマンなわけではなくて、ほんと普通の市民が集っている感じです。活動は幅広く、いろんな役割があるので、皆様ならではの関わり方、ということも見いだせると思います。
 お互いに学び合い、支え合いながら行っていく活動ですので、こんな私でいいのかしら、ということこそ来ていただきたいと思っています。

森の案内人養成講座は、6月1日・2日、2月9日の三日間。
講師は特定非営利活動法人 ひろしま自然学校 志賀誠治さんです。
間の期間で、松本さんを含むメンバーでフォローアップをしていきます。

申し込み締め切りは、5月21日(火)です。※延長しました。
詳細は、森林セラピー山口のホームページを参照ください(←クリックしてね)

Posted by 松本 at 21:43 | 2019森の案内人養成講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/468

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド