CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【森の案内人について五つの質問 その3 国清さん】 | Main | 【ふるさととくぢ連載〜森のことこと〜目で歩く 愛で歩く】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール

もりとわさんの画像
http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【森の案内人について五つの質問 その4 角田さん】[2019年05月10日(Fri)]
森林セラピーとは、森の持つ癒し効果を人間のココロとカラダの元気づくりに活かそうとする取り組み。そこで重要な役割を果たすのが、ガイドやインストラクターとしての役割を果たす森の案内人です。

山口市では、令和元年、第9期となる森の案内人の養成講座を開講します。
6月から始まる養成講座を前に、すでに森の案内人として活動しているメンバーに、五つの質問を通じて、森の案内人の活動の意味や価値、やりがいや活動の具体をご紹介できればと思います。

第4回は、森の案内人角田吉久さんです。

DSC_0610.JPG

(1)角田さん流の森の案内人活動とはどんなものですか?

 森の中で歩いたり、寝転んだり・・・、ただ森の中を通り過ぎるのでなく、ゆっくり過ごしてもらう事、願わくば自然、森と一体感を得てもらう事をモットーに案内をしています。

(2)森の案内人になって良かったこと・森の案内人になってからの自分の変化を教えてください。

 森を歩くときに色々な事により深く気づけるようになったように思います。鳥の鳴き声や森を抜ける風の音、四季に咲く花々など。何だか、以前よりマイペースになったような?笑

(3)これまでで一番の思い出、エピソードがあれば。

 私は娘が1歳後半から一緒に森林セラピーに携わってきました。中学3年生になりましたが、今も昔と変わらず仲良くできているのは森林セラピーのお陰だと思います。

(4)森の案内人養成講座をどんな人にオススメしたいですか?

 自然に興味のある方。花が好きとか虫が好きとかそんなのではなく、ただ自然が、ただ森が好きな方におすすめしたいです。

(5)参加を考えておられる方に一言アドバイスをするとすれば・・。

 四季の移ろいや森の優しさに触れることは体や心にいいことは体感済みです。来訪者と共に徳地の森で癒されましょう。 

森の案内人養成講座は、6月1日・2日、2月9日の三日間。
講師は特定非営利活動法人 ひろしま自然学校 志賀誠治さんです。
間の期間で、角田さんを含むメンバーでフォローアップをしていきます。

申し込み締め切りは、5月21日(火)です。※延長しました。
詳細は、森林セラピー山口のホームページを参照ください(←クリックしてね)

Posted by 松本 at 22:32 | 2019森の案内人養成講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/466

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド