CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
森林セラピーの森をご案内する私たち、森の案内人のブログです。

« 【森林づくり県民税で整備した新しい森の小径のロードびらきです!】 | Main | 【7月31日(月)ケンタッキー州 センター大学からのご来訪】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

森の案内人の会さんの画像
http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【7月30日(日)森林セラピーガイドツアー〜観音の滝〜森と水の物語〜】[2017年07月31日(Mon)]
山口市徳地森林セラピー基地で活動する森の案内人の会、この暑い夏に提供する森林セラピー体験は森林セラピーガイドツアー「観音の滝〜森と水の物語〜」

今回は、山口市の広報番組でとりあげてもらったこともあり、結構な数のご参加をいただき、35を超える人数のメンバーが集いました。

暑い暑い夏、だけれどもこの季節だからこそ伝えられる森があるはず。
今回フィールドに選んだのは、篤林家の育む美林をとおり、ダムに沈んだ村を見下ろす位置にあったはずの幻の滝、観音の滝エリア。

今回秘密の新コースをご案内するか最後まで、悩みながら開催準備をしました。
訪れた皆様によい時間になったのなら、とってもうれしい。
写真を追いながら、今回の企画のことをゆっくりふり返りたいと思います。


moritomizu (2).JPG

ふれあいパーク大原湖に集まってあいさつ。
参加者、スタッフに30人以上が、集います。

moritomizu (3).JPG

グループごとにお話をしたりして時間調整をして出発です!

moritomizu (4).JPG

ふれあいパーク大原湖は週末だけに賑わっていました。
夏休み、このコースを楽しむのにも、最適なホームベースになると思いますので、ぜひ皆様ご利用ください。

moritomizu (5).JPG

観音の滝遊歩道の看板で細かいロード説明。
今回は秘密のコースも通ります。

moritomizu (6).JPG

焼かれたアスファルトの世界から、ひんやりとした森へ入っていきます!

moritomizu (7).JPG

アスファルトから一歩はいればひんやり。
階段を登りながらも、森をきょろきょろ。
気を引くものがいっぱいです。

moritomizu (8).JPG

第二グループが、最初の急登のコースで休憩。
息が上がるひととき、それって体の反応を
感じ取れている大事な時間、OK,準備が出来たら行きましょう。

moritomizu (9).JPG

篤林家の育む複層林施業のお話。
神殿のような森の雰囲気、尊いと思う気持ち、伝わったのではないかな。

moritomizu (10).JPG

スギの美林を抜けて、水音がするエリアへ、
ここからは沢登区間です。
最初にひんやりとした空気を胸いっぱい吸い込みます。

moritomizu (11).JPG

これから沢登区間です!

moritomizu (12).JPG

まだまだ沢登区間です!

moritomizu (13).JPG

まだまだまだ沢登区間です!

moritomizu (14).JPG

一枚板をロープを使って登ります。
いつしか癒しというよりアドベンチャーへ!

moritomizu (15).JPG

沢登区間を越えて、
こっちへお越しください・・・。

moritomizu (16).JPG

観音の滝 第一の滝です。
落差のある滝に、一同うっとり。

moritomizu (17).JPG

第一の滝から第二の滝への急登です。
息が上がりそうなときに、がんばっているその人に涼風が吹くという伝説?があるかも?です。

moritomizu (18).JPG

第二の滝に到着しました。
ひんやりとした涼風が、むかえてくれて、すべての疲れは吹っ飛びます!

moritomizu (19).JPG

滝からはじまり、いつしか海へ届く。
滝からはじまるその水を使って葉っぱのレースが始まります。

moritomizu (20).JPG

観音の滝の水音に包まれながら、訪れた皆さんにもやんわりとした雰囲気が広がります。

moritomizu (21).JPG

森と水の物語、お付き合いくださいというお願いのあとに、
この水に恵まれた国、この森に恵まれた国が育む水のお話。
訪れた皆様のココロに、ちょっとでもいきわたれたらいいな。
それが一番の森のおみやげ。

moritomizu (22).JPG

滝とお別れして、下りのロードへ。
実は、事故が多いのは下りの時間帯。
慎重に足を運びます。

moritomizu (23).JPG

ゆっくり、慎重に、丁寧に。
時間はかかるかもしれませんがひとりひとりの体験に、案内人が寄り添います。

moritomizu (24).JPG

下りのロードは滑ったりしても、ゴメンナサイじゃなくて、ありがとうございました。
もう打ち解けた雰囲気、笑顔がこぼれます。

moritomizu (25).JPG

実は、今日は平成27年度山口森林づくり県民税で整備した遊歩道のこけら落としでした。
ロード自体はできていたのですが、路面が安定するまで、ここまで我慢していました。
はじめて歩くビジターが記念写真です。

moritomizu (26).JPG

複層林の中を歩くロード、新たな魅力のこけら落としです!

moritomizu (27).JPG

新たに開いた遊歩道、往復がそれぞれ別のコースになることで、また魅力が広がりました。
ちょっとした団体や学校の受け入れもよりやりやすくなりました。

moritomizu (28).JPG

散策も終盤となり、いつしか説明の輪も
小さくきれいな輪に。これも森が育む魔法のチカラ。

moritomizu (29).JPG

山口森林づくり県民税事業の看板が立っていました。
お手本になるような森と、ロードと、取り組みになったと言われたら、うれしいな。

moritomizu (30).JPG

ゴールが近づき、あ、何かまた発見。

moritomizu (31).JPG

マムシグサ、今回のロードではよくみられました。

moritomizu (32).JPG

ひんやりした森の世界から、ぎらぎら焼かれたアスファルトの世界へ、
ふう、リフレッシュして、帰ってきましたよ〜。

moritomizu (33).JPG

ふれあいパーク大原湖に帰着後、アンケートを記入いただいてから解散となりました。
この暑さにもかかわらず、お越しいただいた方から多くのお褒めの言葉をいただき、うれしく感じました!なんだかもっともっとやる気になりました!

moritomizu (1).JPG

今回の企画の陰の立役者、朝から全線、仕上げの草刈りをしてくれた顔出しNGの組合長さんです。お借りしているこのコース、必ず愛されるコースになります。

みなさん、美林と滝を巡るこのコース、ふれあいパーク大原湖からのショートトリップ、ぜひこの夏の間に歩いてみてください。
お申し込みをお待ちしています!

【森の案内人さんのレポートのお知らせ】

※森の案内人養成講座受講生のimaniさんがレポートされた
林業女子会@山口のブログ「げんき森森」にも、様子が紹介されています。

※森の案内人前場さんの案内をされながら記録されたレポートはこちらです。


Posted by 松本 at 22:00 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/280

トラックバック

ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1291897

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド