CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
森林セラピーの森をご案内する私たち、森の案内人のブログです。
カテゴリアーカイブ
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール

森の案内人の会さんの画像
http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【更新情報とおススメ記事】[2019年12月31日(Tue)]
森の案内人のブログ 日々森好日 へようこそ!

6月になりましたね。
緑が色濃くなり、木陰が気持ち良い季節です。
森歩きには、ちょっとした虫除けと、団扇の用意があったらいいかもです。

これからの季節、木陰も気持ちいいですが、
ぽこっとキノコが生えていたり、一日一日の命の営みが
目で見えるような季節になります。
あの曲がり角の向こうに・・。そういう気持ちになったならば
もう森の案内人の資質は十分。

ぜひまた、たびたび森へ訪れてほしいと思います。
この季節のここが好き、そういう場所が必ず見つかります。
私がそうでしたから、きっとあなたにも。

森の案内人との森歩きは、皆様の希望の日時で実施可能です。
どんな内容が出来るのか、オーダーメイドでいろいろできますので、
カテゴリ別、月別にのぞいてみてください。

《募集中のイベント情報》
6月25日(日)森林セラピーガイドツアー〜みどりの木陰の森歩き〜
7月 2日(日) 森から始まる健やかライフ〜ノルディックウォーキング体験会〜


《2017年5月7日 森フェス 2017 春》
森フェス2017春の特集ページです

≪2017年2月26日(日)「ちいさな森カフェ」≫
2月26日(日)に開催される「ちいさな森カフェ」の特設ページです。

≪「森歩きと石風呂の一日」特集≫
秋から春までの間、15回にわたって行う「森歩きと石風呂の一日」の特設ページです。

≪森フェス 2016秋≫
10月23日(日)開催の森フェスの特集ページです


DSC_0235.jpg

Posted by 松本 at 00:00 | はじめに | この記事のURL | トラックバック(0)

【お知らせ 7月9日 山口県の森林を守り・活かして豊かな心を育む〜『ひと・森林・暮らし』について考える木育円卓会議】[2017年06月27日(Tue)]
今回は、防府市市民活動支援センターで行われるフォーラムのお知らせです。
このページをご覧の皆様もきっと興味をもたれると思うので、ぜひ、お目通しください。
木育のこと、森林セラピーの森の案内人としても学びたいところです。
皆様もぜひどうぞ。

19029196_1545463788818786_4480475549209040364_n.jpg

件名 
 〜山口県の森林を守り・活かして豊かな心を育む〜
 『ひと・森林・暮らし』について考える木育円卓会議

主催者:
  防府市市民活動支援センター

日時 
 2017年7月9日 13:00 - 16:30

詳細
〜山口県の森林を守り・活かして豊かな心を育む〜
『ひと・森林・暮らし』について考える木育円卓会議


森林や林業に関わる「木の専門家」たちと、行政、幼稚園・保育園など教育や子育て支援に関わる「暮らしの中で木を活かす人」たちが、地元山口県にある豊富な森林資源を活用し、木とともに生きる今と未来を「木育」という切り口で考える。

スケジュール
(1)オリエンテーション 
 主催者あいさつ・円卓会議の説明

(2)論点提供 
 国立大学法人 熊本大学 教授 田口 浩継 さん

(3)話題提供 
 団体:
  やまぐちウッドスクール 小野 恵美 さん
 企業:
  株式会社 銘建 代表取締役 カントク 青木 隆行 さん
 地域:
  楠むらづくり株式会社 統括マネージャー 河村 美弥子 さん
 行政:
  山口県農林水産部森林企画課 事業体支援班 主幹 笹井 雅之 さん

(4)個人ワーク・グループワーク


(5)連絡先情報
  電話 0835-38-4422
  防府市市民活動支援センター
  http://hofu-saport.org

Posted by 松本 at 23:31 | いろんなこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【6月25日(日)緑の木陰の森歩きは予定通り実施予定です】[2017年06月24日(Sat)]
6月25日(日)実施予定の森林セラピーガイドツアー〜緑の木陰の森歩き〜は予定通り実施予定です。
明日は、水墨画のような風景と、いつもよりよく響くやまびこに会えるのではないかと、期待しています。

雨具と、長靴の持参をお勧めします。

Posted by 松本 at 17:53 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【森の案内人インタビューその2〜「森からはじまる健やかライフ」を担当する前場さん〜】[2017年06月20日(Tue)]
森林セラピー山口の森の案内人、案内人の顔の見えるインタビューを通じてイベントなどをPR。
2本目の今回は、「森からはじまるすこやからライフ〜ノルディックウォーキング体験〜」を担当する前場さんです。

先に述べた通り、季節により、コースにより、また森の案内人により、実は森林セラピーは姿を変える。
いつも、遠くの街から愛車で徳地に来られる前場さん。
今回のイベントへ寄せる思いを参加者募集を兼ねて、ちょっとだけお聞きしました。

Q.1 今回のイベントの内容を教えてください。

A.1 梅雨の晴れ間を期待しての 白井川 のコースを歩きます。川沿いに 清々しい空気を一杯吸い込んで 有酸素運動で歩きましょう。


2016-07-03 10.50.03.jpg

Q.2 NWの良さを一言で言うとどうでしょうか

A.2 歩く楽しさを体全体で楽しく簡単に体験出来ます。

2016-07-03 11.03.16.jpg


Q.3 日頃森に来ることがない方が、森と出会うことでどんな変化があるでしょうか

A.3 森で日々の生活とのON、OFFのスイッチを切り換え出来 て、心身ともリフレッシュします。こんな素敵な場所他にありますか。

2014-10-19 10.29.02.jpg


Q.4 どんな方に森林セラピー体験をオススメ
したいですか…。


A.4 ストレス社会、こんな身近な所で スイッチの切換出来ますヨ八分音符 とにかく 一度 “とくぢの 森へ ようこそ ようこそ″ですね顔1(うれしいカオ)メロディ

2016-07-31 21.24.46.jpg


Q.5 この記事をご覧の皆様へメッセージをお願いします。

A.5 前場流のノルディックウォーキング レクチャーは、堅苦しい事は一切ありません。とにかく体験第一で 歩く楽しさを体感してもらえたらと思います。

160529yamanokami (2).jpg


イベントの詳細はこちらをどうぞ↓
森林セラピー山口HP 森からはじまる健やかライフ〜ノルディックウォーキング体験〜

Posted by 松本 at 22:03 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【森の案内人インタビューその1〜「みどりの木陰の森歩き」を担当する宮田さん〜】[2017年06月19日(Mon)]
森林セラピー山口の森の案内人、いつもはどちらかというと定型的なイベントチラシや、広報担当の言葉で連ねる参加者募集記事でPR。

だけれども、季節により、コースにより、また森の案内人により、実は森林セラピーは姿を変える。
今回は、6月25日(日)に開催予定のイベント「森林セラピーガイドツアー〜みどりの木陰の森歩き〜」の担当をされる森の案内人宮田さんにインタビュー。

イベントの参加者募集を兼ねて、ちょっとだけお聞きしました。



Q.1 今回のイベントの内容を教えてください。

A.1 風が木々を揺らす音や、鳥たちの声に耳を傾け、森に包まれて、湖畔沿いをゆっくり歩く2時間の企画です。時間をみて折り返すので、必ずここまで歩かねばならない、という雰囲気ではないですね。

DSCF0990 (640x480).jpg

Q.2 どんな方に森に来てほしいと思いますか?

A.2 森にはいろんなステキなものがあります。どなたでもお越しいただけると思いますが、大人の方でも、お子様でも、いろんな方に興味を持って楽しめる方が、森をより深く味わえると思います。いろんなことにちょっぴりの好奇心を持って楽しめる方にお越しいただけるといいと思います。

tuika (4).JPG

Q.3 宮田さんにとって、森林セラピーとはなんですか?

A.3 自然や、森の木々に囲まれて、身も心も心地よく過ごせることです。自然の力というか、その場所がくれる働きかけでしょうか、たとえば、ココロがみずみずしくなったり、私自身がちょっぴりほぐれて、活力がわく様なことです。

2017-05-28 11.32.35.jpg

Q.4 この記事をご覧の皆様へメッセージをお願いします。

A.4 森が元気で、人が元気。人が元気で、森が元気。そのどちらもがあってからこそだと思っていて、どちらかだけでもいけないのだと思っています。
 森の元気も人の元気も、日々の生活の中では、わからないものです。一度、森に身を置いて、森の中での人の元気、森の元気に思いを馳せていただけたらと思います。
 皆様が森を感じられる、私の好きな森をご案内させていただきたいので、ぜひ、「みどりの木陰の森歩き」にお越しいただければと思います。

11.jpg


イベントの詳細はこちらをどうぞ↓
森林セラピー山口HP 森林セラピーガイドツアー〜みどりの木陰の森歩き〜


 

Posted by 松本 at 21:55 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【6月18日(日)森林セラピー山口健康登山〜日暮ヶ岳〜】[2017年06月18日(Sun)]
森林セラピー基地のトレッキング、歴史をひも解くと、当時の徳地観光協会が実施していた日暮ヶ岳登山や、三ツヶ峰トレッキングまで戻る。徳地観光協会が平成20年ごろまで、10月に行っていた日暮ヶ岳登山も、元をたどれば、今では森林セラピー基地となった国有林の最深部、飯ヶ岳登山と、その登山道開設の頃の歴史まで、さかのぼれるもの。

そう、この地域でトレッキング、山登りの企画はそれほど歴史が古いものではない。いえば15年と少し、歴史は浅いと言えばそう。

森林セラピー山口を発信するための定期的なイベントとして、平成22年から月に一度のトレッキングを催行しながら、さまざまな徳地地域のお山を紹介しながら登り、昨年、「健康のために山に登ろう」という、日暮ヶ岳健康登山を一年間行い続ける中で、たどり着いた結論が、今年からはじまった「森林セラピー健康登山」。
年間を通じて、健康のために山に登ろう、というメッセージの元に、森の案内人が行います。

しかも、徳地地域だけでなく、おっきな山口市内の各地の山に。
山口は山の入り口、そういう取り組みが全市的に育まれたっていい。

6月18日(日)、本日のお山は、慣れ親しんだ日暮ヶ岳。
広報担当は同行できなかったのですが、すでに参加したスタッフが充実したブログやフェイスブックをアップされています。おそらく、それ以上のレポートはないので、まずは、そちらをご紹介しましょう。

今回のスタッフ かずさんのブログはコチラ。

かずの里山ハイク 森林セラピー山口健康登山〜日暮ヶ岳〜

0db8e8101bdc19aedd131ffc4aa763eb.jpg

森の案内人 土井さんのフェイスブック投稿はこちら。



森の案内人 佐藤さんのフェイスブック投稿もどうぞ。



お時間のないあなたのために、かずさんのブログから、写真をいくつか引用して、当日の様子を紹介しましょう。

47336f10b3df651f38ceb31910b41415.jpg

集合は国立山口徳地青少年自然の家。
森の案内人とスタッフあわせて26人。いい規模の会になりました。

53c2497af4141867d61e3f7b57d421e3.jpg

小休止をはさみながら、ゆっくり登ります。
途中、見晴らしの丘では、森林づくり県民税により明るくなった森をご紹介しました。

9e7d3818e0463a9cc6fe0e2cf647208f.jpg

山頂では、眺望を楽しみ、遠くのお山に思いを馳せたり、
帰路につく際には、下りの注意点を確認しました。

cc2c635492db3d3a4902e3d1cf848415.jpg

担当した森の案内人野村さんの入念な下見もあり、安全に催行することが出来ました。

a132b74fef82a025fc01751477c54294.jpg

お山を下りたそのあとは、森の案内人が整備したスギ美林のベンチでリラックス。
お山から、毎日の生活に戻る前のほんのひととき、一息つく時間になりました。

・・・。
どうして、見てないワタシでは言葉が足りない・・。
ということで、より詳しくごらんになりたい方は、
今回のスタッフ かずさんのブログをどうぞごらんください。

かずの里山ハイク 森林セラピー山口健康登山〜日暮ヶ岳〜

森林セラピー健康登山、次回はちょっと時間が空きます。
次回のトレッキングは十種ヶ峰、9月17日に実施予定ですので、ブログやホームページのチェックをお願いします。

皆様、健康のためにお山に登る、森林セラピー健康登山でお会いしましょう!

Posted by 松本 at 22:05 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【ふるさととくぢ6月号に森フェスのことが掲載されました】[2017年06月17日(Sat)]
森林セラピー山口森の案内人の会、一年で一番大きな企画が終わってはやひと月。
これから先の季節の企画のことが動きはじめている時期ですが、取材しただいた記事や出店いただいた皆様の感想は、こうしたタイミングで届けていただいています。

こういうのも、遅れて届いた手紙のようでうれしいですね。

20170617morifes.jpg

ふるさととくぢのレポート記事に、当日のノベリティ
「組手什の木の合うペンダント」とスタッフ章、会場の様子を紹介いただきました。

170617hunase.jpg

地域おこし協力隊 船瀬隊員の読み物「ご縁をつなぐ徳地和紙」では、森フェスでの85人という体験提供のことが紹介されていました。

森フェス自体はひと月以上前に終わってしまった一日限りの森の祭典ですが、
その活動を通じて出展される皆様のいろんな活動が紹介できたり、
これからの活動につながるいろいろな動きがあって、これからのわくわくにつながりそうです。

これからの季節、夏には夏の森の楽しみ方をお勧めしたいですし、秋の企画はこれから、ぜひ皆様のグループにも、森林セラピー山口 森の案内人の会の活動を取り入れていただけたら嬉しく思います。

森で企画をしてみたいという皆様、ぜひ一度ご相談ください。

Posted by 松本 at 21:42 | メディア掲載 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【6月12日(月)テレビ放送の取材〜観音の滝 水と森の物語〜】[2017年06月15日(Thu)]
森林セラピー山口森の案内人の会、7月に放送予定の山口市広報番組「やまぐちしま専科」に登場予定です。

この日は、7月30日に開催予定の森林セラピーガイドツアー〜観音の滝 水と森の物語〜の告知も兼ねたイメージでの収録です。

shimasenka (1).jpg

森林セラピー基地内のオートキャンプ場、ふれあいパーク大原湖から、レポーターさんが森の印象を伝えます。

shimasenka (2).jpg

篤林家の育む森は、神殿のように荘厳で、静寂が広がっています。
たくさんの木々に囲まれているのに、すがすがしく、見晴らしがいいのです。

shimasenka (3).jpg

沢登区間へ。石伝いに歩くようになりますが、むしろちょっとドキドキして、ワクワクします。

shimasenka (4).jpg

ここが、地域に古老が伝えた幻の滝・・。
ここから先の様子は、7月のテレビ放送か、森の案内人さんとの森林散策、あるいは7月30日(日)実施予定の森林セラピーガイドツアー〜観音の滝 森と水の物語〜でご紹介します。

何時間にも及んだこの日の収録が、テレビで紹介されるときには、またご案内しますね。

Posted by 松本 at 22:30 | メディア掲載 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【参加者募集:6月25日(日)森林セラピーガイドツアー〜みどりの木陰の森歩き〜】[2017年06月14日(Wed)]
山口市徳地森林セラピー基地の森の案内人は、ゆっくりと五感で自然を感じる森歩きで、その季節に応じた魅力あるコースをご案内します。

2017-05-28 11.34.49.jpg


6月の森林セラピーガイドツアーは、森林セラピー基地内の愛鳥林エリアを散策します。大原湖に沿った緩やかな片道1.6qのコースです。

2017-05-28 11.04.57.jpg

日々森の緑は色濃くなります。
木陰から運ばれてくる涼風を味わうとともに、豊かに水をたたえた大原湖では、鳥たちの営みを間近に感じることができます。

2017-05-28 11.32.35.jpg

森林セラピーガイドツアー、年間を通じて開催する企画ですが、季節や、コースだけでなく、担当する一回一回の案内人は異なります。

何度でも、訪れてほしい、そういう企画にしたいと思っています。
ぜひ一度、ご参加ください。

(以下、ホームページより引用)

開催日時
 2017年6月25日 @ 9:30 AM - 12:00 PM

開催場所
 旧野谷集会所
 〒747-0401 山口県山口市徳地野谷1842

参加費
 500円(小中学生250円)※要保護者同伴)

主催
 森の案内人の会(共催山口市)

TEL
 0835-52-1122

FAX
 0835-52-1301

E-mail
 tk-nourin@city.yamaguchi.lg.jp

募集人数
 20名(先着順)

持参物
 昼食、飲み物、雨具、リュックサック、散策できる服装、歩きやすい靴、虫除けスプレー、その他必要とおもわれるもの

申込期限
 6月21日(水)

申込方法
 電話、FAX、または下記メールのいずれかの方法で、参加を希望される方の指名、郵便番号、住所、年齢、性別、連絡先電話番号を申し出願います。

申込メール
※下記の項目をメール本文にコピー&貼り付けして、必要事項を記載し送信してください。

参加される方の
【郵便番号】
【住所】
【氏名】
【年齢】
【性別】
【中止連絡等できる連絡先電話番号】

※複数人で申し込まれる場合は、全員の氏名・年齢をお教えください。

Posted by 松本 at 23:42 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【6月14日(水) 徳地のホタル情報 佐波川関水】[2017年06月14日(Wed)]
山口市徳地森林セラピー基地、森の魅力もさることながら、季節の魅力はそれだけにとどまりません。

今日は、この季節みんなが魅かれるホタルのご紹介。
紹介するスポットは森林セラピー基地の入り口付近佐波川関水。

写真でご紹介できないのが残念ですが、
800年前に川を用いて大木を海まで下すために
118カ所設けられたという佐波川関水あたりには、
数百というホタルが乱舞していました。

お山と、川を行き来するホタルのそのまた頭上に
満天の星。

真っ暗なフィールドだからこそ、ホタルと星が同じように映えます。
川面に映るはホタルか、星か、
足元も見えない暗闇、しんとした一帯に
ホタルが飛び交い、あたかもそこに宇宙があるような時間です。

車が通れるのですが、出来るならお車はホタルの飛び交うあたりには乗り入れないで
県道123号と、国道489号線の交点から佐波川ダム方面に下り、
佐波川ダムバス停付近の広いスペースに車を停めさせてもらって
南側にあるくこと数百メートル、佐波川関水までの間の区間が
一番見応えのあるスポットです。
南側、国立山口徳地青少年自然の家の上り口付近の広いところから歩いても
数分で最も美しいスポットにたどり着けます。

ホタルが出始めるのはおよそ20時くらいから、
20時30分から21時15分ごろがおおよその見ごろだと思います。

今日(6月14日)に素晴らしかったので、この週末18日頃までは
蛍はみられると思います。
いろんなスポットがありますが、ここはいいと思います。
出来るなら、お車は、ホタルの近くに乗り入れないようご配慮をお願いします。

参考までに、山口観光コンベンション協会徳地支部のページをご紹介しますね。

s012.jpg

山口観光コンベンション協会徳地支部 佐波川関水・僧取淵
http://www.tokudi-kankou.jp/place/032/index.html

Posted by 松本 at 23:06 | 徳地の森 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【6月11日(日)第8期森の案内人養成講座がスタートしました】[2017年06月11日(Sun)]
山口市徳地森林セラピー基地で活動する森の案内人。その森の案内人になるための森の案内人養成講座がスタートしました。

今回の講座は、これまでよりも講座日程をぎゅっと短くして、森の案内人としてスタートアップするための基本のキの部分を確認する趣旨で行います。

会場に集ったのは受講生19名と森の案内人のサブスタッフを含めた運営チーム。
総勢29名での活動になりました。

kouza170611 (3).JPG

今回の講座講師を務められるひろしま自然学校、志賀誠治さんです。

kouza170611 (4).JPG

サブスタッフを務める森の案内人チームです。

kouza170611 (5).jpg

最初は小さな輪になり、呼んでほしい名前を覚える活動です。

kouza170611 (6).JPG

山口市から森林セラピー推進事業の目的や目標などの説明がありました。

kouza170611 (7).JPG

座学の合間に、思いついたことや疑問を語り合う時間もあり、ちらほら質問も。

kouza170611 (8).JPG

午後からはフィールドへ、二人組のストレッチで、体も心もほぐします。

kouza170611 (9).JPG

森の中できょろきょろ、とあるものを見つける活動、受講生も能動的に。

kouza170611 (19).jpg

あるかな、ないかな。いるかな、いないかな。

kouza170611 (10).JPG

見ることを通じて感性がひらかれる時間になりました。

kouza170611 (20).jpg

めったにない森で味わう時間も、自然がくれるちょっとしたご褒美です。

kouza170611 (11).JPG

グループ課題、探し物をしながらの森歩き。はじめて同士なのに会話が弾みます。

kouza170611 (12).JPG

おんなじ自然を表す言葉をたどっても、こんなにちがう。
答え合わせの瞬間、あーっと、腑に落ちる瞬間。

kouza170611 (16).JPG

森の中で、一人の時間を体験します。

kouza170611 (14).jpg

きらきら、ゆらゆら、森に包まれる時間。

kouza170611 (13).jpg

ゆっくりとしたひとときを味わいました。

kouza170611 (18).JPG

わかちあい。森の中で感じたことが、自然と口かこぼれます。

kouza170611 (17).jpg

一日の活動をふりかえり、初日の講座は終了。
皆様お疲れ様でした。

初日は、まずは森を体験してみる活動。
体験して、理解して、やる気になる、ということで
2日目以降は案内人としての必要な知識や、考え方。
案内人としての自身の軸を探す内容になります。

次回の講座は、7月8・9日です。
皆様元気でお会いしましょう。

Posted by 松本 at 22:54 | 2017森の案内人養成講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【参加者募集:7月2日(日)森からはじまる健やかライフ〜ノルディックウォーキング体験〜】[2017年06月08日(Thu)]
山口市徳地森林セラピー基地で活動する森の案内人の会、ノルディックウォーキング部会の今年の活動は、初心者向けの体験会の充実・ロングウォークの機会の創出・交流会の開催。三つの領域をしっかり押さえたいということ。

今回の企画「森からはじまる健やかライフ〜ノルディックウォーキング体験〜」は
そのうちの初心者向けの講習会。

第一回目の会は無事に終了しました。
詳しくは、こちら

この第一回に引き続き、第二回目を開催します。
第三回目、第四回目、これからも続いていけばと思います。

160529yamanokami (2).jpg

森林セラピー山口の森の案内人の会のノルディックウォーキングチームは、それぞれ自身でインストラクター講座等を修了したメンバーです。
わくわく、はつらつ、森を歩くツールとしてのノルディックウォーキングを、皆様に提案します。

160529yamanokami (3).jpg

今回は、初心者を対象とした講習会を年間五回程度実施するうちのひとつ。
スタートゴールは森林セラピーを伝える場所、野谷分校。
2時間と短い時間なのですが、お昼をはさんで、徳地という森のある街を楽しむ時間になりそうです。

160529yamanokami (9).jpg

春には春の、夏には夏の、それぞれの花が咲くように、その季節にはその季節のおススメのコースの魅力があります。
森から始まる健やかライフ、森歩きの楽しさと良い運動習慣としてのノルディックウォーキングを持ち帰っていただき、皆様の暮らしがより健やかで豊かなものになりますように。



森からはじまる健やかライフ〜ノルディックウォーキング体験〜


日時
 2017年7月2日 @ 10:00 AM - 12:00 PM

開催場所
 旧野谷集会所
 〒747-0401 山口県山口市徳地野谷1842
参加費
 500円(小・中学生250円 要保護者同伴)

主催
 森の案内人の会事務局(徳地農林振興事務所内)
 0835-52-1122
 tk-nouirn@city.yamaguchi.lg.jp

募集人数
 20人(先着順)

持参物
 散策できる服装と履きなれた靴、
 リュックサック(両手がフリーになるもの)、
 帽子、昼食、水筒、手袋、タオル、雨具、
 (あれば)ノルディックウォーキングポールなど

申込期限
 6月28日(水)正午

申込方法
 電話、FAX、または下記メールのいずれかの方法で、
 郵便番号、住所、連絡先電話番号、氏名、年齢、性別、人数、
 参加希望日を申し出願います。

申込メール

 ※下記の項目をメール本文にコピー&貼り付けして、
  必要事項を記載し送信してください。

参加される方の
【郵便番号】
【住所】
【氏名】
【年齢】
【性別】
【中止連絡等できる連絡先電話番号】
※複数人で申し込まれる場合は、全員の氏名・年齢をお教えください。

個人情報の取り扱い
 ご記入いただきました住所・氏名・年齢・電話番号及びe-mailアドレスなどの特定個人を識別できる情報(個人情報)は、イベント参加の目的にのみ使用させて頂きます。また、いかなる場合でもこれを開示いたしません。

Posted by 松本 at 23:38 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【参加者募集:6月18日(日)森林セラピー健康登山〜日暮ヶ岳〜】[2017年06月07日(Wed)]
山口市徳地森林セラピー基地で活動する森の案内人の会、昨年度実施した日暮ヶ岳健康登山が発展的消滅、今年は全市に活動フィールドを広げ、登りやすいお山を中心に健康登山のイベントを展開します。

6月18日は、昨年しっかり登り、登山道・山頂整備をした日暮ヶ岳です。
はじめての山登りにおススメのお山ですので、皆様におススメしたいところです。

2016-08-23 20.38.14.jpg

山頂には軍関係の施設の跡もあり、眺望の良さも相まって、一粒で二度おいしいような。

2016-08-23 20.38.16.jpg

西側に眺望が開け、秋には、夕暮れが美しくなりそう・・。
日暮ヶ岳の由来の話題にも花が咲きそうです。

2016-08-23 20.38.01.jpg

登り口は、長者ヶ原、最初に擬木の階段が続きますが、まちがえにくいまっすぐのルートです。

2016-08-23 20.37.53.jpg

下山後は、森の案内人が整備した杉美林へ。
杉葉が揺れるのんびりした時間に、山登りの疲れもとれるかも。

2016-08-23 20.38.32.jpg

森の案内人が登山、下山も含めてしっかりサポートします。
この健康登山を通じて、健康のために山に登ろう、という方が増えたらいいな、アクティブに活動される方が増えたらいいな、と思っているのです。


森林セラピー山口健康登山〜日暮ヶ岳〜の参加申し込みは下記からお願いします。

森林セラピー山口健康登山〜日暮ヶ岳〜

開催日時
 2017年6月18日 @ 10:00 AM - 3:00 PM

開催場所
 国立山口徳地青少年自然の家
 〒747-0342 山口県山口市徳地船路668

参加費
 1000円(小・中学生500円 要保護者同伴)

主催
 森の案内人の会(山口市徳地農林振興事務所内) 
 電話 0835-52-1122
 E-mail tk-nourin@city.yamaguchi.lg.jp

募集人数
 20名(先着順)

持参物
 昼食、飲み物、歩きやすい服装、登山靴、手袋(軍手)、
 雨具、レジャーシートなど

申込期限
 平成29年6月14日(水)

申込方法
 電話、FAX、または下記メールのいずれかの方法で、
 郵便番号、住所、連絡先電話番号、氏名、年齢、性別、
 人数を申し出願います。

申込メール
 ※下記の項目をメール本文にコピー&貼り付けして、
 必要事項を記載し送信してください。(メールの件名は変更しないでください)

参加される方の
【郵便番号】
【住所】
【氏名】
【年齢】
【性別】
【人数】


なお、このイベントとは別にグループや個人の登山のことで、徳地のお山で森の案内人の同行を希望される方は、下記URLから、登山コースを選択の上、お申し込みください。日程等調整させていただきます。

(森林セラピーガイドツアー申込みフォーム)
http://www.shinrin-therapy-yamaguchi.jp/guidetour/form/

Posted by 松本 at 22:50 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【6月4日(日)森からはじまる健やかライフ〜ノルディックウォーキング体験会】[2017年06月05日(Mon)]
森林セラピー基地で活動する森の案内人の会、ノルディックウォーキング部会の今年の活動は
初心者講習会の充実、ロングウォークの機会の創出、交流活動の実施の三本の柱で行います。

6月4日(日)は、その第1回目、「森からはじまる健やかライフ〜ノルディックウォーキング体験〜」です。

20170604NW (1).jpg

会場となる野谷集会所にスタッフと来訪者合わせて12名が集います。
今回は森の案内人片山さんと山本さんが担当です。

20170604NW (2).jpg

最初に片山さんからノルディックウォーキングの歴史や効用、効果的な運動法などのレクチャーがありました。

20170604NW (3).jpg

大きな木がくれる大きな木陰
この大きなヒマラヤスギの下でレクチャーを聞きました。

20170604NW (6).jpg

ポールの使い方は習うより慣れろ、というと雑に聞こえますが、
考えないで体得するもの。
特徴や部品の名称を確認したのちは、段階的にポールテクニックを習得します。

20170604NW (8).jpg

一通り感覚をつかんだら徳地の里山を巡る旅へ。
ポールを突いてのショートトリップです。

20170604NW (9).jpg

この日訪れるのは徳地野谷の里山風景、
それから重源上人ゆかりの佐波川関水です。
コンディションは最高、文句なしです。

20170604NW (10).jpg

水路に流れる水も清らか
田植えも済んで、苗が整然と並びます。

20170604NW (11).jpg

なにか物語がありそうなお社のかたわらを通り、ノルディックの小さな旅は続きます。

20170604NW (12).jpg

トトロが出てきそうな一角を青い空がいろどります。

20170604NW (13).jpg

水をたたえる佐波川、このあたりはホタルが美しいところでもあります。

20170604NW (14).jpg

佐波川関水に到着。
腰を下ろして、重源上人の故事に耳を傾けます。

20170604NW (15).jpg

これはトロッコ軌道で運ぶ巨木の写真、
800年前はこれを人力で運んでいたのです。

20170604NW (16).jpg

関水公園の説明板は、案内人さんが掃除をしてピカピカに。
この説明板、内容もよくわかります。

20170604NW (17).jpg

河口まで118箇所あったと言われる関水。
現存する唯一の遺構は国指定の史跡で、
以前皇太子殿下が来られたこともある学術的な価値も高いものです。
今回は草が茂ってわかりにくかったのは残念でした。


20170604NW (20).jpg

森の案内人山本さんによるオカリナ演奏のご披露がありました。
↓下記動画にて後半の少しだけ紹介しています。




あらためて、自然の素材の響き、
森になじみますね。よく合います。

20170604NW (21).jpg

折り返して帰路につきます。
葉っぱが白くなったマタタビに注目、「また旅」に出たくなるほどの効用があるそうです。

20170604NW (22).jpg

山本さんからは、昨年漬けたマタタビ酒のご紹介。
お車でお越しのみなさんなので、香りだけ味わいました。

20170604NW (23).jpg

重源上人の弟子の蓮華坊が筏の操船を誤り、命を落としたといわれる僧取淵、
筏が激突した岩を僧取岩、川底に沈んだ大木を坊主木といいます。

古くより日照りの時には坊主木に縄をつけ、雨乞いをする歴史があります。
※現在坊主木は、川底に埋まって見えません。

20170604NW (24).jpg

復路の途中にはとっておきのごちそう、桑の実に夢中になりました。

20170604NW (30).jpg

青い空までまっすぐと続く田園風景に、おだやかな気持ちになります。

20170604NW (32).jpg

この季節ならではのとっておきのイチゴを発見!
スタッフも参加者も、自然の味覚を味わいました。
※この分だけ、時間もちょっぴり延長でした。。

20170604NW (33).jpg

道路脇、きれいに咲くオオキンケイギクの物語、
外来種として、駆除しなければいけないということもありますが
トッコウバナと伝えられる鹿児島の特攻隊基地のお話は、諸説あるといいながら
黄色いお花に、喜びや幸せを願う遺族の想いのご紹介とあいまって
平穏なこの季節、この場所の里山歩きを深く感じる時間になりました。

20170604NW (34).jpg

旧野谷集会所に帰着して、ストレッチ。
初めてポールを触るときはもやっとした感じだった参加者も、
もっと歩きたかった、楽しかったと口にされるような時間になりました

20170604NW (35).jpg

閉会前に、アンケートをご記入いただき、しばし昼食の時間、木陰でリラックスタイムを味わいました。

20170604NW (36).jpg

閉会後、森の案内人チームは、今回の活動のふりかえり。
第一回目の初心者講習会で得たいろんなことを、これからの活動に活かしていきます。

次回の森からはじまる健やかライフ〜ノルディックウォーキング体験〜は7月2日、もしかするともう少し涼しい場所を歩く企画になるかもしれません。
森からはじまる健やかライフ、いかがでしょう、
皆様の参加をお待ちしています



Posted by 松本 at 07:13 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【6月3日(土)森の案内人との木登り体験】[2017年06月04日(Sun)]
森林セラピー基地で活動する森の案内人の会、これまで10年の活動の中で、森を場所にしたプログラムを提供する中で、いろんな人材が育っています。この日、とあるグループからご依頼いただいた木登り体験もその一つ、TCJのファシリテーターの案内人の指導により、国立山口徳地青少年自然の家、わんぱく広場のクヌギの木にと友達になる木登り体験を開催しました。

290603ツリクラ (2).jpg

3家族13名のグループ、最初は気持ちをほぐすゲームから。
ロープを使った人間知恵の輪の様子に、仲の良い様子が見られました。

290603ツリクラ (3).jpg

最初は木の気持ちになるもくもく体操。
四季の季節をたどりながら、木の動きを体で表現しました。

290603ツリクラ (4).jpg

最初は、木に挨拶。
木の足元に、ふかふかな落ち葉を敷き詰めます。

290603ツリクラ (5).jpg

登り方の説明の後に、ヘルメットとサドルの装着。
道具が正しく装着できているか確認します。

290603ツリクラ (6).jpg

いよいよ、木に登ります。ちょっとだけ、どきどき。

290603ツリクラ (7).jpg

フットループを操作して、ちょっとずつ浮かんでいきます。
次第に、自分で考えて登れるように・・。

290603ツリクラ (9).jpg

サドルがしっかり支えてくれるので、エビ反りしたって平気です!

290603ツリクラ (10).jpg

あれ?もうお父さんを越えたかも?
お父さん、いつもこんなに高いところにいるの?

290603ツリクラ (11).jpg

カラダはだんだんと自由を取り戻したように自在に。
ロープに揺られて、ごつごつ木にぶつかったりするけれども、
それも楽しみの一つ、気にしない感じ!

290603ツリクラ (12).jpg

木登りは競争ではないので、それぞれが木と、自分との会話を楽しむように
どちらかというともくもくと登ります。

290603ツリクラ (13).jpg

もうずいぶん高いところにあがったのだけれど、
コワくないし、降りたくない。
あー、こんなものが見える。自然とそんな声があちこちから。

290603ツリクラ (14).jpg

おりまーす!と手をあげると
案内人さんが、ロープを器具で固定して、するするとおろしてくれたり・・。
地球へとうちゃーく!今の気分はどう?

290603ツリクラ (15).jpg

就学前の子どもさんも、チャレンジ。
やりたいといって、やれるとこまで。
やりたいんだね、その意欲に、大人の私たちが目を見開いたり。

290603ツリクラ (16).jpg

子どもたちがひととおり登って、それぞれ木から降りると
今度は大人タイムがスタート。
大きな樹へクライミングアップ。

290603ツリクラ (17).jpg

空は青く、緑は輝き、風は清らか
遠くで鳥の声がする
いつまでもこんな時間が続いてほしい気持ち

290603ツリクラ (18).jpg

大人達が木登りをする間、子どもたちはリラックスタイム。
ツリーボードは、森の特等席です。

290603ツリクラ (19).jpg

あー、いいなー!
僕も僕も!!そこは次第とにぎやかな場所に・・。

290603ツリクラ (20).jpg

向かい側の森では、空中テントテントサイルが展開。
子どもたちが森の中で静かな時間を・・・。
・・・・。飛び跳ねてはいけません・・。

290603ツリクラ (22).jpg

大人たちも、木の上でリラックスタイム。
それはとっておきの最高の場所。

290603ツリクラ (21).jpg

大人たちの木登りタイム、こんな姿で結実!
木の上、お話弾む!
木の上、降りたくない!
木の上、とっても楽しい!!

290603ツリクラ (23).jpg

楽しい時間は、終わりに近づき、
一緒に遊んでくれた木に、最初と同様に葉っぱの栄養をプレゼント。
頭をゴツンと、お礼のあいさつ。
また、一緒に遊んでね、という約束。

290603ツリクラ (24).jpg

みんなと今日遊んでくれたのは誰だい?
そう、木だよね。
この木がいっぱいある森が、この国にはいっぱいあって・・。

子どもたちにちょっと森のおはなしの贈り物。
今日の一日、木と友達になった記憶が
森の大切な役割りと意味と、一緒に思い出していただいたらいいな、という
ちょっとした想いのお話になりました。

森林セラピー山口の森の案内人、
日時やフィールド、スタッフの調整などの制約はありますが
木登り体験もぜひおススメしたいプログラムです。

森でこんなことがしてみたい、もし皆様にそんな思いがあったら、
森の案内人の会事務局にお問い合わせください。
森で行ういろんな企画、10年の経験のある森の案内人が一緒に実現に向けて一役買えればと思います。

森に来て、森から帰る、その間の豊かな時間。
私たち、森の案内人がお手伝いします。
森林セラピー山口の徳地の森へ、ぜひお越しください。

Posted by 松本 at 22:07 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【森の案内人になりませんか?D〜森の案内人からのメッセージ〜】[2017年05月29日(Mon)]
2年ぶりに開講する森の案内人養成講座、今回は講座のカリキュラムを見直し、森の案内人としてスタートアップするための体験と、自分自身の森の案内人像を深めるための時間として位置づけ、3日間にギュッと集中して行います。

この森林セラピーの活動に携わる森の案内人になるための講座、いろんな方に参加していただきたいと思います。
今日は、森の案内人からのメッセージをご紹介します。

「自然の持つ素晴らしいポテンシャルを一緒にご紹介しましょう、とっても元気になりますよ(^^)/」

2017-05-18 23.06.27.jpg

森を歩いて、自然のことを豊かだと感じて、そのことを訪れる皆様に、伝える。それって、歩くだけでなくいろんな心配りをしたりすることもあるのですが、なぜか、その時間のお蔭で私たちが元気をいただいたりする。。森の案内人をやる一番の動機はもしかしたらそれかも知れません。



「森の案内人活動で目覚めました。今、夫婦であちらこちらの森で野鳥観察に夢中ですあなたも新しい目覚め 探しませんか」

yacho.jpg

この活動のいいところは、この森で培った森の楽しみ方を、どこへでも持って行けること。そして誰にでもつたえていけること。この森が教えてくれたこと、実は、私たちの日々の暮らしがどんどん豊かになります。

夏の朝、鳥の声で目が覚める。今まで思わなかったそういうことを感じられる。
この取り組みで感じた豊かさを、友達にも家族にも、わかち合うことで一粒で二度三度?と目覚める感じです。これ、季節を身近に感じるいい機会になります。ほんと、お金もかからないし、おススメです。

「この森に来ると、元気モリモリ 森の案内人になれますよ!」

IMGP6561.JPG

ほぼすべての森の案内人は、この講座に参加するまでは、森林セラピー基地のことや、森のことは知らないでいます。だけれども、活動に参加する中で、このコースが、この森が、私たちのホームになります。
お連れするのは、私たちのとっておきの森、その向こうの角を曲がれば、こんな光景が広がっていて・・、そこで訪れる皆様が感じられる時間を大切にしています。なぜなら、私たちもこの森で、日々新しく発見を繰り返し、元気をもらっているから。ぜひ講座に参加ください。きっと元気モリモリになれる!かもしれません。。


「自らの楽しみを追及するより、お世話をして楽しまれている姿を見る方が、楽しみが深くなるらしい。」


2017-05-18 23.07.05.jpg

自然を楽しまれている方は多くおられます。
せっかくなので、その経験、感性、皆様の楽しみを、この活動で活かしてみませんか?
自然に触れる機会が少ないと言われる現代社会、訪れる方はあなたよりも、自然のことに関心も少なく、興味も少ないかもしれない。だけれども、訪れたその方が、自然に触れる、そうして何か腑に落ちる感覚を持ち帰られる。それは、もちろん森と自然が伝えてくれることなのですが、その瞬間に立ち会えるということは、自然の豊かさを伝えたい私たちにとって、最高のご褒美になります。

「新たな扉がどんどん開かれていき、楽しいライフスタイルにつながりますよ!」


161223 (12).jpg

森林セラピーの活動は、健康・環境・観光に軸足を置きながらも、創作・アート・運動・森づくり・伝統文化・コミュニケーション・教育と、どんどん可能性を広げています。
携わる人たちの交流、訪れるお客さまから教えてもらうこと、ときににうまくいかないこともありますが、どんどん、携わる私自身の扉が開き、きっと日々の暮らしは、より豊かなものになると思います。

「森林セラピーの活動を通じて、いろんな学びを得ることが出来ました。なにより、森を訪れて笑顔で帰られた皆様からの励ましの言葉は、私たちの活動の大切な支えになっています。ぜひ私たちと一緒に活動しましょう。」

DSC_0235.jpg

この10年の活動を通じて、最初は、市の事業に受け身的に携わる部分が多かったところがあります。ですが、この10年の経験を通じて、この森を訪れた皆様が、すっきりにこやかに帰られる姿をみて、励ましの言葉をいただきながら、やりたいことや、出来ること、そして私たちがやるべきことが広がってきた気がします。

この森林セラピーの活動は、人と森と地域の元気に貢献するもの。よかったらぜひ一緒に活動しましょう。社会にでて、職場以外のなにがしかの活動をしてみたい方、子育てを終えられた方、お仕事がひと段落された方、これからの時間の過ごし方として、森の案内人として、活動する時間も、いいと思います。

そして、すでに社会に対してなにがしか活動されている方にもおススメしたい。森は、きっと皆様の想いをあらしめることが出来る、そういう場所になるはずです。ちょっとでもご興味が湧いた、という方には、ぜひおススメしたいと思います。


森の案内人養成講座の申し込みは、下記を参照してください。
皆様のご参加をお待ちしています。

【第8期 森の案内人養成講座を開催します】
 徳地森林セラピー基地で来訪者を安全誘い、森の魅力を分かち合いながら来訪者を案内する「森の案内人」になるための講座を開催します。

森の案内人養成講座のページ

日 時
 1回目 6月11日(日曜日)
 2回目 7月8日(土曜日)
 3回目 7月9日(日曜日)
 ※いずれも9時から16時の予定です。(雨天でも実施します)

場 所
 国立山口徳地青少年自然の家(山口市徳地船路668番地)

内 容
 森林セラピープログラムの体験、講義、実習

対 象
 森林セラピーに関心のある方または森の案内人としての活動する意欲のある方

受講条件
 ・3回すべて受講が可能なこと
 ・養成講座終了後、最低1回のOJT(現地研修)に参加すること

定 員
 20人

受講料
 3,000円

申込期限 ※延長しました 
 平成29年6月5日(月曜日)
 
申込方法
 下記の受講申込書に必要事項を記入の上、郵送、FAXまたはメールにてお申し込みください

  受講申込書

申し込み先
 〒747-0292
 山口市徳地堀1744(山口市徳地総合支所内)
 山口市徳地農林振興事務所 森林活用・セラピー担当
 電話番号:0835-52-1122 FAX番号:0835-52-1301
 メールアドレス:tk-nourin@city.yamaguchi.lg.jp

Posted by 松本 at 23:09 | 2017森の案内人養成講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【5月28日(日)ノルディックウォーキング交流会in徳地】[2017年05月29日(Mon)]
山口市徳地森林セラピー基地で活動する森の案内人の会、おススメしたい森の歩き方のひとつとして、全身の筋肉の用いるノルディックウォーキングがあります。
この日は、山口市阿知須で、ノルディックウォーキングを通じた健康のまちづくりに取り組む、山口ノルディックウォーキングクラブとの交流会を開催しました。

2017-05-28 09.35.27 HDR.jpg

山口ノルディックウォーキングクラブから11名の役員さんをお迎えしました。
大きなヒマラヤ杉の下で、最初のごあいさつです。

2017-05-28 09.40.20 HDR.jpg

山口ノルディックウォーキングクラブの澤田会長。
クラブを支えるために、一人一人を大切にしたいというごあいさつ。

2017-05-28 09.45.38-1.jpg

最初に一人一人簡単に自己紹介をしました。

2017-05-28 09.51.59.jpg

ウォーミングアップは、JNFA BIの松本。
「大きな樹の下なので・・」とポールを全く使わない「もくもく体操」で体を動かしました。

2017-05-28 09.52.34 HDR.jpg

これは冬の樹木を表す体操。雪の重みをずっしり抱えているところです。

2017-05-28 10.00.36.jpg

ウォーミングアップを終え、いよいよノルディックウォーキングに出発です。

2017-05-28 10.05.07.jpg

午前中は、旧野谷分校から愛鳥林までの約4キロを歩きました。

2017-05-28 10.27.52.jpg

白井川橋を渡り、車の通らない道に入ります。
途中、道端の水路を流れる水と、田植えがされた水田にうっとり。
畔が弧を描き、美しい風景が広がっていました(※写真はありませんm_ _m)

2017-05-28 10.49.02 HDR.jpg

野谷の石風呂に到着。
俊乗房重源上人が東大寺再建のために木材を調達するためにここを訪れ、
遠く奈良まで木を運んだ歴史を説明しました。
この石風呂は、その大事業に携わる人々が疲れを癒した場所です。

2017-05-28 10.49.55 HDR.jpg

見上げれば大きな樹が風にゆらゆら
800年前のその日も、こんな風にさわやかだったか
遠い昔の偉業に、思いを馳せます。

2017-05-28 10.57.24.jpg

水がきれいな四古谷川、汗をかいたそのあとは、
この水で、カラダを清めたはず。

2017-05-28 11.01.15.jpg

本当に雲一つない青空、
最高のノルディックウォーキング日和、いよいよ森へ入ります。

2017-05-28 11.04.57.jpg

愛鳥林入口で、森林セラピーの説明をします。
この場所で行われた森林セラピー基地認定のための実験のこと、
森の持つ癒し効果のエビデンスのこと、
なにより、皆様が森を感じることが大切ということ

2017-05-28 11.07.02-1.jpg

ガイダンスの担当は、ノルディックウォーキング部会の林田さん。
終始にこやかに、森の楽しみを伝えます。

2017-05-28 11.22.07.jpg

森を歩くといろいろな発見がちらほら。
これはこの時期ならでは、ウラジロ飛行隊。
幾何学的なデザインのような光景が、森に広がります。

2017-05-28 11.32.35.jpg

4キロの道を歩いて、大原湖のビュースポットへ到着。
遠くに鳥の声がして、見通しのいい場所にベンチがあって・・。
そういうところに腰を下ろす時間の大切さを伝えたい気持ち。。

2017-05-28 11.34.49.jpg

この水面の下に、佐波川ダム建設に伴って失われた集落があって
その集落の名前をとり、ここを大原湖と言います。
これから先、梅雨や台風の対策のために、水位が下がりますが
この日はとても水が豊かな大原湖でした!

2017-05-28 12.17.40.jpg

ちょうど12時過ぎに、野谷分校に帰り着き、
お昼のお弁当タイムです!

2017-05-28 12.21.25.jpg

森林セラピー体験を申し込んだ際に注文できる
癒しの森弁当です!おむすびがとってもおいしいお弁当です!

2017-05-28 13.02.17.jpg

午後の部の意見交換会の前に、ここから加わる森の案内人が自己紹介をしました。

2017-05-28 13.26.12-1.jpg

山口ノルディックウォーキングの活動紹介と、阿知須の運動会でのパフォーマンスをお聞きして、午後からはグループに分かれてのテーブルトークです。

2017-05-28 13.30.01 HDR.jpg

最初のお題は、今日発見したこと、気づいたこと。
午前中の森歩きで感じたことを話しあいます。

2017-05-28 13.30.08.jpg

言ったこと、聴いたことはこれからの活動の参考になる宝の山。
気になることはメモに残して、これからにつなげます。

2017-05-28 13.30.14.jpg

語っているとだんだん楽しくなったり熱くなったり。
人と語りあい、想いが深まる時間になったでしょうか。

2017-05-28 14.27.21 HDR.jpg

90分間の意見交換会の最後、「これから私がやりたいこと」を、
紙に書いて、読みながら貼っていきます。

2017-05-28 14.29.32 HDR.jpg

この一日を通じて、たくさんの小さな決心が、紙でペタペタ。
行うことは小さなことかもしれませんが、みんなが出来ることを一歩歩み出せば
このノルディックウォーキングを通じて、何かが起きる。

2017-05-28 14.30.07 HDR.jpg

これからの交流のこと、お互いのこれからの活動のこと
山口市の東と西でノルディックウォーキングを通じたなにがしかが
動き出しそうな雰囲気です。

せっかく取り組んでいるそれぞれの活動、
森林セラピー山口と、山口ノルディックウォーキングクラブの相互の紹介も
おこなっていくこととなりました。

2017-05-28 14.38.12 HDR.jpg

予定より少し下がって14時30分過ぎに、意見交換会終了。
ノルディックウォーキング部会片山さんのごあいさつで締めくくりました。
お互いにありがとうございました、お世話になりましたという時間になりました。

山口ノルディックウォーキングクラブと、森林セラピー山口 森の案内人の会は、これからもノルディックウォーキングを通じて、訪れる人と私たち自身の、そしてこの街の元気に貢献する活動を行っていきます。

これまでそれぞれが行ってきた活動をふり返り、これから先へ進める小さな一歩を歩み出すような一日になりました。
山口ノルディックウォーキングクラブの皆様、どうもありがとうございました。
また一緒に歩きましょう!

Posted by 松本 at 22:52 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【森の案内人になりませんか?C〜10年かかって、講座も変化〜】[2017年05月25日(Thu)]
2年ぶりに開講する森の案内人養成講座、今回は講座のカリキュラムを見直し、森の案内人としてスタートアップするための体験と、自分自身の森の案内人像を深めるための時間として位置づけ、3日間にギュッと集中して行います。

平成18年に行った森の案内人養成講座は、約80人の方に参加いただきましたが、半年に及ぶ間、8回の講座の全部履修が要件であり参加しにくかったり、また、一つ一つの講座の情報量が多かったこともあり、参加者へのサポート体制が整っていなかったことなど反省点もあったところ。

第8期の森の案内人養成講座は、講師に特定非営利活動法人 ひろしま自然学校の志賀誠治さんをお迎えして、手探りで始めた森林セラピーのこれまで10年間の森の案内人活動の課題等を踏まえた講座としています。

2014-02-15 14.18.37.jpg

講師の志賀誠治さんは、特定非営利活動法人ひろしま自然学校の代表、管理されている広島県北広島町ろうきん森のがっこうには、森の案内人もおじゃまさせていただいたことがあります。

2014-02-15 15.13.51.jpg

写真は平成26年の森の案内人フォローアップ講座。
たとえば、癒し、という言葉ひとつについても、感じたり、考えたり、講師の考えをお聞きしながら、自分自身の想いをひも解く様な時間になるはず。

2014-02-16 10.53.39.jpg

プログラムを体験し、ふりかえる。自分自身の体験の中から、来訪者に対する接し方や、行うべきことを探ります。
新たな内容の講座は、すでに活動中の森の案内人とも分かち合いたい内容となるはずです。

森の案内人としての活動は、一口では言い表せない広がりと、可能性を持っていると私たちは考えます。

自分自身が、森に出会い、森を通じてこれまで触れてこなかった自然に出会う。
森での活動を通じて、多様な機会と交流があり、新たなつながりがひらかれる。
学ぶというより、腑に落ちる、
体験して理解する経験を通じて、新たなジブンにも出会えるような。

これらあらゆる機会を通じて、一人一人の人間的な成長の小さな一歩にもなればいいな
私たちはそう考えています。


森の案内人養成講座の申し込みは、下記を参照してください。
皆様のご参加をお待ちしています。

【第8期 森の案内人養成講座を開催します】
 徳地森林セラピー基地で来訪者を安全誘い、森の魅力を分かち合いながら来訪者を案内する「森の案内人」になるための講座を開催します。

森の案内人養成講座のページ

日 時
 1回目 6月11日(日曜日)
 2回目 7月8日(土曜日)
 3回目 7月9日(日曜日)
 ※いずれも9時から16時の予定です。(雨天でも実施します)

場 所
 国立山口徳地青少年自然の家(山口市徳地船路668番地)

内 容
 森林セラピープログラムの体験、講義、実習

対 象
 森林セラピーに関心のある方または森の案内人としての活動する意欲のある方

受講条件
 ・3回すべて受講が可能なこと
 ・養成講座終了後、最低1回のOJT(現地研修)に参加すること

定 員
 20人

受講料
 3,000円

申込期限 ※延長しました 
 平成29年6月5日(月曜日)

申込方法
 下記の受講申込書に必要事項を記入の上、郵送、FAXまたはメールにてお申し込みください

  受講申込書

申し込み先
 〒747-0292
 山口市徳地堀1744(山口市徳地総合支所内)
 山口市徳地農林振興事務所 森林活用・セラピー担当
 電話番号:0835-52-1122 FAX番号:0835-52-1301
 メールアドレス:tk-nourin@city.yamaguchi.lg.jp

Posted by 松本 at 00:38 | 2017森の案内人養成講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【5月21日(日)森林セラピー健康登山〜飯ヶ岳のレポート】[2017年05月24日(Wed)]
森林セラピー山口 森の案内人の会 この日は、森林セラピー基地の奥深く、飯ヶ岳にのぼる森林セラピー健康登山。

アップ用.jpg

この飯ヶ岳の登山道、古くは国道315線沿いから上がる道のほうが知られていたところですが、平成12年、旧徳地町が登山道を開設し、大規模登山イベントを開催しました。
それ以降、毛利藩モミ林、雀谷山、雀谷山〜飯ヶ岳縦走路等、緊急雇用対策事業等を導入して、滑山国有林一帯をきれいにした活動は、自治体と林野庁の粋な計らいとして、「防長山野へのいざない」でも紹介されています。

登山道を開設当初から、いろんな木が見られて、変化に富むいろんなコースが味わえるということで、多くの来訪がありましたが、ロードを管理する手が行き届かなくなったことを受け、ヤブ山に返りかけていた昨今、森の案内人だけではない、いろいろな方のご助力を得て、より楽しめるお山として皆様にご紹介できるようになりました。

この日の山登りは、一般来訪者、スタッフ合わせておよそ30名、佐藤リーダーが先頭に立ち、三つに分かれたそれぞれのグループが、滑松、ブナの巨木、山頂の景観、林野庁山口森林管理事務所の取り組みと等を、目で見て、聞いて、感じて、ほうほう、とうなずきました。

今回は、森の案内人の会広報担当のほか、たくさんの方がフェイスブックやブログにレポートを挙げていただいているので、そちらの記事を紹介させていただきます。

森林セラピー山口 森の案内人の会 
全行程の写真を掲載したアルバムを紹介します。




かずの里山ハイク〜飯ヶ岳〜



今回のトレッキング準備において、コース整備の指揮をとられたかずさんのブログです。当日は三番目のグループを担当され、山頂では、お山の紹介をされました。


森の案内人佐藤さんのレポート



今回のトレッキングでは、先頭を担当。山頂では、命を守るトレッキンググッズの紹介をされました。

参加者Iさんのレポート



毎回、イベント参加のたびに素敵なレポートを掲載してくれるIさん、今回は承諾を得て、記事紹介をさせていただきます。お友達との楽しい山登り、ぜひまたお越しください。

森林セラピー健康登山、これから、一年をかけて、山口市内のいろいろなお山を登ります。
お山への登り方はいろいろあると思うけれども、森林セラピー健康登山では、山に登るということが自分自身の健康につながる。お山に登るタイミングで、自身の健康を見つめなおす、そういう機会になればと思い、これから行っていきます。

6月の森林セラピー健康登山は6月18日。
次のフィールドは、昨年何度も登り、フィールドを熟知している日暮ヶ岳です。

6月18日(日)森林セラピー健康登山〜日暮ヶ岳〜

ゴールに近づいたそのときには、私たち森の案内人が整備したベンチで、ゆっくり杉葉が揺れる風景を楽しんでいただきたい。そういうプレミアムがついている企画です。
よろしければ、ぜひご参加ください。

森に入ると、ココロもカラダも元気。森林セラピーへ、おいでませ!

Posted by 松本 at 19:47 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【5月21日(日)毎年恒例、とある保育園の森歩き】[2017年05月22日(Mon)]
森林セラピー山口 森の案内人の会の活動、最初は大人だけが対象で、だんだん幅が広がってきたときたところ、それは、メニューを増やしたというよりは、むしろお客様に広げていただいたというもの。

誰にでもあるはじめてのとき、
とある保育園からの森歩きの依頼について、
「やりましょう」と言った森の案内人さんがいて
一緒に森を歩いて・・、春と秋の年間の活動に定着しておよそ5年か6年か。
もうその保育園だけでものべ500人以上の方が、
森林セラピーの森を歩いてくれました。

この5月21日(日)の企画がまさにその企画
森の案内人前場さんからのレポートを、
フェイスブックページのアルバムに調整しましたので、
どうぞご覧ください。



森に来てくれてどうもありがとうございます。
また一緒に森を歩きましょう。

IMGP7721.JPG

Posted by 松本 at 23:23 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

検索
検索語句
最新記事
タグクラウド