CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。
カテゴリアーカイブ
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

もりとわさんの画像
http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【更新情報とおススメ記事】[2019年12月31日(Tue)]
森林セラピー山口のブログ 日々森好日 へようこそ!

1月はいく、2月は逃げる、といいますが、早くも3月になりました。
今年も1/6が過ぎ去り、いつの間にか、もう春です。

森林セラピー基地では、春を告げるイベントとして
3月10日に野谷集会所を会場にちいさな森カフェを開催します。

花開く春を最も楽しむ方法は、それまでの季節を、よく観て、感じて、
その訪れを肌で感じることです。
ぜひ、春を心地よく過ごすために、森林セラピー体験イベントまたは、森の案内人との森林セラピーガイドツアーにお越しください。

森の案内人との森林散策は、日時指定の森歩き。お友達やグループでの森歩き。
今年の森の歩きはじめをお考えでしたら、ぜひおたずねください。

《近日開催のイベント情報》

3月10日(日)ちいさな森カフェ

【これまでの大規模企画のメモリアルページです】
森フェス〜ポンタの一日一善〜の特集ページを作成しました!
【2018年11月18日 森フェス 〜ポンタの一日一善〜】

【2018年5月4日 森フェス 〜野遊び温故知新〜】
【2018年3月11日(日)「ちいさな森カフェ」】

【2017年5月7日 森フェス 2017 春】

【2017年2月26日(日)「ちいさな森カフェ」】

【「森歩きと石風呂の一日」特集】
【2016年10月23日(日)森フェス 2016秋】

fes (41).JPG

Posted by 松本 at 00:00 | はじめに | この記事のURL | トラックバック(0)

【3月10日(日)ちいさな森カフェを開催しました】[2019年03月11日(Mon)]
3月10日(日)、森林セラピー基地の春を告げるイベント「ちいさな森カフェ」が開催されました。

2019-03-10 08.59.48.jpg

ちいさな森カフェといいながら、森の案内人と5主体を加えたスタッフは48名。前日まで天気予報とにらめっこをしながら準備を行い、実施を決定しました。

54210476_553555455130612_1951926653072441344_n.jpg

当日、天気予報どおり、早朝から雨。小降りというよりは、雨のど真ん中といった感じ。

出展者の皆さんも続々到着して8時半から全体ミーティング、9時半開会。
開会後30分経過するもこの時点でお客様4名。・・ああ、こんな日もあります、と思いながらスタッフもお灸やクラフト、ハンドケアを楽しんでのんびりモード。

53641295_553555475130610_1242151494585679872_n.jpg

雨なので開会後から豚汁の提供(約200食)をゆるゆるはじめました。

2019-03-10 09.27.09.jpg

ところが、この雨の中、次から次へと来場してくださる方があり、
しかも森歩きのオーダーも入り合計23名の方が森林セラピーガイドツアーへ出発!

53517137_553555871797237_5771466572921044992_n.jpg

まさか、雨のなかを森歩きしないだろうと思っていたらみんなが「歩きたい!」
と。やんちゃなお子様達は、雨の森に興奮、大人たちは雨だからこそ、楽しめるゆったりとした空間を感じながら森歩きが出来たそうです。


アンケートには、こんなコメントも
「前までは子供を叱ってばかりいた私ですが、なぜか昨日は楽な気持ちで、
逆に周りの人たちが、あんなに優しく受け入れてくれて感謝でした。
甘えさせてもらってありがたいです」
こちらこそ、うれしいお言葉をありがとうございます。

午後からはちいさなお子様連れの親子さんが
「雨の中歩けるかなあ、どうしようかなあ、せっかくだからなあ、歩いてみるかー」
と愛鳥林へ。
戻られて感想をお聞きしたら「子どもがすごく喜んでいた、森って楽しい!」と、
森歩きの前後で見違えるような表情でした。

DSC_0350.JPG

南大門のミニミニ特産品販売所は原木しいたけも、お餅も、米粉パンも売り切れ。
北川さんの感想「意外によく売れてびっくりー」。

DSC_0378.JPG

すみだ鍼灸院の角田さんは朝早くに広島から会場入り。
お客様はひっきりなしの大盛況で、お疲れの様子もみせずに丁寧に指導されていまし
た。

スタッフもちょこちょこ立ち寄って、角田さんとの会話を楽しみながら身体をメン
テ。
この場で万能ツボ「労宮のツボ」をマーカーで印された方も。

DSC_0355.JPG

室内の一角には、山口県アロマセラピスト会のアロマハンドセラピストさんたちが、
いい香りをふりまきながらハンドケアの体験提供。

交代々々で会場を楽しみながらお客様ににこやかに対応され、非常に良い雰囲気でした。

合間には山口新聞さんが取材に見えられました。
山口新聞さんの記事は、こちらです↓

190311yamaguchi.jpg

DSC_0374.JPG

重田木型の重田さんのからくりおもちゃは魅入っちゃう可愛さ。
シュタイナー教育の知育おもちゃをヒントに今回ご用意されたそう。
手を動かしながら重田さんとかわす言葉も、心地よく、素敵な時間でした。


DSC_0369.JPG

林業女子会@山口は子どもの木育ひろばと、木レースを使った小物づくり&木のたまご磨き、

53552226_553556045130553_1185990820050763776_n.jpg

そして外のウッドデッキでは本領発揮のシイタケの駒打ち体験。いずれも大好評。

途中で強力な助っ人、山口中央森林組合の戸田岸組合長が来場され、
体験を手厚くサポートしてくださったそうです。
駒打ちを体験したちびっこから大人までがほだ木を大事に大事に持ち帰られました。

豚汁は今回、スタッフにも十分に行きわたり、おかわりもあってみんな大満足。
あたたかい汁物は雰囲気づくりにも最強で、会場ぽかぽか。
用意していた豚汁が売り切れるとシイタケとネギのお味噌汁をささっと作って、一人残らずほかほかしました。

DSC_0358.JPG

屋外では中テントの下に焚き火コーナー。

53248445_553555601797264_6533158454268264448_n.jpg

案内人さんが畑で採れたサツマイモをたくさん持参してくれて、
ダッチオーブンで焼いもづくり。

ポップコーンも次々に出来上がり、原木しいたけの差し入れもあって皆さんにふるまわれました。

珈琲焙煎体験は安定した人気。
山口県アロマセラピスト会さんは、なんと全員体験し、コーヒーの香りを満喫されていました。

DSC_0367.JPG

今回広島の安芸太田の森林セラピー基地のメンバーも遊びに来てくれて、
遠くは下関、島根県吉賀町や阿東からのお客様もあってうれしい再会や出会いがたく
さんありました。

53813241_553555958463895_4768550284345475072_n.jpg

雨の中でも盛会に終わったちいさな森カフェ。
一日中冷たい雨の中、来場者は91名。大きな可能性を感じて15時終了。

森の案内人ガクさんのブログも併せて紹介しますね。
https://blog.goo.ne.jp/gakujin-yama/e/48be946d498db3d64ecf11987c490610


次回「ちいさな森カフェ」は夏バージョンで7月14日(日)にふれあいパーク大原
湖で開催予定。
森歩きは涼しい滑峡エリアがフィールドです。皆様どうぞお楽しみに!

Posted by 松本 at 22:35 | ちいさな森カフェ2019早春 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【ちいさな森カフェに参加の皆様へ】[2019年03月09日(Sat)]
森林セラピー基地で春を告げるちいさな森カフェ、屋内屋外のメニューを十分用意して、いよいよ明日3月10日、開催します!

・・・といいながら、天候は、雨、しかも朝から雨です・・。
本日9日の天候がすこぶる森歩き日和なのに、どうして明日に限って・・。

開催について、思案したところですが、屋内のプログラムが多く充実していることもあり、広島の森林セラピー基地からのご来訪もあることもあり、実施することとなりました。
今回、スタッフの数も40人以上と多いこともあり、雨が強くてお客様のお越しが少ないときは、私たちが存分に楽しむ!という案内人も多くあり、寂しい雰囲気にはならないと思います。

皆様におかれましては、一日雨が降ることになっているので、雨具をお持ちください。
また、ご案内しておりますとおり、トン汁のふるまいはありますが、昼食用のお弁当などの販売はありませんので、手ぶらでお越しになる方は、徳地堀のマルキューやコンビニのあたりで昼食の準備をしてください。

プログラムにも、材料にも、インストラクターにも限りはありますので、
譲り合ったり、交代したり、分け合ったりしながら活動をお願いします。
屋内はそれほど広くなく、ぎゅうぎゅうになる場合も考えられます。
屋根のあるスペースとして、屋外にテントを張ったりもしていますので、そちらのスペースも活用ください。

また、紹介が遅れていた最後のプログラム「重田木型のからくりおもちゃ」の見本が届きましたので、↓に動画を紹介していますので、どうぞご覧ください。
こちらは、限定20セット。製作体験は2,000円になります。



それでは、また明日、ちいさな森カフェでお会いしましょう。
せっかくの日曜日、雨の日の運転は、気が向かないなあという方は、ご無理なさらずに。
お目当ての屋内プログラムがある方も、雨に気をつけてお越しください。

でも、ああ行きたい!と気持ちが動く方は、ぜひお越しください。
森の案内人と森の仲間たちが皆様をお待ちしています。

DSC_0703.jpg

Posted by 松本 at 13:46 | ちいさな森カフェ2019早春 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【参加者募集:3月10日(日)ちいさな森カフェ】[2019年03月02日(Sat)]
【参加者募集:3月10日(日)ちいさな森カフェ】

3月になりました。そろそろスタッドレスタイヤを外して、名実ともに冬の終わりを宣言してもいいころです。今年は桜も早いと聞きます。
山口市徳地森林セラピー基地では、3月10日(日)、春を告げる森の一日「ちいさな森カフェ」を開催します。

2018-03-11 11.44.04.jpg

焚き火を囲んでゆっくりのんびり、早春の森歩きメニューもあります。会場には、ちいさなお子様から遊べる木育ひろばがあり、屋内ではクラフトやリラクゼーション体験をご用意しています。

DSC_0716.jpg

お申込みは不要です。お気軽にお越しください。

■開催日時
3月10日(日)9:30〜15:00まで
※雨天中止(中止の場合は前日昼までに下記のサイトで告知します)
森林セラピー山口
http://www.shinrin-therapy-yamaguchi.jp/

■会場
森林セラピー山口(山口市徳地野谷1842)

■駐車場
お車は表示看板と係員の誘導に沿って駐車してください。

■昼食について
昼食・軽食をご持参ください。
※近くにコンビニエンスストアや商店はありません。

■内容一覧
※内容は当日までに変更がある場合があります

□(1)森林セラピーガイドツアー
3つの歩き方から選択していただけます(随時出発)
_癒しの森歩き

DSC_0120.JPG

_子どもの森歩き

161223 (16).jpg

_健康ノルディックウォーキング

16996529_388003914899143_7774992934417524209_n (2).jpg

□(2)焚き火の森カフェ
-徳地のぽかぽか健康茶、焼き芋、ポップコーンなど

DSC_0719.jpg

□(3)珈琲焙煎体験
-はじめての人にもわかりやすくご案内します

DSC_0713.jpg

□(4)豚汁であったまろ
_お昼ごろから徳地の新鮮野菜たっぷりの豚汁をふるまいます

DSC_0752.jpg

□(5)ちいさな森のマルシェ
-提供:徳地特産品販売所 南大門
-徳地の美味しいものの販売とオリジナル野草茶づくりを提供します

DSC_0583.JPG

DSC_0605.JPG

□(6)重田木型のからくりおもちゃ
-提供:木のおもちゃ重田木型
-木のパーツを組み合わせると動くおもちゃに変身!世界にひとつのウッドトイづくり

2017-03-18 12.16.54 HDR.jpg

DSC_0584.JPG

□(7)ほかほかお灸体験
-提供:広島県 すみだ鍼灸院
-お灸で簡単セルフケア、ストレスや美容に効果的なお灸体験です

DSC_0590.JPG

□(8)子どもの木育ひろば
-提供:林業女子会@山口
-木育ひろばに木のおもちゃコーナーを設置、ちいさなクラフト体験、シイタケの駒打ち体験もご用意しています

DSC_0781.jpg

□(9)森の香りのハンドケア
-提供:山口県アロマセラピスト会
-手は多くの感覚が集まる第二の脳、すりすりして心と身体をリフレッシュ!

2017-05-07 15.29.48.jpg

開催日時
 2019年3月10日 @ 9:30 AM - 3:00 PM

開催場所
 森林セラピー山口
 山口市徳地野谷1842

参加費
 無料※一部有料の体験あり

主催
 一般社団法人もりとわ(共催山口市)
 TEL0835-56-5234 FAX0835-56-5235
 ytherapy★c-able.ne.jp(★を@に変えてください)

募集人数
 お申込は不要です

持参物
 昼食、飲み物、散策しやすい服装と靴、防寒着、マイカップなど。

申込期限
 当日、受付時間内(9:00〜14:30)にお越しください。

申込方法
 お申込は不要です。

Posted by 松本 at 20:56 | ちいさな森カフェ2019早春 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【2月17日(日)森林セラピー山口健康登山〜串山連峰〜】[2019年02月17日(Sun)]
2月17日(日)、9時より秋穂地域交流センター集合で、「森林セラピー山口健康登山〜串山連峰」が開催され、31名(一般17名、スタッフ14名)が参加されました。
健康のために山に登ろう、を合言葉に開催してきた健康登山も今年度最後の開催。
最終回にふさわしくぽかぽか陽気に恵まれました。

1.jpg

定刻どおり開会して、9時20分に出発し、
秋穂コミュニティセンターで供養塔の説明後、
今回1番きつい階段を登りはじめました。

2.jpg

3.jpg

DSCF3925.jpg

10時に善城寺山到着。
小休止をとり、水分と糖分補給をして再出発しました。

zenzyouzi.jpg

その後はなだらかなアップダウンが続き、
里山の歴史などを分かり易く伝えていきました。

一行は景色のいい場所で眺望と岩歩きを、
中間テラスでは大岩で記念撮影を楽しみました。

DSCF3952.jpg

今回、最年少は6歳の男の子。
走ったり歌ったり、小枝や木の実を集めたりと、元気いっぱいでした。

DSCF4079.jpg

11時35分、行者様の祠に到着し行者獄で昼食タイム。

gyozya.jpg

kinen.jpg

全員で集合写真を撮って12時30分から下山開始。
下山の足の運び方はリーダーから的確なレクチャーもありました。

kudari.jpg

善城寺山では急坂を下りる前のひとやすみとして、
腹式呼吸&万能ツボをご紹介し、各自でもみもみもみ。

14時過ぎ、全員無事に秋穂地域交流センターに到着しました。

seiritaiso.jpg

毎回記入いただいているアンケートにはありがたい言葉が。
特にスタッフの心遣いやサポートに多くの感謝の言葉が綴られていました。

今年度、健康登山部会では、部会長を中心に、お客様の立場に立って毎回運営面をブラッシュアップしてきました。次年度活動も、決まり次第お知らせします。どうぞ、お楽しみに。



森の案内人ガクさんのブログを紹介します。併せてご覧ください。
https://blog.goo.ne.jp/gakujin-yama/e/72a28bd00bc68ae63b1c394db70a8a9f

Posted by 松本 at 22:12 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【参加者募集:2月17日(日)森林セラピー健康登山〜串山連峰〜】[2019年02月04日(Mon)]
森林セラピー山口の森の案内人が、健康のために山に登ろう、をキャッチフレーズにお送りする「森林セラピー健康登山」。2月17日は、秋穂地域交流センターを集合場所に、串山連峰に登ります。

この季節、山々の木々は、葉っぱを落とし、光が差し込みます。
虫も少なく、汗もかきにくいこの季節こそ、野山を歩くのに適した季節ということができます。
今年から、健康のために山に登りたいと思っていたんだよね、そういう気持ちをまだ温めている方にこそ、お越しいただきたい企画です。

森の案内人の会健康登山部会のメンバー一同が、皆様のお越しをお待ちしています。
どうぞ下記を参照してお申し込みください。

kusiyama (1).jpg

左:楞厳寺山、右:右田ヶ岳

kusiyama (2).jpg

青江干拓、日地山、小浜山など、塩田跡地は大規模ソーラ発電施設に。

kusiyama (3).jpg

宍戸開作、赤石山、中道湾。

kusiyama (4).jpg

オブジェのある遊歩道

kusiyama (5).jpg

秋穂湾、奥に控えしは日ノ山、霜降岳。

kusiyama (6).jpg

中間休憩所より、秋穂湾と宇部方面。

(以下ホームページから引用)

森林セラピー山口健康登山〜串山連峰〜
【開催日】2019年2月17日(日曜日)

森林セラピー基地の森の案内人が「健康のために山に登る」機会として、一年を通じて季節の魅力あふれるトレッキングコースをご案内します。

2月は、山口市秋穂の串山連峰(善城寺山(117.4m)〜行者嶽(151.7m))を歩きます。

串山連峰地図秋穂地域南部に巨石をちりばめた山並みが続き、行者嶽では周防灘が広がる360°の展望が楽しめます。

◇標高_善城寺山117.4m・行者嶽151.7m
◇歩行距離_約7q
◇標高差_約146m


開催日時
 2019年2月17日 @ 9:00 AM - 3:00 PM

開催場所
 秋穂地域交流センター
 〒754-1101 山口県山口市秋穂東6823−1

参加費
 1,000円(小中学生500円)※別途保険料としておひとり50円

主催
 森の案内人の会(後援山口市)
 TEL0835-56-5234 FAX0835-56-5235
 ytherapy★c-able.ne.jp(★を@に変えてください)

募集人数
 20人(先着順)。
 定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めの申込みをお願いいたします。

持参物
 昼食、飲み物、山歩きできる服装、セパレートタイプのカッパ(透湿性のもの推奨)、登山靴(必須※ハイカット推奨)、手袋(※予備持参推奨)、防寒着、健康保険証のコピーなど

申込期限
 2月13日(水)※定員になり次第締め切らさせていただきます。

申込方法
 電話、FAX、または下記メールのいずれかの方法で、郵便番号、住所、連絡先電話番号、氏名、年齢、性別を申し出願います。

※下記の項目をメール本文にコピー&貼り付けして、必要事項を記載し送信してください。(メールの件名は変更しないでください)

参加される方の
【郵便番号】
【住所】
【氏名】
【氏名(フリガナ)】
【年齢】
【性別】
【中止連絡等できる連絡先電話番号】
【登山経験の有無】
※複数人で申し込まれる場合は、全員の氏名・年齢等を教えてください

Posted by 松本 at 23:09 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【1月20日(日)森林セラピー健康登山〜大海山】[2019年01月21日(Mon)]
森の案内人の会健康登山部会がお送りする森林セラピー健康登山、新年最初の活動は、大海山です。
前日からの雨が心配される中、9時より秋穂地域交流センターを集合場所一般16名、スタッフ13名が参加されました。

前日から降り続く小雨でも日が高くなるにつれてお天気は回復する見込みとのことで、
イベントは定刻どおりにスタートしました。

DSCF3791.jpg

秋穂地域交流センターから乗り合わせて移動。
全体で準備を整えます。

DSCF3797.jpg

準備を終えて、それぞれのグループに分かれて出発です。

DSCF3803.jpg

登り方のレクチャーをしてから登ります。
ないがしろにしてはいけない、基本のき、です。

DSCF3811.jpg

あっちのお山、こっちの海、鳥の目になって眺めます。

DSCF3848.jpg

山ポーズでにんまり〜。

DSCF3851.jpg

眺望をおかずに、山の魅力を語らうランチタイムです。

DSCF3872.jpg

自分の足で立って登る、それがお山のルール、その眺望を味わうのがまた醍醐味!
自然と喜びがあふれます!

DSCF3882.jpg

朝からの雨が上がり、びっくりするくらいの青!そして笑顔です!

P1200004.jpg

集合写真をパチリ。みんないいお顔です!

大海山は、手入れが行き届き、その豊かな眺望は、ベテランの登山者でも何度でも発見があるといいます。森林セラピー山口の今年の一年のはじまりを告げるよい一日になったのではないでしょうか。

健康のために山に登ろう、お正月にそう誓いをたてられた方も少なくないはず。
森林セラピー山口健康登山は、そんなあなたのご参加をお待ちしています。

2月17日には、串山連峰をフィールドに開催予定です。よろしければぜひどうぞ!

Posted by 松本 at 22:09 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【参加者募集:1月20日(日)森林セラピー健康登山〜大海山〜】[2019年01月09日(Wed)]
森林セラピー山口の森の案内人が、健康のために山に登ろうを合言葉に、山口市内のお山をめぐる森林セラピー健康登山。1月は、大海山(亀尾山)を登ります。

お正月に、ゆっくりした方も、食べ過ぎた方も、ずっとお仕事だった方もあるかと思いますが、年の初めに、お山に登り、清々しく新年のスタートを切りたい方もきっとあるはず。

今年は平成から次の時代に移り変わる節目の年、新たな山に登る、というのはその時代の転機にとってもなじむというものです。

1.jpg
秋穂湾の豊かな眺望。

2.jpg
近隣の山々、名前を聞くと、来し方、行方、それぞれのお山に親しみがわきます。

3.jpg
よく整備されたロードには、腰を下ろして休める場所もあり、山頂のひとときを満喫できます。

4.jpg
森の案内人とのひとときの中で、次はあの山に登ろう、という気持ちを持っていただければ、何よりうれしい。それこそ健康登山の醍醐味です!

森林セラピー健康登山〜大海山〜
1月20日開催のこの会は、まだ定員に少し余裕があります。
お早目のお申し込みをお待ちしています!


(以下、ホームページから転載・引用)

森林セラピー山口健康登山〜大海山〜
【開催日】2019年1月20日(日曜日)

森林セラピー基地の森の案内人が「健康のために山に登る」機会として、一年を通じて季節の魅力あふれるトレッキングコースをご案内します。

1月は山口市秋穂の「大海山(324.8m)」と「勘十郎岳(246m)」を歩きます。

大海山は、別名亀尾山と呼ばれている山で、山頂は明るく東から南の展望が開けており、胸のすくような眺望が広がります。
◇標高_大海山(324.8m)・勘十郎岳(246m)
◇歩行距離_約4q
◇標高差_約300m
※集合場所から登山口までスタッフの車で移動します。

開催日時
 2019年1月20日 @ 9:00 AM - 3:00 PM

開催場所
 秋穂地域交流センター
 山口県山口市秋穂東6823-1

参加費
 1,000円(小中学生500円)
 ※別途保険料としておひとり50円

主催
 森の案内人の会(後援山口市)
 TEL0835-56-5234
 FAX0835-56-5235
 ytherapy★c-able.ne.jp(★を@に変えてください)

募集人数
 20名(先着順)

持参物
 昼食、飲み物、山歩きできる服装、セパレートタイプのカッパ(必須)、登山靴(必須※ハイカット推奨)、手袋(※予備持参推奨)、防寒着、保険証のコピーなど

申込期限
 1月16日(水)※定員になり次第締め切らさせていただきます。
申込方法 電話、FAX、または下記メールのいずれかの方法で、郵便番号、住所、連絡先電話番号、氏名、年齢、性別、人数を申し出願います。

申込メール
 ytherapy★c-able.ne.jp(★を@に変えてください)
※下記の項目をメール本文にコピー&貼り付けして、必要事項を記載し送信してください。

参加される方の
【郵便番号】
【住所】
【氏名】
【氏名(フリガナ)】
【年齢】
【性別】
【人数】
【中止連絡等できる連絡先電話番号】
【登山経験の有無】
※複数人で申し込まれる場合は、全員の氏名・年齢等をお教えください。

Posted by 松本 at 22:57 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【全国放送!!1月5日(土)NHKBS1 ザ・ディレクソンに森林セラピー基地が登場します!】[2019年01月05日(Sat)]
NHKBS1のザ・ディレクソンという番組をご存知でしょうか?
なんでも、若い年代の人を集めて、いわゆるワークショップのような形で、番組のアイデアを出し合い、評価を得た企画を実際に番組にしてしまおう、という内容の番組です。

ディレクソン.jpg

実は、このザ・ディレクソン、昨年10月20日(土)に山口県で開催されまして、番組の準備のちょっとしたところにお手伝いをしたところです。

実際にディレクソン当日には参加できなかったものの(ええ、スタッフが対象となる年代ではなかったもので。。)、その日の話し合いで実際に行われた番組作りの中で、私たちの森林セラピー基地が、ちょっとだけ写っています!

もちろん、場所の説明とかは、そんなにいっぱいはないのですが、飛び切りのカメラで、飛び切りのシーズンの森林セラピー基地滑国有林内を撮影していますので、観る人が観ると、おお、これはあそこではないか!と感じることまちがいなしです。

収録自体はとても楽しかったそうで、番組もいい感じで出来上がっています。
告知が直前となり恐縮ですが、全国の皆さんに森林セラピー基地の映像を見ていただく機会はあまりないので、よろしければ、ぜひご覧いただければ嬉しいです。

明日1月5日(土)の17:00〜17:25の時間帯は、BS1にチャンネルを合わせてみてください。
徳地の森の秋の風景に会うことができますよ。

番組ホームページはコチラ

放送日:1月5日(土)
放送局時間 NHKBS1 午後5時00分〜 午後5時25分
番組名:ザ・ディレクソン「in 山口」

ディレクソン.jpg

視聴者のアイデアを番組にする「ザ・ディレクソン」。山口で作る企画は、交通事故で死んだ猫の霊が県知事に乗り移り、県内は車の通行禁止に!その結果、見えてきた事とは?

視聴者のアイデアを番組にする「ザ・ディレクソン」。今回のテーマは「世代を超えろ!ディス・イズ山口愛」。遊ぶ場所がないなど、山口をディスる若者は少なくないが、そこから新たな魅力が生まれる可能性も!優勝した企画は「県知事は猫である!」。車にひかれ、子猫を残して死んだ母猫が“県知事”に乗り移り、「車の通行禁止!」という極端な政策を発表!車の走らない山口を自転車で巡ってみると予想外の魅力が!乞うご期待!

【司会】山里亮太,小野文惠,【語り】前田弘喜,ジョン・カビラ,【声】川崎芽衣子

Posted by 松本 at 00:01 | メディア掲載 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【イベントレポート:12月23日(日)ぽかぽか陽だまり里山歩きツアー】 [2018年12月23日(Sun)]
森林セラピー基地で活動する森の案内人の会、健康散歩部会の活動は、予約不要の森歩きです。
今年6月からスタートしたこの活動、今回が6回目。
たくさんの森の案内人が集い、訪れる来訪者とともに、健康のために森を歩きます。

1.JPG

今回は、雨予報ということもありましたが、年間の締めくくりの会ということで、言ってみれば、望年会。ぽかぽか陽だまり里山歩きツアーと題して、散策の後のお楽しみもを用意してお客様をお出迎えしました。ふたを開けてみれば、スタッフ+お客様あわせて25人の会となりました。

2.JPG

歩き方は、今回は少し早めののびのびグループと、少しゆっくりのんびりグループ。
スタート・帰着の時間を合わせて、旧野谷集会所〜佐波川ダム〜愛鳥林エリアを歩きます。

3.JPG

ゆっくりグループは、佐波川ダム堰堤から、
時空を超えてダムの底に沈む集落のことに想いを馳せたり

4.JPG

雨に濡れる枝葉や、じっと春を待つ冬芽のかわいらしさに、目を凝らしました。

5.JPG

のびのびグループは足を延ばして、愛鳥林ビュースポットまで。
そこに広がるのは、色彩が乏しいはずなのに、水墨画のように美しい湖の風景

6.JPG

湿り気のある空気に、ここまで来たよという「ヤッホー」を乗せると
これまで聞いたことのないような美しいこだまが響きました!

7.JPG

雨なのに、冬なのに、自然とつながるひととき、
そう感じられる森の時間、楽しい歩き納めになりました!

8.jpg

旧野谷集会所では、焚火台でちっちゃなサンタが、
ほっぺを膨らましてみんなにポカポカをプレゼントです!

9.jpg

みんなでポップコーンをつまみます!

10.jpg

卵やウインナーの燻製のふるまいもありました!

11.jpg

焚火を囲んで、小一時間、スタッフの差し入れをあぶったり、コーヒー焙煎を楽しんだり、
今年一年歩いた森のことを想いながら、お客様もスタッフも一緒に楽しい時間を過ごしました。

たくさんの差し入れやたき火の会もとても好評でうれしいです。12月の森歩きでもこんなに健やかなので、どの季節でも十分味わえるよね、と、手ごたえもあったような。また機会を見て開催したいと思います。

平成30年の森林セラピー山口の活動も今日でひとくぎり。
活動の前後に片付けや、シュロの木の剪定をして、活動を締めくくりました。
お越しいただいた皆様、スタッフの皆様、どうもありがとうございました。

今回のレポートは森の案内人前場さんのレポートから写真をお借りしています。
前場さんのレポートはコチラ↓
https://photos.app.goo.gl/d5R9s5RNK9RBk2aY9

Posted by 松本 at 20:59 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【参加者募集:12月23日(日)ぽかぽか陽だまり里山歩きツアー※申込不要】[2018年12月20日(Thu)]
森林セラピー山口で活動する森の案内人の会健康散歩部会のお届けする健康散歩も、今年最後の企画となりました。

健康のために森を歩こう、を合言葉に、
森林セラピー基地の森の案内人がその季節のおすすめコースをご案内します。

1203 (1).JPG

12月は、森林セラピー基地周辺の自然豊かな里山をめぐります。
森の案内人が、徳地の自然や歴史・文化をご紹介し、里山歩きをより豊かに楽しみながら、心と身体のリフレッシュを促します。

1203 (7).JPG

今回の午前の部は、旧野谷集会所発着で、ちょっと遠くまで歩くのびのびグループと、のんびり歩くのんびりグループに分かれます。
午後からは、旧野谷集会所で焚火を囲む焚火のお茶会をご用意しています。

DSC_0716.jpg

お芋、ポップコーン、マシュマロ、燻製、一年間私たちの森の活動にお付き合いいただいたお客様に感謝の気持ちを込めて、また、来年の森林セラピーへの期待や展望をお客様にお伺いしたりもしたいです。いってみればプチ望年会です。

DSC_0791.jpg

たき火を囲む時間は、とても豊かな時間です。
何かあぶって焼きたいものがある方は、どうぞお持ちください。
今年の森納めに静かな冬の森で過ごしましょう。

以下、森林セラピー山口ホームページから抜粋して紹介。

ぽかぽか陽だまり里山歩きツアー※申込不要
【開催日】2018年12月23日(日曜日)

開催日時
 2018年12月23日 @ 9:30 AM - 2:00 PM

開催場所
 森林セラピー山口
 〒747-0401 山口県山口市徳地野谷1842

参加費
 1,000円(中学生以下無料)※別途保険料としておひとり50円

主催
 森の案内人の会(後援山口市)
 TEL0835-56-5234 FAX0835-56-5235
 ytherapy★c-able.ne.jp ※★を@に変えてください。

持参物
 昼食、飲み物、動きやすい服装と靴、帽子、防寒着、雨具、焚火で焼いて食べたいもの

申込方法
 お申込みは不要です。受付時間内(9時〜9時25分)にお越しください。

※雨天予報の場合
実施の可否は12月21日(金)に判断し、中止の場合は、森林セラピー山口ホームページ・ブログ・Facebookにてお知らせします。
少雨の場合は、焚火プログラムを屋内の活動に変更します。
ご不安な場合は直接お尋ねください。→森林セラピー山口(TEL0835-56-5234)

Posted by 松本 at 22:01 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【中止決定:12月16日(日)森林セラピー健康登山〜火ノ山連峰〜】[2018年12月11日(Tue)]
※当該イベントは中止を決定しました。

森林セラピー基地で活動する森の案内人が、健康のために山に登ろう!を合言葉に行う活動「森林セラピー健康登山」。12月は「森林セラピー健康登山〜火ノ山連峰〜」です。

週末の天気は気になりながらも、定員にはもう少しで達しそうなところです。あと少し受付が出来そうなので、参加を希望の方は、お尋ねください。

今回の写真は、森の案内人 かず さんのページからお借りしました。
かずさん、ありがとうございました。

48059170_1459052394231647_1933329083903508480_n.jpg


47682445_1459052377564982_4099117856749256704_n.jpg

48085691_1459052520898301_8103901983817072640_n.jpg

47572550_1459052557564964_8717593501212082176_n.jpg

(以下、ホームページから転載しています。)

森林セラピー山口健康登山〜火ノ山連峰〜
【開催日】2018年12月16日(日曜日)

森林セラピー基地の森の案内人が「健康のために山に登る」機会として、一年を通じて季節の魅力あふれるトレッキングコースをご案内します。

12月は、山口市秋穂の「火ノ山(303.7m)」と「陶ヶ岳(252m)」連山を歩きます。

ゼロメートル地帯から突出したピークが連なり、その稜線の起伏の様子はミニ八ケ岳とも呼ばれています。

◇標高_火ノ山303.7m・陶ヶ岳252m
◇歩行距離_約5q
◇標高差_約300m

開催日時
 2018年12月16日 @ 9:00 AM - 3:00 PM

開催場所
 山口県セミナーパーク
 〒754-0893 山口県山口市秋穂二島1062

参加費
 1,000円(小中学生500円)※別途保険料としておひとり50円

主催
 森の案内人の会(後援山口市)
 TEL0835-56-5234 FAX0835-56-5235
 ytherapy★c-able.ne.jp
 ※★を@に変えてください。

募集人数
 20人(先着順)。定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めの申込みをお願いいたします。

持参物
 昼食、飲み物、山歩きできる服装、セパレートタイプのカッパ(必須)、登山靴(必須※ハイカット推奨)、手袋(※予備持参推奨)、防寒着、健康保険証のコピーなど

申込期限
 12月12日(水)※定員になり次第締め切らさせていただきます。

申込方法
 電話、FAX、または下記メールのいずれかの方法で、郵便番号、住所、連絡先電話番号、氏名、年齢、性別を申し出願います。

申込メール
※下記の項目をメール本文にコピー&貼り付けして、必要事項を記載し送信してください。

参加される方の
【郵便番号】
【住所】
【氏名】
【氏名(フリガナ)】
【年齢】
【性別】
【中止連絡等できる連絡先電話番号】
【登山経験の有無】
※複数人で申し込まれる場合は、全員の氏名・年齢等を教えてください

Posted by 松本 at 20:22 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【11月26日 mamatoko vol.62 に木育と森林セラピーが掲載!】[2018年11月26日(Mon)]
子育て応援マガジン mamatoko の最新号vol.62 に木育のことが特集されています。
木育についての説明や、徳地の重田木型さんのおもちゃの特集、森林セラピーについての説明が四ページにわたりふんだんに特集されています。

記事の作成には、おもちゃコンサルタントであり森林セラピー山口 森の案内人の会の福武典子さんが全面協力、見ごたえのある誌面となっています!


book62.jpg

ホームページはコチラ ↓ 

http://mamatoko.com/newrelease/index.html


ママトコは、各地域交流センターをはじめ、各所に配布されています。
木育と、森林セラピーについて、とあるご家族のお出かけ日記のレポートもありますので、ぜひ探してお手に取ってもらえればと思います。

そして、山口市徳地森林セラピー基地へ、どうぞお越しください!

mamatoko.jpg

Posted by 松本 at 22:35 | メディア掲載 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【11月19日(月) 山口新聞に森フェスの記事が掲載されました!】[2018年11月20日(Tue)]
今回もたくさんの来場を得た森フェスのことが、山口新聞さんに記事掲載いただけましたので、紹介します。山口新聞さん、記事掲載ありがとうございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

森林散策や手入れ体験 山口・徳地で「森フェス」

yamaguchi.jpg

森林の癒し効果を健康づくりに生かす「森林セラピー基地」に認定されている山口市徳地地域で18日、「森フェス」が開かれた。紅葉の見頃を迎えた徳地の森を舞台に、家族連れらが、散策や森の手入れを体験した。

国立山口徳地青少年自然の家(同市徳地船路)を会場に、森林セラピー活動のガイド役を務める「森の案内人の会」と市、同自然の家でつくる実行委員会が開いた。

森の案内人の会が今年から手入れをしている自然の家敷地内の「どんぐりの森」で、家族連れらが森の整備を体験。のこぎりを引くときに力を入れるなどのこつを教えてもらい、子どもたちが協力して直径10センチほどの細い木を切り倒した。間伐をすることで明るい森になり、新たな木が育ち豊かな森になることを学んだ。

どんぐりの森は、1999年にボランティアの手でクヌギやトチノキが植えられ整備された。約20年がたちササが生い茂っていたことから、森の案内人の会がササ刈りなどの手入れをしている。
富田東小学校4年の山本伊純さん(9)は「木を切り倒したのは初めてで楽しかった。風通しが良くて気持ちのいい森になってほしい」と話した。

丸太切りや木のペンダント作りなどさまざまな体験メニューのほか、森歩きツアーもあった。

写真:森の手入れを体験する子ども=18日、山口市

Posted by 松本 at 20:43 | メディア掲載 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【森フェス〜ポンタの一日一善 へ お越しいただきありがとうございました!】[2018年11月19日(Mon)]
11月18日(日)開催の第五回森フェス〜ポンタの一日一善〜は無事に終了しました。

たくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。


正確な数字はまたお知らせしたいと思いますが、スタッフを合わせると、春に開催した森フェス〜野遊び温故知新に匹敵するおよそ1,100人以上の方が、徳地の森に集いました。


告知やご案内が十分行き届いたとは言えない中で、このようにたくさんの方々、特にお子さんを連れたご家族の方々にお越しいただいたことは、森をたくさんの方に身近に感じてほしい私たちにとって、とてもうれしいことです。


ポンタの一日一善、というテーマには、ご自身の中で、何か一つでも、善いと感じてもらえるもの、持ち帰っていただけるものがあれば、という思いも込められています。

この森フェスが、皆様の毎日の暮らしやこれからの時間に少しでもお役に立てたのなら幸いです。


その半面、運営上の課題や、ご期待に沿えなかったところもあるかと思います。

次回以降、よい活動を行えるように、反省点はしっかりつなげていきたいと思います。


ぜひ、また徳地の森へお越しください。これからのシーズン、冬は特に森が明るく、実はとっても歩きやすいのです。再び、皆様にお目にかかれる日を楽しみにしています。


これからも、森の案内人の会をはじめとする森林セラピー山口の森の仲間たち、山口市徳地森林セラピー基地をどうぞよろしくお願いします。


すべてを網羅しているわけではありませんが、会場の写真をピックアップしています。

よろしければどうぞご覧ください。



fes (1).JPG


fes (2).JPG


fes (3).JPG


fes (4).JPG


fes (5).JPG


fes (6).JPG


fes (7).jpg


fes (8).JPG


fes (9).JPG


fes (10).JPG


fes (11).JPG


fes (12).JPG


fes (13).JPG


fes (14).JPG


fes (15).JPG

42.jpg

45.JPG

43.jpg

44.jpg

fes (16).JPG


fes (17).JPG


fes (18).JPG


fes (19).JPG


fes (20).JPG


fes (21).JPG


fes (22).JPG


fes (23).JPG


fes (24).JPG


fes (25).JPG


fes (26).JPG


fes (27).JPG


fes (28).JPG


fes (29).JPG


fes (30).JPG


fes (31).JPG


fes (32).JPG


fes (33).JPG


fes (34).JPG


fes (35).JPG


fes (36).JPG


fes (37).JPG


fes (38).JPG


fes (39).JPG


fes (40).JPG


fes (41).JPG


それでは皆様、また森でお会いしましょう!

Posted by 松本 at 22:15 | 森フェス2018秋 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【森フェスへのカウントダウンその11 森フェスで会いましょう!】 [2018年11月16日(Fri)]
森林セラピー山口に携わるいろいろ森の仲間たちが、秋の森に集う一日、森フェス。
11月18日(日)は、「森フェス〜ポンタの一日一善」と題し、様々な人やとっておきの逸品、素敵な発見や、心温まる出会いが晩秋の森林セラピー基地を彩ります。

そこで出会う一日一善、あなたにとっての善いコト、善い人、善い時間、
素敵な一日が訪れることを願っています。

これまでカウントダウンと題して、カテゴリごとのプログラムを紹介してきましたが、確認の意味を込めて、いくらか注意事項を書かせていただきますので、お目通しください。

morifesuomote.jpg

【雨が降っても開催します】
今回の森フェス、主な活動は、一番のおススメは森歩きです。

今のところ、18日の天候は曇りの予報。雨は降らない予報ですが、山際の天気のことです。雨の可能性もあります。仮に雨が降ったとしても、行います。
仮に雨が降ったとしても森のヨガは、畳のある部屋で、屋外の展示等はそれぞれ屋内の会場に場所を移動して開催予定です。

元より屋内の活動は、問題なく開催します。
森歩きは、天候次第ですが、少雨なら行います。
傘をさして森を歩く、森の中では傘がいらないことに気がつく時間になるかもしれません。
野外の活動が出来る靴や、寒くないように羽織るものをお持ちください。

【昼食や、敷物をお持ちください】
会場には、フード&カフェコーナー、お弁当販売などがいくらかあります。
デザート代わりに蓬莱堂のお菓子や、中屋菓子店のプリンはありますし
ハイカラ製作所さんのお菓子(←これは早めに売り切れそう)や、彩月の徳地五平餅なども、ぜひ楽しみにしていただきたいです。

これまでより、出展が増えているので、何も食べるものがないということはないと思いますが、待ち時間や売り切れが生ずる可能性もあります。
子どもさん向けのものとか、もしかしたら見合ったものが少ない可能性があります。これでなければ、という飲み物等ありましたらご持参ください。

安心感があるのは、やっぱりお弁当持参かなと思います。特に、飲み物は、自動販売機など数も限られているので、お好みのものを用意されるのをお勧めします。


最も近くのコンビニは、少年自然の家まで車で約20分の徳地堀です。
お越しの際は、お弁当と敷物をお持ちになることをおススメします。
お休みなので、手ぶらでお出かけしたい方もあると思いますが、
徳地堀のコンビニを過ぎると、そこから先の道中では昼食の調達はむつかしそうです。
この森フェス、お昼を越えて、長い時間楽しめるイベントになります。
ぜひ敷物と、おむすびなどでいいので昼食等をお持ちください。
サンシェードなど持って来られる方もありますね。

【国立山口徳地青少年自然の家は、意外と遠いです】
会場となる国立山口徳地青少年自然の家はそれほどわかりにくい場所ではありませんが、
思ったより遠いです。

山口市内であれば、県庁から30分で徳地堀、
そこから20分で、少年自然の家の一般駐車場着、
そこから歩いて10分で受け付けのエリアなので、山口市内からでも60分はかかります。
9時半の開会や10時00分スタートの森歩きプログラムに間に合わせようと思ったら
余裕をもった移動が必要になります。

防府からも同じくらい、8時〜8時30分の間には出発をお勧めします。
周南からはもう15分くらいみておいてください。

一般駐車場がいっぱいになったら旧長者ケ原グリーンスポーツ広場が第二駐車場になります。係の方が当日はおられますので、誘導に従ってください。

はじめて自然の家に来られる方は、結構不安に思われるかもしれません。
なので、11月17日(土)の夜は、体調を整える意味でも早く寝ましょう。

【徳地のいろんなところにお立ち寄りください】
森フェス、会場を満喫していただきたいのはやまやまですが、
途中目にする徳地のお店にもぜひお立ち寄りいただきたいです。
山口観光コンベンション協会徳地支部の地図のページにリンクを貼っておきます。
お食事処などの簡単な紹介もありますので、ぜひご覧ください。

http://www.tokudi-kankou.jp/pamphlet/001/index.html

【ブログでは伝えきれていない雰囲気がそこにはあるはず】
今回が五回目を迎える森フェス。毎回素敵な出展者とお客様、ホスピタリティあふれるボランティアスタッフみんなの力で、とても良い雰囲気が生まれています。
今回もきっとそうなると思います。

DSC_0200.JPG

この日この時限りでなく、これからもどこかでお会いするような出会いがきっと生まれるはずです。プログラムの名称や、ぱっと見だけでわからない楽しみもあるので、いろいろなブースをのぞいてみてください。


【午前中のお越しをおススメします】
 森フェス、森歩きのおススメはなんといっても午前中です。
 お昼を過ぎると、何となく秋の日射し、日も傾いてきますので
 何となく肌寒くなったり、気持ちさみしくなったりするものです。
 なので、森歩き、山登りを希望される方は、ぜひ9時30分〜10時までにお越しください。

 ということで、クラフトや屋内会場は午後に、と思われるかもしれませんが、そういう理由で、クラフトやワークショップのコーナーは午後に大変混雑します。
 なので、これはという体験は午前中のうちに狙いを済ませて体験しておくのがおすすめです。
 特に木登り体験は、今回、北九州のツリーアクトさんにご協力をいただき開催しますので、ご興味がおありの方はお早目のお越しをお勧めします。※体験料(保険料含む)がかかります。

 いろいろ長く書いてしまいましたが、ぜひお目通しいただき、森フェスでの時間を楽しく過ごしていただきたいと思います。
 
 会場では何かありましたら、今回のスタッフ章、ポンタの一日一善バッジをつけているスタッフにお声かけください。
 皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
 ではでは、明日土曜日の夜更かしは控えめに、日曜日の早い時間にお会いしましょう。

180504syugo.jpg

【森フェス〜ポンタの一日一善〜】
日時  平成30年11月18日(日)9:30〜15:00
場所  国立山口徳地青少年自然の家
駐車場 国立山口徳地青少年自然の家一般駐車場をご利用ください
    また満車の場合、臨時駐車場の用意もありますので、係員の誘導に従ってください。
詳細は森林セラピー山口ホームページをご覧ください。
チラシはこちら
プログラムの個別の紹介は特集ページで行っています。

11月18日(日)森フェス〜ポンタの一日一善〜の情報、もはや直前になりますが、ぜひお近くの皆様とお誘いあわせの上お越しください。
まずは↓にチラシやホームページのURLを紹介しますので、ご覧ください!

(チラシ表面)
morifesuomote.jpg

(チラシ裏面)
morifesuura.jpg

森林セラピー山口のイベントページはコチラ

Posted by 松本 at 23:04 | 森フェス2018秋 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【森フェスへのカウントダウン その10 連携会場 岸見の石風呂〜焚いて浴して800年〜】[2018年11月15日(Thu)]
山口市徳地森林セラピー基地 国立山口徳地青少年自然の家を会場に、森林セラピーをキーワードに森の仲間たちが集います。

森を歩くとココロもカラダも元気、
11月18日に開催される今回の森フェスのサブタイトルは「ポンタの一日一善」です。

森を歩くこと。森はどこにだってある。
でも、800年の長きにわたり、住み継がれ、人のココロとカラダを癒してきた森はなかなかない。

源平の争乱で失われた東大寺を再建するために、俊乗房重源上人がこの地を訪れたのは800年以上も昔。再建の責任者である大勧進を引き受けた重源上人はそのときすでに61歳。

大仏様を納めるための大仏殿を立てるのに必要となる巨木を求めて、訪れたのは、
その時代、博多から輸出していた木材を供給していたであろう周防の国、この徳地の森。

重源上人は、巨木を切り出すにあたり、民に過酷な労役を強いるのでなくて、
徳を施すことからはじめたといいます。
寺院を建立し、民を安んじた重源上人がこの地の人々に慕われたのは、伝承や昔話に垣間見えます。
800年前のその物語には、この地に多く築かれた石風呂もまた一役買っているのです。

森から巨木を運ぶ疲れを、森の木々を薪に、熱した石風呂で疲れをいやす。
そんな物語がこの森にはある、その歴史の扉をちいさくひらく、きっとそれってちいさな善いコト。

森フェスのプログラムをご紹介する第10回は
連携会場の岸見の石風呂で開催される「焚いて浴して800年」です。

10renkei.jpg

9月から3月にかけて、山口市の委託事業として石風呂体験会が開催されます。
体験料が300円ほどかかりますが、800年前から用いられている石風呂の本物感は格別です。

使用にあたっては、綿製の長袖・長ズボンがおススメです。
ちょっとくらい汚れてもいいようなスウェットなどがいいと思います。

石風呂は、熱く熱した石室の燠をかき出し、濡れたむしろを引いて、やけどをしないようにして、出たり入ったり温熱浴を繰り返すものです。
一度に4〜5人が入ることができる石室には、古くは重源上人が書いたという大梵字があったとか、もちろん今は見えませんが・・。

焚きたて?は熱いので、少し温度が下がった方がよい、という方が多いです。
なども出たり入ったりして、汗をかき、いろりでお茶などを飲み温熱浴を繰り返します。

この岸見地区では、今では体験的に使われていますが、ほんの数十年前まで、誰かが石風呂を焚いたときには、旗があがって、みんながお酒を持って集まるような使われ方がしていました。
保養の場でありながら、コミュニティの場だったのですね。

11月18日は、15時まで焚かれる予定です。
森フェスの時間と重なる時間帯ですが、少し早めに会場を後にされたり、石風呂の様子を見てから森フェスにこられる、ということも可能かと思います。

岸見の石風呂の地図はこちらをどうぞ。

p001.png

森フェス〜ポンタの一日一善のプログラムは、ほんとうにいろいろ、
その魅力はそれぞれ全然異なります。

きっとご自身にぴったりなプログラムがあると思います。予約は不要ですので、11月18日は、ちょっと早起きして、森林セラピー山口の森フェスにどうぞお越しください。

Posted by 松本 at 21:58 | 森フェス2018秋 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【森フェスへのカウントダウン その9 フード&カフェコーナー】[2018年11月14日(Wed)]
山口市徳地森林セラピー基地 国立山口徳地青少年自然の家を会場に、森林セラピーをキーワードに森の仲間たちが集います。

森を歩くとココロもカラダも元気、
11月18日に開催される今回の森フェスのサブタイトルは「ポンタの一日一善」です。

森を歩くこと、カラダが動いて、日ごろ鈍っている私たちの感覚が研ぎ澄まされること。
乾いたのどをおいしいお茶で潤すと、つるりと胃に水が滑り落ちることを感じること。
ひとかど向こうの珈琲の香りに、気持ちが湧きたつこと。

とびきりのおかずをひとくちほおばり、箸をおいて、お味をたしかめること。
森の中のもぐもぐタイムは、豊かで、おいしくて、笑顔がこぼれる。

森フェスでお伝えしたいのは、そういう機会や場所が、いつも私たちの傍らにあるということ。
いつも目にしている、味わっている空間の場所の意味が変わる。
それってちいさな善いコト。

森フェスのプログラムをご紹介する第9回は、
自然由来の体にやさしいお味や飲み物、手作りの逸品がそろう「フード&カフェコーナー」です。

09food.jpg

【フード&カフェコーナー】

cafe.JPG

◆林檎色のちいさな森カフェ(むらもとりんご園×南大門)
 新規就農でリンゴを育てられるむらもとりんご園さんが森フェスに初登場。
阿東のりんご生絞りジュースハート(トランプ)や自家焙煎珈琲、徳地健康野草茶の試飲販売などなど。

takibi.JPG

◆焚き火で、焼いもドーン!ポップコーンばーん!(森の案内人の会)
 焚き火番の森の案内人がせっせとおやつを準備します。売り切れ御免の試食体験です。

DSC_0042.JPG

◆徳地の根菜たっぷり秋味の豚汁(ユーレストジャパン株式会社)
 いつもはビュッフェ形式の食堂のコックさんたちが、森フェスに初登場。
 利用者に大評判の自然の家の食堂から、身体にやさしい豚汁のふるまいです。

◆とくぢ五平餅(彩月)
 徳地堀で鉄板焼きのお店を営まれる彩月さんが森フェスに初登場。
 今回はお店で評判のレインボー綿菓子炭火で焼く、徳地米と徳地味噌を使った五平餅。
 香ばしい甘さと柚子の香りで大満足!
 
prin.JPG

◆幸福ぷりんと温泉まんじゅう&徳地米の御結び弁当(中屋菓子店)
 徳地の新鮮たまごで作るプリン&米どころ徳地のお米と食材を使ったお弁当。
 とっておきのおすすめは揚げた島地温泉饅頭、うまうまです!

houraido.JPG

◆蓬莱堂のまじめなお菓子(蓬莱堂)
 堀にあるちいさな和洋菓子屋さん。混ぜ物のない本物の素材の手作りお菓子が自慢です。
 看板商品は「きんつば」。アチチアチチと、主が一つ一つ手焼きしてます。

◆簡単!徳地和牛バーベキュー(ふれあいパーク大原湖)
 簡単コンロと直火で楽しむ徳地和牛と徳地野菜のバーベキューの出張です。
 え?こんなところで徳地和牛?贅沢なひとときをどうぞ。

haikara.JPG

◆お山の向こうの自然派パン屋さん(ハイカラ製作所)
 徳佐のりんごから起こした自家製酵母パンとヴィーガンおやつ。
 一口で(ハート(トランプ)ハート(トランプ))とろけそう。

nandaimon.JPG

◆徳地産そば粉のガレット風〜♪(地域おこし協力隊飯笹雅博×南大門)
 そば職人が徳地のそば粉でガレットを作っちゃった。
 新鮮たまごととろーりチーズのコラボ!

328-2.JPG

◆フレッシュトマトどっさり!元気もりもりカレー(やまぐちBISTRO  328)
 フレンチのシェフが作る、スペシャルカレー、お味は爽やかスパイシー!あつあつをどうぞ。

328.JPG

森フェス〜ポンタの一日一善のプログラムは、ほんとうにいろいろ、
その魅力はそれぞれ全然異なります。

きっとご自身にぴったりなプログラムがあると思います。予約は不要ですので、11月18日は、ちょっと早起きして、森林セラピー山口の森フェスにどうぞお越しください。

ちなみに、参加しているフードブースはそれぞれ100人分〜300人分程度の準備となります。
予想を上回る来訪者があった時には、売り切れになる場合もあります。
特にお昼を回ってくると、そういう事態がありますので、これはというお目当てがある方はお早めにお越しいただくか、ある程度の昼食をご持参いただくことをお勧めします。

urikire.JPG

ハイカラ製作所さんは、春にはとっとと売り切って、午後にはヨガを楽しみに行かれていました。
出展者さんも楽しむという森フェスの雰囲気、私はとても好きです。

Posted by 松本 at 22:17 | 森フェス2018秋 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【森フェスへのカウントダウン その8 森の音楽】[2018年11月13日(Tue)]
山口市徳地森林セラピー基地 国立山口徳地青少年自然の家を会場に、森林セラピーをキーワードに森の仲間たちが集います。

森を歩くとココロもカラダも元気、
11月18日に開催される今回の森フェスのサブタイトルは「ポンタの一日一善」です。

森を歩くこと、気持ちを楽にすること、聞えるのはリズムの良い足音?それとも遠くで風に揺れる音?立ち止まって、きこえて来るのは静寂か、それとも・・・それこそ森の音楽。

森フェスでお伝えしたいのは、私たちはもっと自由に音楽に身をゆだねていいということ。
ものの本によると、音楽は、神様への捧げものから生まれた、
神様とは、言ってみれば自然そのもの。
自然のすばらしさをたたえるのに、誰かが太鼓をたたき、誰かが歌い、そうして音楽が生まれた。

ベートーベンは、散策を好み、いわゆる歓喜の歌、第九などは森の情景を表しているともいう。
有名な音楽家が目にしたもの、いつまでも新しく、いつまでもみずみずしい森の音楽
その森で得た着想を、リズムに乗せて、メロディーに乗せて・・
森でいろいろな音に包まれること、そのことにそれってちいさな善いコト。

森フェスのプログラムをご紹介する第8回は、
のんびりのどかなフィールドから、会場へきこえて来る「森の音楽」です。


08music.jpg



【森の音楽】
_アコースティックな音色が風に乗って響きます。ゆったりとした森の時間どうぞ。

DSC_0185.JPG

◆ドイツから来た祈りの音色(山口ライアー Aily)
ライアーとは、ドイツの竪琴。もともとはお客様としてお越しいただいていたメンバーにひいてもらえませんかと声をかけたのが最初のきっかけ。
耳をすませばきこえて来るやさしい音色は、きっとあなたのココロにも届くはず。
ぜひ、腰を下ろして、耳をかたむけてください。

IMGP6505.JPG

◆森に捧げるアコギのセッション(CHIMOSAKI)

森フェスにとても会う雰囲気のあうバンドがいてね、というお声掛けから
最初の参加が決まり、幾年。今では森フェスになくてはならぬ存在感を発揮するCHIMOSAKIさんです!
今回も会場のどこかで、ちょっとずつお休みをはさみながら、アコースティックな響きが森から会場に届くはず!

IMGP6482.JPG

◆森の縦笛玉手箱(萩の風音)
リコーダーからピッコロ、フルートまで、様々な楽器を用いて、この日のためにレパートリー帳を用意して登場の萩の風音さん。
昔バンドで鳴らした腕前はまさに本物!
子どもたちが思わず寄りたくなる縦笛玉手箱が森フェスに登場します!

森フェス〜ポンタの一日一善のプログラムは、ほんとうにいろいろ、
その魅力はそれぞれ全然異なります。

きっとご自身にぴったりなプログラムがあると思います。予約は不要ですので、11月18日は、ちょっと早起きして、森林セラピー山口の森フェスにどうぞお越しください。

Posted by 松本 at 19:47 | 森フェス2018秋 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【森フェスへのカウントダウン その7 子どものあそびば】[2018年11月12日(Mon)]
山口市徳地森林セラピー基地 国立山口徳地青少年自然の家を会場に、森林セラピーをキーワードに森の仲間たちが集います。

森を歩くとココロもカラダも元気、
11月18日に開催される今回の森フェスのサブタイトルは「ポンタの一日一善」です。

森を歩くこと、実は子育ての世界でにわかに注目されています。今年の四月には、「森と自然の育ちと学び自治体ネットワーク」が設立されました

森歩きは、子育てに良い、それは経験的にも、感覚的にも、最近では科学の面からもいろいろなところで注目されていますね。
フィンランドやスウェーデンの保育を注目している方も多いと思います。

DSC_0290.JPG

いろいろな理論やHow toは確かにあると思いますが、まずは、子どもたちと一緒に、森を歩いてみませんか?歩くだけでなく、森に由来する楽しみ方もそこにはあるはず。

森は子どもの遊び場、そういうフレーズをいったん受け取ってください。
子どもたちが森に出会う、実はそれってちいさな善いコト。

森フェスのプログラムをご紹介する第7回は、
「子どものあそびば」です。

07kodomo.jpg

【子どものあそびば】

DSC_0256.JPG

◆子どもの木育ひろば(林業女子会@山口)
 おもちゃインストラクターがおすすめする木のおもちゃがいっぱい。
 いつまでもここで遊びたい・・・と、子どもたちのハートをムギュッ!

DSC_0196.JPG


◆昭和レトロなちびっこスペース((国研)山口水源林整備事務所)
 木へんの漢字クイズや輪投げ、射的、木のパズル、ボウリング、懐かしい昔遊びいっぱい。
 燃える大人たちもあるかも?

DSC_0276.JPG

子どもたちの創作はときに大人の予想を超えて動き出します。
平面のはずがいつしか立体に、小物のはずが、大物に、持って帰るのもひと仕事になったりして。。

DSC_0200.JPG

今年の三月にお目見えしたツリーハウスも、お楽しみの一つ。
全身を動かして、遊ぶ・学ぶ・生きる力を育みます!

森フェス〜ポンタの一日一善のプログラムは、ほんとうにいろいろ、
その魅力はそれぞれ全然異なります。

きっとご自身にぴったりなプログラムがあると思います。予約は不要ですので、11月18日は、ちょっと早起きして、森林セラピー山口の森フェスにどうぞお越しください。

Posted by 松本 at 21:44 | 森フェス2018秋 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

検索
検索語句
最新記事
タグクラウド