CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「環境保全活動を通して、人と緑を育くむ」ことを目的に、栃木県(福島県いわき市)で活動している団体です。
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新のボランティア情報や活動報告はこちらからもご覧ください!

ホームページ http://www.tochigi-cc.org/
Facebook https://www.facebook.com/TochigiCC/
Twitter https://twitter.com/tcc20090612
今までにないことを学んで(長期メンバーボラ報告vol.17)[2017年07月06日(Thu)]
今までにないことを学んで
Mara Magaña Jaimes

今、私はTCCでの最後の週を楽しんでいます。私はこのTCCで、チームで協力することや人々のやさしさについて、私を成長させてくれるたくさんのことを学びました。これらのことは私がメキシコにいる時にはほとんど考えないことでしたが、今はもっとこれらのことについて話したいと思う様になりました。私のTCCでの活動はもう終わります。この2カ月で今までにないことをたくさん得ることが出来ました。たくさんの道具も安全に使える様になりました。ナタやチェーンソー、カマや刈り払い機まで。そして今までに無い体験もしました。7メートル程度の竹を切ったり、柵をできるだけ真っすぐ立てられるよう方法を考えて作ったり、遊歩道を作ったり、森を整備したり、いろいろなNPOについて学んだり。私がここにボランティアをしに来ていなかったら、この様な体験をすることは出来ませんでした。

DSC_1109.JPG

私はたくさんの人にTCCに来て活動することを勧めたいと思います。その活動がたとえ2週間だけでも、週末だけでも、その活動は違ったことを知る入口となってくれるからです。TCCでの活動はたくさんの人と出会うことができ、学び、素晴らしい仲間をつくることができる素敵なものです。

DSC_1178.JPG

―Maraさんは長期の活動を終え、メキシコへ旅立ちました。もう一人のメンバーのAuberyさんはもう少し一緒に活動してくれるので、みなさんぜひ遊びに来てください!(事務局 小川)

Now, in my last week enjoying TCC volunteer program, I can say that I have learned a lot of things that have made me grown as a person such as the importance of kindness and team cooperation. Nerveless, I would like more to talk about those knowledges that are completely outside of my daily life in Mexico and my comfort zone. Today, I am about leaving TCC and in two months I have got more strength that ever, I learned to use a lot of tools, from machete to chain saw, from sickle to brush cutter. I have had unique experiences like cutting 7 meters tall bamboos, building fences in the most professional way possible, designing trials, maintaining forest, knowing different NPOs, etcetera. If I had not come to this volunteer, probably I would never have the opportunity to live this kind of unique experiences, because that is what they are one time life experiences. I widely recommend people to enjoy TCC because it is a threshold to an outside of the bubble way of living, even if it is only for a couple of weeks, for a weekend of a day. TCC gives the opportunity to connect with different people, to learn, to have fun and make very special friends.

Posted by 大木本 at 16:25 | 長期ボランティアの声 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

新しいことだらけの一ヶ月(長期メンバーボラ報告)vol.16[2017年06月18日(Sun)]
新しいことだらけの一カ月
Aubrey Jayne Padilla

IMG_0362.JPG

“2017年5月30日”この日が私にとってトチギ環境未来基地(TCC)でインターンシップを始めた最初の一カ月の区切りの日です。一ヶ月たった今でも初めてのことが多く、毎日が新しいことだらけです。この一カ月でTCCの全てのフィールドに行って活動しました。竹林や杉やヒノキの森などフィールドの種類は本当に様々です。私は様々なフィールドで活動して、やっぱり竹林での活動が好きだということがわかりました。その理由は、竹を切るのが好きだということと整備をして竹が密集していたところが綺麗になり、その場所の本来の生態系を守ることが出来ることです。竹は多すぎると他の植物が生えないため、丁度いい数にすることでその場所の森林を守ることが出来ます。

それぞれのフィールドでやることは違っていて、一日草刈りをすることもあります。他のフィールドでは小さな木を切ったり、遊歩道を作ったりもします。活動は本当に体力が必要で、気力が無くなってしまう日もありました。でも色んな技術や知識をTCCスタッフや地元の人たちから毎日学べるのでモチベーションを保つことができ、楽しく活動しています。

IMG_3998.JPG

IMG_4131.JPG

私は日本語があまり話せないのですが、地元の人たちとのコミュニケーションもとても楽しいと感じることが出来ています。日本に来てから私が出会った日本の人たちはみんなとても暖かく私のことをむかえてくれました。私は今日本にいるのでフィリピンやフィリピンにいる家族と離れていますが、明在庵は私の日本での家となり、そこで毎日会う人たちも家族の様に感じます。たびたびフィリピンにいる家族を恋しく思うこともありますが、私がフィリピンに帰ったらここで出会った人たちが必ず恋しくなると感じています。ここに来てから今まで、人々や食べ物、TCCでの活動など全てのことに圧倒されながら毎日の生活を楽しんでいます。

IMG_3995.JPG

―Aubreyさんは、日本の生活スタイルを楽しんでいます。みなさん日本のことを伝えに来てください!(事務局 小川)

May 30, 2017- This day marks my first month of internship through Tochigi Conservation Corps (TCC). Though, every day is a new day it’s still feels like the first time. For a month of staying here, I’ve been to all the TCC’s project sites. It has been very diverse from bamboo to evergreen. I can now say that my favorite site is the bamboo forest for two reasons; I enjoy cutting bamboos and it’s also a fulfilling feeling that I help reduce their number. Bamboos are considered invasive species which destroys the natural forest. Each project sites has different needs, sometimes, we just cut grasses the whole day. Other sites need maintenance through cutting small trees and clearing the way. The work really requires physical strength and some days will really drain your energy but one thing that motivates me is the skills and knowledge that I earned each day from TCC staff and local people. Despite the barrier language, I still enjoy the company of local people that can some only speaks Japanese. Since the day I arrived, Japanese people never failed to show me how welcome I am to their land. Likewise, though I am far from my homeland and family, Mezaian feels like home to me as well as the people I encountered every day. Sometime, I feel longing for my family but a thought pop into my mind that I will also definitely miss the people here when I go back. So far, I am overwhelmed by the people, food, and work I have here at the same time, enjoying every day I have here.

Posted by 大木本 at 15:07 | 長期ボランティアの声 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

TCCでの最初の一か月(長期メンバーボラ報告)vol.15[2017年06月14日(Wed)]
TCCでボランティアをした最初の一ヶ月
Mara Magaña Jaimes

IMG_4127.JPG

みなさんこんにちは。メキシコから来たMaraです。
私はまずトチギ未来基地での最初の1ヶ月のボランティアについて話をしたいと思います。はじめに、私はメキシコの生活とは違った日本の本当の生活を経験することが出来ました。いくつかの学校に行ったり、伝統的な日本の家に行ったり、家族が休日に楽しめる地域のお祭りに行ったり、日本の大切な部分の一つである色々な種類の森に行ったりすることが出来ました。さらに、子どもたちや若者のボランティア、海外の人たち、地域の年配の方々、企業の方々など様々な人たちとの活動をすることもありました。日本に来てから今まで毎日とても充実した経験をすることが出来ています。

また、人生は経験によって作られるということを本当の意味で理解出来たと思っています。私は日本の実際の生活を経験し、経験によって生活が作られるということは極めて大切なことだという思いが強くなりました。これまでの経験の中で私にとってとても素晴らしい出来事が2つあります。まず一つ目は、フリースクールに行って子どもたちと学んだことです。二つ目は、しごとやさんの集中訓練プログラムの短期合宿として一週間明在庵で生活し、一緒に活動をしたことです。これら2つの経験は私にとってとても大切なものとなりました。それは、彼らとの関わりによって日本の本当の生活について更に知ることができ、またこれ以外の多くのことも学ぶことが出来たからです。彼らはみんな私の国であるメキシコのことや私自身のことについて興味を持ってくれて、学ぼうとしてくれました。そして私も同じ様に日本のことや、彼ら自身について学ぶことが出来ました。また、学校の職員さんたちは私たちをとても暖かく迎えてくれて、その学校の普段の様子を知ることができました。短い時間ではありましたが、メキシコにはない給食を一緒に食べ、たくさん話し、遊び、掃除をすることが出来ました。私はこの日、一緒に過ごした学校の人たちと別れることがとても辛かったです。

TCCのプロジェクトはこれからの人生について今までとは違った素晴らしい考え方を教わる機会となりました。また、観光では出会えないような地域に根付いた神社をいくつか見られたことで、より本当の日本の生活に触れられました。私は地元のもので作ってくれた典型的な日本の料理を食べることができました。温かくてとても礼儀正しく、また面白い人たちと話すことができ、本当に多くのとても素晴らしい友だちをつくる機会を得ることができました。

DSC_0953.JPG

TCCは素晴らしい機会を与えてくれました。それはただボランティアをして助けるということだけでなく、チームでの活動やリーダーシップについてといった興味深いことや森の中での様々な道具の使い方や安全に活動する方法を学ぶことができました。また言葉で表現できないような考える経験が多くありました。今後素晴らしい日本の森がどのようにあり続けて行くかということは簡単ではありませんが、私がここにきた全ての努力がつながることと思います。

DSC_0938.JPG

最後に私はもう一つ付け加えるなら、個人的には私は疑いや期待はずれ、変化への挑戦などのたくさんの悩みを抱えていました。これに対し今のこの経験はこれらの考えを改善することの助けとなりました。そしてどのくらい自然を愛しているかということや、人との出会い、新しい友だちが出来ることがこんなに楽しめるということ、小さなことから学べるということ、これらのことが私にとってどれだけ大切なことかを思い出させてくれました。
―Maraさんは、あと約3週間一緒に活動します。Maraさんがメキシコに帰る前にみなさん会いに来てくださいね!(事務局 小川)


Thereby, I want to talk a little bit about how my first moth as a volunteer in TCC has been. First of all, I have been able to experience different faces of Japan´s real life, for exmple I have been able to visit several schools, a retire house, a festival where families went to spent a nice Sunday, and different forest aereas where I have been able to see a little bit of a very important part of Japan. Also, I have had the opportuniy to work with children, young volunteers, foreigners, locals elderly people and enterprise´s workers. That is way I can truely say that so far I have fullfilled greatly all the expectations I had before coming here.
I have to say that for me, life is made of experiences, thats why it is extremely important to me to increase and have as many truely experiences as I can. Two of the greatest experiences I have had so far are a visit to a rural school that children with learning issues attend and a week were young people with some social problems came to live in TCC´s volunteers house. These two experiences were important to me because I could, through them, know a little bit more of Japan´s authentic real life , and because I couls also learn a lot. All of them show a sincere interest of learning more about me and my culture, and I did the same. The school staff was very warm with us and we were able to share with them a typical day with them and a scholar breakfast, with both groups we became family for a short time, we were able to talk, play, clean , eat together, and for me all these are the kind of things that really matter at the end of the day.
Among lots of things, TCC project has given me the opportunity of seen different and gorgeous landscapes fulled of life. I have had the luck of seen real temples, that remained safe from the crowed multitudes that visited the most touristic places. I have eaten really typical food made by locals with local ingredients, I hae spoken with lots of warm extremely polite and interesting persons, and above all I have had the one in a million opportunity to make friends, very special friends.
TCC also has been a great opportunity beause it is not only about helping, it is also about continiously learrning, I have learned deeply interesting things about team organization and leadership, and also I have learned how to use lots of tools and work safetly in the forest. I have learned a lot of think that I can simply not express wth words. The fact of beiing and living among the stunning Japanesse forests is something extremly difficult to describe, but something that worth completly all the effort that I put to come here.
Finally, I just want to add that, personally I was struggling with a lot of issues: doubts, desillussions, changes a dares, and so far this experiene has been a kind of healing process that has helped me alot, it has remind me how much I love to be among nature, how good is for me to know new people and make new friends and how much we can enjoy and learn from the most simple things.

Posted by 大木本 at 11:51 | 長期ボランティアの声 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

始めての海外〜日本に来て〜(長期メンバーのボラ報告vol.14)[2017年05月24日(Wed)]
みなさんこんにちは。私はフィリピンからきたAubreyです。
誰でも初めて経験したことは本当に忘れることが出来ないでしょう。
私は初めてフィリピンという自分の国を出て他の国に行ったことをこれから先ずっと忘れることは無いでしょう。来る前の準備の大変さにもかかわらず、ワクワクする気持ちでいっぱいでした。私が成田空港に降り立ち、そして日本の空気を感じたときにとても感じました。

IMG_0815.JPG

TCCでの最初の1週間は、私が参加する春のconservation corps programについてのオリエンテーションなどこれから活動を行うために必要な準備を中心に行いました。日本の環境の現状についてということや、TCCがこれまでに行ってきた素晴らしい活動についてのオリエンテーションを受けました。また、様々な活動場所についての説明も受けました。活動の現場はそれぞれの地域で種類が異なってあり、竹林や松、その他にも様々な種類の現場で活動を行っているということがわかりました。この様な活動を通して、科学技術面での先進国の一つである日本で環境保全活動がどの様に行われているかを学べることはとても素晴らしいことだと感じています。私たちのいる場所は市街地の様にたくさんの建物があるわけではありませんが少しの建物はあります。そして道からは山々を見ることができます。

別の日にはTCCの活動場所である竹林に行き、実際に竹林の整備を経験しました。その森は私がよく知っているフィリピンの森とは異なっており、保全活動の方法も異なる点がありました。しかし森の現状や整備の方法が異なるものであっても、環境保全を目指しているということに違いはないということです。この1週間は本当に有益な週となりました。

IMG_3895.JPG

森での活動とは別に、TCCのスタッフは休日に栃木県の芝桜や足利フラワーパークに連れて行ってくれました。私は花が本当に好きなので、これらの場所に行けたことは本当に素晴らしいことでした。私が日本に来たのは桜の時期よりも少し遅かったのですが、幸運なことに桜の一種を見つけることができました。それを見つけた時にとても幸せな気持ちになりました。さらに、私は様々な経験を持ったたくさんの国の人たちに会うことができました。そこで環境に対する情熱や愛情を共有することができ、また私にとって素晴らしい異文化交流の場となりました。

aubrey1.jpg

―Aubreyさんは、7月半ばまで一緒に活動します。みなさん会いに来てくださいね!(事務局 小川)

Hi I’m Aubrey from Philippines.
You will truly never forget your first time. I never regret this first time experience of going out of my country, Philippines. Despite the hard times of securing everything before going out, the excitement fills my system in. It was a fulfilling feeling when I reached the Narita Airport and finally breathes the air of Japan.

My first week in Tochigi Conservation Corps was dedicated in the preparation for Spring Conservation Corps Program. I had an orientation about the Japan’s environment situation and the best management practices done by TCC. I was introduced to different project sites. The sites varies for every town, from Bamboo, Pine, and other forest types. It was fascinating to know how the conservation practices are done in one of the World’s technologically-advanced country. Though our place is not as crowded as the city where you can see towering buildings. Forests are common view along the way.

On the next days, I had the opportunity to go out in the field and experience hands-on their current bamboo forest maintenance strategy. There are a lot of difference in the forest situation to conservation practices from what I had known in the Philippines. Nevertheless, the aim is still directs to one point – ENVIRONMENT CONSERVATION. Indeed, a very informative week.

Aside from actual field work, TCC staff also brings us during free time/day to some of Tochigi Prefecture wonders such as the Shibazakura and Ashikaga Flower Park. It was really an amazing experience for me since I have so much love for the flowers. Luckily, I spotted one kind of Cherry Blossom Tree in one of the site. I’m a bit late for the season but I can feel the happiness inside me when I see one. Likewise, I meet a lot of people from different backgrounds and countries which shares the same passion for the environment with me. A perfect venue for cross-cultural experience!

Posted by 大木本 at 18:14 | 長期ボランティアの声 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

充実した88日間(長期メンバーからの報告) vol.13[2016年08月02日(Tue)]
こんにちは、長期ボランティアのあいです。
ついにこのブログを書くのも、これが最後となってしましました。
先週私たちは流しそうめんの台を竹で作ってみました。7月30日に益子にある美里学園の森でGreen Giftというイベントがあり、その中で流しそうめんをやります。私は台を支える三脚を竹で作りました。最終的に完成し、組み立ててみましたが、なかなかうまくいかず…。ただいま改良を重ねているところです。

IMG_7448.JPG

また、このイベントのために美里学園の森をきれいに整備しました。草を刈ったり、道を舗装したり、木で人形を作ったりしました。私は木で豚を作りました。美里においでの際にはぜひ見てみてください。
IMG_7529.JPG

IMG_7531.JPG


美里の整備で私たちの森での活動は最後となりました。なんだかこれが最後かという感慨もあまり湧かず、この先もずっとこんな生活が続いていくような気がしてなりませんでした。

TCCでの88日間の生活を振り返ると、私に良いことしかありませんでした。当初、他の人と長期にわたって共同生活をし、森や竹林で作業することはやや不安でした。しかし、私はここに来た途端、今までの自分からは考えられないような速さでここでの生活に馴染みました。スタッフやメンバーの皆さんとも、いつもふざけたり面白いことを言って笑ったりと、笑ってばかりだったような気がします。

森での活動も、体力面など心配していましたが、日々の活動による疲労感が心地よく感じられ、いつも充実感を感じていました。自分の腕や足の筋肉が急成長していて、今までの人生の中で一番体力がある気がします。
IMG_7542.JPG

また、ボランティアというものの概念も少し変わりました。今まで私はボランティアをしたことが無く、苦手意識すらありました。しかし、今回何かの縁でTCCでのボランティアに参加し、今までの苦手意識や不安は全て杞憂だったことに気づきました。まずボランティアをしていて、純粋に楽しかったのです。自分が楽しみ、その結果誰かの役に立てたり、環境保全に繋がったり、とても充実していました。また、TCCに関わる様々なボランティアの方々も見てきましたが、やはり皆さんもまず楽しんでやっておられたなという印象です。TCCを離れても、ボランティアはずっと続けていきたいと思っています。

最後に、TCCでの88日間の経験の一つ一つは私の人生において重要な影響をもたらしました。私という人間を作るかけがえのない要素をいくつも作り出しました。TCCのスタッフ、メンバー、また今まで一度でも一緒に活動した方々には感謝しかありません。TCCに来て良かったです。本当にありがとうございました。

Posted by 大木本 at 14:05 | 長期ボランティアの声 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

◇  ボランティア・イベント情報  ◇ 夏の特別版[2016年07月27日(Wed)]
◇  ボランティア・イベント情報  ◇ 夏の特別版
みなさん気温の差がありますが、夏に向けて準備は順調ですか?
今年の夏も、元気に社会にちょっといいことしてみませんか?

森の整備を続けていくためには、地道ですが人の力が欠かせません。
一緒に活動してくれる方を大募集しています!

――――――――――――
[1] 長期ボランティア募集
――――――――――――
▽9月15日(木)〜12月3日(土):
宿泊型 長期環境保全ボランティア 参加者募集中!

じっくりと森の整備活動をしたいという方におすすめ!
3ヶ月間、共同生活をしながら、森林整備や自然の活用を
担ってくれる方を募集しています。

IMG_6764.JPG

森の活動場所:
 子どもが遊べる森(創造の森・宇都宮市)
 竹の間伐(茂木町)
 福祉施設の森(美里学園の森・益子町)
 子どもが遊べる学校の裏山(希望の丘・市貝町)など
滞在施設:
 明在庵(弊団体事務所。いろりや縁側のある素敵な建物)
募集人数:5人
参加費:¥45,000(3ヶ月間の宿泊費、食費、活動費込)
その他:2週間や1ヶ月のみの短期間の参加も可能です。
 (参加費は期間によって異なります)

お申込みや詳細はこちらから
http://www.tochigi-cc.org/参加する-http-www-tochigi-cc-org-join/conservation-corps第16期/

――――――――――――
[2] 1週間Forestワークキャンプ vol.2 募集中
――――――――――――
▽こんな人におススメです!

☆がっつり森の整備を体験してみたい
☆子どもと遊ぶのが好き
☆この夏に新しいことをはじめてみたい

去年も県内、大阪、東京の方が多く参加してくださった
夏の1週間ワークキャンプを今年も開催します。
IMGP6906.jpg

日程:8月22日(月)〜28日(日) 日帰りもOK
内容:竹林の整備、サシバの里の整備
   子どもとの工作クラフトイベント(8月22日)
費用:全参加 ¥7,000(会員の方は¥5,000)
   日帰り ¥1,000(会員の方は無料)
その他:JR宇都宮駅の送迎あり
お申込みはこちらから:
http://www.tochigi-cc.org/参加する-http-www-tochigi-cc-org-join/フォレストワークキャンプ/


――――――――――――
[3] 日帰り 森ボランティア募集中
――――――――――――
▽日程:9月6日(火)〜7日(水) 日帰りもOK
    9月24日(土)〜25日(日) 日帰りもOK
内容:サシバの里の整備
   サシバの里秋祭りの運営(9月25日)
費用:全参加 ¥3,000(会員の方は¥2,000)
   日帰り ¥1,000(会員の方は無料)
その他:JR宇都宮駅の送迎あり

お申込みや詳細の確認はこちらから
http://www.tochigi-cc.org/参加する-http-www-tochigi-cc-org-join/ボランティア/

――――――――――――
[4] 熊本地震 復興ボランティア募集中
――――――――――――
▽チームによるボランティアコーディネートのノウハウを活かし、
熊本地震の被害を受けた西原村で10日間のワークキャンプを行います。

IMG_7039.JPG

期間:8月29日(月)〜9月7日(水) 全日程参加の方が望ましい
内容:農業ボランティア(収穫や貯蔵に必要なこと全般)
大雨に備えたブルーシート張りや瓦落とし
Noroshi西原(地域団体)の「がれきに一輪の花プロジェクト」の手伝い
避難所・仮設住宅で被災した方への足湯サービスの提供など
 *現地のニーズや天候によって変わることもあります。
人数:7人  熊本の復興を応援したい方大歓迎
参加費:\10,000(期間中の食費、温泉入湯料、プログラム経費など)
      ワークキャンプ開催地までの交通費は自己負担
持ち物:宿泊に必要なもの、タオル、長靴、活動ができる服装(長袖、長ズボン)、寝袋
 *災害ボランティア保険(年間\430)にあらかじめご加入ください。
 (最寄りの社会福祉協議会で申請できます)
滞在場所: ボランティアキャンプサイト「風の里」または近隣の滞在施設
集合:現地集合・解散となります。   
    8月29日16時  阿蘇くまもと空港(予定)*空港から送迎あり
主催:認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク
    NPO法人トチギ環境未来基地



――――――――――――
[5] 夏のイベント運営ボランティア募集
 子どもと一緒に木工工作などのイベントのサポートです  
――――――――――――ボランティア募集
GreenGiftプロジェクトでは、益子にある美里学園の森で親子体験イベントを行います。
運営のボランティアを若干名募集しています。
7月は、森の整備体験や流しそうめんなどをおこない楽しみます!

▽8月1日(月):子どもと一緒に竹でおもちゃをつくろうボランティア
とちぎYMCAさんとの協働で竹林に行き、竹を切り出して、おもちゃをつくります。
時間:9:00〜16:00ごろまで(茂木町)
運営のサポートをしてくれる方を募集しています。

▽8月9日(火):学童クラブさんの子どもたちと工作のボランティア
時間:お昼ごろ〜16:00ごろまで(那須烏山)
野うさぎクラブさんとの協働で、学童クラブさんに行き、木工工作をします。
運営のサポートをしてくれる方を募集しています。

▽8月22日(月):学童クラブさんの子どもたちと工作のボランティア
時間:8:00〜15:00ごろまで(市貝町)
市貝子育てネット羽ばたきさんとの協働で、学童クラブさんに行き、木工工作をします。
運営のサポートをしてくれる方を募集しています。

お申込みや詳細の確認はこちらから
http://www.tochigi-cc.org/参加する-http-www-tochigi-cc-org-join/ボランティア/

――――――――――――
[6]森づくりボランティアHPもご覧ください!
――――――――――――
「もっとたくさんの若い人たちに森のボランティアに参加してもらいたい!」そんな思いから、森づくりボランティアのポータルサイトをオープンしました。
・森ボラ活動団体の紹介
・森ボラ×若者ストーリー
・森の読み物
「森で活動するのって楽しそうだな」と思っていただけるようなコンテンツをご用意しました。今後もコンテンツを拡充していきますので、ぜひ追ってみてください!
http://moribora.jimdo.com/
「若者よ森へ出よう! とちぎの若者×森ボラプロジェクト」


――――――――――――
[7]ご寄付のお願い
――――――――――――
トチギ環境未来基地の活動は、
皆様のご支援により支えられています。
活動にはなかなか参加が難しい方は、
ぜひご寄付という形で活動を応援お願いします!

▽会員になってトチギ環境未来基地の応援!
 [嬉しい3つの特典!]
 ・栃木県産間伐材使用、名刺ケースをプレゼント!(数量限定)
 ・活動の様子がわかる会報「環境未来の風」が届く!(年4回)
 ・ボランティア参加割引、各回1,000円引き!
 [年会費]一般会員5,000円、学生会員3,000円

▽「とちぎの森づくり活動」への応援!
4口12,000円で、コーディネーター1人と若者ボランティア3名が
 1日栃木県内の森の整備ができます。

▽「苗木forいわき」への応援!
 1口3,000円で、
 クロマツの苗木(抵抗性14本)の植林と、
 3年間の保育作業ができます。

▽「トチギみらくるギフト」への応援!
 栃木県内の若者の社会貢献活動を支援することができます。
 募金箱の設置のご協力も募集中です。
詳細はこちら・http://miraclegift.jimdo.com/

【お振込み先】
▽Tポイントでお手軽に!(1ポイント=1円になります。)
Yahoo!ネット募金 http://donation.yahoo.co.jp/detail/5038001/(森づくり)
▽webからお振込み
Yahoo!ネット募金 http://donation.yahoo.co.jp/detail/5038001/(森づくり)
CANPAN決済サービス http://kessai.canpan.info/org/tochigicc/(会員、森づくり、苗木)
▽銀行口座へのお振込み(共通)
ゆうちょ銀行  〇七八(ゼロナナハチ)支店
普通口座    口座番号 1941027
名義      特非)トチギ環境未来基地
     トクヒ)トチギカンキョウミライキチ


―――――――――――
[8]クリックでできる社会貢献!
――――――――――――
携帯やパソコンがあれば、
無料で簡単にトチギ環境未来基地を応援できます!

▽Gooddo
 団体ページの「応援する!」ボタンをクリックすると、
 ランダムでポイントが貯まります。
 毎週30,000ポイントが集まると、3,000円が寄付されます!
 http://gooddo.jp/gd/group/tochigicc/

▽しぇあわせ
 しあわせな記事を投稿すると指定した団体に
 100円の寄付が届きます。
 記事のシェアやコメントからも寄付がたまります。
 http://sharewase.jp/

Posted by 大木本 at 12:17 | ボランティア募集 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ものづくりが好きと再確認!(メンバーからの報告)vol.12[2016年07月26日(Tue)]
こんにちは、ヨシオです。
7月10日は、報告会。宇都宮大学にて、3か月にわたるボランティアでやってきたことを報告しました。今まで一緒にワークをしたりしてきた人たちなど、総勢22人ものひとたちが見にきてくれました。大勢の人の前で話すことはとても緊張しましたが、今までの振り返りにもなり、なんだか感慨深い時間でした。TCCの活動の意義、今までどこで何をしてきたのかを確認し、3か月という長い時間をそれだけで終わらせないために、いい機会となりました。トークセッションでも思ったよりは話せたと思います。自分があのとき、何を感じたのか?振り返るよい機会となりました。
IMG_6924.JPG

他には、TCCの理事長である塚本竜也さんと、JUONネットワーク代表の鹿住さんの対談がありました。NPOで働くことがどういうことか、学生時代はどうだったか、彼らがNPOで働き始めたとき感じたこと、これからの日本も見据えてのNPO活動について(田舎で住みたいひとの増加)、などなど・・・。笑いもまじえて、非常に参考になるお話をしてくださいました。個人的には、お二人が話した、「視野を広げて、『やりたいこと』の周辺を見てみることが大事」「日本は東京一極集中で経済成長を成し遂げてきた。経済成長が難しくなった今、そしてこれからは、農山村と都市をいかにつなぐかを考えることが重要」というくだりが印象に残りました。鹿住さんとは直接お話しすることもできました。そのあとは、みんなでお食事会。最後の夜を楽しみました。
IMG_7503.JPG

 僕はこのあとも2週間ほど残留することになったのですが(笑)、創造の森のトトロの住むどんぐりの村の看板づくり、こどもたちのための竹による弓矢づくり、ながしそうめんのための台づくりなど、日々を楽しんでいます。自分はなんだかんだ、ものづくりが好きなのだなあ、と再確認しています。視野を広げてくれたTCCには感謝しかありません。たのしい日々を、ありがとうございました。よしお
IMG_7551.JPG

Posted by 大木本 at 15:26 | 長期ボランティアの声 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

有意義な1ヶ月間(メンバーからの報告)  vol.11[2016年07月17日(Sun)]
インドからのシンです。
私の旅は5月から続いています。
6月は夏めいてきたことからややTCCが整備をしているそれぞれの活動場所でのワークを楽しみました。宇都宮にある創造の森では、同じ長期ボランティアのまりこちゃんと一緒に、カブトムシの看板を作り、子供達にカブトムシの成長過程を学んでもらえるようにしました。知識をつけるのにとてもいいことだと思います。
あいちゃんとよしおは、森の台所にてキャンプファイヤーと緑ののれんを作っていました。

IMG_6764.JPG

私たちの気候変動防止プロジェクトでは、日々の生活でどうやって二酸化炭素を減らせるのかを考えました。SCCプロジェクトを共にやっているNICE,NVDA、他のボランティアメンバーたちの方々とスカイプミーティングをしました。そこで日々の生活やワークの中での二酸化炭素排出量の計算方法や、世界でクラウドファンディングをする方法などを学びました。それは森林や農作、森林伐採などのついてとても良い学びと理解に繋がりました。

最近福島県いわき市を訪問し海岸での被害を防ぐためのクロマツを植えました。また、上松山小学校と坂上小学校を訪問し、合計100本ほどのクロマツを植えました。私たちは小学校のクラスを訪れ、東日本大震災で被害を受けた海岸林のことや将来の災害に備えてクロマツを植えていることをプレゼンしました。子供たちとの出会いや彼らとクロマツを植えたことはとてもいい経験になりました。

6月は青木さんの森では草刈りをしたり、枝を集めたりしました。サシバの里では紫陽花を植えたり、田んぼの様子を見たり、草刈りをしたりしました。竹原では細いシノダケを切りました。あとは、明在庵の庭に生えている木を剪定したり、希望の丘では地元の方々とワークをしたり、果物を分けてもらったりして、とても楽しかったです。美里学園の森では、森を綺麗にしたり、草刈りをしたり、センターさんのボランティアと活動してとても楽しかったです。

最後にあいちゃんとわたしで明在庵での二酸化炭素排出に関するプログラムを作りました。キッチンやお風呂、シャワー、電気使用、洗濯機使用、エコ技術にスポンジを用いての洗車、ガソリン使用、調理方法の変更など、明在庵に将来的に必要になるであろうことについてです。
益子に陶芸体験を訪れ、製作の技術を学びました。TCCのメンバーと年に一度の理事会にも参加し、私たちのワークキャンプの成果などを共有し、収支表なども共有し、とても有意義でした。
最後に、6月はワークキャンプに参加したボランティアにとって少し複雑で困難な1ヶ月間でした。新しいボランティアに会ったり、彼らの文化や思いを共有し、英語で話したり、料理やワークを共にやることは忙しいけれどもとても楽しいことです。

IMG_7516.JPG

My Life At TCC Meizaian
Dear All,
As per the Question for why I joined TCC for this program. I want to tell you that Japan was a dream country for me to visit and learn from their work culture & technological advancement in their life. It was very attractive point for me. As I had started my carrier as computer Engineer, I am using Japanese products from many years and being satisfied by their quality and support system. When I changed my carrier to social work and started volunteering work in India, I came to know about our NGO RUCHI India , was doing good job for nature care and environmental management. As suggested by RUCHI for me to join SCC program in Japan gave me a boost and joy to visit japan. So I joined this program at TCC recommended by NICE NPO in Tokyo.
As per the 2nd Question for me that that how you have changed your life in 3 month at TCC, is very much like a “dream comes to reality”. As I landed in Japan, I was little worried & hesitated to understand Japanese language and culture. But Everywhere I found English speaking Japanese who helped me not to feel alone in Japan. Food was a little issue for me as I am vegetarian. Even the vegetarian food cooked in India and Japan are different but I managed it with support of some good Japanese’s volunteers helped me it by my way. Working and staying with global young volunteers, was a very joyful experience for me. Working for environmental conservation projects in Tochigi and Fukushima prefecture have given me a lot of experience that I can not describe in few words. It’s a big Bang skill development program for me through out of my life.
Many skills I learnt in TCC includes working in forest in bamboo fields, rice fields, cutting grass and buses, preparing rice field, thinning and cleaning of forest area, event & eco festival in forest, working & playing with Japanese children and making crafts and sign boards , cultural awareness, team management, leadership training, time management, group working, climate change and co2 reduction need in our daily life, NPO and its role in Japan forest care, is wonderful. I am trying to get lot support from TCC in my SCC project. I hope to continue this work for whole life.

Posted by 大木本 at 18:52 | 長期ボランティアの声 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

自然と暮らすこと (メンバー報告)vol.10[2016年06月28日(Tue)]
私たちの参加するプログラムの期間も残りわずかになってきました。まりこです。

栃木は梅雨の時期に入り、雨の降る日も多くなってきました。雨上がりの湿度の高い森での作業はなかなか骨が折れます。水を含んだ竹や木は切りにくく、湿った地面は注意して歩かないとすぐに滑ってしまいます。汗もいつも以上にかくので自分と空気の境界線がよくわからないような感覚になるようなこともあったり…けれどこの時期満開の、雨に濡れながら咲くアジサイはとてもきれいです。また各フィールドに出かけていく車の中から栗の花もよく目にします。少々気が早いですが、秋にたくさんおいしい実ができるんだろうと嬉しい想像をしています。

FullSizeRender.jpg

最近は私たちも作業に慣れてきたので普段から機械も使わせてもらっています。先日は一日かけて森の斜面を刈り払い機を使ってきれいにしました。この刈り払い機について、この間80歳になる私の祖母と話が盛り上がりました。刃が飛んでいってしまうこともあるから十分に気を付けるんだよと注意を受けたり、昔祖父がこの機械を上手に使っていたんだとも聞きました。祖母が刈り払い機やその勝手について知っていたことにも驚いたのですが、祖父のことについて話す祖母が嬉しそうでそのことが印象に残りました。
IMG_7126.JPG

今生活している自然の多い地域では刈り払い機を使って作業をしている人たちをよく目にします。そのように私の祖母のような上の世代の人たちは日常的に自然に接する機会、自然と暮らすと言ってもいいのかもしれませんが、が多かったのだろうと思います。けれどその機会は減りそういった時の流れの中でその世代の人たちが持っている知識や、自然豊かな環境から感じて自身の内に持っている言葉を話すことはもしかしたらなくなってきているのかもしれません。そして私のような若い世代がそんな話題に感受性を持っていないことは、上の世代の人たちとのコミュニケーションの幅を狭めているのかもしれない、と思います。自然や森に親しみ、感じた事を言葉にすることは私のコミュニケーションを広げていくきっかけになっていくような気がしています。この気づきは私にとって大きな収穫です。

IMG_7117.JPG

プログラム期間中にブログを書くことはこれで最後になると思うので、今回はおしまいにこれまでの感謝の気持ちも込めて、このプログラムの担当をしてくれているスタッフの神ちゃんのことを紹介したいと思います!

12143.jpg

神ちゃんは“環境保全活動を通して、人と緑を育くむ”ことを目的とするこのプログラムのために企画や準備、道具の使い方などの指導だけでなく参加メンバーと一緒に生活をしながら、未来基地や自然への想いを聞かせてくれたり、相談に乗ってくれたり、英語話者のメンバーとの意思疎通を助けてくれたりととても熱心です。
IMG_5953.JPG

以前メンバーみんなで日光に遊びに行ったときに、日光の杉の森がどれだけ整備されていてきれいかということについて教えてくれた神ちゃん、本当に森が好きなのだなぁと感じました。静かな情熱をもって森で毎日を過ごしている神ちゃんはとてもすてきで、尊敬です!これからも未来基地ですてきなプログラムを作っていってください。いつもありがとうございます!

Posted by 大木本 at 14:49 | 長期ボランティアの声 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

コツコツ作業からみえること(メンバー報告)vol.10[2016年06月23日(Thu)]
こんにちは、長期ボランティアのあいです。
IMG_7128.JPG

最近は梅雨入りもし、じめじめとした暑さが体力を奪うこの頃ですが皆様はいかがお過ごしでしょうか。
私は青森出身なので、湿度と暑さが大の苦手です。日々のワークで身の危険を感じる酷暑の日もしばしばあります。これから7月下旬まで大丈夫か不安です。

今週はとちぎ青少年自立援助センター(TCCでは通称センターさん)の寮生の方が3名いらっしゃいました。青木さんという方の森で、除伐作業を一緒にしました。TCCで活動をしていると、センターさんだったり、しごとやさんだったりと、色々な方々と知り合う機会が持てます。また、森で一緒に汗を流すことができるので有意義です。センターさんとは来週も共に活動する機会があるので楽しみです。

IMG_7124.JPG

IMG_7118.JPG
ところで、私は最近除伐がすごく楽しくなってきました。除伐は森の中で枯れている木や、細い木などを切って、森の中を整備することです。
木を切り倒すのも、その切った木をさらに短く切ったり、枝を落としたりして一か所に綺麗に集めるまでが一連の作業です。どの工程でもだんだんコツを掴んできて、自分の上達が感じられます。勿論まだまだだとは思いますが、森での作業の面白さが分かってきた今日この頃です。
雨が多いせいで足場が悪かったり、蚊にやられたりすることもしばしばですが、危機管理に配慮して日々作業していきたいです。
IMG_7131.JPG

Posted by 大木本 at 10:04 | 長期ボランティアの声 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

トチギ環境未来基地さんの画像
http://blog.canpan.info/tochigicc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tochigicc/index2_0.xml