CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月17日

栃木県コミュニティ協会地域研修会(生活学校フォーラム)に参加しました

令和元年9月10日(火)、栃木県コミュニティ協会地域研修会(生活学校フォーラム)が開催されました。
講師は、ジャーナリスト 環境カウンセラーの崎田裕子氏
演題は「プラごみの現状を知る」で、個人的にも興味のあるテーマです。

海洋プラスチック問題の現状として、
陸上から海洋に流出したプラスチックごみ発生量の世界のランキングでは、
日本は30位(1位は中国)ですが、
人口1人当たりの使い捨てプラスチック容器の廃棄量では、
アメリカに次いで、日本は世界第2位。
日本のプラスチック廃棄物940万トンのうち、
未使用で焼却や埋立てとなるものが18%(173万トン)あることが課題です。

こうした課題を解決するために、国では3R(リデュース・リユース・リサイクル)+Renewableを基本原則として、
プラスチック資源循環戦略に取り組んでいるとのこと。

将来の社会像「地域循環共生圏」に向けて、
東京2020を都市型地域循環共生圏のレガシーにすることを目指す。
既に実施された「みんなのメダルプロジェクト」もその一環です。

そして、こうした取組みは、地域と世界をつなぐ共通言語「SDGs」の17目標
「12つくる責任つかう責任」、「14海の豊かさを守ろう」にもつながる。
いろいろな活動をきっかけに、世界の共通言語の「SDGs」に関心を持ってほしいと講演を締めくくられました。
我が職場の壁にも「SDGs」が掲げられています。
まずは、資源ごみの分別やマイバッグ持参など、自分のできることを実践していきます。
20190910_141344.jpg

2019年06月22日

とちぎ協働デザインリーグの令和元年度第1回理事会・総会を開催しました

令和元年6月21日(金)、任意団体リーグとNPO法人リーグの理事会・総会
4つの会議をそれぞれ開催しました。

任意団体リーグの議案は、平成30年度事業報告及び平成30年度活動計算書報告、
任意団体の解散及び財産の譲渡等についてです。
また、NPO法人リーグの議案は、平成30年度事業報告及び平成30年度活動計算書報告、
令和元年度事業計画案及び令和元年度活動予算案、会員の加入促進等についてです。
意見交換では、実施事業の成果と課題についての質問や、財源の確保や会員の加入促進等
についての様々な提案などがありました。

平成19年から11年間活動した任意団体リーグは、6月末をもって解散となります。
今後は、NPO法人リーグとして、とちぎの市民社会づくりのために活動してまいりますが、
引き続き、ご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。20190621_182752.jpg

2019年03月20日

とちぎ協働デザインリーグの第3回理事会・臨時総会を開催しました

平成31年3月12日(火)、任意団体リーグとNPO法人リーグの理事会・総会
4つの会議をそれぞれ開催しました。

内容は、任意団体からNPO法人への引き継ぎ事項や会費の額、
諸規程の制定、平成31年度事業計画案及び平成31年度活動予算案等、
多岐にわたり、活発な意見交換が行われました。

年度末の慌ただしい時期ですが、諸々の手続きとともに、今年度まとめ、
来年度準備を進めていきます。
DSC02147.JPG

2019年02月26日

NPO法人とちぎ協働デザインリーグ臨時理事会を開催しました

長らく記事更新が滞っておりましたが、皆様にご報告いたします。

「とちぎ協働デザインリーグ」は、これまでNPO法人化の手続を進めておりましたが、
平成30年12月21日に設立登記が終了し、
「NPO法人とちぎ協働デザインリーグ」となりました。

去る2月19日(火)には、新たな体制での臨時理事会を開催し、
任意団体からNPO法人への引き継ぎ事項や来年度の運営体制等について、協議しました。

NPO法人としての本格的な活動は来年度からスタートしますが、
今後とも、ご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。
DSC03508.JPG

2018年09月16日

たかはら子ども未来基金 学生インターン部門 授賞式

ご報告が遅くなり、申し訳ありません。
8月24日(金)に、とちぎボランティアNPOセンターぽ・ぽ・らにおいて、標記授賞式及びオリエンテーションが行われました。
リーグスタッフは、審査委員として立ち会いました。

この事業は、とちぎコミュニティ基金
主催により、2018年8月〜2019年3月の6か月間、NPOでのインターンシップを支援するため、受入れ団体と学生を募集し、助成するものです。
今回、次の5団体に対して、5名の学生が選考・決定されました。
@サシバの里自然学校:生き物の生きやすい里山、自然体験
Aたかねざわぽかぽか食堂:地域食堂を月1回開催
B足尾に緑を育てる会:木が根付くような土をつくる活動
Cトチギ環境未来基地:荒れた里山を整備する活動
Dえんがお:高齢者の孤立の解消を目指して活動

学生さんからは、「ボランティアを経験して、今後の自分の進路を考えたい。」、「NPOの実際の活動を知りたい。」、「高齢者を笑顔にしたい。」など、インターンシップに当たり、率直な豊富が語られました。
主催者からは、「NPOはミクロの世界で、団体に入っていくと有用なことをやっているが、どの団体も後継者不足の状況。そのような中、学生が実体験することに意味がある。インターン後も、ぜひボランティアを続けてもらいたい。」と、まとめの言葉がありました。

団体にとっても、学生さんにとっても、この6か月間が充実した日々となりますよう、心から応援しています。
DSC01747.JPGDSC01733.JPG

2018年06月10日

平成30年度とちぎ協働デザインリーグ第1回理事会・総会を開催しました

とちぎ協働デザインリーグでは、6月9日(土)に今年度第1回理事会・総会を開催しました。

総会では、平成29年度事業報告及び決算、平成30年度事業計画案及び予算案、
役員改選等が審議決定され、新たな役員体制となりました。

今後とも、役職員一丸となって、多くのボランティアやNPO、関係機関との連携・協働により、
事業の充実強化や新たな課題解決に取り組んでいきたいと思います。
007.JPG

2018年06月08日

職員募集 受付終了のご連絡

とちぎ協働デザインリーグの職員募集をしておりましたが、
2018年6月8日(金)を持ち、募集受付を締切ました。

ご応募いただきました皆さまありがとうございました。

2018年03月14日

とちぎ協働デザインリーグ平成29年度第3回理事会を開催しました

平成30年3月10日(土)午後、とちぎ協働デザインリーグ平成29年度第3回理事会
開催しました。

会議では、来年度事業計画案及び活動予算案等について審議され、
リーグ運営のあり方や組織体制の強化などについて、意見交換が行われました。

年度末を迎え、今年度事業のまとめを行いつつ、来年度事業の準備をしっかりと進めていきます。
DSC00722.JPG

2018年03月08日

【中山間地域企業連携事業】栃木県中山間地域活性化推進協議会ととちぎコープ生活協同組合との包括連携協定締結式の開催

とちぎ協働デザインリーグでは、栃木県の中山間地域と、農山村地域での農業や地域保全活動などの支援に関心のある企業とを結び付け、連携した活動を推進する事業を実施しています。

先日連携第一号として、栃木県中山間地域活性化推進協議会ととちぎコープ生活協同組合との包括連携協定締結式が執り行われました。
とちぎコープの約11万人の会員さんに県内の中山間地域の様々な情報はが提供されるという、とてもうれしい取組です。また、4月に開催されるとちぎコープさんのイベントに中山間地域ブースを設けていただき、地域の特産品の展示即売もさせていただけます。今後更に互いにメリットのある活動に広がることを期待します。

IMG_8344.JPG

2018年03月06日

「第2回とちぎの中山間地域を元気にする企業と地域の相談会」開催報告

平成30年2月23日(金)、栃木県庁北別館において、
第2回とちぎの中山間地域を元気にする企業と地域の相談会
(栃木県主催、とちぎ協働デザインリーグ実施)を開催しました。
この事業は、企業との交流に意欲的な中山間地域と、
農山村地域での農業や地域保全活動等に関心のある企業とを
結びつける事を目的としています。

連携に向けた相談会は8企業と4地域の方に加え、
市町の行政職員の皆様にもご参加いただきました。
各参加者による自己紹介の後に、それぞれのブースを訪問する形式で行われ、
膝をつき合せて活発な意見交換がなされました。
28161751_1690208307689399_679851075956006561_o.jpg28235652_1690208301022733_4345241505660274454_o.jpg28238566_1690208304356066_6585151270399520034_o.jpg28336407_1690208447689385_7269260311142272930_o.jpg28336740_1690208404356056_6194423758888313577_o.jpg