CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年09月16日

たかはら子ども未来基金 学生インターン部門 授賞式

ご報告が遅くなり、申し訳ありません。
8月24日(金)に、とちぎボランティアNPOセンターぽ・ぽ・らにおいて、標記授賞式及びオリエンテーションが行われました。
リーグスタッフは、審査委員として立ち会いました。

この事業は、とちぎコミュニティ基金
主催により、2018年8月〜2019年3月の6か月間、NPOでのインターンシップを支援するため、受入れ団体と学生を募集し、助成するものです。
今回、次の5団体に対して、5名の学生が選考・決定されました。
@サシバの里自然学校:生き物の生きやすい里山、自然体験
Aたかねざわぽかぽか食堂:地域食堂を月1回開催
B足尾に緑を育てる会:木が根付くような土をつくる活動
Cトチギ環境未来基地:荒れた里山を整備する活動
Dえんがお:高齢者の孤立の解消を目指して活動

学生さんからは、「ボランティアを経験して、今後の自分の進路を考えたい。」、「NPOの実際の活動を知りたい。」、「高齢者を笑顔にしたい。」など、インターンシップに当たり、率直な豊富が語られました。
主催者からは、「NPOはミクロの世界で、団体に入っていくと有用なことをやっているが、どの団体も後継者不足の状況。そのような中、学生が実体験することに意味がある。インターン後も、ぜひボランティアを続けてもらいたい。」と、まとめの言葉がありました。

団体にとっても、学生さんにとっても、この6か月間が充実した日々となりますよう、心から応援しています。
DSC01747.JPGDSC01733.JPG

2018年06月10日

平成30年度とちぎ協働デザインリーグ第1回理事会・総会を開催しました

とちぎ協働デザインリーグでは、6月9日(土)に今年度第1回理事会・総会を開催しました。

総会では、平成29年度事業報告及び決算、平成30年度事業計画案及び予算案、
役員改選等が審議決定され、新たな役員体制となりました。

今後とも、役職員一丸となって、多くのボランティアやNPO、関係機関との連携・協働により、
事業の充実強化や新たな課題解決に取り組んでいきたいと思います。
007.JPG

2018年06月08日

職員募集 受付終了のご連絡

とちぎ協働デザインリーグの職員募集をしておりましたが、
2018年6月8日(金)を持ち、募集受付を締切ました。

ご応募いただきました皆さまありがとうございました。

2018年03月14日

とちぎ協働デザインリーグ平成29年度第3回理事会を開催しました

平成30年3月10日(土)午後、とちぎ協働デザインリーグ平成29年度第3回理事会
開催しました。

会議では、来年度事業計画案及び活動予算案等について審議され、
リーグ運営のあり方や組織体制の強化などについて、意見交換が行われました。

年度末を迎え、今年度事業のまとめを行いつつ、来年度事業の準備をしっかりと進めていきます。
DSC00722.JPG

2018年03月08日

【中山間地域企業連携事業】栃木県中山間地域活性化推進協議会ととちぎコープ生活協同組合との包括連携協定締結式の開催

とちぎ協働デザインリーグでは、栃木県の中山間地域と、農山村地域での農業や地域保全活動などの支援に関心のある企業とを結び付け、連携した活動を推進する事業を実施しています。

先日連携第一号として、栃木県中山間地域活性化推進協議会ととちぎコープ生活協同組合との包括連携協定締結式が執り行われました。
とちぎコープの約11万人の会員さんに県内の中山間地域の様々な情報はが提供されるという、とてもうれしい取組です。また、4月に開催されるとちぎコープさんのイベントに中山間地域ブースを設けていただき、地域の特産品の展示即売もさせていただけます。今後更に互いにメリットのある活動に広がることを期待します。

IMG_8344.JPG

2018年03月06日

「第2回とちぎの中山間地域を元気にする企業と地域の相談会」開催報告

平成30年2月23日(金)、栃木県庁北別館において、
第2回とちぎの中山間地域を元気にする企業と地域の相談会
(栃木県主催、とちぎ協働デザインリーグ実施)を開催しました。
この事業は、企業との交流に意欲的な中山間地域と、
農山村地域での農業や地域保全活動等に関心のある企業とを
結びつける事を目的としています。

連携に向けた相談会は8企業と4地域の方に加え、
市町の行政職員の皆様にもご参加いただきました。
各参加者による自己紹介の後に、それぞれのブースを訪問する形式で行われ、
膝をつき合せて活発な意見交換がなされました。
28161751_1690208307689399_679851075956006561_o.jpg28235652_1690208301022733_4345241505660274454_o.jpg28238566_1690208304356066_6585151270399520034_o.jpg28336407_1690208447689385_7269260311142272930_o.jpg28336740_1690208404356056_6194423758888313577_o.jpg

2017年12月21日

【実施報告】非営利組織のための「第三者組織評価」制度説明会

とちぎ協働デザインリーグでは、(一財)非営利組織評価センターとの共催により、12月20日(水)に「非営利組織のための第三者評価」制度の説明会を実施しました。

この評価制度は、(一財)非営利組織評価センターが、NPO法人等の信頼性と透明性の向上を図り、組織評価を社会と共有することで、非営利組織に対する充実した支援環境の構築に寄与することを目的として構築し、実施しているものです。

DSC06864.JPG
今回の説明会では、山田泰久氏(非営利評価センター業務執行理事)を講師に迎え、NPOを取りまく環境と評価制度についてご解説いただくとともに、参加者の皆様に自己評価のミニワークを体験していただきました。

まず、講師の山田さまからは、NPOを取りまく環境とガバナンスとして、社会におけるNPOへの期待の高まりや説明責任、信頼性を向上させるためのガバナンスの重要性についてお話いただきました。

評価制度の説明においては、NPOが社会からの信頼性を向上するために作られた「第三者組織評価」について、NPOが社会により開かれた組織運営を目指し、様々な支援がNPOに届く仕組みとしての制度目標や認証登録されることによる想定されるメリットについて、ご解説いただきました。

DSC09766.JPG

評価には、認証評価と基礎評価があり、認証評価の評価方法は現在検討中です。
基礎評価については、NPOにとって自己アピールがしづらく、振り返りが難しい下記の対象に着目して、独自の5分野23項目を設けています。

■自己アピールがしづらい対象
 ・組織の目的と事業の実施…5項目
 ・ガバナンス…6項目
 ・コンプライアンス…3項目
 ・情報公開…3項目
 ・事務局運営(資金管理、文書保存、雇用)…6項目

DSC09820.JPG

評価項目の解説後に、参加者が自団体等について、自己評価シート(23項目をはい・いいえで選択するもの)を用いて、ミニワークを行い、グループシェアを通して、各団体の現状や評価に関する感想等を共有しました。

「評価」と聞くと、身構えてしまうところがありましたが、
講師のお話を伺って、自分たちの活動をアピールし信頼性を高めるための評価ということが良く分かりました。

今年度中は、評価料も無料ということですので、栃木県の団体の皆さまにも、積極的にチャレンジしていただければと思います。

参考URL 
非営利組織評価センター(JCNE)
 https://jcne.or.jp/
説明資料 「非営利組織のための第三者組織評価ガイド」(第三者組織評価のお申込み)
 https://jcne.or.jp/catalog/
よくある質問 (JCNEホームページ)
 https://jcne.or.jp/for_npo/faq/
非営利組織評価センター 団体情報/団体詳細 (CANPAN FIELDS)
 http://fields.canpan.info/organization/detail/1288154535
非営利組織評価センター スタッフブログ (CANPAN BLOG)
 http://blog.canpan.info/jcne/
非営利組織評価センター フェイスブックページ
 https://www.facebook.com/npoeval/

2017年10月27日

とちぎの中山間地域を元気にする企業と地域の相談会を開催しました。

とちぎの中山間地域を元気にする企業と地域の相談会を開催しました。

この事業は、企業等との交流に意欲的な中山間地域と、農山村地域での農業や地域保全活動等に関心のある企業とを結びつける事を目的とした事業です。

今回は、お互いを知り連携の可能性を模索することを目的に開催しました。

当日は、11の地域や市町担当者と11の企業が参加し活発な意見交換が行われました。

始めに、実際に地域と連携している事例を2事例聞き、連携のイメージをして頂きました。
DSC09617.JPG

DSC09626.JPG

その後、自社、地域のアピールを行いました。
DSC09639.JPG


アピールの後は、企業が連携してみたい地域のブースに訪れ、活発な情報交換を行いました。
DSC09704.JPG

予定時間終了後も、話は尽きずこの出会いが今後、両者が存続・維持・活性化につながる事に期待感あふれる相談会となりました。

DSC09732.JPG

2017年10月15日

平成29年度とちぎ協働デザインリーグ第2回理事会を開催しました

10月7日(土)の午後、とちぎ協働デザインリーグの平成29年度第2回理事会
開催しました。

会議では、今年度事業の中間報告及び補正予算、今後のリーグのあり方等について審議され、
事業や組織体制の強化などについて、意見交換が行われました。

今年度事業も本格化してきますが、今後の事業の充実についても、併せて検討していきます。
DSC09254.JPG

2017年06月23日

平成29年度生活学校・生活会議運動全国大会に参加しました

6月20日(火)、東京都の国立オリンピック記念青少年センターにて開催された、
平成29年度生活学校・生活会議運動全国大会
(公益財団法人あしたの日本を創る協会主催)に、リーグスタッフが参加しました。

開会行事では、あしたの日本を創る運動の功労団体・個人への表彰があり、
栃木県からは、那須塩原市生活学校(大内会長)に会長表彰が授与されました。
おめでとうございます!

続いて、「食品ロス削減と地球温暖化防止」をテーマに、
環境省の薄木環境専門調査員による講演がありました。642万トンから621万トンと、
約20万トン減少しましたが、
家庭では、手つかず食品の1/4が賞味期限内に捨てられているのが現状だそうです。
一人ひとりが、真剣に食品ロスの削減に取り組むとともに、
フードバンクのような取組が、より拡がっていくことが必要だと思います。

また、第3分科会「地域づくり」では、
3地区からの事例発表と質疑応答がありました。
各地域とも、後継者不足は大きな課題ですが、
鴨居駅周辺まちづくり研究会(神奈川県)では、
独自に地域デビュー講座を3年間開催し70名が参加して、
内11名がボランティアとして活躍中とのこと。

「自分が できることを
できるときに できるだけする」

地域活動を継続させるためには、「楽しく活動できる」ことが大切だと思いました。20170620生活学校全国大会1.jpg20170620生活学校全国大会2.jpg20170620生活学校全国大会3.jpg20170620生活学校全国大会4.jpg

参考URL
栃木県コミュニティ協会 
 https://tochigi-community.jimdo.com/