CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年02月 | Main | 2017年04月»
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

tobacoswさんの画像
最新記事
職員別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
名無し
「今年もはじまりました」 (09/20) 福祉推進係 I
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/05) ヤマダヒロミ
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/02) 福祉推進係 I
中学校と海の子が交流会 (03/04) 福祉推進係 C
★いたずらっこの冬休み★ (03/04) M
★いたずらっこの冬休み★ (02/12) 七夕
少し早いですが・・・。 (05/24) しろくろ
中学校と海の子が交流会 (03/06) しろくろ
この頃思うこと (02/17) とりこ
就労継続支援事業についてA (02/17)
最新トラックバック
リンク集
平成28年度 障がい啓発講習会 [2017年03月31日(Fri)]
指定障がい者相談支援事業所キ・ラ・ラでは毎年障がいを持つ方のご家族、当事者、また支援をしている事業所の方達を対象に地域で障がい(児)者を「支援する」という事の意味について皆さんで考えていただくことを目的に講習会を開催しています。
今年は、〜みんなで考えよう!<しょうがい>のある方の思春期・青年期の性の課題について〜をテーマに、 平成29年3月2日(木)に開催しました。講師として、日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科の木全和巳先生にお越しいただき、地域で暮らす障がい(児)者が生活して行く上で切っても切れない課題である「性」の課題に寄り添い、保護者、障がい者支援に関わる関係者で、みんなで考え、鳥羽市でできる取り組みについて意見交換をしました。

1001.jpg

4つのグループに分かれて、今から30年前のデンマークのグループホームでの支援についてビデオ鑑賞し、沢山の感想が出ました。

1002.jpg

地域でこれからどうしていくかについての材料集めをグループで話し合いました。相談できる場が必要、本人・親・先生・支援者が学べる場や話ができる場が必要、見守りのできる地域作りをする、正しい情報の発信と共有・連携が必要との意見が出ていました。
 地域で誰が、どのように、何を実践していけるかはとても難しい問題です。しかし、少しずつ人が育ち、その中で力をつけた本人が自分から発表していけるような場ができ、そこからその地域も変わっていきますと先生よりアドバイスをいただきました。今回の講習会を機会に、地域でできる事、していかなければならない事を実践していけるよう考えていかなければいけないと思いました。







     
       



ロータリークラブ様より [2017年03月27日(Mon)]
平成29年3月22日(水)鳥羽ロータリークラブ様より、テント一張寄贈いただきました。

IMG_2075.JPG


社会福祉協議会では、災害が起こった時など災害ボランティアセンターを立ち上げなければなりません。いただいたテントはそういった場合や、ひだまりフェスタ等のイベントに使用させていただきます。ありがとうございました。

IMG_2081.JPG