CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年02月 | Main | 2014年04月»
<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

tobacoswさんの画像
最新記事
職員別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
名無し
「今年もはじまりました」 (09/20) 福祉推進係 I
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/05) ヤマダヒロミ
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/02) 福祉推進係 I
中学校と海の子が交流会 (03/04) 福祉推進係 C
★いたずらっこの冬休み★ (03/04) M
★いたずらっこの冬休み★ (02/12) 七夕
少し早いですが・・・。 (05/24) しろくろ
中学校と海の子が交流会 (03/06) しろくろ
この頃思うこと (02/17) とりこ
就労継続支援事業についてA (02/17)
最新トラックバック
リンク集
鳥羽市地域福祉講演会が開催されました。 [2014年03月18日(Tue)]
3月16日(日)に鳥羽市保健福祉センターひだまりにて鳥羽市地域福祉講演会が、開催されました。
 毎年、鳥羽市社会福祉協議会では、地域福祉に関心を持っていただくことと、地域福祉活動計画の進捗状況を市民の皆様に報告を行うことを目的として、地域福祉講演会を開催しています。
 今年は、地域福祉活動計画活動計画の4年目を迎え、26年度に第2期の地域福祉活動計画の策定を行うことから、地域福祉活動計画について、鈴鹿医療科学大学の蒔田勝義先生を迎えて講演をしていただきました。また、鳥羽市の地域福祉活動計画の進捗状況説明を社協担当職員より説明を行い、活動計画の中でのサロンの推進について「畔蛸町いきいきサロン」より、代表の星見秀栄さん、ボランティア活動の推進について「福祉奉仕団体はまゆう会」の代表山本英子さんより、それぞれ福祉活動の内容をお話ししていただきました。
 福祉活動内容については、活動の様子をスライドで見ていただき、分かりやすくお話しをしていただきました。星見さんからは、腹話術も披露していただき、場を和ませながら、楽しいお話をしていただきました。みなさん熱心に講師のお話に聞き入っていました。
P1080966.JPG

≪63名の参加がありました。≫

P1080974.JPG

≪星見さんの報告の様子≫

P1080983.JPG

≪蒔田先生には、地域福祉についてわかりやすくお話しをしていただきました。≫

P1080991.JPG

≪講師の先生方本当にありがとうございました。≫

 地域福祉の充実を目指して、鳥羽市社会福祉協議会は、これからもがんばりますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。
 







 

第4回ボランティアスクール(やりました!!) [2014年03月11日(Tue)]
何と!! iphoneで「バザール」と打ち込むと予測変換で「バザールでござーる」と出てくるそうです。


・・・どうでもいいですね。がうー(☆`・ω・)ノです。



さぁ学校は卒業シーズンですが、鳥羽市社会福祉協議会は3月1日にイベントを実施しました。
名付けて第4回ボランティアスクール『故郷再発見!!ディスカバーウォークin相差』です。
日本で一番海女さんが多い地域である相差町で実施しました〜


50名以上の参加(ありがとうございます!!)があり、春雨展望台→海女文化資料館→神明神社→海女の家「五左屋」(お買物)の順で見学しました(☆`・ω・)ノ




春雨展望台は「えっ!?こんなところに!!」って思うぐらい迷路のような道(一本道ですが…)を突き進むとございます。
 無事迷路から抜け出せた者だけに与えられる絶景!!
P1080601.JPG

そして歴史を感じさせる記念碑。鳥羽市民でも知らない方が多かったのか、春雨展望台に着くと驚きを隠せません。


P1080824.JPG



相差町内会長様の春雨艦のお話を参加者の皆さんは真剣に聞いていました。
P1080830.JPGP1080831.JPG

続いて海女文化資料館
P1080835.JPG

神明神社(石神さん)
P1080846.JPG

と、ウォーキング&見学をしました。
ここで豆知識!!
相差町に在住の現役の海女さんの家には不思議な石が置かれています。
その石には以下(写真)のマークが描かれています。
Seeman_douman.png

これは伊勢志摩の海女さん達が魔よけに磯着や手拭いに縫いこんでるマークで、☆マークがセーマン、格子縞がドーマンです。
セーマンは一筆書きで必ず同じ場所に戻ってくる事から潜水しても必ず浮上出来るという意味で、ドーマンは出入り口が分からないから悪魔が入りにくく、トモカズキといわれる悪霊から逃げられると信じられています。


相差町は海女さんが有名です。観光スポットもたくさんありますが、見学だけでは終わりません(☆`・ω・)ノ



午後からは相差町内会長様による「相差町の福祉の町づくり」について記念講演していただきました。
相差町は町づくりのために「長岡スポーツ文化クラブ」というのを行っております。
これは、子どもからお年寄りまで気軽にスポーツや文化活動に親しむ事ができる環境づくりを行い、地域住民の生涯スポーツの振興を通して、青少年の健全育成、住民の健康体力の保持増進及び元気な町づくりに貢献したいと考え住民が主体となって活動しているのであります。

 スポーツや文化活動には人を繋げる力があり、さまざまな年代の人たちが繋がりあえる人間味豊なコミュニティづくりを目指しているのです!

 また、地域で人を大切にしていく関係を作るため「まちづくり協議会」の設置や地域のふれあいの場である「子育てサロン」の設置など、さまざまな取り組みを行っています。相差町では人と人との繋がりを一番大切に考え、みんなが町づくりに参加できるしくみづくりが相差町の町づくりなのであります。


ありがとう相差町!!P1080833.JPG