CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年08月 | Main | 2009年10月»
<< 2009年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール

tobacoswさんの画像
最新記事
職員別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
名無し
「今年もはじまりました」 (09/20) 福祉推進係 I
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/05) ヤマダヒロミ
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/02) 福祉推進係 I
中学校と海の子が交流会 (03/04) 福祉推進係 C
★いたずらっこの冬休み★ (03/04) M
★いたずらっこの冬休み★ (02/12) 七夕
少し早いですが・・・。 (05/24) しろくろ
中学校と海の子が交流会 (03/06) しろくろ
この頃思うこと (02/17) とりこ
就労継続支援事業についてA (02/17)
最新トラックバック
リンク集
夏休み [2009年09月16日(Wed)]
めっきり涼しくなり、子どもたちの夏休みもやっと終わり、いつもの生活に戻りました。高速料金が安いので東京ディズニーシーへ子ども三人、平日、深夜出発、土曜帰宅で往復締めて、\7550!!!安〜い

運転は大変ですが、今回は疲れもどこへやら!楽しい一日を過ごしてきました。
8月入って、子どもたちを主人の実家(神島)に島送り。義父、母は大喜びです。孫7人がお盆が終わるまで、居候します。子どもたちは、うるさいのがいないのを幸いに好き放題の10日間です。お盆に帰るのは2年ぶりくらいで、申し訳ない思いながら、今年は休みをとって帰りました。

長女は宿題の絵を描きに、夕方堤防に行き書いていました。そこには私が今まで見たことのない夕日の沈むのが見え・・・・・すごくステキで、しばらく見惚れてしまいました。
子どもたちも、すごーいと連発してしまい私は感動しました。



体力・精神的にも日々一杯一杯で疲れていた体に、この夕日を見て癒された様に思いました。主人の実家に行くというのは、気を使いますが、身近にこんな癒しの場があるというのに、行かない手はない。
           三食昼寝、土産付き、片道料金だけ

                                      (あもちゃん)
問題なのか?・・・困難なのか?・・ [2009年09月16日(Wed)]
介護サービス(デイサービス・ショート)を受ける側は、迎えに来てくれることでサービスが始まる。歩ける歩人や、車イスであってもスロープや移動可能な階段であればスムーズにサービス利用できる。
しかし・・・

現状はどうか?数十段の階段をおんぶし、自宅から送迎車まで、2階のベットから送迎車にと、サービスを提供する側も大変です。時には腰痛や危険と隣り合わせになる事も・・・
安心・安全にサービス利用とは行かない場合もある。
離島は・・
市内サービスを利用するにあたっては、
@ 自宅から桟橋までの介助(家人対応や島内介助員対応)
A 船内での見守り(船内介助員対応)
B 本土に到着。

ここからがスタート
離島は天候にも左右される。
雨や風・・利用できない日も一年を通し変ってくる。
石鏡町・国崎町とかは車の入らない細い道、急な坂道、果てしなく続く階段・・・
そんな現場も少なくない。
十数段の階段をおんぶして昇降する事業所は、その利用者を背おいながら、
何を思うのでしょうか・・
「こんな送迎は問題?」
「困難?」
だとしたらサービスの提供はおこなっていないでしょうね。
きっと!!

自宅では入浴もままならず、日中介護する人がいない状況・介護負担が大きいなど
さまざまな問題・困難がソコにあるのかも・・・
そんな利用者・家族に、サービスを受ける側のソコをサポートし、
在宅生活につなげていく。
サービス提供事業所の皆さん・・・いつも有難うございます。        

身近なもの:その1
〜ここに手すりがあれば
〜段差解消すれば
〜スロープにすると・・
住宅改修により外出が可能になり、サービス利用ができるようになる。
(住宅改修は外出するための応援団?!)

身近なもの:その2
先日、階段の段差を何とか自分なりに解消できないか?
同僚のケアマネ(住環境1級取得者)を現地連れ出し、
良い施策が無いか・・・話しを聞いてみました。
車イスのタイヤの幅が階段にあれば・・
昇降・・・できる・・・か?
と言う事で、段差解消用の台の製作をしました。
廃材とすのこを利用し
悪戦苦闘!!

そこへ「お助けマン」登場!!
腕に自信有りのシルバーさん・同僚の人
協力の成果は写真を見て下さい。

長かった夏・・・ [2009年09月07日(Mon)]
今までに経験した事の無い夏・・・。私事でも毎週日曜日は無く、土曜日は家事・子供の用事に追われて、正直 今日は何月何曜日?とわからないくらいの日々でした。

誰でも初めての事には気後れしてしまいがちですが、その気持ちも忘れるくらいに毎日が一生懸命だったように思います。私の対応がまずく、子どもがパニックになり落ち込んだ日、プールの日の嬉しそうな笑顔、お盆明け、久しぶりに会った時『大きくなったな』と目を見張った事、日々成長する子ども達、日々後退していく私・・・。たくさんの喜怒哀楽のなか、未熟な私も、ちょっとは勉強し成長することができたのかな・・・。

気がつけば、涼しい風が・・・。何事も無く無事終わった事に、ほっとしております。正直な気持ちです。ジェットコースターのような毎日から、いつもの日々へスイッチしていきたいなあ。私の愚痴を聞き流してくれた家族の協力に感謝です。
                              (福祉推進係 N)
夏の思い出 [2009年09月01日(Tue)]
朝夕と涼しい風が吹き過ごしやすくなりました。
今年の夏は雨が多く夏らしい夏といった感じもありませんでしたが8月終盤、大阪府のユニバーサルへ子供たちと一緒に行ってきました。

夏休みも終盤と言う気持ちも有り、人混みも少ないのではと思いながら着いたとたんに「まぁ〜ビックリ!!」やはり同じ事を考えて見える方も多いのだと感じました。子供たちと一緒にウォーターワールド、ジョーズ、ジェラシックパーク、T−U、スパイダーマンと周り、楽しい時間をすごす事が出来ました。

待ち時間もあり、足はパンパンで痛くめったに歩く事のない距離だった様に思いました。それと乗り物に乗るには「忍耐」が必要だと感じました。又行って見たいと言う反面待たずに乗り物に乗って見たいと思いました。
                          (2つとなりのトトロ)