CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年05月 | Main | 2008年07月»
<< 2008年06月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール

tobacoswさんの画像
最新記事
職員別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
名無し
「今年もはじまりました」 (09/20) 福祉推進係 I
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/05) ヤマダヒロミ
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/02) 福祉推進係 I
中学校と海の子が交流会 (03/04) 福祉推進係 C
★いたずらっこの冬休み★ (03/04) M
★いたずらっこの冬休み★ (02/12) 七夕
少し早いですが・・・。 (05/24) しろくろ
中学校と海の子が交流会 (03/06) しろくろ
この頃思うこと (02/17) とりこ
就労継続支援事業についてA (02/17)
最新トラックバック
リンク集
サロンにてタワシ編み [2008年06月04日(Wed)]
 国崎・小浜・鳥羽2丁目と今回3ヶ所で、指先を使った「編み物」でタワシの製作することになりました。(アクリルタワシと言います。)
この「アクリルたわし」製作のきっかけは、手芸が得意なあるデイ利用者から「アクリルたわし」を頂いたことでした。自分で作ったとの事・・・興味がでた私は早速 弟子入りしました。作り方(編み方)を教えてもらいチャレンジ・・中々指が思うように動いてくれません。何度も繰り返し編んでいくと・・・あら不思議?              
指のリハビリ終了!スムーズに編めるようになりました。

 さて、第1回の開催場所「国崎町サロン」
さすがに、漁業等の編み物経験者が多いこの地区の参加者さんは、短時間で1個作ってしまいます。

 「指先が思うように曲がらない・指が太すぎて編みにくに」でも何回も編んではほどき、ほどいては編んで、と繰り返し出来上がった時は「わかったぞ〜」「出来た!」と声が聞こえ、笑顔になります。出来た人が他の人に教えて、全員が完成するころは、1時間の時間がすぎていました。(人間夢中になると時間がすぎるのが速い)
参加者の声・・「難しい〜」が多かったのですが、全員が完成できました。

 第2回開催場所「小浜町サロン」
こちらの参加者が一番多かったですね。男性の参加者も多く、みなさん悪戦苦闘しながら指編みに挑戦・・・1人、一人に個人レッスンすると理解しやすいのか、男性のかたは「解った、わかった、なるほど・・うん」と言い、自信満々な表情に変ります。

中には手先(指先)の曲がりが悪くて、編むことがむつかし方も見えましたが、一緒に編んでくれる方が上手に教えてくれるので・・・
ここでもすばらしい全員が完成!!できました。
参加者の声・・「難しい〜」「さっそく家に帰って使うわ」と言う。



 第3回開催場所「2丁目サロン」
こちらのサロン参加者は編み物の現役の方が見え、編み方を1回スクリーンに映しただけで、「アクリルたわし」を完成されました。
完成後は講師になり、自分の周りの人に教えてくれました。チームワークも良く、ワイワイと話しも弾み約40分程度で、全員が完成!!

 さらに、たわしの上をいく、モップの完成品も見せて頂きました。(もちろんアクリルの毛糸使用)アイデアも豊富で出来上がった「アクリルたわし」を組み合わせして、オリジナルのアクリルたわしを完成する人もいました。
参加者の声・・「良かった。又新しい何かあったら教えにきてな・・」うれしいお言葉。
元気なみなさんでした。

 きっと指先を動かし、血流が勢い良く流れ、頭を使うことで、生き生きと活き活きとなる事がわかりました。私に「アクリルたわし」の編み方を教えていただいた講師のデイ利用者は70歳後半の方、見習う必要がある事を実感しました。
                                    (介護支援専門員ぴか)