CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年12月 | Main | 2008年02月»
<< 2008年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

tobacoswさんの画像
最新記事
職員別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
名無し
「今年もはじまりました」 (09/20) 福祉推進係 I
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/05) ヤマダヒロミ
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/02) 福祉推進係 I
中学校と海の子が交流会 (03/04) 福祉推進係 C
★いたずらっこの冬休み★ (03/04) M
★いたずらっこの冬休み★ (02/12) 七夕
少し早いですが・・・。 (05/24) しろくろ
中学校と海の子が交流会 (03/06) しろくろ
この頃思うこと (02/17) とりこ
就労継続支援事業についてA (02/17)
最新トラックバック
リンク集
就労継続支援事業について [2008年01月28日(Mon)]
 来年度より鳥羽市社協では就労継続支援B型事業を行ないます。具体的には現在の小規模授産所である海の子作業所を鳥羽社協が引き継ぎ、就労継続支援B型として申請し運営していくことになります。それに伴い運営規定、事業所計画等の書類作成や収支のシュミレーションなどの業務に負われています。この業務に際して感じていることを書きます。それはいろいろありますが今日は自己負担について書いてみたいと思います。

 障害者自立支援法が施行されたことにより、自己負担が発生してしまうことが大きな問題の一つとなっています。障がい者の日中の活動の場としての作業所や通所事業の利用に関して言うと、就労継続支援等の作業所の場合は、就労の場として設定しているのにもかかわらず、作業所利用の自己負担が作業所収入を上回ってしまうというケースも出ています。
 
 それに対して自治体によっては、その自己負担分に対して救済策を打ち出しています。例えば三重県の場合は作業所を含めた通所事業に対して、日額180円を支給しています(三重県障がい者通所事業等支援事業)。

 しかしこの事業も経過措置として実施している事業に過ぎず、利用者にとっては日中の活動の場を安心して利用できるサービスとしての作業所とは決していえない状況です。
(福祉推進係 I )
介護する側・介護される側 [2008年01月21日(Mon)]
介護する側・介護される側 それぞれ気持ちは違う。
介護者にとっては自分の時間が無い、要介護者にとっては外出の機会が無い

「介護負担の軽減・・」
介護される側は「ショート利用」「介護者交代・・」
普通の風景です。

これは旅先での光景・・・
大浴場で「お母さんがんばって・・」
「そう!そう!上手・・」と言う声・・・

振り返ると
60歳代の娘さん?(お嫁さん?)らしき人が、80歳代の要介護状態のお母さんに声をかけて洋服を着せている。

「えらかったね。がんばったね」との声かけに、にっこりと笑顔と笑顔(^。^)
仕上げはお顔に化粧水パタパタ・・さらににっこり笑顔
見ているこちらもほほが緩みます。

そのような光景に
あんな介護者になりたいな? あんなふうに介護されたいな?
と、そう感じる瞬間でした。

今の介護者がどうとか言うことでは決してありません
きっと、高齢になれば外出は「しんどい」「家にいる方がいい」と言い。

家族(介護者)が外出に誘ったとしても「あんた達で行ってきて」
「1人で居るのが心配ならショート利用する」
「迷惑をかけたくない」・・・・など

自分から進んで拒否する人のほうが多い
できるなら
お互い  にっこりと笑顔と笑顔(^。^)がかわせたら、
もっと介護が楽しくなるのでは・・・
                               (介護支援専門員ぴか)
ヘルパーになったきっかけ [2008年01月15日(Tue)]
 昨年の夏より、社協ヘルパーとしてお世話になっています。
私がヘルパーへの「あこがれ!」を持つキッカケになった「人物!!」がいます。
その方は以前、私の勤めていたある八百屋さんへ、ホームヘルパーの買い物援助で買い物に来られていたヘルパーSさんです。

 八百屋の店員である私とヘルパーSさん・・・、少しずつ話が出来る様になり、ヘルパーの仕事と言う一部分を垣間見る事が出来、段々と私の心の中で「こんな人になりたい!!」とあこがれが沸いてきたのです。

 その後八百屋を辞め資格を取りに、ヘルパー講習へ・・・

 Sさんからの出会いから1年半・・・社協のヘルパーとなり、事務所では晴れてSさんの2つトナリノトトロとなる事が出来ました。

 「あこがれ」から始まり「ガンバル事!!」「やって見よう!!」「この人の様になりたい!!」と言う気持ちを持ち続けられた、想いをこれからも大切にして行きたいと思っています。

私に夢をくださったヘルパーSさんに・・・、ありがとう!!
(2つトナリノトトロ)
時間よ止まれ [2008年01月07日(Mon)]
明けましておめでとうございます。
年末年始はいかがお過ごしでしたか?
お仕事で休めなかった方もみえる事でしょうが・・・
お休みを満喫された方は幸せですね。・・って私も楽しく(1日限定)過ごしました。
なんと!!20年ぶりの「同窓会」があったんです。(年齢がばれそう)
本当に20年ぶりに会う同級生は不思議なくらいおしゃべりになっていて、聞いてもいないことも話してくる状態で、ワイワイとガヤガヤが会場を埋めつくす((@_@;)。

しかし
\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

月日の流れは同じスタートラインにいた「同級生」達を容赦なく変えていた・・・
        
 頭部が寂しくなっている友
 一段と丸く(体)なった友
 事業が成功して社長になっている友
 事業がダメになった友・孫自慢の友
 花嫁募集中の友
 音信不通になっている友・・・
 人生いろいろ!?男もいろいろ!?女だっていろいろ!?

でもね・・・不思議?気持ちはあの日のまま  夢を追いかけていた頃のまま、みんな学生服のままでした。

楽しい時間はあっと言う間に別れの時間となり、シンデレラの魔法がとけるように 友たちは自分たちの居場所へと帰っていきました。    次の再会を約束して・・・・

(介護支援専門員ぴか)