CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年10月 | Main | 2007年12月»
<< 2007年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール

tobacoswさんの画像
最新記事
職員別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
名無し
「今年もはじまりました」 (09/20) 福祉推進係 I
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/05) ヤマダヒロミ
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/02) 福祉推進係 I
中学校と海の子が交流会 (03/04) 福祉推進係 C
★いたずらっこの冬休み★ (03/04) M
★いたずらっこの冬休み★ (02/12) 七夕
少し早いですが・・・。 (05/24) しろくろ
中学校と海の子が交流会 (03/06) しろくろ
この頃思うこと (02/17) とりこ
就労継続支援事業についてA (02/17)
最新トラックバック
リンク集
サロンにて [2007年11月28日(Wed)]
 久しぶりにサロンに参加。
 参加者の一人から、ご自身の実母についての相談がありました。「母がぼけてきて、兄弟が交代で世話に行っている。これ以上ボケが進まないようにしたいけど、どういうふうに接したらよいのか」という質問。

 「昔の話をしたり、写真を持っていって思い出話などが良いですよ」と答えました。その人の話を聴いていると、実母は人中に行くのは嫌いで、デイサービスなどには行きたがらない様子。

 でも、子どもたち(70代です)が、散歩に連れて行ったりしているとのことで、良い接し方をしているな、と思いました。持っていた資料で、「認知症の人の療法」というのがあったので渡しました。回想法や園芸療法、化粧療法、ペット療法などが載っています。でもこれは、普段、私たちもしていること。

 認知症の人は、眼が覚めている間どう過ごしてよいのか分からなくなってしまうので、周りの人の見守りや促しが必要です。これは、「時間の構造化」といいます。誰かがそばにいてくれて、一緒に時間をすごしてくれれば安心できます。ひとりで時を過ごすのが難しくなっているのです。

 サロンで相談を受けて、普段思っていることを何気なく相談できる場所って大事だなと思いました。なんでもないことの豊かさをサロンは作っているのでしょうね。
(介護支援専門員F)
乗り遅れ [2007年11月14日(Wed)]
H19.11.13菅島サロンへ行ってきました。
 今日は、グランドゴルフ大会。風は強いけど、いい天気!午前11時40分、はりきって定期船乗り場に着くと、そこには桃取行きの船が…。あれ??

 「菅島行き?もうでたよ。」と船員さん。
えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!
どうやら時刻表を見間違えたようです。何度も確認したのに…思い込むと気付かないようです。

 「次は2時までないよ。」とさらに追い討ちが。
 ぎゃあぁぁぁぁ…間に合わない。あわてて菅島の民生委員さんに連絡し、結局チャーター船で菅島に向かいました。

…大失敗です。

菅島の民生委員さんをはじめ、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
 午後1時から菅島小学校グランドにてグランドゴルフの練習をスタートし、2時から記録をとり本番。1〜3位とホールインワン賞の方には貼るホッカイロがおくられました。



 風が強かったせいか、参加者は20名弱と少なめでしたが、わいわいと盛り上がり楽しい時間となりました。
                           
 …でも今日は本当に大失敗。以後気をつけます…。
                                         (福祉推進係O)