CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

tobacoswさんの画像
最新記事
職員別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
名無し
「今年もはじまりました」 (09/20) 福祉推進係 I
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/05) ヤマダヒロミ
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/02) 福祉推進係 I
中学校と海の子が交流会 (03/04) 福祉推進係 C
★いたずらっこの冬休み★ (03/04) M
★いたずらっこの冬休み★ (02/12) 七夕
少し早いですが・・・。 (05/24) しろくろ
中学校と海の子が交流会 (03/06) しろくろ
この頃思うこと (02/17) とりこ
就労継続支援事業についてA (02/17)
最新トラックバック
リンク集
赤い羽根共同募金にご協力ありがとうございました [2018年01月29日(Mon)]
 平成29年12月22日に鳥羽東中学校より、赤い羽根共同募金の寄付をいただきました。鳥羽東中学校では夏休みにクラス対抗形式でエコキャップ回収運動を行い、児童から集めたエコキャップを回収業者に買取りして貰ったお金を寄付して頂きました。
 集めていただいた募金は、鳥羽の福祉のために使わせていただきます。



鳥羽東中共募写真リサイズ.jpg

ディスカバーウォークin安楽島 [2017年12月26日(Tue)]
 平成29年11月5日(日)に平成29年度第4回ボランティアスクール「ディスカバーウォークin安楽島」を開催いたしました。今回は安楽島町にある、満留山神社周辺を徒歩でめぐり、神社や旧跡を見学しました。地元の氏子会のM口さんに町内を案内いただきましたが、参加者からは「同じ鳥羽市内に住んでいたにもかかわらず、知らないことばかりだった」とか「こんなにたくさんの歴史ある旧跡があるとは驚きだ」などそれぞれに地域の魅力を再発見しておられたようでした。

IMG_7762_R.jpg
天気も良く気持ちの良いウォーキング日和でした。
 

 
IMG_7796_R.jpg
安楽島町公民館で満留山神社の宮司さんからお話を聞くことができました。
 
赤い羽根共同募金にご協力ありがとうございました [2017年12月22日(Fri)]
 平成29年12月20日に安楽島小学校福祉委員会より、赤い羽根共同募金の寄付をいただきました。安楽島小学校では朝の登校時間に福祉委員を中心として校門で募金箱を持って声掛けをして頂き、児童などから集めていただきました。
 集めていただいた募金は、鳥羽の福祉のために使わせていただきます。

安楽島小学校共同募金寄付2(リサイズ).jpg

赤い羽根共同募金にご協力ありがとうございました [2017年12月18日(Mon)]

 平成29年12月12日に鳥羽小学校児童会より、赤い羽根共同募金の寄付をいただきました。鳥羽小学校では鳥羽小フェスティバルの際に学級委員を中心として募金活動を行っていただき、募金箱を持って児童や保護者などから集めていただきました。
 集めていただいた募金は、鳥羽の福祉のために使わせていただきます。 


鳥羽小学校寄付写真2(リサイズ).JPG
あたたかいご寄付ありがとうございました [2017年10月27日(Fri)]
平成29年10月25日(水)鳥羽ロータリークラブ様より、毎年ご協力いただいております福祉基金と赤い羽根共同募金の寄付をいただきました。
 いただきました寄付は福祉の為、鳥羽市地域の方々の為に大切に使わせていただきます。


3P1190822 リサイズ.jpg

9月9日(土)民児協福祉講演会<映画会>を実施しました [2017年09月14日(Thu)]
今年度の民生委員児童委員協議会の福祉講演会は“遺体 明日への10日間”という映画の上映会
を行いました。昼の部(ひだまり2Fにて13:30〜)と夜の部(相差女性活動センターにて19:00〜)
の2回上映しました。昼の部の参加者は民生委員児童委員25名の他に、一般の人やボランティア団体
の人、福祉事業所の人、市役所や社協の職員など総勢91名でした。夜の部は27名の参加がありました。映画の内容は2011年3月11日に起こった東日本大震災で大きな被害を受けた、岩手県釜石市の遺体安置所の10日間を描いたものです。次から次へと運ばれてくる多くの遺体に戸惑う人々。そんな中、葬儀社に勤めた経験を持つ一人の民生委員が遺体への接し方、死んでも尊厳を持つことの大切さを周りの人に伝えていき、周りの人々が変わっていく様子が描いてありました。この地域も将来、大きな地震に見舞われる可能性が強く、自分の事に置き換えて考えることができるいい機会でした。映画会に来ていただいた方たちも何かを感じて帰られたことと思います。
                                 By福祉推進の年配者
P1190381.JPG
P1190379.JPG
P1190376.JPG
鳥羽クリーン作戦を実施いたしました。 [2017年09月05日(Tue)]
 少し前の話になってしまいますが、7月29日(土)に
平成29年度 第1回ボランティアスクール みんなでやろう鳥羽クリーン作戦を
開催しました。
 早朝6時から7時30分の活動にもかかわらず、ボランティア団体、介護保険事業所、市内の中学生、鳥羽市民、市役所職員、社協職員など全員で48名もの参加者が、前日に「とばみなと祭り」の会場になったマリンパーク周辺のゴミ拾いを行いました。が、

ame.JPG 
 6時頃からタイミング悪く、雨が降ってしまいました。

tyugaku.JPG
やむを得ず、庇のある通路付近のゴミ拾いを行いました。

それでも26.1kgものゴミを拾うことが出来ました。
雨にも関わらず、諦めずにゴミを拾ってくださった皆さんありがとうございました。
minassann.JPG 
8月22日(火)認知症サポーター養成講座を実施しました [2017年08月24日(Thu)]
市の地域包括支援センターの細木さんを講師に迎え、一日福祉体験教室第11弾を10:00〜12:00まで行いました!!  今回が今年度最後の一日福祉体験教室でした。
今回は小学生1名、中学生1名の参加でした。中学生の子は離島からの参加で、朝6:55の船に乗って来たそうです。その話を聞いて細木さんは、「充実した体験教室になるよう、頑張らねば」と、話の持っていき方など考えてくれたようで、認知症についての啓発映画なども観たり、クイズ形式で考えたり、二人が興味を持つような内容で充実した時間になるよう工夫してくれました。(係や引率者も巻き込んで)  認知症の特徴や認知症の人と接する時に気をつけなければいけない“3つのない”➝<驚かせない、急がせない、自尊心を傷つけない>など、今後認知症の人と接する機会が訪れた時は今日勉強したことを活かしてくださいね。  講座終了後もらった“オレンジリング”(認知症の講座を受けた人に贈られる)を常に身に着けてくれるといいですね!!
                                  By福祉推進の年配者
002.JPG
006.JPG
010.JPG
013 (2).JPG
8月20日(日)市民ふれあい・ボランティア祭を実施しました [2017年08月24日(Thu)]
ボランティア連絡協議会主催の市民ふれあい・ボランティア祭とコラボさせていただき、一日福祉体験教室第10弾を行いました!!
今回は長岡中学校と答志中学校、計18名の生徒が参加してくれました。全体としては150人強の人が参加し、それぞれの団体の紹介をしたり、体験コーナーを設けたり、福祉事業所で作った品物や野菜を販売したり、いろいろな催しがありました。団体紹介では長岡中学校の生徒たちが、施設訪問の時に高齢者の前で披露したダンス(歌あり)を見せてくれ、参加者から大きな拍手をもらいました。また、体験コーナーや無料飲料・かき氷のコーナーに2〜3人ずつに分かれて、ボランティアの人達のお手伝いをしました。5つの体験コーナーではスタンプラリーが行われ、全部回った人は受付でビンゴカードと引き換えてもらうのですが、体験コーナーでのお手伝いに一生懸命で、何とかスタンプラリーに挑戦できたという子もいたりしていろいろでした。ビンゴゲーム大会では豪華な(?)景品をゲットできた子も多くいて楽しそうでした。
終了後、「今までやったことのないことが体験出来て嬉しい。今日感じたことを今後に活かしていきたい。」などの感想を話してくれました。嬉しいですねえ!!  一日福祉体験教室を開催する意味が報われる瞬間ですよ。来年も多くの小中学生に参加してほし〜〜いですね。
                                  By福祉推進の年配者
020.JPG
094.JPG
128.JPG
116.JPG
8月18日(金)安楽島保育所児童福祉についてを実施しました [2017年08月23日(Wed)]
一日福祉体験教室第9弾を安楽島保育所の協力の元、9:30〜12:20まで行いました!!
今回は3つの中学校から15名の生徒が参加してくれました。15名の内、男子は1名。普段周りに小さい子がいないそうで、どう接したらよいのか不安げでしたが、一緒に過ごすうち少しずつ子ども達との距離が縮まっていったようでした。「お兄ちゃん」と声をかけてくれる子もいたようです。
15名の生徒は4チームに分かれて各クラスに入り、自己紹介をしたり、外での水遊び(泥遊びや色水遊びなど)や昼食を一緒に食べるなど、目一杯子ども達と楽しく過ごすことができたようでした。
解散の前に1人ずつ感想を言ってもらったのですが、「今まで経験したことが無いことを経験できて嬉しかった」「今日の経験を今後に活かしていきたい」など、前向きな意見を多く言ってもらい、福祉体験教室を実施する側として、“ほっこり”とした気持ちになりました!!!
最後まで快く参加してくれた中学生の皆さん、ありがとう。
そして、忙しい中、中学生の体験を受け入れてくれた安楽島保育所の先生方ありがとうございました。
                                  By福祉推進の年配者
013.JPG
015.JPG
057.JPG
095.JPG