CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 介護支援専門員ぴか | Main | 福祉推進係 M.Y»
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール

tobacoswさんの画像
最新記事
職員別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
名無し
「今年もはじまりました」 (09/20) 福祉推進係 I
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/05) ヤマダヒロミ
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/02) 福祉推進係 I
中学校と海の子が交流会 (03/04) 福祉推進係 C
★いたずらっこの冬休み★ (03/04) M
★いたずらっこの冬休み★ (02/12) 七夕
少し早いですが・・・。 (05/24) しろくろ
中学校と海の子が交流会 (03/06) しろくろ
この頃思うこと (02/17) とりこ
就労継続支援事業についてA (02/17)
最新トラックバック
リンク集
鳥羽小学校のもちつき体験学習について [2006年12月20日(Wed)]

 前日から、餅米を洗ってつける作業もしました。
当日は、7時30分から準備がはじまります。8時ごろ蒸し器に昨日から水につけておいた餅米を入れ蒸し始めます。このとき、餅米セット係り担当となったようです。(役割分担は、別に行っていない)開会式の9時には、蒸しあがります。5年生が出てきました。

 開会式です。お手伝いの父兄、ボランティアの紹介をして、5年生から「よろしくお願いします。」という言葉をもらいます。・・・かわいい・・・。90kgの生産で、本日は60kgつくそうです。(このときは60kgがどのくらいか全然わからなかった)こどもたちは、臼のまわりにへばりつき、楽しそうに、また興味深々でついていました。しかし、危なっかしい。

 





父兄のおばちゃんも、このときとばかりとてもはりきって、あいの手をがんばっておりました。最後のほうでは、まだ・・・まだ・・・終わらないのかという感じで、60kgのすごさを実感しました。おばちゃんも大変でした。

 終わりかけのころは、父兄でついてしまいました。ここで、蒸し器セットを
覚えましたので、いつでも声をかけてください。
 ちなみに、ついた餅は全校生徒に配るそうです。
(福祉推進係 M.T)

離島介助員について [2006年08月24日(Thu)]
 鳥羽市社協では、市の補助事業である離島からのデイサービス利用者向けに「船内・島内介助事業」を行っています。これはご自宅から桟橋までの「島内介助」と離島桟橋から本土桟橋までの「船内介助」をボランティア介助員が行うものです。このボランティアさんが心強い方ばかりで、いつも頭が下がるおもいです。離島は4島ありその内の3島でこの事業を行っています。この事業は離島の方も本土の方と同じようデイサービスを利用できるようにということから始まりましたが、まだまだ福祉ボランティアへの理解がうすく、十分なボランティアさんが確保できないところが悩みです。
介助員不足の中、毎日のデイサービスに、台風等波の高い時の急なキャンセル、当日の利用者変更等、臨機応変に対応していただいております。
 社協の業務は担当ケアマネージャーより利用者のデイサービス利用予定を聞き、ボランティアさんと都合の良い日を調整したうえで行っております。また、年に1,2回程度、施設ケマネージャー、ボランティア、社協との交流会を開催し、日頃の思い、問題点などを話し合って改善するようつとめています。(地域福祉担当 M.T)