CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 介護支援専門員F | Main | 福祉推進係 M.T»
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール

tobacoswさんの画像
最新記事
職員別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
名無し
「今年もはじまりました」 (09/20) 福祉推進係 I
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/05) ヤマダヒロミ
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/02) 福祉推進係 I
中学校と海の子が交流会 (03/04) 福祉推進係 C
★いたずらっこの冬休み★ (03/04) M
★いたずらっこの冬休み★ (02/12) 七夕
少し早いですが・・・。 (05/24) しろくろ
中学校と海の子が交流会 (03/06) しろくろ
この頃思うこと (02/17) とりこ
就労継続支援事業についてA (02/17)
最新トラックバック
リンク集
「つゆ」 [2010年06月22日(Tue)]
紫陽花の季節・・・
我が家の庭(猫の額ほどの!)にも
満開の紫陽花が綺麗です。
なんてね(*_*)
  綺麗に決まりました。
   が・・・



湿気で不快指数上昇中!!
洗濯物まで気分を悪化させる。
「つゆ」「梅雨」の到来です。今年の予報はどうなのか?
空梅雨?長梅雨?それとも大雨梅雨?
雨は大切(必要)でも・・

この湿度強は体調までも崩してしましがちです。
気分までブルー
そんな日は気分変えましょう。
皆さんは「気分転換」にどのようなことしていますが?
「カラオケ」「バイキング」「映画」など
思いつくことありますが?

「カラオケ」は特に良い効果が有るそうです。
気分転換・ダイエット・声を出す(認知症予防)など
☆効果抜群☆

皆さんも「梅雨」を楽しく過ごす秘訣あればお知らせ下さい。
それと・・今年の「梅雨」の行方知りませんか?
7月4日(日)は晴れますか?
ちょっと外出予定なので(笑)

                     介護支援専門員 ぴか
問題なのか?・・・困難なのか?・・ [2009年09月16日(Wed)]
介護サービス(デイサービス・ショート)を受ける側は、迎えに来てくれることでサービスが始まる。歩ける歩人や、車イスであってもスロープや移動可能な階段であればスムーズにサービス利用できる。
しかし・・・

現状はどうか?数十段の階段をおんぶし、自宅から送迎車まで、2階のベットから送迎車にと、サービスを提供する側も大変です。時には腰痛や危険と隣り合わせになる事も・・・
安心・安全にサービス利用とは行かない場合もある。
離島は・・
市内サービスを利用するにあたっては、
@ 自宅から桟橋までの介助(家人対応や島内介助員対応)
A 船内での見守り(船内介助員対応)
B 本土に到着。

ここからがスタート
離島は天候にも左右される。
雨や風・・利用できない日も一年を通し変ってくる。
石鏡町・国崎町とかは車の入らない細い道、急な坂道、果てしなく続く階段・・・
そんな現場も少なくない。
十数段の階段をおんぶして昇降する事業所は、その利用者を背おいながら、
何を思うのでしょうか・・
「こんな送迎は問題?」
「困難?」
だとしたらサービスの提供はおこなっていないでしょうね。
きっと!!

自宅では入浴もままならず、日中介護する人がいない状況・介護負担が大きいなど
さまざまな問題・困難がソコにあるのかも・・・
そんな利用者・家族に、サービスを受ける側のソコをサポートし、
在宅生活につなげていく。
サービス提供事業所の皆さん・・・いつも有難うございます。        

身近なもの:その1
〜ここに手すりがあれば
〜段差解消すれば
〜スロープにすると・・
住宅改修により外出が可能になり、サービス利用ができるようになる。
(住宅改修は外出するための応援団?!)

身近なもの:その2
先日、階段の段差を何とか自分なりに解消できないか?
同僚のケアマネ(住環境1級取得者)を現地連れ出し、
良い施策が無いか・・・話しを聞いてみました。
車イスのタイヤの幅が階段にあれば・・
昇降・・・できる・・・か?
と言う事で、段差解消用の台の製作をしました。
廃材とすのこを利用し
悪戦苦闘!!

そこへ「お助けマン」登場!!
腕に自信有りのシルバーさん・同僚の人
協力の成果は写真を見て下さい。

「春」 [2009年03月27日(Fri)]
春=さくら

桜の開花もはじまり、暖かな日差しが気持ちよくなってきました。
入学・就職・新学期・・・春のはじまりです。
この季節で何を思い出しますか?
私は「二見旧街道のさくらの木」を毎年思い出します。
あれは○○年前の4月7日(日曜日)
桜の花びらが〜風に舞う・・・花吹雪の中を車で通りました。
(私にとっては貴重な日でした)
でも、
二見旧街道の両側に咲いていた「さくらの木」・・・残念ですが、
今は見ることができません。
道路工事により「さくらの木」は無くなってしまいました。
当時は新しい道路も出来ていたのですが、わざわざ、旧街道を通ったものでした。
たった数メートルの距離ですが、心がふわ〜となったような?
人生に余裕があったような?
そんな気持ちにさせてくれる「さくらの木」でした。


今では、生活に追われ・・・仕事に追われ・・・
人生を振り返る時間もありません。
(決して仕事が出来る人で、突っ走っている事ではありませんよ(笑))
せめて、「さくら」の季節だけは、昔の気持ちがもてるようになりたいものです。

あなたにとって、春の思い出は何ですか?

追伸:つくしが店頭に並んでいました。    ああ〜春ですね。

(介護支援専門員 ぴか)
若返りする瞬間 [2009年01月19日(Mon)]

子供と姪っ子を引きつれて、「ぶらり心斎橋」探索開始!!
グリコのマークとも言える 両手を上げたランナー(ネオン看板)
カニの足がもぞもぞ動く看板・・・残念なのは食い倒れタローに会えなかったこと(泣)
通称「引っ掛け橋」は新しく架け替えがされていたが、道頓堀の風景は変らなく見えた。

行列ができている「たこ焼き屋」に参加し大阪名物を試食し、小腹を満たした後は
御堂筋までのアーケイド街を行進✿✿✿
行きかう人の多さに!歩くスピードの早さに!
(なんと言う言葉が正しいか?)
関西人を卒業し早数十年・・・進化を続ける大阪の街に押されぱっなしでした。
3時間ほどの探索終了後の閉めは、お好み焼き・・・!!
「引っ掛け橋」を見下ろしながら、大阪の味を堪能しました。
その後・・・・・

京セラドームに出陣!!
年に1度の☆「女性ホルモン噴出の時間」☆「kinkikidsコンサート」
しかも、アリーナ席という5万人の中でも接近率が高い場所で
3時間半にも及ぶトークと歌が・・・私の若返りの瞬間を作り出す。
しかし今回は・・・
前の席のご婦人の若返りの瞬間を目の当たりにし
(大阪のおばちゃんに圧倒された!)
来年の更なる「若返り」を心に誓い☆
現実の世界に帰ってきました。
「若返り希望者募集〜」

                               (介護支援専門員ぴか)
万能たたき棒作り!! [2008年09月10日(Wed)]
<朝夕めっきり涼しくなり、食欲の秋・運動の秋・芸術の秋と言いますが・・・
皆様はどんな「秋」でしょうか?ちなみに私は食欲を抑えたい秋ですね〜

さて、8月は夏休みと言う事でお休みさせて頂いていました国崎サロンも
9月より再開になりました。
(早いもので昨年10月に第1回開催から1年になります。(泣m(__)m)  )

今月は「肩たたき棒」の製作を10月に完成予定として初めました。

@まず、広告を細く巻いていく作業から・・・
「指先がうまく巻けないわ・・」「あっ〜太くなってしまう〜」
「紙の質によって巻きがしにくいな〜」「むつかしいな〜」と色んな声が聞かれました。
作業を進めていくうちにコツが分かった様子で、「なんだか体が熱くなってきた。」
「これって、頭が血行良くなり、真っ赤かになっているかな?!」
(正解!!指先使うとなるよ)



A細く巻いた広告を10本〜15本位の束にセロテープで止めます。
(端ははさみでそろえるといいですよ)



B束ねた広告棒が入るように布で筒状の袋を作ります。



C袋に広告棒を入れ、口をむすべば・・・できあがりです。




今回サロンでは10月開催時に完成予定で、残りの広告巻きは「宿題」とさせて頂きました。
「家の孫のほうが上手に巻けるで、一緒にやってもらうわ」と言われ、
広告巻きに意欲的な方も沢山みえました。

当日の体操は「たたき棒」を使って行いました。
「気持ちいいわ・・」「ええな〜」と言いながら、足・肩・頭・とたたきながら、来月の完成を夢見ているようでした。
(注意)決して夫婦喧嘩等には使用しないように心からお願いします。
(介護支援専門員ぴか)
サロンにてタワシ編み [2008年06月04日(Wed)]
 国崎・小浜・鳥羽2丁目と今回3ヶ所で、指先を使った「編み物」でタワシの製作することになりました。(アクリルタワシと言います。)
この「アクリルたわし」製作のきっかけは、手芸が得意なあるデイ利用者から「アクリルたわし」を頂いたことでした。自分で作ったとの事・・・興味がでた私は早速 弟子入りしました。作り方(編み方)を教えてもらいチャレンジ・・中々指が思うように動いてくれません。何度も繰り返し編んでいくと・・・あら不思議?              
指のリハビリ終了!スムーズに編めるようになりました。

 さて、第1回の開催場所「国崎町サロン」
さすがに、漁業等の編み物経験者が多いこの地区の参加者さんは、短時間で1個作ってしまいます。

 「指先が思うように曲がらない・指が太すぎて編みにくに」でも何回も編んではほどき、ほどいては編んで、と繰り返し出来上がった時は「わかったぞ〜」「出来た!」と声が聞こえ、笑顔になります。出来た人が他の人に教えて、全員が完成するころは、1時間の時間がすぎていました。(人間夢中になると時間がすぎるのが速い)
参加者の声・・「難しい〜」が多かったのですが、全員が完成できました。

 第2回開催場所「小浜町サロン」
こちらの参加者が一番多かったですね。男性の参加者も多く、みなさん悪戦苦闘しながら指編みに挑戦・・・1人、一人に個人レッスンすると理解しやすいのか、男性のかたは「解った、わかった、なるほど・・うん」と言い、自信満々な表情に変ります。

中には手先(指先)の曲がりが悪くて、編むことがむつかし方も見えましたが、一緒に編んでくれる方が上手に教えてくれるので・・・
ここでもすばらしい全員が完成!!できました。
参加者の声・・「難しい〜」「さっそく家に帰って使うわ」と言う。



 第3回開催場所「2丁目サロン」
こちらのサロン参加者は編み物の現役の方が見え、編み方を1回スクリーンに映しただけで、「アクリルたわし」を完成されました。
完成後は講師になり、自分の周りの人に教えてくれました。チームワークも良く、ワイワイと話しも弾み約40分程度で、全員が完成!!

 さらに、たわしの上をいく、モップの完成品も見せて頂きました。(もちろんアクリルの毛糸使用)アイデアも豊富で出来上がった「アクリルたわし」を組み合わせして、オリジナルのアクリルたわしを完成する人もいました。
参加者の声・・「良かった。又新しい何かあったら教えにきてな・・」うれしいお言葉。
元気なみなさんでした。

 きっと指先を動かし、血流が勢い良く流れ、頭を使うことで、生き生きと活き活きとなる事がわかりました。私に「アクリルたわし」の編み方を教えていただいた講師のデイ利用者は70歳後半の方、見習う必要がある事を実感しました。
                                    (介護支援専門員ぴか)
介護する側・介護される側 [2008年01月21日(Mon)]
介護する側・介護される側 それぞれ気持ちは違う。
介護者にとっては自分の時間が無い、要介護者にとっては外出の機会が無い

「介護負担の軽減・・」
介護される側は「ショート利用」「介護者交代・・」
普通の風景です。

これは旅先での光景・・・
大浴場で「お母さんがんばって・・」
「そう!そう!上手・・」と言う声・・・

振り返ると
60歳代の娘さん?(お嫁さん?)らしき人が、80歳代の要介護状態のお母さんに声をかけて洋服を着せている。

「えらかったね。がんばったね」との声かけに、にっこりと笑顔と笑顔(^。^)
仕上げはお顔に化粧水パタパタ・・さらににっこり笑顔
見ているこちらもほほが緩みます。

そのような光景に
あんな介護者になりたいな? あんなふうに介護されたいな?
と、そう感じる瞬間でした。

今の介護者がどうとか言うことでは決してありません
きっと、高齢になれば外出は「しんどい」「家にいる方がいい」と言い。

家族(介護者)が外出に誘ったとしても「あんた達で行ってきて」
「1人で居るのが心配ならショート利用する」
「迷惑をかけたくない」・・・・など

自分から進んで拒否する人のほうが多い
できるなら
お互い  にっこりと笑顔と笑顔(^。^)がかわせたら、
もっと介護が楽しくなるのでは・・・
                               (介護支援専門員ぴか)
時間よ止まれ [2008年01月07日(Mon)]
明けましておめでとうございます。
年末年始はいかがお過ごしでしたか?
お仕事で休めなかった方もみえる事でしょうが・・・
お休みを満喫された方は幸せですね。・・って私も楽しく(1日限定)過ごしました。
なんと!!20年ぶりの「同窓会」があったんです。(年齢がばれそう)
本当に20年ぶりに会う同級生は不思議なくらいおしゃべりになっていて、聞いてもいないことも話してくる状態で、ワイワイとガヤガヤが会場を埋めつくす((@_@;)。

しかし
\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

月日の流れは同じスタートラインにいた「同級生」達を容赦なく変えていた・・・
        
 頭部が寂しくなっている友
 一段と丸く(体)なった友
 事業が成功して社長になっている友
 事業がダメになった友・孫自慢の友
 花嫁募集中の友
 音信不通になっている友・・・
 人生いろいろ!?男もいろいろ!?女だっていろいろ!?

でもね・・・不思議?気持ちはあの日のまま  夢を追いかけていた頃のまま、みんな学生服のままでした。

楽しい時間はあっと言う間に別れの時間となり、シンデレラの魔法がとけるように 友たちは自分たちの居場所へと帰っていきました。    次の再会を約束して・・・・

(介護支援専門員ぴか)
介護スタッフ講習6 [2007年09月27日(Thu)]
朝夕と涼しく(さ〜ぶい)季節がやってきました。
猛暑よ・・さようなら〜(^_^)/~
季節には関係ありませんが、シルバー人材センターより講師の依頼があり、なんとこの私も一部担当することになりました。

担当は「高齢者に多い病気と予防」で、2時間話しすると言う過酷な事?!
看護師もどきになりすまし、明るく・楽しい講義を進める事を目標に頑張りました。
しかし資料を作成するうちに、明るく・楽しい講義は消えそうになり、病名やら症状やら少し暗くなりそうでした。

それでも何とか2日間かけて、完成。
基本の(笑)は当日に入れていこうとひそかに考え、
いざ当日・・・
不安と緊張で初めは何を話ししているか?自分でもわからないくらい緊張しました。

少しずつ和らぎ、受講者のみなさんに助けて頂き、
明るく・楽しい講義は?
最後に暖かい拍手を頂き、無事に終了する事ができました。(m(__)m)
今回の講師依頼で私自身も勉強になり、
又受講者の方々との新しい出会いが、良い経験となりました。



ありがとございました。                
                                  (介護支援専門員ぴか)
心の病気は・・・ [2007年08月08日(Wed)]
 暑中お見舞い申し上げます。
暑い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしですか・・・
先日、「朝青龍」のニュースを見て・・・・・、あんなに元気一杯!相撲が強いのは当然と・・自信に満ち溢れた印象であったのに。

 「神経衰弱」「うつ状態」一歩手前という診断!不眠・食欲不振で会話もスムーズに出来ない状態であると言う。
サッカーをしていた行為に対しては、いろいろ意見があったが・・・(私自身は軽い痛みは有っただろうが、仮病に近いかな?と思った。)本当のところは本人が知るところである。

 しかし・・「うつ病」の一歩手前の症状
「不眠」・・布団に入っても眠れない、眠れないが眠くない・・
「食欲不振」・・食べ物を口に入れるが喉を通らないし、口の中の食べ物がまるで砂を噛んでいるように味がしない。   

 「人との関わりを持ちたくない」・・一人がいい・一人で居たい・
そんな状態が続いたこと、皆さん経験ありませんか?
どうすれば一歩手前の状態から回復することが出来るのか?どこで救われるのか?
回復方法は個人差があり、「朝青龍」のように「モンゴルでのんびり過ごし、母の味で食欲回復が良い?(医師の話より)」

 反対にその場から逃れる(モンゴルに行く)ことで回復しても、日本に帰って来る事が困難(トラウマ)になってしまうのではないのか?
私の場合、現実逃避?かな・・・別のことに没頭!現実を忘れる!それが正しいかどうかはわかりませんが、人間長い間生きていれば、色んな出来事に遭遇する。

 言葉で人を傷つけている事、自己中心な事、思い通りに生きられない、自分が見えない・・
んっ・・・私、大丈夫?

「朝青龍」さんのお早い復帰?回復?をお祈りいたしています。
                        
                                   (介護支援専門員ぴか)
| 次へ