CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

tobacoswさんの画像
最新記事
職員別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
名無し
「今年もはじまりました」 (09/20) 福祉推進係 I
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/05) ヤマダヒロミ
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/02) 福祉推進係 I
中学校と海の子が交流会 (03/04) 福祉推進係 C
★いたずらっこの冬休み★ (03/04) M
★いたずらっこの冬休み★ (02/12) 七夕
少し早いですが・・・。 (05/24) しろくろ
中学校と海の子が交流会 (03/06) しろくろ
この頃思うこと (02/17) とりこ
就労継続支援事業についてA (02/17)
最新トラックバック
リンク集
7月24日(月)親子防災教室を実施しました [2017年07月28日(Fri)]
今年も社協主催の“一日福祉体験教室”がスタートしました!!
第1弾は親子防災教室。市内小・中学生22名が参加してくれました。
サポートスタッフも沢山参加してくれて、全体数は40名を超えました!!
毎年昼食は作っていただいたカレーをみんなで食べていたのですが、今年は防災クッキングということで、ポリエチレンの袋を使ってみんなで料理をしました。袋の中に材料を入れて口を縛り、湯の中で温めます。材料によって時間が変わりますが、カレーなども作れます。炊き込みごはんやポトフ(スープ)わかめごはんなども今回は作りました。
自分たちで作ったものをいただく、出来具合はどうなろうが自分たちの責任で!!
災害の時はあるものを食べることになります。贅沢は言っていられない。いい経験をしてもらえたのではないでしょうか。
起震車体験、簡易トイレの組み立て、防災リュックの中身点検などいろいろ学んでもらえたかな。

                                 By福祉推進の年配者
027.JPG
051.JPG
044.JPG
066.JPG
6月18日(日)”障がい者互助会体育祭”が行われました!! [2017年06月29日(Thu)]
例年通り、鳥羽小学校の体育館をお借りしての体育祭でした。当日は若干雨の心配もありましたが、朝から降られることもなく、100名近い参加者が熱い戦いを繰り広げました。今年は県身体障害者総合福祉センター職員が2名来所し、パラリンピックの種目にもなっている“ボッチャ”を指導していただきました。その後、4チームに分かれて試合を行い、参加者はすぐにコツをつかんだのか、絶妙なコントロールでボールを投げ、ジャックボールに近づけていましたよ。“ボッチャ”はテレビで見たことのある人も多いのでは?
昼休みには鳥羽フォークダンス協会の人たちがダンスの指導をしてくださり、その場にいた殆んどの人が楽しそうに踊っていました。中でも、AKB48の“365日の紙飛行機”という曲に合わせて踊った後、協会の人たち手作りの紙飛行機をみんなで飛ばし、体育館にいた人たちが一つになれた瞬間でした。
沢山のボランティアの人に支えられ、けがもなく無事終えることができ、ヨカッター。
今年も参加賞のティッシュをもらい帰ってきました。

                                 By福祉推進の年配者
040.JPG
062.JPG
068.JPG
077.JPG
今年も民生委員PR活動を行いました!! [2017年05月30日(Tue)]
<今年も民生委員PR活動を行いました!!>
5月12日は民生委員の日です。今年は民生委員制度が始まって100周年の年になります。全国的に100周年にちなんだ行事も計画されている中、鳥羽市民生委員児童委員協議会では5月18日と19日の両日、お揃いのビブスを着て、恒例のティッシュ配りを行いました。18日はぎゅーとら西店・東店、19日はイオン・ハロー店にて行い、沢山の人にティッシュを受け取っていただきました。ティッシュには毎年印刷しているチラシや100周年のことを印刷したチラシを入れましたが、みなさんに読んでもらえたでしょうか?                             今年も子育て支援室のマスコット“ジュジュ”ちゃんが応援にきてくれ、小さいお子さんと写真撮影もしてもらいました。暑い中PR活動を手伝ってくれて“ジュジュ”ちゃん「ありがとう」
  
                             by福祉推進の年配者

018.JPG014.JPG004.JPG
ディスカバーウォークin岩倉・河内 [2017年04月10日(Mon)]
 平成29年2月26日(日)に社協とボランティア連絡協議会との共催で、第4回ボランティアスクール ディスカバーウォークin岩倉・河内を開催しました。
 この催しは鳥羽市内の歴史ある場所を歩いて訪れ、実際に見ることにより、鳥羽市の魅力を再確認し、もっと鳥羽を好きになろうというものです。
 
 今回は河内町の彦滝大明神と岩倉町の九鬼岩倉神社に行ってきました。

彦瀧2.jpg
まずは彦滝大明神へ


039_R.jpg
河内公民館では地元の方から神社のいわれをお話ししていただきました。
記念写真も撮影


車椅子ロープ.jpg
九鬼岩倉神社へ車椅子の参加者と上がっていきます。



九鬼岩倉神社.jpg
九鬼岩倉神社の境内



暖かい気候の日でしたので気持ち良く歩くことが出来ました。



 
あたたかいご寄付ありがとうございました [2017年04月06日(Thu)]
平成29年4月5日(水)NPO鳥羽リサイクルネットワーク様より、リュースショップの収益金の一部を福祉基金としてご寄付していただきました。社会福祉推進のため活用させていただきます。

寄付金贈呈2017.04.05.JPG

平成28年度 障がい啓発講習会 [2017年03月31日(Fri)]
指定障がい者相談支援事業所キ・ラ・ラでは毎年障がいを持つ方のご家族、当事者、また支援をしている事業所の方達を対象に地域で障がい(児)者を「支援する」という事の意味について皆さんで考えていただくことを目的に講習会を開催しています。
今年は、〜みんなで考えよう!<しょうがい>のある方の思春期・青年期の性の課題について〜をテーマに、 平成29年3月2日(木)に開催しました。講師として、日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科の木全和巳先生にお越しいただき、地域で暮らす障がい(児)者が生活して行く上で切っても切れない課題である「性」の課題に寄り添い、保護者、障がい者支援に関わる関係者で、みんなで考え、鳥羽市でできる取り組みについて意見交換をしました。

1001.jpg

4つのグループに分かれて、今から30年前のデンマークのグループホームでの支援についてビデオ鑑賞し、沢山の感想が出ました。

1002.jpg

地域でこれからどうしていくかについての材料集めをグループで話し合いました。相談できる場が必要、本人・親・先生・支援者が学べる場や話ができる場が必要、見守りのできる地域作りをする、正しい情報の発信と共有・連携が必要との意見が出ていました。
 地域で誰が、どのように、何を実践していけるかはとても難しい問題です。しかし、少しずつ人が育ち、その中で力をつけた本人が自分から発表していけるような場ができ、そこからその地域も変わっていきますと先生よりアドバイスをいただきました。今回の講習会を機会に、地域でできる事、していかなければならない事を実践していけるよう考えていかなければいけないと思いました。







     
       



ロータリークラブ様より [2017年03月27日(Mon)]
平成29年3月22日(水)鳥羽ロータリークラブ様より、テント一張寄贈いただきました。

IMG_2075.JPG


社会福祉協議会では、災害が起こった時など災害ボランティアセンターを立ち上げなければなりません。いただいたテントはそういった場合や、ひだまりフェスタ等のイベントに使用させていただきます。ありがとうございました。

IMG_2081.JPG
みんな一緒に!!人形劇で楽しもう!シシカバブinとば [2017年02月15日(Wed)]
今回、赤い羽根歳末たすけあい募金の配分金事業といたしまして、2月9日(木)に人形劇団シシカバブによるリズム遊びと人形劇のイベントを開催いたしました。

 市内の幼稚園、保育所、子育てサークルの子どもたちだけでなく障がい者福祉事業所の利用者の皆様もみえ、シシカバブの人形劇を楽しみました。

018_R.jpg
 リズム遊び。ハイテンションです。子どもたちも盛り上がりました。

048_R.jpg
人形劇も愉快で最高でした。
 
 シシカバブさん、参加されたみなさん、ありがとうございました!

あたたかいご寄付をありがとうございました [2017年02月02日(Thu)]
平成29年2月1日(水)鳥羽志摩農業協同組合様より、JAまつりでの収益金の寄付を頂きました。いただいたご寄付は福祉のため、鳥羽市の地域の方々のため大切に使わせていただきます。

P1170053.JPG
『バリアフリータウンウォッチング』 [2017年01月18日(Wed)]
11月22日に鳥羽市地域自立支援協議会と鳥羽市民生委員児童委員協議会障がい者部会
との合同バリアフリータウンウォッチングを行いました。

NPO法人 伊勢志摩バリアフリーツアーセンター の中村千枝氏をお招きし、
JR鳥羽駅 → 近鉄鳥羽駅 → 鳥羽マルシェ → 鳥羽マリンパーク 
を歩いて、障がい者の方にとって段差や障壁などにより、社会参加を妨げるものは何かにつ
いて考えました。
バリ1 (1).jpg  JR側階段を男性4人で持ち上げました

バリ1 (2).jpg → バリ1 (3).jpg バリ1 (4).jpg
             現在の近鉄鳥羽駅多目的トイレです

バリ1 (5).jpg バリ1 (6).jpg
車椅子から自動券売機の表示パネルは見えにくく、奥行き(高さ60cm・奥行き30cm)でした

バリ1 (7).jpg バリ1 (8).jpg  
    防犯カメラと外には映像パネルのついたエレベーターがありましたよ

バリ1 (9).jpg  バリ1 (10).jpg    
段差3センチで空転してしまいました    バスセンターにスロープができました

バリ1 (11).jpg    バリ1 (12).jpg    バリ1 (13).jpg 
鳥羽マルシェ前のスロープです 上のスロープは二段階になっています 足湯に繋がるスロープです

最後に今日のタウンウォッチングを振り返り、参加者からは実際に歩き、車椅子の体験を通して、介助される方の思い、介助者の思いや大変さを感じたと話しされていました。

 観光の窓口の鳥羽駅周辺…再発見もあり、いろいろ問題点も感じたタウンウォッチングでした。
 
| 次へ