CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

tobacoswさんの画像
最新記事
職員別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
名無し
「今年もはじまりました」 (09/20) 福祉推進係 I
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/05) ヤマダヒロミ
日本福祉大学近藤直子先生の講演会を開催 (04/02) 福祉推進係 I
中学校と海の子が交流会 (03/04) 福祉推進係 C
★いたずらっこの冬休み★ (03/04) M
★いたずらっこの冬休み★ (02/12) 七夕
少し早いですが・・・。 (05/24) しろくろ
中学校と海の子が交流会 (03/06) しろくろ
この頃思うこと (02/17) とりこ
就労継続支援事業についてA (02/17)
最新トラックバック
リンク集
1日福祉体験教室 認知症サポーター養成講座 [2019年08月21日(Wed)]
 8月7日(水)市の地域包括支援センターの中嶋さんと河村さんを講師に迎え、認知症サポーター養成講座を10:00〜12:00まで行いました。中嶋さんと河村さんは、中学生達に分かりやすいよう色々と楽しい工夫(ジェスチャーゲームや事例)を入れながら認知症について教えてくれました。
今回の参加者は、中学生8名、引率の先生2名、講師2名、全員で12名いたのですが、自己紹介する時に『中嶋ですと名乗った後、次の人は中嶋さんの次の○○です』と名乗ってくださいという指令がきました。最後の生徒は11名分の参加者の名前を言った後に、自分の名前を名乗るという大変な指令を、頑張ってやってくれました♪
 認知症の特徴や接し方を学んだ後、中嶋さんからは認知症だから、@何も出来ない訳ではないA感情は覚えているので優しく接するB一番不安なので本人なので支えて欲しいという話がありました。生徒達からの感想では、「コンビニでゆっくりしていても、優しく対応する」「後ろから声をかけないで、前から優しく声をかける」という言葉があり、今回学んだことを家族や近所にいる認知症の人に活かしてくれるのかなと思ったら嬉しくなりました。
参加してくれた長岡中学校の皆さんは、講座終了後にもらう『オレンジリング』(認知症の講座を受けた人に贈られる)を身に着け、後日、高齢者の福祉施設に行くそうです。今回学んだことを、訪問先の施設で活かしてくださいね☆

P1230620.JPG

P1230636.JPG

P1230654.JPG

1日福祉体験教室 子育てサロン体験 [2019年08月21日(Wed)]
 8月6日相差子育てサロンと子育て応援0,1,2,3サークル!!に協力をいただき、乳幼児達とふれあう体験教室をおこないました。今回は、10名の中学生が乳幼児とのふれあいを体験しました。
最初は緊張からか、とてもぎこちなく硬い表情の生徒達。でも、あっという間に仲良くなりました(^○^)

P1230560.JPG

P1230596.JPG

 今年も0123サークル代表の山本さんが子ども達と一緒にできる遊びの指導に来てくれました。
新聞紙を指で割いて誰がいちばん長いのを作れるかの競争や、破った新聞紙をナイロン袋に詰め込んでボールを作ったり、来場しておられる保護者の皆さんも巻き込んで盛り上がりました。
 最後は恒例のパラバルーン遊びです。中学生がパラバルーンを持ち上げると子ども達や保護者のみなさんは下に潜り込んだり、くぐったりといつもと違う遊びを楽しんでいました。もちろん遊びを通して小さい子たちとさらに仲良くなっていました。

P1230605.JPG

P1230612.JPG

1日福祉体験教室 金銭教育 [2019年08月21日(Wed)]
 8月5日、ファイナンシャルプランナー“生川奈美子”先生を講師に迎えて、金銭教育を10:00〜12:00まで行いました。今年は、小学生3名に中学生16名の生徒が参加してくれました♪
ありがとう〜ヽ(^。^)ノ

P1230527.JPG

生川先生とゲームをする上での約束をして、子供も大人も元気よくゲームを始めました。今年は小学生グループ1つと、中学生グループ3つに分かれて金銭ゲームをしたのですが、様々なグループから、笑い声、歓喜の声が聞こえてきました。この金銭教育は、自分で考えて決めてお金を使ったり貯めたりします。トラブルやアクシデントでお金の出費があるのですが、それを含めてすべて自分で決断することが大切なんです。
ゲームを始める前に、買いたい物リストに1億円の家と書いた生徒がいました。しかし、1000円のお小遣いでは1億円の家は買えないと気が付き、途中で2000円の段ボールの家へと変更し、見事それを購入する事ができました。現状を把握して、考えを柔軟に変更することができた生徒の姿が頼もしく思えました。今回は段ボールの家2000円しか買えなかったけど、しっかり者の生徒さんなら将来はきっと1億円の家が買えると思います。買えるよう頑張ってね〜☆

P1230546.JPG

P1230540.JPG

P1230543.JPG

P1230539.JPG

1日福祉体験教室 防災教室 [2019年08月15日(Thu)]
7月31日、防災教室が開催されました。
今年は、救命法のやり方(倒れている方への声かけの仕方、心肺蘇生、AEDの使い方、人工呼吸)を習いました。大人でも難しい内容ですが、小中学生は四苦八苦しながらも、心肺蘇生や人工呼吸を体験しました。
最近の人形は、心臓マッサージが正しく出来ていると、胸骨から音が出たり、人工呼吸も正しく出来ていると、人形の胸が膨らむようになっています。
子供達は、コツを掴むのが早く、上手にできている子が多かったと思います。
今回学んだ救命法を使う場面に直面したら、今日学んだことを思い出して生かしてくれたらいいなと感じました。
P1230478.JPG

P1230474.JPG

P1230453.JPG

1日福祉体験教室 かもめ幼稚園 [2019年08月15日(Thu)]
令和元年になって初めての夏休み♪
毎年恒例の1日福祉体験教室が、7月29日かもめ幼稚園で開催されました。
今年は小学生5名、中学生10名が参加してくれました。
園長先生から、園児と触れ合う上での注意点を聞いた後、
担当するひよこ組・うさぎ組・ぞう組の教室へ。

P1230323.JPG

硬い表情をしていた生徒達も、元気いっぱいで可愛い笑顔の園児と触れ合う内に、自然と柔らかい表情へと変化していきました。笑顔の力は凄いですね♪

P1230335.JPG

P1230330.JPG

P1230346.JPG

今年は園児と触れ合うだけではなく、先生達がやっている裏方の仕事もお手伝い。
プールの下に敷いてある大きなシートを、協力し合って洗いました(^_^)v
園長先生からは、『いつもは四苦八苦して洗って干すけど、今年は皆が手伝ってくれたお陰で助かった』との嬉しい言葉をもらいました☆

P1230419.JPG

P1230425.JPG

P1230426.JPG

炎天下の中、参加してくれた生徒達ありがとう♪
そして、受け入れてくださった、かもめ幼稚園の皆様ご協力ありがとうございました。
7月27日鳥羽クリーン作戦中止のお詫びについて [2019年08月15日(Thu)]
 7月27日に開催予定の「鳥羽クリーン作戦!!」ですが、台風接近に伴い中止とさせていただき申し訳ありませんでした。参加予定だった皆様、ご協力を頂いた関係各位の皆様、ありがとうございました。
あたたかいご寄付をありがとうございました [2019年02月19日(Tue)]
 平成31年2月18日(月)鳥羽志摩農業協同組合様より、平成30年12月16日に開催されたJAまつりでのバザーの収益金のご寄付を頂きました。
 いただいたご寄付は福祉のため、鳥羽市の地域の方々のため大切につかわせていただきます。



P1220253.JPG
吉田福祉基金寄贈品贈呈式 [2019年02月19日(Tue)]
 平成31年2月1日、多気町で「平成30年度吉田福祉基金寄贈品贈呈式」が行われ、県内の町役場、介護施設、社会福祉協議会等に、軽自動車や車いす等が寄贈されました。
 当会は加湿空気清浄機を寄贈いただきました。大切に活用させていただきます。

≪吉田福祉基金について≫
東和薬品(株)(大阪府門真市)の創業者で、多気町出身の故・吉田雄市氏が平成7年に創設し、三重県内における老人福祉に関する事業の新興、地域社会での老人福祉活動の発展を目的に助成を行っています。



P1220222.JPG

平成30年度障がい啓発講習会 [2019年02月08日(Fri)]
 平成30年度障がい啓発講習会を開催しました。三重県こころの健康センターより講師の方に来ていただき、『ひきこもりについての理解と課題』というテーマでお話を聞かせていただきました。ひきこもりとはそもそもどういう状態なのかというお話から聞かせていただき、その背景にはひとまとめにはできない様々な要因があり、容易には解決が難しい問題が多数隠れていることを知ることができました。当事者だけではなく、ご家族を支えていけるような仕組みや適切な対応が出来る支援者の育成も必須課題とのことで地域全体で考えていく必要があると感じました。

 
                               指定障がい相談支援事業所キ・ラ・ラ

P1220076.JPG
 
第2回 災害ボランティア養成講座(第6回ボランティアスクール) [2019年01月21日(Mon)]
P1220025.JPG 平成31年1月12日(土)に災害ボランティア養成講座をひだまりにて開催いたしました。
この講座は昨年9月29日に開催された講座の第2回目にあたります。
 今回はまず、伊勢市社協災害ボランティアセンターの野中氏から、昨年10月の台風21号豪雨災害時の伊勢市災害ボランティアセンターの活動報告のお話をお聞きしました。次に実際に水害などの現場でボランティア活動を行っている、風組関東の小林氏、小泉氏、DRT-JAPAN三重の山本氏より水害で被災した家屋の片づけについて講義していただいたあと、家屋の床下のモデルを使用し、実際に床板をはがす実習を行いました。

 実体験に基づいた講義や実際に床板はがしを体験するなど、楽しんで学ぶことが出来た講座でした。

        P1220025.JPG
                     講義中の様子

        P1220047_R.jpg
             道具を使って床板はがしを体験する参加者

        P1220048.JPG
             床板はがしのコツをつかめました
| 次へ