CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

千鐘茶論 [2016年09月17日(Sat)]

9月23日金曜日の午後1時半〜3時に「路面電車」をテーマにお茶とお菓子で楽しむ内容です。広島と言えば「路面電車」。
講師は路面電車の会の会員で元広島市こども文化科学館館長の加藤一孝さん。

広電本社の1階にある上田宗箇流の茶室空間のある場所で、お茶とお菓子で楽しく広島を話しませんか。ホッと空間です。
参加費は千円です。
年齢不問、どなたでもお越しください。
連絡先 080−6306−5269



路面電車.jpg
2016 伝統芸能でピース・ひろしま楽! in 千田町 千鐘亭 [2016年08月30日(Tue)]

8月20日に第1回目を行いました。
「長唄とお囃子」の内容で、和楽器のいろいろが楽しめました。
和楽器にもオルゴールがあることも知りました。
あのオルゴールとは全然形が違ってもオルゴール。

大太鼓はどんなときに使う?
雪や風をイメージする音にもなるのですね。

それぞれの楽器を体験してみました。

DPP_28.JPG

DPP_36.JPG

DPP_20.JPG

日本の楽器はコンパクトにもなります。

DPP_16.JPG

長唄と三味線、鼓の演奏とともに、邦楽を楽しみました。
演奏、説明、体験をさせてくださったのは竹内秀一(梅屋喜三郎)さん
川東陽華(吉住小裕満)さんでした。

DPP_18.JPG

このような機会がまたあるといいですね。
Posted by オリーブミント at 14:50 | 子どもの健全育成 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
参加者募集中 伝統芸能でピース・ひろしま楽!in 千田町 千鐘亭  [2016年07月13日(Wed)]

サマースクールのように始まり、
親子で楽しむ「にほんごであそぼ」の世界いろいろな
「伝統芸能でピース・ひろしま楽!in 千田町 千鐘亭」の参加者募集中です。

今年度のプログラムは、それぞれ体験を含み
 8月20日「長唄の調べ」梅屋喜三郎 川東陽華
10月15日「能楽」大島衣恵
12月17日「昔話」吉山裕樹
 2月18日「神楽」三村泰臣 高井神楽団

時間は13:30〜15:30(ティータイム込み)

今年度はティータイムで、広島女学院大学三枡正典教授のゼミ・幼児教育心理学科の学生さんが2回目以降でワークショップを担当です。親子でテーマにちなんだものつくりも!

s-DPP_0181.jpg

IMG_0511.JPG

場所は広島電鉄本社ビル1階千鐘亭
全回通しでは1回2500円。
1回だけの参加も可能ですが、その場合は3000円
ご家族全員での参加が可能となっています。

参加ご希望の方は 080−6306−5269まで。
メールは tjclub@w4.dion.ne.jp へ


Posted by オリーブミント at 12:18 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新企画「茶論」 [2016年06月16日(Thu)]

梅雨の季節に入り、まもなく初夏に。
新企画として、「千鐘茶論」(せんしょうサロン)を始めることになりました。
茶室のある空間で、ゆっくりとお茶を飲み、伝統文化のこと、地域のこと、未来のことを話してみませんか、という「茶論」です。

第1回目は「和菓子」をテーマに。
茶道武者小路千家のお点前もあり、知る人ぞ知るとてもおいしい和菓子を食べながら広島のことを話してみる。季節による和菓子の細やかさは伝統文化です。

場所 広島電鉄本社1階「千鐘亭」(広電電車・広電前下車)

日時 7月8日(金)14:00〜15:30

参加費 1000円(毎回工夫で煎茶、抹茶。おいしいお菓子)

毎回のゲストはさまざまな分野から。
伝統文化から未来へ。

干菓子.JPG

写真は京都の「UCHU」というお店の干菓子です。
当日は生菓子なので、7月7日までに参加希望の方はお知らせください。
連絡先 080−6306−5269 tjclub@w4.dion.ne.jp
1月 伝統芸能でピース・ひろしま楽!の写真 後編 [2016年04月09日(Sat)]

すでに新年度の4月になりましたが、1月舞台の後編写真です。

★中高生能楽グループ「桜華」の体験コーナー、能舞台初の試みです。
仕舞の基本の動きである しかけ、ひらきを3人ずつ計6人の人に体験していただく、という内容です。
「桜華」メンバーが見本を示し、体験者がその所作を行います。

DPP_50.JPG

DPP_56.JPG

DPP_59.JPG

体験した人は難しかった、という感想で、反省点も多々。
しかし、この反省は2月の「茶道と能楽」で役立ちました。
観客の皆様は暖かい目で見てくださって、中高生の活躍を新鮮に受けとめてくださったようです。


★仲入り対談は「伝統芸能を未来につぐのは誰?」
井口台中学校の中常泰彰音楽教諭と長唄三味線の川東陽華さん
伝統芸能、音楽は歴史にも通じ、広島には宮島の能舞台があるなど、視野は自然、宇宙にも広がる可能性あり。

DPP_65.JPG

★長唄演奏。「安宅松」「勧進帳」滝流しの合い方
鼓 梅屋喜三郎、三味線 川東陽華
歌舞伎「勧進帳」の最後の花道の場面、飛び六方がイメージされる演奏でした。

DPP_70.JPG

★能舞「巴」
シテ 大島衣恵 笛 出雲敏弘、小鼓 横山幸彦、大鼓 三王 清  地謡 大島輝久他
短い時間ですが、能衣装をつけての舞を見れる機会となっています。

DPP_83.JPG

新年度、これからの予定を近日中にアップしますので、
よろしくお願いします。
Posted by オリーブミント at 11:32 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
1月16日・伝統芸能でピース・ひろしま楽!の写真です 前編 [2016年02月21日(Sun)]

遅れましたが、1月16日に行った「伝統芸能でピース・ひろしま楽!」の前半写真です。
1週間後に後半写真をアップします。

日本舞踊「藤の花」 幼稚園年長から中学校2年生

DPP_0.JPG

日本舞踊の地方演奏・長唄と長唄三味線 幼稚園年長から中学校3年生長唄1.16の2.jpg

中学高校生能楽グループ「桜華」 中学校1年先生から高校1年生
「船弁慶」

DPP_9.JPG

子ども能楽 年中から小学校6年生
「羽衣」

DPP_21.JPG

「西王母」
DPP_26.JPG

学校の先生達も「安宅」を謡いました。
DPP_38.JPG

後半は今回初めての試み 中高生グループ「桜華」が企画の仕舞の「体験コーナー」から始まります。10人で話し合いながら、内容を決めていきました。

長くなるので、前半はここまでにします。
次のブログもお楽しみください。









Posted by オリーブミント at 13:44 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2月の予定 [2016年02月03日(Wed)]

2月の予定です。

13日 能楽に関する講座 講師 大島衣恵
 <午前中> 10時半〜12時 大人対象 
 「伝統芸能で教養&あそび心・連続講座」
 <午後>  13時半〜15時半 親子対象
 「伝統芸能でピース・ひろしま楽!
   in 千田町 千鐘亭」
予告なく当日参加可。いずれも茶菓込み(2500円)


IMG_0531.JPG

IMG_0537.JPG

14日 第8回ひろしま子ども落語会
 広島市こども文化科学館アポロホール
 14時〜16時
 無料、子ども達の落語楽しめます。

落語2015−11.jpg

27日 お茶会 千鐘亭
 13時半〜15時半
 恒例の修道中学校高校茶道班と
 能楽の子ども達とのお茶会。
 中高生能楽グループ「桜華」も
 活躍します。
 

s-IMG_2179.jpg
第11回瀬戸内文化のにぎわい「伝統芸能でピース・ひろしま楽!」 [2015年12月31日(Thu)]


第11回瀬戸内文化のにぎわい
「伝統芸能でピース・ひろしま楽!」
1月16日に開催します。
場所はアステールプラザ中ホール能舞台
時間は1:30〜3:30
費用は700円(高校生以下無料)
前半は子ども達の発表会
後半はプロフェッショナルの演奏と舞
長唄:梅屋喜三郎、川東陽華
能舞:大島衣恵

昨年の写真をご覧ください。

IMG_1642-s.JPG

IMG_1595-s.JPG

IMG_1670-s.JPG

IMG_1693-s.JPG

2016年のチラシです2016ピースひろしま楽.jpg
Posted by オリーブミント at 20:50 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
伝統芸能でピース・ひろしま楽!in 千鐘亭 [2015年12月23日(Wed)]

12月12日は千鐘亭シリーズ第3回目で「落語」です。
講師はアマプロですが、関係団体の「こども落語」を10年来指導されている六ツ家千艘さん。
りくつやせんそうさんです(りくつやから来たようです。

午前中は大人対象。
落語全体の話。歴史から小道具、その他いろいろ。落語を聞くのが一層楽しくなるお話。

s-DPP_0176.jpg

千艘さんは、普段は会社員で超多忙。職場でも落語は生かされているようでした。
それは? 今回、その話のとっかかりを少しだけ話してもらいましたが、
次回、もっと煮詰めて、相談して、新企画で行う予定です。

今回、来てくだった皆様には、大変喜んでいただき、千艘さん絶賛でした。
いつも、もったいない、と言われるのですが、これからは何事も自信を持って、
お勧めします。


午後の親子対象。
子ども達が楽しんでいる様子を写真からご覧ください。

s-DPP_0178.jpg

s-DPP_0179.jpg

s-DPP_0183.jpg

後半、ティータイムでは、千艘さん応援団の3人のお姫さま達(高座名に姫がつくなど)が
落語にちなむゲームなどで子ども達を楽しませました。

s-DPP_0191.jpg

s-DPP_0189.jpg


これからの予定です。
来てよかった!との感想をいただけること、自信を持ってお勧めします。

1月16日土13:30〜15:30
第11回「瀬戸内文化のにぎわい」伝統芸能でピース・ひろしま楽!

2月13日土10時半(大人) 13時半(親子)
千鐘亭シリーズ「能楽」
Posted by オリーブミント at 13:10 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
落語編/伝統芸能で教養&あそび心・連続講座(大人対象) [2015年11月11日(Wed)]

連続講座も3回目となりました。
今回は落語です。
12月12日(土)10時半〜12時 広島電鉄本社1階(千鐘亭)
講師はアマプロで、広島演芸協会所属の六ツ家千艘(りくつやせんそう)さん。
本職は某大企業社員で理系の仕事を担当されています。
千艘プロフィール用4.jpg


落語を聴いて、笑う時間は忙しい現代社会の活力の素です。

そして、現代社会はプレゼンテーションが重要でもあり、スピーチ力も求められます。
そんな時に、ふと落語の簡単なルールを知っていると何らか役立つのでは?

小学校から来て、中学生、高校生になった落語ができる子ども達は実用的にも
効果を発揮しているようです。
子どもがテレビの落語を見たり聴いたりして、大人を笑わせることは多い現代でも
あります。しかし、落語のルールを知っていると、もっと上手になるのですね。

和の世界は、実に合理的である。
ぜひともお知らせしたいところです。