CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 最新ニュース | Main | ESD»
10月のイベント [2017年10月10日(Tue)]

10月、11月は行きたいところが多くて、いい季節です。

恒例の「千鐘茶論」 10月16日(月) 13:30〜15:00

和テイストの会場に今回のゲストはサックス奏者の庄子勝治さん。
さらに、ベーリーダンス系舞踊の不二乃家舞さんも登場。
面白くて楽しみな内容です。
お二人とも広島以外の公演が多いので、この機会にぜひお越しください。
参加費1000円(茶果込)

imagesJSQU9D5D.png


「長唄でランチ会」  10月14日(土)12時〜14時

東京から起こしの杵屋佐喜さんと広島在住の川東陽華さんによる
長唄を味わう会
おいしい料理も味わいます。
国立劇場版PPAPを唄った杵屋佐喜さんと身近にお話できる会
でもあります。いろいろ聞いてみましょう。
参加費 4000円(ランチ込)

佐喜・陽華.jpg


「ひろしま能シンガーズ」 2回目10月21日(土)14時半〜15時半
能楽師・大島衣恵さんの気さくなお人柄で、楽しく「羽衣」練習です。
能はアートにも通じます。
鎮魂にも通じます。
参加費 1回1000円 練習はあと5回。1月6日能舞台発表


板鏡.jpg
7月の千鐘茶論 [2017年06月27日(Tue)]

7月14日(金曜日)1時半〜3時。1000円。
お茶会+1


今回の+1は、京都での学生時代に大学の能クラブに入り能に魅せられた異人?です。
昭和から平成にかけてお育ちの、丸町年和さん。
彼はまた、絵や木版画なども描いていて、自分ではマニアックとのこと。
能に通じるものなのか?


最近では、オランダに行って来て、ダンスなのか絵なのか、何らかを吸収されて来たようです。


毎年宮島である観月能に彼と一緒に行った人が事前に話を聞いていて、楽しめたと言ってました。能楽師ではないけれど、わかりやすい能の話もできる人です。


能から始まる丸町さんの世界。


バチカンで能公演をして来た人がバチカンの天井絵が能「翁」の衣装の文様にそっくりだったという写真を載せていました。
どこから来て、どこに行くのかわからないのが、文化の世界。


これからの異人?の話に耳を傾けてみませんか。
どなたでも歓迎です。
お時間のある方ぜひ!

写真は丸町さんの絵ではありませんが、能とアートのイラストで見つけました。


能とアート.jpg

千鐘茶論(せんしょうさろん) [2016年11月21日(Mon)]

今週になりましたが、お知らせします。
茶室空間でゆっくりお茶を飲みながら、テーマに関して話し合う午後のひととき。
今回は「ハーブティー」です。
和ハーブという言葉も見かけますが、和洋にかかわらず昔からハーブを食べて飲んでいた。
というような話をあれこれ。
講師は子どもさんが能楽教室に参加されてご縁につながった柏木ミサさんです。
11月25日(金)13:30〜15:00
おいしいお菓子を用意してお待ちしています。
隠れ家的茶室空間をお気軽に覗いてみてください。
場所は広島電鉄本社ビル1階 電車通り沿いが入り口です。
性別年齢不問です。
連絡先は080−6306−5269まで。


GEDC0574.JPG
能楽関連のお知らせ [2016年10月06日(Thu)]

お知らせは3件あります。
能楽関連です。
10月15日(土)13:30 伝統芸能でピース・ひろしま楽! in 千田町 千鐘亭

10月29日(土)より始まります。
来年2月4日の能舞台発表を目指して。
 小学生の能楽 13時
 中学生・高校生の能楽 14時半
 2回目以降は南区民文化センターです。

講師は喜多流能楽師 大島衣恵さん

詳細は080−6306−5269 です。


top_365.jpg

千鐘茶論 [2016年09月17日(Sat)]

9月23日金曜日の午後1時半〜3時に「路面電車」をテーマにお茶とお菓子で楽しむ内容です。広島と言えば「路面電車」。
講師は路面電車の会の会員で元広島市こども文化科学館館長の加藤一孝さん。

広電本社の1階にある上田宗箇流の茶室空間のある場所で、お茶とお菓子で楽しく広島を話しませんか。ホッと空間です。
参加費は千円です。
年齢不問、どなたでもお越しください。
連絡先 080−6306−5269



路面電車.jpg
新企画「茶論」 [2016年06月16日(Thu)]

梅雨の季節に入り、まもなく初夏に。
新企画として、「千鐘茶論」(せんしょうサロン)を始めることになりました。
茶室のある空間で、ゆっくりとお茶を飲み、伝統文化のこと、地域のこと、未来のことを話してみませんか、という「茶論」です。

第1回目は「和菓子」をテーマに。
茶道武者小路千家のお点前もあり、知る人ぞ知るとてもおいしい和菓子を食べながら広島のことを話してみる。季節による和菓子の細やかさは伝統文化です。

場所 広島電鉄本社1階「千鐘亭」(広電電車・広電前下車)

日時 7月8日(金)14:00〜15:30

参加費 1000円(毎回工夫で煎茶、抹茶。おいしいお菓子)

毎回のゲストはさまざまな分野から。
伝統文化から未来へ。

干菓子.JPG

写真は京都の「UCHU」というお店の干菓子です。
当日は生菓子なので、7月7日までに参加希望の方はお知らせください。
連絡先 080−6306−5269 tjclub@w4.dion.ne.jp
2月の予定 [2016年02月03日(Wed)]

2月の予定です。

13日 能楽に関する講座 講師 大島衣恵
 <午前中> 10時半〜12時 大人対象 
 「伝統芸能で教養&あそび心・連続講座」
 <午後>  13時半〜15時半 親子対象
 「伝統芸能でピース・ひろしま楽!
   in 千田町 千鐘亭」
予告なく当日参加可。いずれも茶菓込み(2500円)


IMG_0531.JPG

IMG_0537.JPG

14日 第8回ひろしま子ども落語会
 広島市こども文化科学館アポロホール
 14時〜16時
 無料、子ども達の落語楽しめます。

落語2015−11.jpg

27日 お茶会 千鐘亭
 13時半〜15時半
 恒例の修道中学校高校茶道班と
 能楽の子ども達とのお茶会。
 中高生能楽グループ「桜華」も
 活躍します。
 

s-IMG_2179.jpg
落語編/伝統芸能で教養&あそび心・連続講座(大人対象) [2015年11月11日(Wed)]

連続講座も3回目となりました。
今回は落語です。
12月12日(土)10時半〜12時 広島電鉄本社1階(千鐘亭)
講師はアマプロで、広島演芸協会所属の六ツ家千艘(りくつやせんそう)さん。
本職は某大企業社員で理系の仕事を担当されています。
千艘プロフィール用4.jpg


落語を聴いて、笑う時間は忙しい現代社会の活力の素です。

そして、現代社会はプレゼンテーションが重要でもあり、スピーチ力も求められます。
そんな時に、ふと落語の簡単なルールを知っていると何らか役立つのでは?

小学校から来て、中学生、高校生になった落語ができる子ども達は実用的にも
効果を発揮しているようです。
子どもがテレビの落語を見たり聴いたりして、大人を笑わせることは多い現代でも
あります。しかし、落語のルールを知っていると、もっと上手になるのですね。

和の世界は、実に合理的である。
ぜひともお知らせしたいところです。
長唄→「伝統芸能のピース・ひろしま楽! in 千田町 千鐘亭」 [2015年09月07日(Mon)]

今年度「伝統芸能でピース・ひろしま楽! in 千田町 千鐘亭」の2回目は長唄です。

午前中10時半〜12時の大人版は 「伝統芸能で教養&あそび心・連続講座」としています。
午後は13時30分〜15時30分で親子対象となっています。

今回の長唄は、江戸時代の情緒に触れる粋な世界。
歌舞伎の伴奏音楽でもあります。

今回は「勧進帳」「まかしょ」などを聞き、難しくて意味がよくわからない歌詞などから
情緒やあそび心、そして、日本人が共通に持っていた倫理感などを探ってみます。

講師は東京から杵屋佐喜、広島在の川東陽華。
歌舞伎も広島ではあまり観れませんが、9月と11月には来るようです。

古きを訪ね、新しきを知る。
出かけると、何らかいいことに気付く。
(転んでもただでは起きないの気持)

最近、心意気を感じる人達が増えてきました。
長唄には、しっかりと心意気を感じる何かがありますね。

広島電鉄本社ビル1階「千鐘亭」
参加費2500円(大人版)
連絡先 080−6306−5269

長唄と長唄三味線でぴったり息の合う講師2人(写真は昨年のもの)


IMG_4503.JPG

佐喜・陽華.jpg

伝統芸能で教養&あそび心・連続講座1 [2015年07月15日(Wed)]

第1回は8月8日の「雅楽」ですが、広島は昔から宮島で雅楽が行われていて意外に身近な音楽だったのです。宮島でしか演奏されない曲もあるとか。

雅楽は小宇宙を感じる、悠久なる調べ。はてしなく続く〜〜

今回は篳篥と笙ですが、雅楽の楽器はいろいろあります。
また、舞もあり奥深いです。

雅楽にまつわるいろいろなことを見て聞いて、はてしなく続く過去、現在、未来を想像するのもあそび心に繋がるのではないかと、企画しています。

前回でのお知らせしましたが、広島電鉄本社ビル1階千田町千鐘亭、10時半〜12時。全4回。参加費は全回通しで8000円(1回2000円)、各回選択1回2500円。
チケットはこちらからも入手できます。http://peatix.com/event/100739
また、080-6306-5269にご連絡いただければ振込み用紙などお送りします。

さらに、お楽しみを加えました。
講師との写真。和服でお越しの方、全回参加の方、それぞれにプレゼント有。

まずは、8月8日の1回目をちょっと体験してみませんか。
よろしくお願いします。


広電伝統芸能.jpg
| 次へ