CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« ボランティア | Main | 子ども落語塾»
能シンガーズ、長唄シンガーズ [2018年08月09日(Thu)]

伝統音楽をシンガーズとする広島での試み。

京都では11年前から観世流の若い能楽師が「大連吟」を始めていました。
ちょっと面白いとtwitterでフォロー10年。
12月の「第九」の大合唱を和的にということで始められました。
昨年、それを始めた能楽師と話しました。
昨年の10年目を節に京都市にも認められ、もう一つの流派「金鋼流」も行うことで益々の「大連吟」になり、謡を謡ってみようという人が京都では増えています。

広島でも昨年から「能シンガーズ」として行っていますが、未だ少数です。
タイトルについては学校教員のための「伝統音楽教室」に参加された小学校の先生が小学生40人に「羽衣」を教えてくださって、広島市小学校の合唱祭の場で披露され新しい取り組みとなりました。
これは、全国初の試みです。

そこで、指導者は喜多流でもあり、「大連吟」のタイトルではなく
「能シンガーズ」としました。
発表は1月です。

大島衣恵最新.jpg

毎月1回。8月11日(アステールプラザ小会議室2時〜3時半)、9月8日、10月7日、11月11日、12月8日、1月5日(竹屋公民館予定3時半〜5時)、発表は1月13日アステールプラザ能舞台。
京都に劣らず、「能大シンガーズ」を目指したいと思っています。

また、今年から「長唄シンガーズ」も始めています。歌舞伎の話で盛り上がることもあります。
毎月第4土曜日 (二葉公民館4時〜5時半)
どちらも、ちょこっと体験大丈夫です。

IMG_1670-s.JPG

声を出すことについて、身も心も健全になる、美容にもいいという話をされる方もいらっしゃるようで、1000人以上の会場が一杯になるそうです。
しかし、その手立ては何か?

能は意味がわからないと敬遠されがちですが、うつ的気分も一層できる効果があり、全体的に人生についての内容もあるとの最近の評価です。
長唄も能からの曲も多く、同様です。

エネルギーがとかく乏しくなる現代ですが、大きな声を出すことで活気が出ます。

ぜひ、1度ご参加ください。
各回千円です。
連絡先:080−6306−5269
Posted by オリーブミント at 10:48 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
柿渋の話 [2018年07月20日(Fri)]

いつものお抹茶+和に関連のお話「千鐘茶論」は「柿渋」でした。

染物のイメージの柿渋ですが、何と古代から生活を支える力のある素材で、植物を最初から最後まで使い切るという優れものでした。
江戸時代の浪人が傘張りしてる絵は漫画にも出てくるかもしれませんが、その一番に柿渋を塗る。紙の補強のためです。

himawarisan 001.jpg

お話してくださったのは、柿渋の工場経営者だった宮地弘さん。
因島は備後渋として、岐阜、滋賀に並ぶ特産地でした。

柿渋効果は底知れない。
古い建物は観光地に行くと見れますが、柿渋があってこそ保存に至っているのです。
先日、西本願寺の能舞台を特別拝観された方が秀吉もそこにいたのかと思うと、感慨深い、と言っておられました。
歴史上の人物と同じ場所にいる、ロマンを感じることができるのも柿渋のおかげです。

薬用効果もあるようで、今後の研究課題かもしれません。

暮らしの中のものが何もかも自然の材ではなくなり、周りに緑は無くなり、アスファルトの照り返しの暑さに耐えなければならない矛盾した世の中。
古代からの知恵はまだまだあるはずです。

柿渋は7月から実となる青い渋柿から始まります。

余談ですが、夏目漱石は門下生が送っていた広島の甘い祇園坊が好みだったようです。
Posted by オリーブミント at 10:39 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
来年は1月19日 [2018年01月12日(Fri)]

〜第13回瀬戸内文化のにぎわい〜
「伝統芸能でピース・ひろしま楽!」
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。

子ども達の活躍、プロフェッショナルな音楽と舞。
対談「旧猿楽町って、知ってますか?」など
盛りだくさんの内容でした。

子ども達の写真をご覧ください。


peace-4.jpg

peace-3.jpg

peace-9.jpg

peace-12.jpg

peace-23.jpg

Posted by オリーブミント at 21:33 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
伝統芸能でピース・ひろしま楽! 1月6日 [2017年12月07日(Thu)]

例年行っている〜瀬戸内文化のにぎわい〜「伝統芸能でピース・ひろしま楽!」も13回目を迎えます。

前半が子ども達のお稽古の発表。日本舞踊、長唄・長唄三味線、能楽などなど。
大人も発表。

仲入り対談「旧猿楽町って知ってますか」では、伝統文化の町並みだった広島市をイメージしてみよう。

後半はプロフェッショナルによる演奏、舞。

一人でも多くの方に伝統芸能の世界を味わっていただきたい恒例の行事です。
連絡先は080−6306−5269 tjclub@w4.dion.ne.jp


2017.1.6チラシネット版.jpg
Posted by オリーブミント at 11:10 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
長唄でランチ [2017年11月02日(Thu)]

投稿が遅れましたが、10月14日は「長唄でランチ会」でした。


長唄は現在は中村勘九郎、中村七之助さん達の舞台に出演中の杵屋佐喜さん。
長唄三味線は吉住小裕満こと、川東陽華さん。
「官女」という曲で、源平合戦後の平家方の女性の悲しい気持を唄ったものを演奏。

2017.10.14一期長唄.jpg


もう一曲は杵屋佐喜さんの曽祖父である4世杵屋佐吉さん作成の三弦童謡から「かえるの子」
この曲は子ども達もすぐに覚えて、三味線でもすぐに弾ける曲です。
途中で、かえるの声らしき音が入るのも愛嬌で、楽しく。
音の種は貝殻でした。

2017.10.14一期長唄3.jpg


始めに演奏を聞き、おいしい和食ランチを楽しみ、その後質問。
和食と長唄の関係は?
などの質問も。
Posted by オリーブミント at 12:48 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
これからの予定です [2017年09月05日(Tue)]

ただ今募集中からですが、雑学ことはじめ「ひろしま能シンガーズ」参加者受付中です。

板鏡.jpg

9月30日から始まり、1月6日に舞台で謡う。

大島能舞台写真.JPG

敷居の高い能と思われていますが、紐解けば経営にも役に立つ人間世界のこと。和洋問わない共通感。5回か6回の練習と雑学。謡うのは「羽衣」です。
日程はだいたい土曜日で2時半~3時半。場所は竹屋公民館です。
1回千円で一括払いを希望します。
日程などの詳細は tjclub@w4.dion.ne.jp 電話 080−6306−5269 に問い合わせください。


それに先立ち、9月27日(水)はほぼ毎月行っている「千鐘茶論」です。
広島電鉄1階「千鐘亭」13:30〜15:00
参加費1000円(お抹茶とお菓子)
毎回のお茶の時間は貴重です。
今回は9月1日発売の広島初季刊誌「Grande ひろしま」に掲載されている廿日市張り子に関するお話をお聞きします。スピーカーは瀬戸内郷土のこと、昔からある食べ物のこと、ものごとの左右学など著書もある小沢康甫さんです。
題して「日本のおもちゃはなぜ赤い?−廿日市張り子と大島赤」

グランデ張子.jpg

10月14日は長唄の杵屋佐喜さんをお迎えしてのイベントも行う予定です。
乞う、ご期待のほど!
Posted by オリーブミント at 15:30 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
8月の「千鐘茶論」夏休み企画 [2017年08月24日(Thu)]

戦国時代の茶室再現「千鐘亭」での「千鐘茶論」は、夏休み親子で伝統文化体験。
おかげさまで、とても楽しい時間になりました。

最初にお茶室でお抹茶を飲みますが、まずは金子恵先生からようこそいらっしゃいました。

GEDC0139.JPG

お抹茶おいしかった〜、苦すぎる〜、の声いろいろ。

一通り回ると、お抹茶を点ててみよう、作ってみよう、の時間です。
お母さんたちも参加。
初めてだけど、すぐにできた子、なかなかできないけど一生懸命やる子、3人分も点てた子。

GEDC0144.JPG

家でも甘いお菓子を食べたときはぜひ、試してください。
暑いときは氷水で点ててもおいしいです。

続いて、江戸時代の画家の伊藤若冲の絵を模写してみよう。
フジタマユミ先生が虎の絵を皆さんに配布。

GEDC0150.JPG

日本に虎はいなかったのに、中国の虎の絵を模写した若冲の絵。

GEDC0151.JPG

親子で合作の虎。

GEDC0160.JPG

若冲好きなお母さんの虎。

GEDC0158.JPG

9月も茶論あります。
茶室でのマインドフルネスな時間。
ゲストとの交流。

性別年齢は問いません。
来られた方からゲスト発見もあります。
また、よろしく!
Posted by オリーブミント at 14:45 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
夏の千鐘茶論 [2017年07月25日(Tue)]

千鐘茶論は続いています。
「お茶会+1」
今回はお茶会からアートを見つけてみよう。
もっと身近にお茶体験。
皆が気軽に参加できるお茶会とは?
などを考えています。
夏休みの親子参加も可能です。

GEDC0096.JPG

8月23日(水)13:30開始。
千鐘茶論(広島電鉄本社ビル1階)
大人1000円 子ども500円(お菓子とお抹茶含)
定員 20名

どなたでも参加できます。
ぜひ、いらしてください。
Posted by オリーブミント at 17:14 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
これから始まる和文化継承 [2017年04月23日(Sun)]

現在準備中ですが、5月から始動します。

お茶会を通じて、和文化を知る。
ものづくりで、和文化を知る。
伝統芸能で、和文化を知る。

子ども達も楽しく、身に付く。

いろいろ話し合ってます。

2月に行った神楽、お茶会の写真をご覧ください。

s-IMG_0173.jpg

s-IMG_0245.jpg

GEDC0299.JPG

Posted by オリーブミント at 17:57 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第9回ひろしま子ども落語会 [2017年03月02日(Thu)]

お知らせしていましたが、第9回ひろしま子ども落語会の模様です。
毎年1回広島市こども文化科学館アポロホールを会場として行うようになって9回目になります。

出演の子ども達は14人。

今年の新人を紹介します。
トップバッターは
一つ目亭ごろぞうくん   かぼちゃ屋

0000045M.jpg

子猫亭みずちゃん     つる

0000050_3M.jpg

銀河亭宇宙くん      たぬさい

0000055M.jpg


いちご亭ショコラちゃん  親の顔

0000056M.jpg


最初のお客さまの出足が遅かったので心配でしたが、始まる頃には結構の人出に。
新聞などの広報なくも、出演者と家族の皆さんともどもの努力、
師匠のチラシ作戦などのおかげです。

師匠の口上から始まりますが、まずは観客の皆様に笑いの練習を。
練習のおかげで笑いやすくなるのは間違いないです(^^)

出演者はそれぞれ発表会に向けて集中したようで、
あっと驚く結果になり、とても笑いが多い会になりました。
Posted by オリーブミント at 15:42 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ