CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 環境保全 | Main | 和文化継承»
カンナは平和の花 [2008年05月11日(Sun)]

5月11日の日曜日、2人の会員の方とカンナを植える作業に参加しました。
なぜカンナなのか?話は長くなりますが・・・。

1945年8月6日の原爆投下の日から1ヶ月後にカンナが咲いている写真が、原爆資料館にあるそうです。何年間も草木も生えないと言われていた場所に咲いているカンナを思わず撮影した人がいたのです。
その写真を見た橘凛保さんと歌舞伎義太夫三味線奏者の野澤松也さんが中心の「カンナの会」がありまして、その会が今年からカンナを広島市内に植えよう、ということになりました。
カンナは長野県須坂市から送られてきました。

カンナは広島市内小学校にも植えてもらうことになりました。今その小学校への声かけをしています。カンナを植えることで、原爆投下を思い平和を感じる。小学校に植えることは、平和を思うとてもいいきっかけであり、平和教育につながります。


カンナの花言葉は「堅実な未来」だそうです。
きっと今の小学生が堅実な未来を作っていってくれるでしょう。

野澤松也さんと橘凛保さんのことは、また次の機会にお知らせします。

                     
Posted by オリーブミント at 17:49 | ボランティア | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ブログスタイル変更 [2008年04月30日(Wed)]

ブログのスタイル(スキン)を変更しました。
ずいぶんとすっきり、無味乾燥な感じと思われる方もいらっしゃるでしょうが、タイトルに写真を入れたりすることもできますので、そのうち何か加わると思います。

今回の変更により、左のカレンダーの下のカテゴリーアーカイブに「これからのイベント」や「最新ニュース」などのカテゴリーを作りました。
たつじんくらぶでの企画、その他関連企画をお知らせすることにしました。
また、リンクも増やしたいと思いますので、ホームページ、ブログなどをお持ちの方はお知らせください。

たつじんくらぶを開けば、何か発見。
よろしくお願いします。
Posted by オリーブミント at 14:57 | ボランティア | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本財団助成金応募 [2006年12月26日(Tue)]

 毎回落選する日本財団の助成金に再度応募。どうせ駄目に決まっているからとしばらく休んでいたものの、久しぶりに募集要項を見てみると、重点テーマ「親学」となっていた。いや、もしかしてテーマには合うかもしれないと申請した。

 最初から脳力開発を目的に、高齢者の認知症予防を兼ねての12年前のくらぶ発足。その頃脳力と言ってもどちらかと言えば能力のイメージ。だが、今や認知症予防の時代になり、子どもの教育、何事も脳力だ。

 そして、4年前に始めた子ども達対象の「昔いろいろ発見隊」。さらに今年子育て世代に向けてもこの「発見隊」が必要では?と実施した。
 資金的バックアップもなく10年以上を経たのは、まずはお金という概念がないことと賛同する方々の力である。時代は刻々と変わる。

 今回のテーマで親学プログラムというのがあることを知り、どんなものかとネットで調べる。3年前にできたらしい。他の団体で同じことをしているところも3年前からだ。
 
 私達も4年前から。さらに親達へ。高齢者から始まった自然の流れではあるが、一応大手の方達と足並みは揃っているかなと、助成金のテーマで感じる。助成金応募に落選しても堂々と、次なることを模索しよう。

Posted by オリーブミント at 08:38 | ボランティア | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)