CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«長唄でランチ | Main | 伝統芸能でピース・ひろしま楽! 1月6日»
千鐘茶論ー爆心地復元プロジェクト [2017年11月30日(Thu)]

11月の千鐘茶論は爆心地復元プロジェクト代表の田邉雅章さんからお話をお聞きました。
いつものように、お茶席でお抹茶とおいしいお菓子をいただいたあとのことですが。

千鐘茶論2017.11.24.jpg

田邉雅章さんは原爆ドームの東隣りに住んでおられ、現地にいなかったので現在がありますが、両親と弟さんを亡くされました。
田邉雅章さんは8歳だったので、当時の街の様子は記憶にくっきりと残っていて、6本のDVDを作成されました。その中の猿楽町、細工町の様子がわかるものを一部鑑賞し、お話をお聞きしました。

原爆ドームのあったところは「猿楽町」です。普通の暮らしのあった町が一瞬にして消えさると、伝統文化的なものは何も残らない、記憶しかないのです。

千鐘茶論2017.11.24の2.jpg

ノーベル平和賞の式に広島市、長崎市の両市長が行かれますが、その一瞬で日常がなくなるという恐ろしさを強調して欲しいです。

1月6日にアステールプラザ中ホールで行う「伝統芸能でピース・ひろしま楽!」の対談コーナーでも田邉雅章さんに出演していただきます。
より多くの人に、この貴重な田邉雅章さんのお話が届きますように!
Posted by オリーブミント at 20:35 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1321528

コメントする
コメント