CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«8月の「千鐘茶論」夏休み企画 | Main | 10月のイベント»
これからの予定です [2017年09月05日(Tue)]

ただ今募集中からですが、雑学ことはじめ「ひろしま能シンガーズ」参加者受付中です。

板鏡.jpg

9月30日から始まり、1月6日に舞台で謡う。

大島能舞台写真.JPG

敷居の高い能と思われていますが、紐解けば経営にも役に立つ人間世界のこと。和洋問わない共通感。5回か6回の練習と雑学。謡うのは「羽衣」です。
日程はだいたい土曜日で2時半~3時半。場所は竹屋公民館です。
1回千円で一括払いを希望します。
日程などの詳細は tjclub@w4.dion.ne.jp 電話 080−6306−5269 に問い合わせください。


それに先立ち、9月27日(水)はほぼ毎月行っている「千鐘茶論」です。
広島電鉄1階「千鐘亭」13:30〜15:00
参加費1000円(お抹茶とお菓子)
毎回のお茶の時間は貴重です。
今回は9月1日発売の広島初季刊誌「Grande ひろしま」に掲載されている廿日市張り子に関するお話をお聞きします。スピーカーは瀬戸内郷土のこと、昔からある食べ物のこと、ものごとの左右学など著書もある小沢康甫さんです。
題して「日本のおもちゃはなぜ赤い?−廿日市張り子と大島赤」

グランデ張子.jpg

10月14日は長唄の杵屋佐喜さんをお迎えしてのイベントも行う予定です。
乞う、ご期待のほど!
Posted by オリーブミント at 15:30 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1300432

コメントする
コメント