CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«たつじん、異人 | Main | 夏の千鐘茶論»
7月の千鐘茶論 [2017年06月27日(Tue)]

7月14日(金曜日)1時半〜3時。1000円。
お茶会+1


今回の+1は、京都での学生時代に大学の能クラブに入り能に魅せられた異人?です。
昭和から平成にかけてお育ちの、丸町年和さん。
彼はまた、絵や木版画なども描いていて、自分ではマニアックとのこと。
能に通じるものなのか?


最近では、オランダに行って来て、ダンスなのか絵なのか、何らかを吸収されて来たようです。


毎年宮島である観月能に彼と一緒に行った人が事前に話を聞いていて、楽しめたと言ってました。能楽師ではないけれど、わかりやすい能の話もできる人です。


能から始まる丸町さんの世界。


バチカンで能公演をして来た人がバチカンの天井絵が能「翁」の衣装の文様にそっくりだったという写真を載せていました。
どこから来て、どこに行くのかわからないのが、文化の世界。


これからの異人?の話に耳を傾けてみませんか。
どなたでも歓迎です。
お時間のある方ぜひ!

写真は丸町さんの絵ではありませんが、能とアートのイラストで見つけました。


能とアート.jpg

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1283057

コメントする
コメント