CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«能楽関連のお知らせ | Main | 千鐘茶論(せんしょうさろん)»
10月15日の能楽ワークショップ報告とこれからの予定 [2016年10月21日(Fri)]

最初に、これからの予定ですが、10月29日から「子ども能楽塾」「中学生・高校生の能楽塾」が始まります。7回のお稽古で、発表会は能舞台です。能舞台で発表できるまたとない機会です。詳細は080−6306−5269まで。

FBで速報を出しましたが、10月15日「伝統芸能でピース・ひろしま楽!in 千田町 千鐘亭」の模様をお知らせします。
講師の能楽師大島衣恵さんによって進行され、源義経に関わるお話から始まります。牛若丸、義経、弁慶は宮島の厳島神社に縁のある平清盛の話にも通じます。今回の内容は盛りだくさん。
能装束体験は興味が大きかったようです。

DPP_31.JPG

最初に大島衣恵さんの仕舞「八島」謡いながら舞われます。

DPP_0.JPG


次に「鞍馬天狗」を皆で謡う。

DPP_4.JPG

続いて、能の装束についてです。
3種類持ってきていただきました。

すり足の練習はお母さんたちも。

DPP_15.JPG

子ども達は扇を持って舞の基本動作を。

DPP_17.JPG

最後に、お稽古した謡「鞍馬天狗」を皆さんが謡い、再度仕舞を鑑賞。

DPP_19.JPG

終わってからは、広島女学院大学幼児教育心理学科の三枡正典教授と大学生の内田さんと坂井さんによる和のデザインができるかもしれないアートなワークショップで親子で楽しんでもらいました。大島衣恵さんも参加です。

DPP_26.JPG

ここに書ききれない、写真もっと載せたい内容でした。

次回は12月17日(土)13:30 昔話をテーマに行います。
こちらも内容はぎっしり。
後半のアートなワークショップもあります。
今からでも遅くない申し込みは上記の電話番号まで。
Posted by オリーブミント at 20:13 | 和文化継承 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1223213

コメントする
コメント