CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«魔法のメロディー | Main | 5月29日「大けん玉大会」»
横川不思議市 [2011年04月25日(Mon)]

4月24日は快晴!
人出40000人の横川不思議市です。






今年で2回目の子ども落語塾塾生の出演。
お豆亭空豆、いちご亭ピンク、天満亭算太郎、笑い亭落太郎の4人です。
もちろん、六ツ家千艘師匠も。

12時からのステージでしたが、それ以前のステージが子ども達のジャズダンス
で大勢の出演者と観客。

観客はサッと引き、ちょっと残念。動と静ですね。
しかし、静にははじっくりといい味があります。
さすが、我らが塾生。

かなりのハプニングにも耐えられる塾生。
最初にマイクの調子が悪く、聞こえない。
おまけに途中からマイクが調整されキ〜ンというすごい音が入って混乱し
舞台で続きができなくなった空豆くん。
しかし、もう一度最初からやればいい!の声で
見事に落語の一席「豆屋」をやり終えました。



ピンクちゃんは「だくだく」を。
応援団が12人も来ていたようです。
学校でも落語のピンクちゃんで有名みたいです。

続いて岩国から参上の算太郎くん。
お母さんお手製の着物を着て「初天神」
彼の将来の仕事は落語もできる科学者だとか。

酉は塾歴最長年、中学1年生になった落太郎くん。
笑いを取るのはなかなか難しいとの「目黒のさんま」で
堂々と皆さんに笑っていただきました。


最後に師匠の千艘さん。
空豆くんを助手に落語はどんなところから始めるのか、を説明するコーナー。




そして大酉・千艘さんの「犬の目」。子ども達もやりましたが、さすが師匠!

今回司会者が塾生に「将来は何になるの?」という質問をしてくださったおかげで、
師匠ともども、そうなんだ、そう思っているのか、とうれしくなることがありました。
落語家志望、日本文化に関わる仕事などなど。
ますます楽しみになってくる「子ども落語塾」

今年度は5月22日(日)午前中:広島市こども文化科学館、午後:三篠公民館
新入生大歓迎。誰でもできる落語です。

人前で話すことが苦手な日本人と言われますが、小さいときの落語の経験は
将来大人になっても堂々と話せ、意見が言えるようになることに
きっと役立つことでしょう。これからの世界市民として。
(今回の司会者の質問で、人前で話すときに言いたいことが平気でしゃべれる、という
塾生の話から世界市民へと飛びました^^)

松井市長もいらっしゃたとか。
子ども達の落語、ぜひ聞いて欲しかったです。

Posted by オリーブミント at 09:46 | 子どもの健全育成 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/18689

コメントする
コメント
きよこたん、ありがとうございます。
応援団ができると、うれしいです。

かよこやき、とてもおいしかったです。
普通のお好み焼きとは違う味。
きよこたんの秘密の技ありですね。
Posted by: オリーブミント  at 2011年05月01日(Sun) 21:51

可愛い落語家さん達の勇姿、拝見したかったです。
いちご亭ぴんくちゃん、三滝町応援団として混じっていたかったです。

「かよこやき」焼いていたおばさんです。
Posted by: きよこたん  at 2011年04月26日(Tue) 08:54