CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

日本教育相談研究所 『くまもと共育会T.T』さんの画像
<< 2016年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/think_together/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/think_together/index2_0.xml
親子ストレスケア教室 [2016年08月22日(Mon)]
160820_stresscare.jpg


土曜日は親子ストレスケア講座でした。

整体の下田高裕先生、クレイセラピーの下川冬実先生、アクセスバーズの中熊文子先生の各専門家をお招きして、さまざな方へのストレスケアを行いました。

整体講座では、筋肉の緩め方や、親子で簡単にできるケアの体験などがありました。中でも強い刺激がかえって筋肉を固くする体験は興味深いものでした。人間の体は強い罵声や、否定する言葉だけでも筋肉が固くなりました。反対に優しい言葉や優しい刺激で、筋肉を柔らかくすることも体験できました。

クレイセラピーでは柔らかい粘土に触れながら、自分の気持ち見つめて作品作りをしてみるなど粘土に触れながら、作品作りに没頭したりしていました。

アクセスバーズは脳の断捨離とも呼ばれているセラピーです。頭のいくつかのポイントに軽く触れるだけで、深いリラックス状態を得ることができるそうです。会場ではたくさんの人がいる中でも、眠りに落ちてしまう人もいました。


くまもと共育会T.Tでは、さまざまな方々に、さまざまな視点からの教育活動を行い、よりよい社会にしていきたいと思います。
Posted by 事務局スタッフ at 17:16 | 【活動報告】 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【事業報告】さまざまな子どもとのかかわり方フォーラム2016 [2016年08月08日(Mon)]
page.jpg

さまざまな子どもとのかかわり方フォーラム2016が無事終了しました。
おかげさまで満席での開催となりました。

池上第二クリニックの池上研先生からは、
講演「発達障がいのあるお子様へのアプローチについて」

志成館高等学院の清田先生からは、
「さまざまな生徒への理解とサポート」について事例発表がありました。

どちらの話でも、子どもを褒め、認めることの大切さ。
また、いろんな方からのサポートを生かしながら接していくことの大切さを
学ぶことができました。

「ふりかえりのワークショップ」では、
保育士や作業療法士、行政の方など専門的な視点からの意見交換などもあり、
発達に障がいのある子どもさん等について、
多角的な面から捉える素晴らしい時間となりました。
Posted by 事務局スタッフ at 09:28 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
親子ストレスケア教室 [2016年08月05日(Fri)]
stresscare2.jpg

8月20日(土)にストレスケア教室を行います。

・なかなか寝れない   ・不安な気持ちが抜けない
・学校が始まるのが不安 ・不安な気持ちを軽くしたい
・ご家庭でもできるストレスケア 

などについて、

整体、クレイセラピスト、セラピストの3名の専門家がストレスケアのワークショップを行います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【当日の内容】
 〇整体教室(緑の杜整体/下田高裕先生)
 〇クレイセラピー(お話しサロン冬乃実/下川冬実先生)
 〇アクセスバーズ‐脳の断捨離‐
 (リフレクソロジーリンパケアのサロン・ペルテ/中熊文子先生)

参加費は500円/人
どれも体験いただけます。
(アクセスバーズは体験できる人数に限りがあります)

入退場自由(会場13:30〜)

※中学生・高校生の親子で触れ合いながら参加していただけたらと思っておりますが、大人のみの参加も可能です!
Posted by 事務局スタッフ at 15:59 | 【活動告知】 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
さまざまな子どもとのかかわり方フォーラム2016 [2016年06月14日(Tue)]
NPO法人日本教育相談研究所くまもと共育会T.Tでは、例年子どもたちの理解と周囲の大人の関わり方を学ぶためのフォーラムを開催しております。
2016フォーラム3.gif
「さまざまな子どもとのかかわり方フォーラム2016」と題しまして、発達障がいなどさまざな困り感を抱える子どもとの関わり方や支援の在り方について、教育、福祉、当事者、保護者など様々な立場を通じて一緒に学ぶ場をしたいと考えました。

さまざまな困難を抱える子どもへの理解や支援などが、まだまだ必要なのが現状です。

興味関心のある先生方、保護者様など、どなたでも参加できますので是非ご来場ください。
2016フォーラム(表).pdf

(裏) FAX送信申込書.pdf
Posted by 事務局スタッフ at 11:04 | 【活動告知】 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【活動報告】『子どもの主体性を引き出す体験と教育フォーラム2015』 [2015年08月25日(Tue)]
8月22日(土)に『子どもの主体性を引き出す体験と教育フォーラム2015』を行いました。


子どものやる気、主体性をいかに引き出すのかについて、志成館高等学院の清田先生より「主体性を引き出すために必要な体験とは〜通信制高校の現場から〜」の事例発表が行われました。
kiyo (500x375).jpg
授業学研究所の大矢先生からは、『未来につながる体験と教育〜子どもの主体性を引き出す信頼関係の築き方〜』という演目で講演をいただきました。
ohya (500x375).jpg
今までの30年で、私たちの社会には今まで想像もしなかったような業種や職業が生まれています。今の子どもたちはこれから30年で、自分たちが想像もしないような業種に就くことが考えらえます。

これからの時代を生き抜くうえで必要なことは、受動的に「情報をどれだけ知っているか」ということよりも、主体的に「情報をいかにうまく使うか」が大切になってきます。

主体的に生きるためには、周りとの信頼関係が大切です。自分が認められた環境の中であれば、自信をもって意見を述べることができます。


教師や保護者としては子どもを認める環境づくりが、子どもの主体性を伸ばす環境づくりになると思われます。


※本事業は、子どもゆめ基金の助成活動です。
Posted by 事務局スタッフ at 10:09 | 【活動報告】 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『子どもの主体性を引き出す体験と教育フォーラム2015』 [2015年07月13日(Mon)]
2015年8月22日(土)14:00〜


『子どもの主体性を引き出す体験と教育フォーラム2015』
を実施いたします。




講演は、授業学研究所の大矢純先生です。
ooya.jpg
「未来につながる体験と教育」〜子どもの主体性を引き出す信頼関係の築き方〜
というタイトルで講演をいただきます。


また、フォーラムにあたり


当NPO法人理事長/志成館高等学院 統括 清田一弘より
『主体性を引き出すために必要な体験とは』〜通信制高校の現場から〜
というタイトルで、事例発表をさせていただきます。


場所は、志成館高等学院(熊本市大江本町7番3号)
参加費は無料

どなたでもご参加いただけます。


お申し込みは、お電話096-366-1080もしくは、
下記のPDFデータをダウンロードの上、
FAXにてお申込みください。


2015Forum.png

(印刷用パンフレットデータ)
2015Forum.pdf

(申込み書)
2015Forum_ura.pdf
Posted by 事務局スタッフ at 15:05 | 【活動告知】 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【平成27年3月8日】 (理事長)清田が新聞掲載 [2015年03月08日(Sun)]
20150308_kumanichi.jpg


平成27年3月8日(日)付の『熊本日日新聞』19面に、
本会理事長、清田一弘の記事が掲載されました。

【平成27年3月7日】 『ひなたぼっこの会』3月例会 [2015年03月07日(Sat)]

平成27年3月7日(土)、
思春期の子どもと向き合うおとなたちの会 『ひなたぼっこの会』
3月例会を実施しました。

(14時より、熊本県八代市の八代教育会館にて。)


  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜

今回は16名の参加、うち初参加の方も5名いらっしゃいました。

2月に八代市内で行われた【親の会ネットワーク】に参加された方も
多く参加していただきました。
会場が狭かったので、次回は2階会議室で行いたいと考えています。



  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■

前半は、それぞれの自己紹介を兼ねて、ひと回り語っていただきました。

ティータイムを挟んで、小学生のお子さんをお持ちのお母さんから、
「先輩お母さんの話をもっと聞きたい」というリクエストがありました。

そこで後半は、高校生以上もお子さんを持つお母さんたちから、
子育てできつかった時のことをさらに詳しく話していただきました。
あっという間の2時間半でした。

  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜


《参加された方の感想の一部を紹介します》


先輩お母さんかの体験されたお話を聞くことが出来て、
とてもよかったです。

海外の話なども聞けて、選択肢が広がりました。


自分がとても狭い範囲で物事を考えていることに気が付きました。

日本の中でさえとても狭く、外国に飛び出してもいいのか、
ということで、とても今までの概念が変わりました。

みなさんが真剣に子どもさんと向き合い、
ご自身も向き合ってこられたお話しに勇気もいただきました。


初めての参加で、どのような会かなと思っていたのですが
話を聞いているうちに、自分の気持ちが随分軽くなった様に思います。


新しく参加された方、長く参加されている方の
双方の意見交換を聞くことができ、悩みの解決の対比が
分かりやすく聞けました。


久しぶりに参加したら、すごい人数でびっくり!
今、不登校真っ只中の子を持つ親にとって、
いろんな話が聞けていいと思う。
それぞれの成長も楽しみ。


まだまだ悩みはありますが、
時が解決していくのだなという事を実感しています。

悩みの中にいる時は、とても辛いですが、
きっといつか、笑える時が来ることを信じていたいと思います。


同じ悩みを経験している親の交流ができました。
実際、体験している方の話は、どんな本よりよくわかります。

「中学を出てから1年くらい、自分探しの時間をつくる」
といったデンマークの話は、なるほどと思いました。




●例会は、基本的に奇数月の第1土曜日の14:00〜16:30の時間に
 八代教育会館(志成館 八代校)で開催しています。



●お問い合わせ・・・担当:清田(携帯 090−7383−0183)
「ひなたぼっこの会」3月例会のお知らせ [2015年02月21日(Sat)]

思春期の子どもと向き合うおとなたちの会
『ひなたぼっこの会』
3月例会を実施します。


 ●日時 : 平成27年3月7日(土)、14:00〜16:30

 ●場所 : 八代教育会館
        (八代市大手町1丁目59-2 志成館八代校)

 ●内容 : 座談会、情報交換会

 ●申込 : 例会参加費 200円
        資料準備等のため、事前に事務局にご連絡ください。

        TEL 096−366−1080 [本部]
        TEL 0965−65−8008 [八代支部]
Posted by 事務局スタッフ at 17:00 | 【活動告知】 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【平成27年2月21日】 教育講演会「子どもの本音、親の本音」 [2015年02月21日(Sat)]

平成27年2月21日(土)、本会「くまもと共育会T.T」と
【志成館高等学院】の共催で、教育講演会を開催しました。

会場は志成館の熊本校、テーマは“子どもの本音、親の本音”です。


講師には「志成館高等学院」スクールカウンセラーの
加藤理人先生をお招きしました。

20150221_33.jpg  加藤先生による講演


カウンセラーとは、「聴く」ことのプロです。
おすすめの行動を紹介することもありますが、決してアドバイスのプロではありません。


周りの人と一緒に生きながら、自分のことを自分で決めていきたい。
志のあるところには、道があります。

20150221_40.jpg  事例発表


けれども、自分ひとりではいろいろな痛みや問題などとは共に生きられません。
だから、別の人に話したり、共に過ごしたりします。


スクールカウンセラーとして、そのお手伝いをしています。
一方的に意見を突きつけるのではなく、まずはお互いに話を聞いてみませんか。

20150221_27.jpg

Posted by 事務局スタッフ at 14:00 | 【活動報告】 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ