CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
blog THC
ようこそ東北HIVコミュニケーションズ(THC)のブログへ。
このブログでは、THCの最新情報を中心にお知らせします。
団体について詳しく知りたい方は、
東北HIVコミュニケーションズ公式ホームページをご覧下さい。
« 2014年10月 | Main | 2014年12月 »
エイズ電話相談
毎週土曜18:00-21:00
(お盆・年末年始を除く)
"022ー766ー8699"
※8/16はお盆の為お休みです。

HIV/AIDSに関わる相談・質問にトレーニングを積んだ相談員がお応えします。

感染不安のある方、HIV抗体検査について知りたい方、HIV陽性者ご本人やその周囲の方々など、どなたでもお電話ください。

ひとりで悩まず、まずは電話を。
最新記事
カテゴリアーカイブ
活動予定と報告・お知らせ
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
HIV陽性者のためのウェブ調査・調査結果報告会@仙台[2014年11月14日(Fri)]
HIV陽性者のためのウェブ調査・調査結果全国報告会 
Futures Japanキャラバンツアー


2014年12月21日(日) 13:00-14:30
@コミュニティセンターZEL

入場無料
HIVに関心のある方ならどなたでも参加できます。
手話通訳つき


image.jpg
(調査は終了しています)


HIV陽性者のためのウェブ調査は、多数のHIV陽性者が参加・協力し、
自分らしい生き方と暮らしやすい社会の実現を目指す
HIV Futures Japanプロジェクトにより、
2013年7月20日〜2014年2月25日まで実施されました。

ひとりでも多くの方に、調査結果をわかりやすくお伝えするために、
全国各地で調査結果報告会 Futures Japanキャラバンツアーを開催します。
ぜひご参加ください。

調査結果を知ることで、日本のHIV陽性者が全体として
どんな状況にあるのかを知ることができ、
自分の立ち位置を確認し将来展望を得ることができます。
また行政やエイズ対策、支援体制への提言につながるため
HIV陽性者にとって暮らしやすい社会づくりができます。


http://survey.futures-japan.jp/result/caravan.php


共催:Futures Japan
http://futures-japan.jp
東北HIVコミュニケーションズ
『怒りを力に ACT UPの歴史』上映会[2014年11月04日(Tue)]
HIV・性的自立・セクシュアリティ・・・支えあう学習会 〜 season2
『怒りを力に ACT UPの歴史』上映会
〜ジム・ハバード監督と共に、いのちを守る闘いを語る

2014.12.7(日)15:00-18:00


@コミュニティーセンターZEL
http://sendai865.web.fc2.com/zel.html

ジム・ハバード監督とのトーク
英語通訳、手話通訳付き
入場無料・カンパ歓迎・参加申し込みをお願いします。

申込・問い合わせは、​thc00sasaeau-studyあっとyahoo.co.jp

image.jpg

「怒りを力に ACT UPの歴史」
監督:ジム・ハバード
米国/2012/93分/日本語字幕

ACT UPの活動を記録した映像から米国のHIV/AIDS
運動の歴史をたどる。
HIV/AIDSの時代を生き抜くために、人種や階級、ジェン
ダーの枠を超えて力を合わせ社会の変革に挑んだ人々。
ACT UPの非暴力抵抗運動は、AIDS/HIV危機にある
米国政府やマスメディアを動かした 。
このドキュメンタリーは、大切な人を失う哀しみを育み、
人とのつながりの中で生きる力を持ち、
セクシーでエネルギッシュなACT UPの姿を映し出す。

*この映画の日本語字幕はザ・ボディショップニッポン基金の
助成を受けて作成されました。
ーーー

社会を変えるためには、時に「断固たる行動」が必要と
なる場合があります。いのちを守るのであればなおさら。
負のイメージを着せられ、無視される中たくさんの仲間を
失った初期のHIVの状況は、現在にも多くその影響が
残っています。またセクシュアリティが周囲と異なる
ことで、いじめや排除にあい、メンタルヘルスが低下し
自死に追いやられる状況とも重なります。
私たち自身の、そしてかけがえのない仲間のいのちを
守るため、どのような行動が取れるのか、
共に語り、考えましょう。

共催​​: 東北HIVコミュニケーションズ(THC)、連連影展FAV
会場協力​: community center ZEL(運営:公益財団法人エイズ予防財団 協力:やろっこ)
助成 ​: ラッシュジャパン「LUSHチャリティーバンク」

◆連連影展FAV  http://www.renren-fav.org/
つながりをイメージする 災害とセクシュアリティ・ジェンダー[2014年11月04日(Tue)]
性と人権ネットワークESTOとの共同企画です。

ーーーーー

第3回国連防災世界会議in仙台 「女性と防災テーマ館」プレ企画
「女性と防災せんだいフォーラム」
主催:公益財団法人 せんだい男女共同参画財団・仙台市


≪プログラム16≫
「つながりをイメージする 
災害とセクシュアリティ・ジェンダー」

日時:11月23日(日)13:30−16: 00
会場:会場:仙台市男女共同参画推進センター エル・パーク仙台 スタジオホール(6F)
企画:性と人権ネットワークESTO/東北HIVコミュニケーションズ(THC)
申込:先着100名
※手話通訳あり
LGBT(多様な性の当事者)の災害時の困難や課題を知り、
セクシュアリティに関わらず、わたしたちはどのように
つながっていけるのかをパネリストと一緒に考えます。

[パネリスト]
小浜耕治さん(東北HIVコミュニケーションズ代表・レインボーアーカイブ東北)
房内まどかさん(てつがくカフェ@せんだいファシリテーター)
岡田実穂さん(レイプクライシス・ネットワーク代表)
藥師実芳さん(NPO法人ReBit 代表理事)

ESTOイベント情報ページ
http://estonet.info/esto_event/scheduler.cgi?mode=view&no=168

【アクセス】
地下鉄:仙台市営地下鉄南北線
勾当台公園駅下車(南1番出口より地下道で連結)
※仙台駅から泉中央駅行きで2駅
バス:商工会議所前/定禅寺通市役所前 下車
http://www.sendai-l.jp/whats/

【申込・問合せ】
仙台市男女共同参画推進センター エル・パーク仙台
〒980-8555 仙台市青葉区一番町4丁目11番1号
141ビル(仙台三越定禅寺通り館)5階・6階
TEL.022-268-8300 FAX.022-268-8304
主催:公益財団法人 せんだい男女共同参画財団
http://www.sendai-l.jp/
プロフィール

東北HIVコミュニケーションズ(THC)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thc/index2_0.xml
最新コメント
最新トラックバック