CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
blog THC
ようこそ東北HIVコミュニケーションズ(THC)のブログへ。
このブログでは、THCの最新情報を中心にお知らせします。
団体について詳しく知りたい方は、
東北HIVコミュニケーションズ公式ホームページをご覧下さい。
« 2007年07月 | Main | 2007年09月 »
エイズ電話相談
毎週土曜18:00-21:00
(お盆・年末年始を除く)
"022ー766ー8699"
※8/16はお盆の為お休みです。

HIV/AIDSに関わる相談・質問にトレーニングを積んだ相談員がお応えします。

感染不安のある方、HIV抗体検査について知りたい方、HIV陽性者ご本人やその周囲の方々など、どなたでもお電話ください。

ひとりで悩まず、まずは電話を。
最新記事
カテゴリアーカイブ
活動予定と報告・お知らせ
<< 2007年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
HIVと共に学び共に生きる講座[2007年08月01日(Wed)]
地方におけるHIV陽性者支援システム構築に関する事業
日本エイズストップ基金助成事業

HIVと共に学び共に生きる講座

【開催日時・会場】
2007年9月9日(日) 9:50〜16:00 エル・ソーラ仙台(AER28階)研修室2
      23日(日) 9:50〜16:00  同上
   10月21日(日) 9:50〜17:00 仙台市市民活動サポートセンター 研修室5

【受講料】全3回 5,000円(資料代込み)
【受講者定員】    15名

【会場案内】
  エル・ソーラ仙台 http://www.sendai-l.jp/whats_ls/
  仙台市市民活動サポートセンター http://www.sapo-sen.jp/map.php


【受講内容】科学的・医学的な知識から、陽性者の社会的な状況、感染経路と予防方法、検査、セクシャリティーといった基礎知識、プライバシーを守るためのルールや陽性者とつきあうためのマナー、最新医療事情などより専門的な分野まで、今後の活動の基礎となる知識やマナーを多角的に学んでいきます。          
THCの活動への入口となる講座です。
*第3回ゲスト:日本HIV陽性者ネットワークJaNP+ より HIV陽性者スピーカーをお招きします。 

主催:東北HIVコミュニケーションズ(THC)
後援: 宮城県・仙台市・エイズ予防財団(予定)    

申し込みフォーム
----------------------------
2007年度「HIVと共に学び共に生きる講座」に申し込みます。
氏 名 :
職業・所属等 :
連絡先 TEL/FAX E-mail :
連絡の希望時間等 :
住 所 〒 :
参加動機をお書きください。:



いただいた個人情報は「HIVと共に学び共に生きる講座」の連絡にのみ使用いたします。

送付先:thcあっとsilk.plala.or.jp
あっとを@に打ち直して送信してください。
地方における陽性者支援を考える学習会を開催[2007年08月01日(Wed)]
日本エイズストップ基金助成事業
地方におけるHIV陽性者支援を考える学習会
「歯科医師はどのような支援が可能か?」

【日時】 2007年8月26日(日) 13:00〜16:00
【会場】 国立病院機構仙台医療センター 大会議室
   http://www.snh.go.jp/Access/index.html
【参加費】 無料(要申込み:下記フォームにてお送りください)
【主催】 東北HIVコミュニケーションズ(THC)
     厚生労働省エイズ対策研究事業 
     HIV診療体制の整備に関する研究班
     男性同性間HIV感染対策とその評価に関する研究班
【後援】 宮城県歯科医師会

【内容】

   ●宮城県におけるHIV陽性者と歯科診療に関する状況報告
     東北地方の陽性者の動態と歯科受診の現状
     宮城県歯科医師会:協力施設事業の紹介

   ●講演「HIV陽性者の歯科診療を通して見えてきたこと」 
     講師:中田たか志氏
     (中田歯科クリニック:東京都エイズ協力歯科診療所)

   ●地方における陽性者支援を考えるディスカッション

 HIV陽性者が利用できる医療は、HIV発症予防治療こそ整備が進みつつありますが、歯科医院や介護施設における受け入れ拒否の事案が報道されるなど、必ずしも陽性者を積極的に受け入れている社会とはいえない状況にあります。
 HIV陽性者も健康維持を必要とする市民の一員に他なりません。歯科医療はこのような市民に、どのような健康支援を提供できるのでしょうか?様々な立場の人で議論できる場を設け、陽性という事で利用できる社会資源が限られてしまっている、この現状を変えてゆく力としたいと思います。幅広いご参加、お待ちしています。

詳細はこちらにチラシがあります(PDF)。
http://www.geocities.jp/thcgv/070826.html

------------------------------
参加申し込みフォーム

お名前:
所属 :
連絡先:

いただいた個人情報は、当学習会参加に関する事務にのみ使用します。

送付先:thcあっとsilk.plala.or.jp
あっとを@に打ち直して送信してください。
プロフィール

東北HIVコミュニケーションズ(THC)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thc/index2_0.xml
最新コメント
最新トラックバック