CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
blog THC
ようこそ東北HIVコミュニケーションズ(THC)のブログへ。
このブログでは、THCの最新情報を中心にお知らせします。
団体について詳しく知りたい方は、
東北HIVコミュニケーションズ公式ホームページをご覧下さい。
« 2006年10月 | Main | 2006年12月 »
エイズ電話相談
毎週土曜18:00-21:00
(お盆・年末年始を除く)
"022ー766ー8699"
※8/16はお盆の為お休みです。

HIV/AIDSに関わる相談・質問にトレーニングを積んだ相談員がお応えします。

感染不安のある方、HIV抗体検査について知りたい方、HIV陽性者ご本人やその周囲の方々など、どなたでもお電話ください。

ひとりで悩まず、まずは電話を。
最新記事
カテゴリアーカイブ
活動予定と報告・お知らせ
<< 2006年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
12/16(土)Living Together Lounge[2006年11月28日(Tue)]

Linving Together Lounge

【日時】
2006年12月16日(土)16:00〜19:00

【会場】
仙台市市民活動サポートセンター市民活動シアター
仙台市青葉区一番町四丁目1-3
(地下鉄「広瀬通駅」西5番出口すぐ。旧:日専連ビーブ)
地図はこちら↓
http://www.sapo-sen.jp/map.php

入場無料
(ワンドリンク500円)
※未成年者およびお車でお越しの方にはソフトドリンクのみの提供となります。

music:Yume
live:肉襦袢ゲブ美feat.藤木大祐

Reading:朗読をする人
しゅんたろ(チャリだー)
門間尚子(仙台女性への暴力防止センター ハーティ仙台 世話人) 
ふとし(エロ小説家)

問合せ先
東北HIVコミュニケーションズ(THC)

【みんみんファンド(本体ファンド)2006年度助成事業】




このパーティは、HIVに感染してる人といっしょに生きよう!
・・・というんじゃなくって、
もうぼくら、すでにいっしょに生きてるんじゃないの?
そんなメッセージといっしょに、音楽とお酒とライブを楽しみながら
HIV陽性者やそのまわりの人々が書いた手記の朗読を聞く、
そんなパーティです。

Living Togetherについてはこちら↓
http://www.living-together.net/
THCのキルトが各地へ![2006年11月22日(Wed)]
THCのメッセージキルトが
次の場所に登場します!

11/23(木)
第一回仙台医療センター 健康まつり

11/27(月)〜12/1(金)
宮城県村田高等学校

12/1(金)〜12/5(火) ※12/4(月)は休館日
きらめきサポートステーション一関


メッセージキルトは、HIV+の方々を思って
THCのメンバーや小学生が
エールを送るためにつくったキルトです。

仙台市が迅速検査会を実施[2006年11月16日(Thu)]
仙台市がエイズ迅速検査会を実施します。

【日時】
平成18年12月3日()
受付時間 13:00〜17:00


【会場】
宮城・仙台口腔保健センター

※詳しくは仙台市のホームページでの告知をご覧下さい。
http://www.city.sendai.jp/kenkou/hokeniryou/aids/jinsoku.html

当日は36時間AIDS電話相談を実施しています。
検査に際し、不安なことがあったらお電話ください。
(携帯電話・PHSからも通話できます)

36時間AIDS電話相談 専用電話番号
0120−545036
※12/2(土)午前10時〜12/3(日)午後10時まで


検査の感想を聞かせてください
HIV抗体検査受検者アンケート

地元紙に紹介記事[2006年11月10日(Fri)]
11月11日(土)付 河北新報夕刊の「街いま」というコーナーで
東北HIVコミュニケーションズ(THC)の中の
ゲイのボランティアグループ
「THCGVやろっこ」の活動が紹介されます。

編集局の記者さんが取材に訪れたのが先月。
東北HIVコミュニケーションズ(THC)の代表と
THCGVやろっこのリーダーが
やろっこの立上げから、現在に至るまでの話をしました。

今回の取材のきっかけとなったのが
仙台市市民活動サポートセンターで展示した
EASY!-Living Together is EASY!-写真展」です。

ここでやろっこの活動を知った記者さんが
「仙台で活動しているゲイのグループがあることを伝えたい」と
取材に訪れたわけです。
今回の記事では
異性愛者に対して
「地元にもゲイがいること」を伝えるとともに、
まだ自分以外のゲイを知らずに悩んでいるゲイに対して
「仲間がいること」を伝えたいとのことでした。

もしお手にする機会がありましたら
どうぞご覧下さい。

※11月11日(土)は仙台地域の夕刊での掲載予定です。
 他地域では少し遅れて掲載されるようです。
 また、「街いま」の掲載記事は
 後日、インターネット上にも掲載されるようです。
 http://www.kahoku.co.jp/ima/index.htm
12/2(土)-3(日) 36時間AIDS電話相談[2006年11月10日(Fri)]
36時間AIDS電話相談
日時:12/2(土)10:00-12/3(日)22:00
相談番号:0120-54-5036

エイズに関すること、悩み・質問・相談に
研修を受けたスタッフがお応えします。
全国一斉36時間AIDS電話相談。
12/2(土)10:00-12/3(日)22:00まで
36時間連続で電話による相談を受け付けます。
相談番号は
フリーダイヤル0120-54-5036
携帯電話、PHSからもつながります。

主催:36時間AIDS電話相談実行委員会
厚生労働省エイズ対策研究事業 研究成果発表会[2006年11月05日(Sun)]
厚生労働省エイズ対策研究事業 研究成果発表会
「地方のコミュニティーに根ざしたHIV感染対策の展開」

日時:11/5(日)13:00-16:30
会場:郡山市市民交流プラザ
(地図はこちら
参加無料

発表内容
○男性同性間HIV感染対策について
○福島・郡山地域でのHIV感染状況
○仙台地域での活動
 (仙台医療センター、東北HIVコミュニケーションズ、やろっこ)
○岡山地域での活動(pray.comittee)
○浜松地域での活動(NPO法人リビングトゲザー)

主催:(財)エイズ予防財団
共催:NPO法人市民メディア・イコール
    東北HIVコミュニケーションズ


THCが研究協力者として研究協力している
厚生労働省エイズ対策研究
男性同性間のHIV感染対策とその評価に関する研究の研究成果発表会です。

【報告】
十分な告知ができなかったにもかかわらず
医療・保健職従事者、NPO関係者など
17名の参加がありました。

○男性同性間HIV感染対策について
初めての人にもわかる用語説明から、男性同性間のHIV感染対策の必要性、これまでの活動事例をデータに基づきわかりやすく解説していただきました。

○福島・郡山地域でのHIV感染状況
福島・郡山地域のHIV・性感染症、若者の性行動についての現状を解説していただきました。

○仙台地域での活動
東北ブロックの拠点病院の状況、仙台医療センターでのHIV陽性者の状況、仙台地域での活動について解説しました。

○岡山地域での活動
岡山地域での活動の始まりと、行政を巻き込んだ活動展開について紹介していただきました。

○浜松地域での活動
浜松地域の特性と、活動の紹介、そして活動に対する思いについてお話いただきました。

○ディスカッション
活動における障壁や、連携について有意義なディスカッションが展開されました。
プロフィール

東北HIVコミュニケーションズ(THC)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thc/index2_0.xml
最新コメント
最新トラックバック