CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
blog THC
ようこそ東北HIVコミュニケーションズ(THC)のブログへ。
このブログでは、THCの最新情報を中心にお知らせします。
団体について詳しく知りたい方は、
東北HIVコミュニケーションズ公式ホームページをご覧下さい。
« 2006年08月 | Main | 2006年10月 »
エイズ電話相談
毎週土曜18:00-21:00
(お盆・年末年始を除く)
"022ー766ー8699"
※8/16はお盆の為お休みです。

HIV/AIDSに関わる相談・質問にトレーニングを積んだ相談員がお応えします。

感染不安のある方、HIV抗体検査について知りたい方、HIV陽性者ご本人やその周囲の方々など、どなたでもお電話ください。

ひとりで悩まず、まずは電話を。
最新記事
カテゴリアーカイブ
活動予定と報告・お知らせ
<< 2006年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
出前講座@石巻高校[2006年09月15日(Fri)]
【報告】
9月14日(木)
宮城県石巻高等学校にて
保健講話「思春期の生と性」と題して
THC出前講座を行ってきました。
対象は2学年の生徒240名。
石巻高校は本年から男女共学化されましたが
2学年の生徒は全員男子です。
男子生徒だけを対象としたTHC出前講座は
おそらく初めてではないでしょうか。

内容は、HIV/AIDSを切り口に、
性感染症についての基礎知識と
「自分を大切にする」ことについて。

男性講師だったこともあり、
講座終了後のアンケートでは
「男の方向から見た性についてのことを聞けてよかった」
「体験談をもっとききたかった」
「僕たちが普段つかっている言葉で話してくれてわかりやすかった」
「これからの人生に役立つと思う」
「楽しかった。いい先生だった」
といった感想が寄せられました。
男子生徒向けの内容でお話ができたと思います。

思春期の男子は、性の悩みを抱えるものですが
「男性講師による、男子生徒へ向けた性の講話」の機会は
まだまだ少ないと思われます。
今回の講座を機に、THCとして、
「男子生徒へ向けた性の講話」という切り口からも
出前講座を提供していけたらと思いました。
HIVと共に学び共に生きる講座[2006年09月10日(Sun)]
HIVと共に学び共に生きる講座
2006年9月10日(日)、24日(日)、10月9日(月・祝)・・・全3回
会場:エル・ソーラ仙台(AER28階)
受講料:5,000円(全3回)
定員:15名

【日程】
第1回(9/10) 9:50-16:00
第2回(9/24) 9:50-16:00
第3回(10/9) 9:50-17:00

【受講内容】
科学的・医学的な知識から、
HIV陽性者の社会的な状況、感染経路と予防方法、
検査、セクシャリティーといった基礎知識、
プライバシーを守るためのルールや
HIV陽性者とつきあうためのマナー、
最新医療事情など
より専門的な分野まで、
今後の活動の基礎となる知識やマナーを多角的に学んでいきます。


「HIVと共に生きる時代」と言われている今、私たちTHCでは、
エイズ電話相談やHIV陽性者への直接支援、
エイズの予防啓発、出前講座、調査研究といった
THCの活動に関わる専門性のあるボランティアを募集しています。
今回の「HIVと共に学び共に生きる講座」は、
専門性のあるボランティアとして必要な
「HIVと共に生きる時代」の知識・マナーを学ぶ、
THCの活動の入口となる講座です。

【対象】
講座終了後、THCでの活動を希望する方を優先します。
実際に電話相談等に携わるかどうかは、
研修終了後、適性等を考慮して決定します。
全3回出席できる方。
修了された方には修了証をお渡しします。

【お申し込みは…】
9/3(日)までにFAX、郵送、E-mailにてお申し込みください。
↑締め切りました。
「HIVと共に学び共に生きる講座」申し込みと明記の上
氏名、職業・所属、連絡先(TEL,FAX,E-mail等)、連絡の希望時間帯、
住所、簡単な参加動機を添えてお送りください。

【講座の様子】

第1回目の講座は、「出前講座・アウトリーチのために」ということで
「セックスとエイズの深〜いカンケイ?!」をテーマに
HIV/AIDSの科学的・医学的な基礎知識と
セクシュアリティについて
座学とワークショップを織り交ぜて行いました。

第2回目の講座は、「アドボカシー・電話相談のために」ということで
「近くにあった声、耳をすまして聞いてみよう」をテーマに
プライバシーについてや電話相談について
ワークショップを中心に行いました。


第3回目の講座は「ケアサポート・共に生きる総合演習」ということで
「Living Together:共に生きるって?」をテーマに
外部講師:五島真理為さんの講演や
陽性者の現状について学んだあと、
電話相談のロールプレイを行いました。
最後には、3回の講座を受講された7名の受講生に修了証が渡されました。
修了された皆さんが、エイズボランティアとして活躍される日が
一日も早く訪れることをスタッフ一同楽しみにしています。
プロフィール

東北HIVコミュニケーションズ(THC)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thc/index2_0.xml
最新コメント
最新トラックバック