CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
blog THC
ようこそ東北HIVコミュニケーションズ(THC)のブログへ。
このブログでは、THCの最新情報を中心にお知らせします。
団体について詳しく知りたい方は、
東北HIVコミュニケーションズ公式ホームページをご覧下さい。
« コラボ企画:障害とセクシュアリティ 〜当事者が受けいれること・社会が共にいるとわかること | Main | Call Me Kuchu(ウガンダ)/OUT(韓国)上映会 〜セクシュアリティをめぐる困難を乗り越えて »
エイズ電話相談
毎週土曜18:00-21:00
(お盆・年末年始を除く)
"022ー766ー8699"
※8/16はお盆の為お休みです。

HIV/AIDSに関わる相談・質問にトレーニングを積んだ相談員がお応えします。

感染不安のある方、HIV抗体検査について知りたい方、HIV陽性者ご本人やその周囲の方々など、どなたでもお電話ください。

ひとりで悩まず、まずは電話を。
最新記事
カテゴリアーカイブ
活動予定と報告・お知らせ
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
支えあう学習会Vol.3 多様なセクシュアリティを生きる子どもたち[2015年06月10日(Wed)]
HIV・性的自立・セクシュアリティ・・・支えあう学習会 〜 season3

Vol.3 多様なセクシュアリティを生きる子どもたち
〜文科省通達を当事者視点で考える




2015.7.3(金)19:00-21:00
@仙台市市民活動サポートセンター セミナーホール



入場無料
申込・問い合わせは、支えあう学習会専用アドレスへ
thc00sasaeau-studyあっとyahoo.co.jp
当日お呼びして良いお名前と所属をお知らせください。


平成27年4月30日に文部科学省から「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について」という通達が出されました。ここでは、性同一性障害に限らず、性的マイノリティの子どもたち全般への相談体制を充実させることや、学校職員も含む学校全体でのセクシュアリティ理解を深めることなどがうたわれています。

性的マイノリティの子どもたちは、あなたの周りにいるでしょうか?彼らの話を聴いたことがあるでしょうか?20人に一人はいるとされる性的マイノリティですが、多くの子どもは誰にも話せないまま、ひとりで自分のセクシュアリティを抱え込んでしまいがちです。

学校関係や子ども支援の現場にいる方たちとともに、この通達を読み解き、これらの取り組みをどのように進めて行けるかを考えます。

学校関係者だけでなく、この課題を共に考えて下さる方どなたでも参加していただけます。


文部科学省通達
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/04/1357468.htm

河北新報社説
http://www.kahoku.co.jp/editorial/20150525_01.html


主催:東北HIVコミュニケーションズ(THC)
◆ 協力 :みやぎいのちと人権リソースセンター、一般社団法人ブレスみやぎ
◆ 助成:LUSHジャパン・チャリティバンク
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thc/archive/93
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1095097
 
コメントする
コメント
プロフィール

東北HIVコミュニケーションズ(THC)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thc/index2_0.xml
最新コメント
最新トラックバック