CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年09月 | Main | 2019年11月 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
堤防決壊71河川130カ所 ー遅れる被災情報集計ー[2019年10月19日(Sat)]
現時点での集計では「河川堤防決壊71河川130カ所」 前回は「河川堤防決壊68河川125カ所」だったが。台風19号襲来後一週間経っても堤防決壊という明確な被害の実情が把握できていなかったとは。
 治水を明治政府の柱の一つとして近代中央集権的政府をスタートさせた日本。その後の統治の中心の内務省でも土木(治水)と警察は国家統治の二本柱と言われた。そんな日本で政治や行政の力量ダウンか、太古からの水害大国の日本社会の水害への備えの後退か、左翼や朝鮮系スパイにダマサレたりグルになってたりで。
 いずれにせよ情けない。それを異常気象とヤラのせいにするな、愚か者ども。「日本を取り戻せ」とわめいた安倍が首相になって更に日本本来の姿から大きく後退した事実が暴かれた、ここでも。天災・天裁(てんさい)なら当然ではあろうが。ここまで明白な天罰を食らってもまだ何もしないとは、本当のバカ、芯まで腐った野郎どもだ。
 しかし、西日本大震災の大津波などに比べれば、ほんの神の警告だがな、この程度では。前回の台風で態度を変えれば良かったのに、何もしない。直ぐ償わないなら、直ぐ次が来るぞ。東日本大震災以来、散々繰り返してきたことだ。神には忘却も手加減もないぞ。直ちに悪魔を隔離しろ。さもないと直ぐ千兆円の強制回収に入る。
ラグビーW杯日本選手が冷却健康器を試す ー筋肉痛等に効果ー[2019年10月19日(Sat)]
ラグビーW杯日本代表チームの選手が相当に低温の冷気を体に当てる特殊で高価そうな健康器具を使っている。「筋肉痛に効く」との感想だった。

 既述と思うが、我が家でも風呂場に浴槽が二つ並んでいる。水と湯を別々に入れ、両方に交互に入る「冷温浴」が家の建て替え前からだった。大昔、自称・祖父の女房(祖母)の結核の療養法の一つとして取り入れられた。抗生物質も無く結核には療養しかなかった時代だ。私は子供の頃から真冬でも老人に水風呂に入れられていた。幼少期は血行も良いので冷温浴の必要も薄い一方で冬の寒さにも強く、「虐待だ」とかは考えなかったが、最近は足が冷える一因となるため、冬は止めている。血行促進が最も必要な冬だが、いわゆる神経痛的な症状には逆効果かもな。だがしかし、たとえ冬でも筋肉痛対策として効果抜群な点は、上記の「冷気吹き付け機」と似ているのだろうよ。

 さて、ラグビー選手でも冷気吹き付け機が筋肉痛に効くなら、練習場の浴室に桶のような小さな水風呂を用意すれば、それほどカネをかけずに普段の練習後にも簡単に冷温浴ができ、全身で良好な血行促進効果が得られよう。該当する筋肉にシャワーで冷水を当てて直ぐ湯に入っても似た効果が得られようが、部位は限定的で全身にヤルと少々面倒だ。いずれにせよ、短時間に適度な温度差を与えると筋肉痛等に即効性があるのは誰しも同じようだし、長期にわたって冷温浴を続ければ体全体に効果があると思う。試してみるよう、誰か伝えよ。
 
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml