CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年09月 | Main | 2019年11月 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
堤防決壊100カ所近く北陸新幹線車輌も水没 ー台風19号大水害ー[2019年10月17日(Thu)]
正に雨台風(あめたいふう)だった、既述の通り。台風19号で河川堤防決壊被害の判明が続き、現時点で59河川90カ所、このままだと更に増えそうだ。決壊だけで約100カ所とは。私は被害全容の把握時点まで書かないと思っていたが、まだ把握できないとは。やはり超強力台風、水の精霊が大暴れだった、西日本大震災の津波ほどの被害ではないにせよ。
 多くの無知な一般人は堤防の「決壊(堤防が切れる事)」も単なる「越水(水が堤防を越える事)」も「浸水(土地が水に浸かる事)」も今まで区別がつかなかったろうが、単なる浸水でない決壊は大事で、一つの大雨で数カ所の堤防が切れて大規模浸水するだけで大事だった、治水が進んだ最近では。それが一つの台風で100カ所近い堤防の決壊とは、正に異例中の異例の大事だ、自民党の二階の言と違って。
 例の数年前の鬼怒川水害でも上記のような内容を散々述べたし心配・警告も見事に当たったから、前からこのブログを読んでいた者などには内容も良く分かろうが、生まれる前からこの領域と腐れ縁がある私には普通の知識で、一部の無能な河川工学者よりは推測が的確だったりする。反社会的なバカやTV屋がおかしな話をするたびに笑ってしまうのだ、諦(あきら)めと軽蔑の笑いだがな。
 今回も大ウソマスコミ屋やエセ環境派の裏をかく事態が起きた。正に人の愚かさの裏をかく自体か。民主党政権(鳩山)がケチを付けて「中止こそ英断」と大騒ぎだった「八ッ場ダム」が折しも完成し試験運用中で、水が溜まっていない分、全ての容量(貯水能力)を台風19号の豪雨への対策に充てられた。何と数時間で1億㎥(立方メートル)、泥などを除く単なる水としての重量換算でも1億トンの水を止められたため、利根川水系での大水害を防げた模様だ。京急踏切事故(恐らく朝鮮系テロ)のトラック会社のある千葉県の香取あたりで利根川が大決壊して大水害にでもなれば愚かな日本人やスパイマスコミ屋にも天罰の意味が分かって良かったとも思うが、悪者扱いされたものの当時の私は支持していた利根川水系上流の新ダムの想定外の活躍?で防がれたようだ。
 川は支線(支流)、本線(本流)などが枝のように広がって一つの水系を成し、一つの川を見ると一つのパイプのようでもある。上流で水が止められると下流の水害が防げるから治水ダムの意味がある。途中で堤防や地下に染み込む水があるが、その分の別の水が染み込まずに下流に流れるだけ、結局は。だから数百キロ離れたダムが下流を守るのだ。が、フジテレビだと別の解説になる。「ダムが効くのは近くだけだろう」とかのたまったのは古市とか言う有名な評論屋だ。こいつ自体はタダのバカか左翼や朝鮮のスパイだろうが、古市とは河川工学の草創期の英雄で日本の官僚のトップと東大工学部長(当時)や河川工学の教授を兼ね、東大正門近くに東大でも最も立派な全身座像もある人物と同じ名前だから、何とも皮肉だと思った、言論無能の日本人の社会では相応しくても。


 幹線交通網の被害も大きい。鉄道では大幹線は北陸新幹線だけ?で済んだが、高速道路は大変だ。中央道、上信越道、圏央道、東北道、常磐道と名だたる幹線で軒並み通行止めやIC閉鎖だ。
 鉄道も幹線は何とか乗り越えても有名な観光地の鉄道がやられた。観光資源でもある箱根の登山鉄道は崖崩れ等の土砂災害がヒドくて年内復旧は絶望的、日光に向かう東武鉄道も寸断。箱根も日光も観光の最盛期の紅葉の季節で、日光は秋季大祭でもあるのに、痛打された。長野の基地で10編成120両が浸水した北陸新幹線の沿線も新幹線頼みの観光への打撃が激しく、無事なはずの軽井沢まで風評被害でキャンセル続出だそうだ。
 観光立国だと売国ばかりした事、受入準備や防犯対策がまるで無いのに外国人ばかり増やした事への天罰だな、見事な。これで増えすぎた外人が減れば、ちょうど良いだろうよ。
 北陸新幹線の被災でも、昔なら「車輌修復を期に基本編成を12両から8両に短縮して各種列車を増発、多客時には2編成で16両に」とか提言したろうが、今回は逆だ。天罰が下ったのだから私もそれに従って、この構想への支持支援も、かつて提言していた大阪・富山間等へのフリーゲージトレインによる直通特急(新幹線と在来線)の構想への支持支援も一切を停止する。
 
 それにしても、北陸新幹線の車両基地がやられて10編成(120両)も浸水したのは象徴的だ。電車だからガソリンエンジンはないが、車輌の床下の制御機器はコンバーター(交流電流を直流に変換)やインバーター(直流電流を交流に変換)と言った半導体等を多用した精密電子機器を多く含むから、水没すると掃除などできず、機器ごと交換する必要があろう。
 被災した長野の車両基地は最近のハザードマップでは警告された浸水地域内。基地の建設時はもっと小さな被災予想だったか、あるいは分かっていて金をケチって低地に車輌基地を造ったのか。恐らくは前者とは思うが、北陸新幹線(当時の呼称は長野行き新幹線)や東北新幹線の盛岡以北の以後は予算節約型の少々規格を下げた路線だから、それ以前のカネのかかった新幹線なら浸水しなかったかもな。例えば最高速度は275`の時代だったのに260`とか、線路はコンクリ連続高架橋ばかりではなく地面に石を敷いたりとか・・・。
 治水当局側にも疑念がもたれている。車輌基地周辺でも治水に使われる多目的ダムでは、利水機能用の貯水義務(農業用水や水道用水)の緩和で洪水制御用の貯水能力を臨時に増す対策が検討され始めているのだが、そんな対策がなかったらしいとか。さてさて、どうなるのかね。モウ私には関係ないからな。ムシロ天罰を望む立場だから、支援はしてやらないよ。

 しかし、最も天罰として認識できるのは川崎市の被災だ。制裁対象の川崎市だよ。横須賀線の駅が水でやられた武蔵小杉では東海道新幹線の新駅・武蔵小杉駅(新川崎)を構想していた。横須賀線の通る貨物線の脇の用地を使って造られたのが新幹線だから、線路が隣り合っているのだ。だが、その新幹線新駅設置も関連開発も制裁として支持支援の一切を中止した。同じく川崎市の高津市も二子玉川の対岸でなじみのある地域だが、制裁として同地域を通る田園都市線の強化への支持支援も停止した。高津とは田園都市線の溝の口の手前だが、溝の口も武蔵小杉も通るのがJR南武線だ、その強化や踏切対策事業も支持支援を止めたが。
 この際、確認するが、武蔵小杉に関する他の構想も停止だ、明確な天罰が下った以上は。東横線の複々線化として中目黒・多摩川間に地下鉄等を建設し中目黒からメトロ日比谷線の列車を直通させ、多摩川からは東急の多摩川線に乗り入れ蒲蒲線を経由して羽田空港方面へのアクセスルートとする構想を持っていた。加えて、列車本数が少なくて済む多摩川線のみではなく、列車の半分は多摩川から枝分かれして武蔵小杉方面に乗り入れさせる支線の構想も持っていた。だが、今回の洪水で武蔵小杉が昔の河原で水害に弱いことが明確になった以上、浸水被害の危険が大きい武蔵小杉付近に地下鉄の駅など作れないので、この構想も止める。

 そう考えると、川崎の複数の被災も見事に天罰だったな。天罰覿面(てきめん)だよ、全く。少しは神を怖れろ、神の敵の日本人!
韓国人訪日58%減でも全体は増加 ー望ましい韓国人比率低下の連続ー[2019年10月17日(Thu)]
前月発表分に続き韓国人訪日が半減したが訪日全体は減るどころか増加した、後半部分を売国マスコミは伏せるが。全体の減少という望みは未達成だが、韓国人減少率が58%と本当に半分を超えたのは良かった。カネは落とさずテロばかりの韓国人は減った方が良いのに日本人が放置していたのを自分から来ないでくれるのだから、願ったり叶ったり。日韓関係悪化とは実は正常化なのだ、韓国系スパイの焦りの大ウソとは逆に。韓国人は関西以西に多いとは言え、この傾向が連続首都圏台風災害で更に進むことを望む。これこそが神の意志だ。
 韓国人訪日半減の常態化によって韓国人比率を8分の一以下に固定することを望んできたのが現実化した。「親日国民が来やすく、反日国民が来にくい政策こそ真の観光政策」と考え、売国観光政策の停止を唱えてきた私にとっては、観光客全体の減少が望ましいが、それも今回の台風災害で達成できるかも知れない。これも神の意志だ。
 かくも大量の外国人を迎え入れる準備も防犯も全く不十分なのに日本社会を犠牲にして「訪日年間4000万人の目標は達成できる」とか真逆をワメク国土交通大臣(観光管轄)には大規模洪水被害で見事に天罰が下った。北陸新幹線浸水被害はダム運用の改善(治水用容量確保拡大)で緩和できた可能性もあるのに周辺ダムの運用の変更の検討は大きくは進んでいなかったようだ。北陸新幹線(鉄道)も北陸の観光も国土交通省の管轄だから、正に自業自得、正に天罰だ。
 せめてこの機会に「鉄道の車内や駅などの韓国語表記の大幅削減と空き空間を使った五輪対策の各国語表記の強化」くらいやってから責任を取って辞めろ、大臣を。
いっそ札幌五輪にしたら? ーIOC競歩マラソン札幌開催検討ー[2019年10月17日(Thu)]
直前の世界陸上でもマラソンは夜間だったよな、日本人が2種目を制覇した競歩と同じく。それでも棄権者が続出だったが。東京五輪も、真夏の灼熱(しゃくねつ)や台風災害の東京から離れて「札幌五輪」や「東北(被災地)五輪」にでもしたら? 競歩で急に日本人が金メダルを複数取ったりして中国あたりが妨害で口を挟ませた可能性もあるが、私は五輪チケットなど全く買わないし、近所の競技場も使われないし、関係ない。もう、ここまで来れば、どうでも良いのだ。
 「夏の東京は最も良い時期です」・・・?! 今さらながら軽薄ボウヤの安倍の言葉には呆れる、側近すら公に非難するが。この五輪招致演説も原稿作家に無理に書かせたのでなく、軽率なアベが自分でわめいた可能性もあろう。まさに「右の鳩山」だ、安倍が悪夢の民主党政権と批判する。他のPR予算を削って閉会式のパフォーマーまで減らしながらリオの五輪会場に出しゃばって「安倍マリオだよ!」と騒いだ愚か者だから。
 最も暑い真夏の東京のアスファルトの上でマラソンや競歩など、元から無理だったのだ。「夜間競技」の本格検討もせずにいたのは、やはり怠慢でしかなかったのだ。
 だが、IOCにも弁護の余地はない。ソチ五輪の惨状を見て私が「根本精神から大きく外れ腐敗し変質した五輪など無意味」「近代五輪の廃絶を」を訴え始めた後、IOC等の関係者は慌てて私の居住地・東京に五輪を持って来たせいか、今の今までラマソンや競歩の問題に抜本的な改善を怠ってきたのだから。
 迎える安倍自民も東京五輪の誘致を自分の手柄のように言いながら、朝鮮の手先なので必要な準備もせず東京の競技会場地域や国際航空関連の交通インフラ整備等も全て手抜きし、神の五輪を粗末にした。その上に、神に対してアリバイを造ったからとIOCは私が最も嫌うアジアの赤色独裁国での開催を決めるはと・・・。
 もう、みんなやめたら? アスリートファーストの看板の下で国家主義国の宣伝や米国流商業主義的腐敗という偽善を重ねるのは、もうやめろ。神の強烈な怒りを買うぞ。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml