CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年09月 | Main | 2019年11月 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
巨大台風が伊豆半島南部に上陸[2019年10月12日(Sat)]
千葉の地震の直後、「天罰」について書いている時に、巨大台風が伊豆半島南部に上陸と報じられた。私の祖先の領地、伊豆半島南部の雲見の付近だ。
 室町幕府の副将軍・堀越公方の幼少時(幼名・茶々丸)の教育係としてスタートした比叡山出身の学問僧を祖とする高橋一族が居て、隠居地として配領した雲見に後に高橋水軍ができ、南関東を支配した後北条家(伊勢氏)の配下となり、武蔵の国にも領地をもらい、秀吉の小田原攻めによる北条氏滅亡の後は武士身分を捨て一般人となったが、北条の同盟者だった徳川の政権確立で存続、カツオ節がダシの材料として大売れした江戸時代の頃にはカツオ漁で大もうけした歴史は、確かにあった。その経歴が私の直接の本当の歴史かどうかも分からないが、雲見は何度も行った場所だから良く覚えている。私に関係する場所や内容に沿う巨大台風という大災害だ、今回も。怖れ抜いて、少しは神を恐れろ、悪魔の朝鮮人の手先に成り果てた日本人。かろうじて生き残れるのは神に従うモノだけだ、主君を失っても生き残れた昔の高橋家のようにな。国としての現在の日本は、もうダメだけど。
踏んだり蹴ったり  ー巨大台風首都圏直撃と同時に千葉で震度4ー[2019年10月12日(Sat)]
まさに「踏んだり蹴ったり」。具体的には「降ったり揺れたり」。空前の巨大台風の首都圏直撃時に前回台風被災地・千葉(南部の鴨川)で震度4の地震だ。ちょうど今回の台風という天の警告について書いていた時に東京でもグラッときたので、余計に印象深い。「少しは神を怖れろ」と書いている時だから。
 千葉への神も裁きである前回の台風の強風に続いて朝鮮マフィアに政治行政を支配され子供を朝鮮人に殺させ国際空港も粗末にする千葉への神の警告だ。私を虐待し抜いた朝鮮人の支配する悪魔の千葉への。これぞ天罰。正に天罰。実に分かりやすい天罰だ,バカな日本人にでも。
 いくら神を怖れず朝鮮の悪魔に媚びて保身する日本人でも、少しは神を怖れろ。朝鮮人よりハルカに怖い相手、媚びるべき相手がこの世には居たのだ。それとの付き合いこそ最優先課題だったのに。気がついても遅いけどな,完全に。河川流量等は更に増え続ける。「台風に地震」でも懲りないなら、更に何か起きるぞ。これだけでは済まない。繰り返す。もう私は一切、助けない。「もう真央、歌わない」だな。
ほんとにあった怖い話[2019年10月12日(Sat)]
「ほんとにあった怖い話」 これは今夜9時放送予定の心霊(怪奇)ドラマ集の題名だ。季変り期に放送の特番で、今回は20周年スペシャル。中条あやみも出るので録画予約したが、9時とは、ちょうど首都圏の直上を超強力台風が通過する時だ。
 日本人にとっては「ほんとにあった怖い話」は卑近な人間関係論ばかりで、それをムラ社会的にナーナーで納めようとして反日テロ悪魔の朝鮮人に骨までしゃぶられる結果となった。隣人は大切にと言う美風を悪用されて隣の悪魔に侵略されたのだ。神まで悪魔へのイケニエにする日本人だからな。人間を超える存在を思い出す手段にはならないかも知れないが、台風に怯えながら、神のひいきの中条の「心霊ものドラマ」でも見てれば?
 今回の台風が比べられる「狩野川台風」の名は、私は意味も分からぬ子供の頃から何度も繰り返して聞かされた、キチガイ朝鮮系スパイの東大の河川工学の教授の口などからな。河川工学とは治水(防災)工学で、そんな行政のど真ん中の領域に帝が関わる事が既に異例だったのだが、バカ日本人は意味も分からない。東大でも最も権力のあるはずの教授ポストに朝鮮系スパイを据えたのは、いかにも戦後の日本らしい。その悪魔の朝鮮系スパイ夫婦に私を殺させようとしたのも、いかにもクサレ切った戦後日本だな。
 宗教がない一万年前から世界最高の村社会の秩序を持ち、それが遺伝子にまで染みこんだ日本人は、一方で神国を名乗りながら秩序維持に宗教を必要としない民族ともなり、「ほんとにあった怖い話」が目の前で起きて神に警告されているのに何ら反省も態度の変更もない。東日本大震災の折も必死に対策・復興策を唱え続け、国際為替緊急介入で一時的に円高を止めさせた私を「震災でもうけるクズ」とわめいた、いかにも朝鮮系的な山本ひろしと似たものなのだ、貴様らは。このクズという言葉、兵庫のイジメ教師のモノと同じだよな、朝鮮人犯罪と思われる。
 朝鮮マフィアの神に対する犯罪を突く東日本大震災の後にも関わらず、私は異常円高為替の改善で日本に総額千兆円に上る利益を与えたが、その私に貴様らがやったことは、2015日本国際賞で私を殺そうとした朝鮮系スパイ夫婦を国を挙げて表彰することだった。三権の長のみならず皇室までお呼び立てしてな。私は大反対だったのに強行し、直後の私の誕生日5月30日とイブ29日には火山島の爆発噴火と日本中を揺らす巨大地震があったよな、貴様らは全く反省せずに翌2016年に渋谷事件まで超して熊本地震まで食らっても、まだ反省もしないのだがな。朝鮮人と共に滅びろ、神の敵のクソ日本人。
 千兆円はじめ、なにをやってやっても償わない奴らに、神の救済などない。今後、どんな大災害でも、私は貴様らを絶対に助けない。
 朝鮮マフィアに支配されるテロと売国の地域である千葉での先月の台風災害の折も「もう助けない」と書いた。2016年の渋谷事件の翌晩の熊本地震の折にも似た態度を取った所、翌晩に更なる大きな揺れが襲った。「二度揺れ」だ。警察に監視されているから支援策も何も書かないでいたら、最大震度が二晩目に来て「余震は小さい」と聞かされて安心して帰った避難民は家にツブされて死んだ。今回の台風も9月に続いての異例の首都圏「二度吹き」の巨大台風災害だが、考えてみれば当然だったのだな。その直後に私に対する長年の「結核菌放置問題」まで発覚し、「ヒドイ」と書いたばかりしな。大慌てで除菌装置付き空気清浄機の中古品を買い足して二世帯住宅の家中に配置したのだがな。
 千葉の台風災害の直後でもあって報道では強風の危険ばかり強調されたが,どうやら今回は超巨大「雨台風」のようだ。治水用のダムの緊急放流も盛んに報じられている。だが、異例の超巨大台風とて序の口だ。ほんの序の口の警告に過ぎない、西日本大震災などに比べれば。
 今回の台風の上陸予想地点は伊豆半島の南部、高橋家の祖先のチトされる雲見の地域だ、ちょうど。台風の様態だが、風の精霊より、元から私に近かった水の精霊の仕業、暴れどころのようだ。
 西日本大震災よりハルカに軽いとは言え、首都圏痛打だの巨大台風だ。少しは怖れて反省しろ。神を怖れよ。貴様らが私に与えた苦しみの人生を思い出せ。朝鮮人という悪魔に私をイケニエにしながら、その私のオカゲで超巨額の利益を受け続ける事実をな。完全に手遅れだが,滅び方がいくらか楽になろう。「こわいもの」というと神や天罰ではなく人間関係しか頭にない日本人でも、世界人類はこちらの解釈に近い目を持つことも忘れるな。神の裁きの情状酌量(じょうじょうしゃくりょう)を得たければ、国家民族を挙げて朝鮮人という悪魔と戦い、神に償え。それ以外に生き残る道はない。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml