CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main | 2019年08月 »
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
米が韓国の北朝鮮横流し情報公開開始 ー高級車の北朝鮮違法輸出ー[2019年07月17日(Wed)]
米国が韓国経由・北朝鮮向けの禁止物品横流し情報を公表し始めた。北の首領等が乗る高級自動車等が日本や韓国や中国を経由して北朝鮮に渡って使われているとの情報で、相当に詳細な証拠付きだそうだ。公表は一応は米国の安全保障関連のシンクタンクが行った形をとっているが、米政府の何らかの意向と思われる。しかも大量殺人兵器の原料ではないから、まだ警告の段階で手加減しているのか、米国は。そんな警告・手心が理解できないのが中国や韓国ではあるが、次の強力な情報公開などに向けた布石の意もあるかも知れない。

 やはり、今回の日本の対韓輸出規制措置の真の本体は米国なのだ。この情報公開は、韓国がムナシい望みを託す「米政府による日韓仲介」への米政府の一つの回答だ、「コレグジット(韓国の西側陣営離脱)」の裏切り者のコウモリ韓国への警告を含む。
 例の新任の東アジア担当の米国務次官補の訪韓での発言、「根本的(基本的)には日韓の問題は両国が解決すべき」が全てだろう。「仲介せず」と言うことだ。
 インタビューで同次官補は続けた。「米政府は問題解決に向けた努力に対し可能な支援を行う」と。社交辞令も踏まえた会見だったが、これを妄想が義務の韓国人は「野蛮な日本の暴挙を止めるため米国が仲介を約束」と解釈して騒ぐだろう。だが、あくまで韓国が努力すればの話。裏切り者の韓国が引き下がれと言う事。それがなければ米政府は何もせずに韓国を見捨てると言う事だ。
 そんな米次官補の発言の具体化が、次官補訪韓の最中の今回の違法輸出情報開示というキツい警告なのだ。表向きの社交辞令とは趣の異なる、この「韓国が関わる北朝鮮への高級自動車横流し情報の開示」だった訳だ。
 傲慢な米国のいやらしさだと解釈も出来ようが、これは中国の習近平の訪米時、よりにもよって晩餐会の最中に中東の親中国をミサイル攻撃したのと似ている。程度は異なるようにも見えるが、これは韓国の国際的な外交戦や情報戦に大きなダメージか、韓国攻撃の開始の号砲となろうよ。キツいのだ、見た目は地味でも。

 そして、このような情報開示は、私が米国に望んだ話でもあるから、私には背景が良く理解できる。そう、まだ米韓同盟があるから韓国は同盟国扱いとは言え本音は嫌韓のトランプ政権の真意が出始めたのだ、情報分析でまで異常な自己中で妄想癖の狂った韓国には警告が伝わらないだろうが・・・。

 このような朝鮮人の自己に過度に都合の良い狂った解釈は、他の話でも同様だろう。
 日本の輸出規制を止めさせようと韓国政府の役人が米国に渡って安全保障関係者に理解を求めると、「経済的な話で安全保障の話が妨げられてはならない」とか答えたそうだ。当然ながら韓国人は「米国の要人が日米韓の安全保障体制を守るために日本の経済的な嫌がらせの輸出規制を非難した」とか勝手に解釈するだろう。
 だが、実際には「米軍兵士や米国本土を襲う大量殺人兵器の原料を横流し貿易する韓国と北朝鮮の汚い経済関係のために米国の安全保障が脅かされてはならない」という事。「安全保障上の敵(北朝鮮)と危険物を密貿易する韓国は米国の安全保障上の脅威(敵)」と言いたいのだ。同盟の手前、口に出して敵とは言えないから、警告も含めてオブラートに包んだ言い方をしたが、冒頭の今の韓国に大いに不都合な密輸情報を公開したのは、確か同じ米国の安全保障問題関係のシンクタンクだったはずだ、内実は米政府の行為だろうが・・・。

 韓国はそんな連中だから、高級外車の密輸情報の開示程度では警告とも思わず、効果がないかもな。そう、警告が通じない相手なのだ、中国文化圏,特に韓国人には。犯罪行為を止めろと証拠を示して警告すると「逮捕しないとは、こちらの行為は悪くないと認めた結果だ」とか勝手に解釈して更に悪事を重ねるのが朝鮮人や中国人だ。
 私の場合もそうだった。両親を名乗る(恐らく養父母の)我が家の朝鮮系スパイ夫婦の悪魔女は、私が小学校6年生の冬、大量のヒ素類を飲ませて中毒による嘔吐と発熱で長期病気欠席させ、インフルエンザと誤魔化した。
 担任教師か医師か誰かに不審に思われたのだろう。直後に小学校の最後の集団検診とかいう場で校医と名乗る奴に私のツメに出たヒ素類中毒の後遺症(ツメ横方向のスジ)を確認させた。私は「第二次大戦で薬も機材も何もない戦場にも行った古い時代の医者だからツメを見て健康状況を診断した」とか説明されたようで、そのように理解して記憶したが、何十年も経った後で、毒物中毒の検査だったと知った。
 この時、証拠をもみ消したか、「証拠を示して警告したから母親(犯人)も問題行為(犯行)を控えるだろう」とかいう朝鮮人には全く通用しない希望的観測で犯人を放置して責任逃れの保身をしたと思われる。
 だが、これが私を地獄の苦しみに突き落とした。「毒を散々飲ませてもお構いなし。どんどんやれ!」と朝鮮的な悪魔女は「毒物殺人未遂のお墨付きを得た」とばかりに更にヒドイ毒盛りを毎冬に続け、小6の次の年の中一の冬には更に多くのヒ素類を飲ませて更に長く病欠させた。ゲーゲー吐いて最初10日ほど寝込み、ようやく登校しても更に発熱嘔吐を繰り返して欠席、結局は20日近く断続的に吐き発熱し続けた。そして、その年には学校の特殊な検診も何も無く、次の年の中2の冬にも同様の嘔吐と発熱が続いて長期欠席した。
 実に3年連続の冬の大量の毒盛りだ。全て悪魔女やグルの朝鮮人教師や日本のクサレ役人どもの放置や黙認によるものだが、その地獄を呼んだ最初の重大な間違いが、「証拠を示して警告したから母親(悪魔の朝鮮人スパイ夫婦)でも犯行を控えるだろう」という誤った判断だった。

 今回、米国は、恐らくは同じ朝鮮人という相手に対し、「高級外車の密輸情報を出せば警告になり、朝鮮人は問題行動を控えるだろう」とか勝手に誤った解釈をしていないよな? それでは全くダメどころか、「指摘以外の物資の北朝鮮への移送は米国に認められた」とかなって逆効果なのだぞ! 相手は警告も何も通用しない相手だ。通用するなら苦労しないし、私への大罪も起きなかった。止めさせたい中核の物資の密輸の証拠を公表したり、韓国テロ支援国指定の検討を公言するべきだ。さもないと全く無効だぞ。
韓流追放国民運動を ー最大の韓国制裁の一つー[2019年07月17日(Wed)]
今こそ韓流追放の国民運動を。全国民的なものでだ。テレビドラマもコンサートもDVDも全て。今度こそ韓国ドラマ放送の全テレビ局を徹底的に批判、フジデモ級の反対の意思表示が必要だ、選挙運動よりも大きな。国際反日宣伝活動の手段である姦流(かんりゅう)の最大の資金源は日本だ。それを絶て、日本人が根っから腐っていなければ。いや、無理か。国民運動とは言え、日本国民は、本当に存在するのかね。自称日本人やニセ日本人だらけだから、選挙の候補者を筆頭に。
ついに差押資産現金化 ー徴用工騒動重大局面ー[2019年07月17日(Wed)]
ついに現金化が決まったようだ。今月22日に韓国徴用工騒動での差し押え資産の一部が現金化と報じられた。いよいよだ。ここまで来れば致し方ないと言うより、むしろ歓迎すべきか。もうゴマカシが効かない意味では。22日とは選挙の直後。偽善な選挙運動中の政治屋に、この件を問い詰めろ。「国を動かす国会議員にはモリカケよりも年金よりも重大な問題だぞ!」と。
 韓国側も状況を甘く見たな,今まで通りの腰抜け日本だと思って。今でも日本自体は腰抜けで政治愚鈍のままだが、後ろに韓国ギライの米国のトランプ政権が付いてムチを振り上げるから、無力で無責任な日本政府でも意にもない強硬策を出し続けねばならない。それが分からないのかね。しかも、韓国は、その米国に泣きついて日本を止めろだと。自己の妄想と妄言の中でしか生きられない朝鮮人だから、マトモナ判断は無理か。特に狂った極左政権下の韓国では。

 日本の与党の政治屋は「実害(現金化)が出たら対抗措置」と強がりを言ってゴマカシてきたが、22日を待たずに、ついにゴマカせなくなる。差押えが既に実害だったのに「現金化でなければ実害ではない」とゴマカシできた訳だから。そんなゴマカシのために警告の措置も出来ずに今日の事態を招いたのだから、そんな政治屋の責任も追及せよ,徹底して。「オマエのせいだ!」と。
 いい加減な言い訳で対抗措置を遅らせてきた眉韓派や韓国スパイは,さぞ青くなっているだろう、「あんな事、言わなければ良かった」とか。いや、次なる言い訳やゴマカシを探すだけか、「現金化の額が億を超えないと大した実害でないから対抗措置はしない」とか。そんな奴らだらけだよ、日本の政治屋や評論屋なんて。小役人とスパイだらけだ。

 韓国人の狂った反日テロ根性が極大化されるこの時期、ついに「韓国人ビザなし入国の停止」のはずだ。
 いくら日本の政治屋が腰抜けとスパイの集合体でも、親分国のトランプは良い意味で狂った奴だから、従来型の悪しき常識、すなわち米国務省的な反日ゴマカシの韓国救援や、日本的小役人根性の事なかれ主義なんぞ、通用しない。朝鮮人より狂っているから、良い意味でだが。在日米軍基地を訪日韓国人に紛れ込む北朝鮮系のシンパやスパイのテロの危険にさらす、北と一体化を目指す韓国からのビザなし入国なんぞ、トランプが最も嫌う話だ。絶対にやめろ。
 ちょうど選挙後にトランプの対日貿易要求が再開される折、トランプが大好きな国境管理の適正化(日本の場合はビザ問題適正化)をしないと、対米自動車貿易への要求は今までにも増して強硬なものになるだろう。私は日本車の数量規制も関税アップも止めないけど、役人が大好きな法の上では私の管轄ではないから。管轄では、通商交渉は経産省、外交一般は外務省の中でも担当局は北米局、担当課は北米二課だろう、省庁設置法等では!

 対韓輸出規制を受けて韓国政府の役人が「物腰の柔らかい(腰抜けな)日本政府が、こんな強硬策を」と驚く話が報じられているが、当然ながら、日本ではなく背後の米国、トランプが実質的な強硬策の本体だ。その米国のトランプ政権の背後にはバノンがおり、そのバノンの考えは私の考えと、ほぼ同じ。韓国の相手は腰抜け売国最優先の日本政府ではない。神やその使い達なのだ。甘く見たな。見誤ったな、韓国の相手の正体を。
 覚悟せよ、朝鮮人も日本人も。貴様らに、モウ逃げ道は残さない。
簡易HVで遅れる日本 ーここでも読み違えかー[2019年07月17日(Wed)]
HV車(ハイブリッドカー)の王様のはずの日本の自動車メーカーが欧州勢等に簡易型HV車で後れを取るとの報道を見た。HV車(ハイブリッドカー)を簡素化、より安価で供給する考えは、東南アジアのタイの首都バンコクの深刻な大気汚染への対策の一つとして提案していたので、「またか」と思う。また日本の会社は世界の需要を読み違えたのかと。今度は東南アジアだけでなく欧州でもか。
 より安価な簡易型HV車こそ、深刻な渋滞による排ガスに悩まされる東南アジアで必要とか書いたはずだ、環境対策の中でだが。東南アジアは日本車の独壇場のはず。その簡易型HV車でHV車の王様の日本社が後れを取るとは。これは高品質指向やメーカー(生産側)意向優先指向を修正できずに海外市場対応で後れを取り、パクリ品だが安価で史上対応型の中韓製品に市場を喰われて滅んでいった日本の家電メーカーと似たパターンか。

 不況の中国を以前から抜いていた日本車の巨大成長市場の東南アジア等では、ある程度の品質を確保できれば、後はとにかく安くして普及させる事が大切だ。それらの新興国については、都市鉄道整備でも日本の中古鉄道車両を大量導入し続けられるよう鉄道の規格まで変更して日本式にせよと書き続けている、特にバンコクでは。インドネシアのジャカルタでは、そうなっているが。
 鉄道より更に一般人に近い自動車での環境対策、特にバンコク等で深刻な渋滞による超低速運転時の排ガスへの対策では、モーター駆動が有力手段。観光用等で有名な小型三輪車「ツクツク」は政府の高率補助で電動車化が動き出したが、日本車が作り上げたタイの巨大な自動車交通の中では少数派の例外。純粋な電気自動車の普及にも課題がアリ、まだ相当に時間や手間がかかる。
 差し当たっては、現在のガソリン自動車のインフラがそのまま使えて本格型HVよりは安価に提供できる簡易型HV車等が必要で、タイは日本との共同等の形で開発せよとか書いたはずだ、今年初めのタイでの深刻なPM2.5汚染時の対策提言で。しかし、その簡易型HVで日本社がダメとは、どうしたらよいのだ?

 安価な簡易型HV車が多くなればHV車全体の数も大きく増え、HVの普及に役立ち、トヨタが目指す部品の供給量拡大等によるHVの価格低下等が果たせたかも知れない。そのためにトヨタはHV車関係の特許の無償解放というバクチに打って出たが、そんな危険を冒すよりは良かったような気もする、部外者のシロウトの考えではあるが。
 だが、このシロウトの部外者の予想や予言は当たる場合がある、重要な場面で。細かいことだと、携帯電話などを使った屋外からの(帰宅前の)エアコンのスイッチオンシステムなどは、私が提案するのを日本社がスルーする間に韓国社が導入、サムスンが私が訪問中のタイで堂々とCMを流していて私を嘆かせた話は前にも書いた。
 大きな話だと、新興国の鉄道整備等のインフラ整備では特に採算性が重要だから徹底してコストダウンせよと、日本の中古鉄道車両の本格活用や当初の線路の単線化、超高速ではない最高速度100`台の中速運転等を提言し続け、すでに一部の国で「準高速鉄道」などの形で実現している。そして、新興国で,そのような考えを守らない者たちは、中国に援助名目でインフラの高利資金の過剰投資を強いられ、経営不振で返済不可能になると当該の施設をカタに取られて、実質的な経済植民地化が進む結果にもなっている。

 そんな話が、膝元の日本の自動車会社の方針でも起きていたわけだな、見事に。残念というより、技術は最高でも経営は最低の日本では無理か。日本人の底なしの政治愚鈍とは統治愚鈍のことだが、企業統治とは経営のことだから。


 さて、これからでも遅くないから、日本企業やタイ政府は私の言う通りに、安価な簡易型HV車の開発を進めよ。環境問題は神の如くに尊崇されたタイ先王・プミポン王の遺志でのあるのだぞ。日本社もせいぜいガンバらないと、トランプに叩かれるだけだ。モウ、どうでも良いけどな、日本の会社など。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml