CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main | 2019年08月 »
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
米が韓国テロ支援国指定と米韓同盟破棄を検討? ー韓国の大量殺人兵器用フッ化水素北朝鮮イラン横流し疑惑の波紋ー[2019年07月09日(Tue)]
事実とすれば大変な話だ。極左政権の韓国による北朝鮮やイランへの大量殺人兵器用フッ化水素(今回の対韓輸出規制物資)横流し等が米CIA等に探知されホワイトハウス(トランプら米国首脳部)が激怒、何と「韓国のテロ支援国指定」と「米韓同盟破棄」を検討との報道が出た。
 だが、驚く話に聞こえるとはいえ、冷静に考えれば十分アリ得る話だった。折しも輸出規制物資(フッ化水素等)に関わる「イランのウラン(核燃料)濃縮度向上」騒動。イランとも核問題で対立し戦争しかねない米国が自分に向けられる大量殺人兵器の原材料の横流しに厳しいのは当然で、それが今回の対韓国輸出規制措置の直接の引き金か、日本の純粋な自主判断でなく。
 これは続報・詳報がほしい。これほど重大な話も珍しかろう。だが、韓国の手先の日本のTV屋は、この情報・報道はオクビにも出さない。以下でも述べるように根拠のない話ではないので、たとえウワサでも背景等を含め大きく取り上げるべきなのに。このゴマカシは今回の選挙で政党や候補者が韓国問題を争点にしないのと似ている、国の存立に関わる重大事なのに。

 トランプは韓国、特に極左(文)政権が嫌いとか。さすがに米韓同盟破棄は難しいが、韓国テロ支援国指定の検討の公表程度なら大いに実現性がある。検討の公言、ツイートだけでも韓国車輸入関税よりハルカに効く。先日も「米国は韓国に不利な情報でも出してやれ」とか書いたが、既にか。実現すれば「乱暴者だが次もトランプを選べ」と米国に向け呼びかける事になろう。それとも、トランプは選挙の切り札に選挙直前まで引き延ばす気か・・・。
 米韓同盟破棄の可能性は韓国批判の一部分析者は公言していた。本音では現在の米韓両首脳とも同盟破棄を望むのは、北朝鮮と一体化し在韓米軍撤退を望む韓国極左(文)首領と、韓国嫌いで同盟国のための過度?の軍事費出費を嫌うトランプ大統領だからと。両者とも自国の保守派や軍人等の手前、同盟破棄を口に出せないだけと。一見暴論の「米韓同盟破棄」すら、反・既存体制のトランプ政権発足後は現実の選択肢の一つ。しかも、イランの核問題で規制物資が関わるウラン濃縮度向上騒動だから、「韓国テロ支援国指定」も現実味を帯びる訳だ、米韓同盟破棄よりは楽だし。

 狂った韓国マスコミが「対韓措置は日韓二国間(のイザコザ)の問題ではないと日本が言っても信じる者は少ない」とかワメくが、米国が韓国テロ支援国指定検討となれば、世界中に韓国の言を信じる者は(極めて)少なくなろう、旧東側陣営(共産圏)以外では。韓国は「コレグジット(韓国の西側陣営離脱)」で北朝鮮や背後の中国との一体化を図るから既に共産陣営の国だし、それがより強く形を成しただけか。今の韓国とは半ば北朝鮮で、北朝鮮と同じ不信感や怒りや警戒を受けるという当然の話だが。
  
 この「韓国テロ支援国指定と米韓同盟破棄」の報道が事実なら、前に取り上げた「日本の対韓対抗措置は米国が指示(黒幕)」との話も重なる部分がアリ、一面の真実を突いていた事になろう。韓国の暗部に関する情報を踏まえた上での米国ら(影で先進諸国らの国際社会)の強い疑念や怒りの結果、国際協調を唱えたG20の直後なのに朝鮮マフィアに政治を支配される亡国の日本の政府ですらイヤイヤでも動かざるを得なかった、ソンタクしたと考えれば、筋は通る。いや、イヤイヤでなく、むしろ米国のシジ(指示・支持)を後ろ盾にし責任転嫁できる点は喜んだかも。このような場面では日本人は責任逃ればかりだから。
 米国が黒幕?なら「米国に日本の暴挙を抑えるよう頼む」「国際社会に訴える」とか韓国がハッタリでワメイても全くのムダ、大ウソとなろうよ、スパイ活動で表面をツクロっても。いや、黒幕が指示する行為を止めてと黒幕に泣きつくなら、それはそれで筋は通るか。

●追記(7月13日)
 東アジア担当の米国務省次官補が訪日し「中韓の仲介はせず」と公言。上記の推測は事実らしい。トランプ政権発足後の混乱で空席だった同ポストを急に任命したのも6月30日以後の米国の天災後。ならば余計に韓国の肩を持つわけがない。  ・・・・追記終わり

●追記(7月11日)
 何と半導体原料規制とはウソとの報。韓国の半導体の主力・記録用半導体用の「フォト・レジスト」は従来通り韓国に入っていると。すると米の望む危険物資規制が本当で日本の対韓対抗措置とは安倍政権のウソで表面の飾りとしても、上記の考えによれば筋は通る。  ・・・・追記終わり

●追記(7月13日)
 韓国政府役人への規制の内容説明だけで協議も突っ張る日本の姿は眉韓の日本政府としては異例、いくら選挙期間中でも。しかも規制内容は結局は眉韓と。やはり米国の指示による違反物資輸出(横流し)規制が根本か。  ・・・・追記終わり

●追記(7月16日)
 アメリカ駐韓大使が「今は米国が介入する時ではない」と発言と韓国メディアが報じ、ワシントンで米政府の韓国寄りの発言を多く引き出したとする韓国の役人のウソがバレた。やはり米国が背後にいる。でないと腰抜け日本政府は強く出ない。韓国極左政権は西側陣営から離脱する「コレグジット」での北朝鮮との一体化が売りなのにイザという時だけ米国に頼ってもコウモリ扱いでムダなのをゴマカスが、これが韓国の虚言癖と妄想の体質。世界は全て自分のワガママ通りに動かないとイヤという超・幼児体質のテロ悪魔。  ・・・・追記終わり。

●追記(7月16日)
 「物腰の柔らかい(弱腰の)日本政府が、こんな強硬なことを」と韓国政府が驚いていると報じられた。そう、売国保身最優先の日本政府だけで対韓輸出規制なんぞ出来るわけがない、親分国の米国の顔色をうかがったり(ソンタク)しない限りは。  ・・・・追記終わり


 もっとも、米国が本気とすれば、日本の対韓輸出規制の抜け穴だらけのズサンさが非難される可能性も高まる。「テロ支援国指定を検討されるような危ない国(韓国)に危ない物資を垂れ流して!」と。
 問題物資の韓国輸出を規制しても、例えば、韓国財閥企業等が多数進出し経済属国化を図るベトナム等を経由する横流しなら可能、いや、容易か。ベトナム戦争での韓国兵の組織的残虐行為(大量虐殺や集団強姦)、結果としての韓国系混血児問題等もあるベトナム。他の東南アジア諸国とも似て親日傾向のあるベトナムでは「日本語教育必須化」も決まった。だが、親日傾向とはいえタイとベトナムは違う、無知な日本人には同じインドシナでも。ベトナムの政治や経済や情報の世界に韓国スパイマネーが浸透し親日傾向に強く水を差すばかりか、「歴史的な米朝首脳ハノイ(ベトナム)会談」の場となった訳だ、「歴史的決裂」だったが。
 この「外国企業のベトナムでの生産」では、最近は米中経済戦争の中国の企業が増え、ベトナム(例えば日系企業開発の工業団地等)に工場を移し対米輸出を続ける様子が日本のTVでも報じられた。中国系企業の製品でもベトナム産なら米国の制裁関税はないから。いずれ米国は中国の経済代理国・生産別働隊となるベトナムへも監視強化や規制を検討しようが、日本も同調圧力を受けよう。逆に言えば、日本は米国に強く言われるまで何もしない。日本人は全く自主性がないから。
 「非韓国系企業が韓国の半導体減産分を補うベトナム等での増産用に原料(規制物資)輸入を増やす」と言われれば、売国日本政府は危険性に薄々感づいても形だけの審査で通過させ保身する可能性がある、韓国企業の偽装が巧妙でなくとも。
 今まで、第三国経由の韓国の違法輸出の経路は、極左政権の後押しも受け、例えば
「日本→韓国(北朝鮮シンパ企業)→中国→北朝鮮(イラン)」
等々だったものを、例えば、間にベトナム等を挟んで
「日本→ベトナム(偽装韓国企業)→中国→北朝鮮(イラン)」
等に変わるだけか。間に北朝鮮と親しいインドネシアを入れてもベトナムと同じASEANだし。日本政府なら半ば放置の恐れが強い。
 このようなノウハウは当然「今回の規制対象の韓国本体への第三国経由の迂回輸出」にも使える。最終目的地は南北朝鮮両方という訳だ。どうせ日本政府は韓国に対しては抜け道のある事しかやらないから。児童虐待関係の異例の国連緊急勧告に対しても安倍が出てきてアリバイ作りの対策だけしてゴマカし、尾木ママなどに野田の女児虐待(強姦?)殺人事件の共犯とも言うべき行政機関・児童相談所を擁護させたように・・・。

●追記(7月11日)
 韓国の主力の記憶用半導体用のフォト・レジストはフリーパスとの報が本当なら、まさに眉韓の「抜穴だらけ」、心配の通り。北朝鮮やイランへの制裁破りの話も強調しないし、日本政府はアリバイ作りばかりしているのか、散々韓国の反日派に反日テロの口実ばかり与えて。韓国人ビザなし入国の停止すらせず国を無防備状態で放置して。  ・・・・追記終わり

●追記(8月29日)
 経産省の当局者によると韓国へのレジストの1%だけが規制対象で99%は規制外だと。軍事転用等の危険は1%のみとすれば通常の半導体製造用の主力フォトト・レジストのフリーパスも当然か。ならば韓国の大騒ぎや日本の報道は何だったのか。韓国は普通の企業はほぼ影響ない話にヒステリの火病を起こしたのか。やはり北への危険物資横流しは極左政権イチオシの謀略で、それを規制する日本の措置に「レーダー照射」しただけか。反日経済戦争の大騒ぎで自己の罪を隠したのだ、「人道救助をジャマする日本機の危険な挑発低空飛行」とかわめいて。  ・・・・追記終わり


 今回の報道での疑惑の全ての真偽は今の所は私には確認できないが、十分に有り得ると考えた方が良い。「米韓同盟破棄が両国首脳の本音」だけではない。つい最近も、朝鮮的な児童虐待犯罪の犯人が裁判なんぞ望む訳がないのに児童相談所を脅すハッタリで「訴えてやる!」とか息巻く話を例にとって、「韓国のWTO提訴は(犯罪がバレる恐れがあり)自滅行為」とか書いたばかりだが、それが当たった形になる。
 
 今までも、愚かな日本人への警告もあって自分でも大げさと思う内容を中国について書くと、後になって現実は更にヒドイと分かったりした事が何度もあった。今回はそれが韓国について出たようだ、それも「韓国テロ支援国指定」や「米韓同盟破棄」をアメリカが検討とかいう大げさ?な話まで付いて。これすら「後になって全く大げさでないと分かった」とか書く結果になるのかね。それなら実に面白い、いや、当然の話だろうが。
 私は6月30日を区切りとしたが、その6月30日の直後でもある事は、私自身が最も良く理解していたはずなのに。それに、「米国は韓国に不利な情報を出してやれ」と書いた直後だし、意外がる立場ではない訳だ。



 韓国テロ支援国家指定や米韓同盟破棄は、検討であっても決定ではない。トランプの内輪話で正式検討すらないかもしれない、さすがに、現時点では。だが、そこまで米政府を怒らせる「韓国による(第三国経由の)北朝鮮やイランへの大量殺戮(破壊)兵器用フッ化水素横流しが韓国極左(文)政権下で急増の模様」の話は、既に証拠らしきものも出されていると報じられる。傍証であって直接的なものではないかも知れないが。

●追記(7月11日)
 ここで記すのと似た内容らしきリストが日本で盛んに報じられた。韓国の反政権派(野党や軍人等)のリークか、それとも米情報筋が流したのか。  ・・・・追記終わり


 以下は1919年7月9日付「夕刊フジ」1〜2面の記事から引用の内容が主。裏は取ってほしい。夕刊紙は店頭販売で宅配の大新聞よりも真の世論に近い記事を書かないと売れないが、一方で「興味本位」「週刊誌的」とも言われるからな。

 記事は、日本のマスコミでなく朝鮮日報の5月17日の記事とされるもの等が主な内容だ。それを基にして述べる。

 韓国の野党議員が極左(文)政権批判の資料として韓国の産業通商資源部から「戦略物資無許可輸出摘発状況」なる資料を出させたそうだ(部とは日本の省に相当。この役所は日本の経済産業省、旧・通商産業省のパクりの組織)。
 この戦略物資に関する資料とは大量殺戮(破壊)兵器の製造と運搬手段に転用できる物品や技術に関するもので、そこには極左(文)政権下での韓国からの違法輸出の急増の事実が記されていると。摘発件数は2015年の14件が18年は41件、今年は3月までで31件に増加と(単純換算では年間120件となる急増)。
 そんな危険物資が北朝鮮やイランと近い中国、ロシア、シリア、インドネシア等の第三国に違法輸出され、結局は北とイランに再輸出され大量破壊・殺戮兵器の製造に使われた疑いが強いというのだ。


 さて、取り締まりとは氷山の一角だろうし、実数は数十倍とか数百倍か。いや、それで収まるのか。韓国の極左(文)政権は北朝鮮との一体化を目指すどころか、影では既に一体化した「北の手先」と考えた方が良いから、北への横流しはむしろ当然。危険物資ほど極左政権の韓国にも重要物資となる。それを上に媚びへつらう国民性の部下の韓国の役人がマジメに取り締る訳がない。「摘発数の増加はマジメにやってる証拠(反証)」とか韓国は開き直るそうだから、マスマス呆れるばかり。いや、それが韓国の本当の姿だ。

 「北朝鮮への違法輸出の証拠はない」と上記資料を出したとされる韓国の産業通商資源部が言い訳だ。確かに第三国経由の密輸なら直接には北朝鮮に輸出しないし、現時点では傍証だけかも知れない。だが、韓国マスコミの記事がウソでない限り、全く「ヌスット猛々しい」だ、毎度ながら。自分が出した資料がウソと公言し、「私はウソつきの裏切り者です」と明言したのと同じだから。私はそうだと思うけど・・・。


 いやはや、「事実は小説よりも奇なり」か。あくまで事実とすればの話だが、今まで述べてきた通り、私は大いに有り得る話と思う。

 米国は北朝鮮(共産圏)への防波堤として韓国をバックアップしてきた、長年、手厚く。しかし、甘やかしすぎだったのだ。経済分野での日本叩きの手先にもしようとして過度に甘やかしたのだ、愚かにも。民主主義国とは名ばかりの異常な国家主義国を。そのような態度の結果が、悪魔に神をイケニエにするという神への裏切りの惨状だったのだ。
 そのツケは本来は米国自身が払うべきもの。だから、「韓国テロ支援国指定」の検討とその公表程度は絶対にやってほしい、一刻も早く、「米韓同盟破棄」は簡単ではなくとも。
 テロ支援国の指定や検討が表になれば、腰抜け日本のホワイト国解除よりもズッと強い「韓国人ビザなし入国の停止」等の明快な国際的根拠となろうよ。その状況に基づいて「韓流追放」もとっととやれ、神の敵の売国日本政府!
 


 最後に、そのトランプが韓国を本当はどう思っているのか、上記の夕刊フジの記事の本文の冒頭部から今回の問題に関する米国関係者の発言なるものを引用しておく。

「韓国が騒いでいるが『Shut up!(黙れ)』だ。日本が100%正しい。ドナルド・トランプ大統領は文(韓国)大統領が大嫌いだ。文政権下の韓国は『同盟国を裏切る敵性国家』と見て、激怒している」
 
 この話の出所は米情報当局関係者としているあたりが逆に疑われかねないし、この記事の内容に沿う言葉を長い会話から抜き出しただけかも知れないと、一般の者なら思うだろう。だが、これは私の考えに沿うものだ。そう考えると、説得力があるのだ、私には。やや大げさではあっても、相当に真実に近いのではないのかと。韓国も理解しないとな、これが神に逆らうと言うことだと。分かっても手遅れだが。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml