CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年05月 | Main | 2019年07月 »
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
観光客が子鹿を殺す ー奈良の鹿の虐待頻発ー[2019年06月16日(Sun)]
奈良の鹿は神の使いとして神聖視されてきたが、汚い外国人は動物園か猫カフェか動物の放し飼いとしか見ない。中韓人などの悪質な多数の外国人観光客がゴミを鹿に大量に喰わせて殺す事例は後を絶たないが、大人の鹿だけでなく、生まれたばかりの子鹿まで殺されていた。

 子育て中の母鹿は極めて神経質で警戒心が強く、容易に外敵を近づけない事で子鹿(赤ちゃん鹿)を守る。神経質すぎて親子の扱いには細心の注意が必要となる。子鹿に人間が触ると母親が怒って突進して危険なだけではない。子供に人間のニオイが付くと母鹿は子供を認識しなくなったり、自分の子供なのに警戒心を抱いたりで、子育てしなくなる可能性が低くない。だから子鹿には特に触ってはいけないのだ,人間でなくとも。

 奈良の鹿を神聖視する日本人なら、従来なら不用意に鹿に触らなかったものだが、バカ外国人は一切お構いなし。奈良の神聖な鹿を猫カフェのネコと同一視するならまだしも、観光目当ての動物園と同じとしか考えない奴らが多い。中国風に客寄せの着ぐるみ程度にしか考えずに、「お客様が触ってやっている、感謝しろ」と。赤ちゃん鹿をかわいがるそぶりで善人に見せかける韓国人的な悪趣味もあるのか。不用意に、注意書きを気にもとめずに、簡単に子鹿を抱上げる暴挙に出るのだ。
 アジア系とおぼしき観光客が奈良で子鹿を抱き上げる様子が、政府べったりのはずのNHKの日曜の番組「ダーウィンが来た」に出てきた。その翌日には子鹿が死体となって発見されるシーンまで放送された。親鹿が世話をしなくなったためだ。担当者は子鹿の保護を考えたが、それが原因で親子の仲を裂いてはいけないとか様子見したのが裏目に出て死んだのだ。まるで児童相談所のようだ。
 その番組では、「人間が触ると子鹿の死を招く」という重大な事実は説明されなかったように記憶する。自分で放送した惨劇の意味を伏せ、アジア系外国人による子鹿殺しとかいう話が伝わって政府の売国観光政策への批判となって官邸ににらまれないようにしたのだろう、公営(半国営)のNHKらしく。

 浅田はもちろん、神の使いも神もイケニエとは、日本人らしいよな。「外国人はひどい!」と口で言うだけのバカ日本人は、本当に無能で無責任だ。奈良の公園や鹿を管理する公務員や、売国観光政策を推進する小役人どもは、貴様らが選挙で選んだ政治屋が監督しているのだから、結局は貴様ら自身の無能さや卑怯さが原因なのだ。「何でもかんでも みんな−」という有名な歌があったが、日本人は「何でもかんでも みんなイケニエ」だからな。イケニエにしたのが人類の神だったのが運の付きだったな。6月30日を過ぎれば自分等のしたことが分かるだろう。それでも反省も行動の修正もしないのが貴様らだけど、徹底的に深く思い知らせる程度のことは出来よう。それで降伏を目指すしかないからな。
浅田真央 大型チャリティー番組の顔に ー日テレ24時間TVー[2019年06月16日(Sun)]
浅田真央が毎夏の恒例のチャリティー番組である有名な「日テレ24時間TV」の「チャリティーパーソナリティー」なるものに選ばれた。昨夜の同じ日テレの番組のPR企画?で登場し紹介された。確かに天下の浅田真央はチャリティー番組の顔としては極めて的確ではある。
 この24時間TVは長く続く老舗の慈善募金番組で、放送開始当時は珍しいモノだった。私が中学の頃からか。若かった頃の大竹しのぶが司会だった気もする。この財団(日本財団)もかむ番組で、募金の一部は日本財団経由で福祉車両等の形で活用されている。財団の名前やマークが入った福祉車両は有名だ。

 日本のテレビ局は朝鮮系スパイの巣窟で、とても浅田を安心して委ねられる場所ではない。そええが日本の見下げ果てた現実だ。この財団も関わる有名な番組なら幾分マシとは思うし、既に浅田には私経由で世界一怖い奴らも付いている、はずだ。
 しかし、昨夏の大災害もある。どう解釈されているか分からない。浅田は私自身ではない。一体化はしていない。私が24時間、直接に目を光らせる訳でもない。それに、浅田が相手なら、スパイは何か出来れば大手柄だし、イケニエを出して保身する奴らばかりだから、日本の政界も官界も一般人も。タイ王国の新王もドイツでエアガンで狙撃されたし、北の金(キム)家の一族も東南アジアで殺されたし,いずれも朝鮮人の影があるから・・・。
 とにかく注意すべきだ、テレビ局との深い縁を持つならば。五輪で何かやるなら,直前の下準備にはなろうが。6月30日の後とは言え、今年の夏くらいなら悪魔の手先の日本のテレビ局も形は残っていようから。


●浅田へ
 24時間TVの今年のキーワード(テーマ)の一つが「会いたいけど会えない大切な人」だそうだが、「ああ、そうかい」だよ、全く。関係者は知っているだろうな,当然。TV業界にも米国政府にも話が筒抜けらしい。まあ、意志が良く伝わって良いと考えるようにしているが。とにかく浅田真央にはTV局は危険な場所だから,気をつけろ。オマエに手を出せば大変にマズい事は分かっていようが、だからこそ「手柄」になると考える奴もいるのだ。

 ところで、ちょうど今、NHK・BSで再放送中の、世界的に有名なドラマ「おしん」を見て、主人公が誰かに似てると思った。そう、浅田真央だ。様々な意味で重なって見えるのだ、オマエみたいに直ぐ泣かないけど。
 主人公のおしんは山形の貧しい小作農家に生まれ、勤勉でないと生き残れない厳しい環境で育った。が、心はくじけず、曲がらず、大変な努力家で骨身を惜しまず、才能やセンスに恵まれていた。同じ山形の出身と名乗る我が家の悪魔女とは大違いだが、やはり民族の違いか。悪魔的性質は東北(山形)由来なのか朝鮮由来なのか、情報を与えられない私は昔は全く知らなかったが・・・。
 おしんは才覚を見込まれて奉公先等で優遇されたが、気マジメすぎて不器用。一般人には不可能な成功を収めようとして何度も失敗する。それでも最後は成功してスーパーチェーン店のオーナー経営者になるサクセスストーリーだが、何とも悔しい苦労話の連続で、周囲や背景も悲惨だ。主人公以外の家族は極貧のまま、姉も悲惨な死に方をしている。主人公だけが例外的に恵まれているとは言えるが、あくまで朝ドラのサクセスストーリーだから、主人公を見る限りは悲惨さはあまり感じない。

 私は初回放送時を少し覚えているが、上手く行かない部分のみ印象に残った。この「おしん」が海外でも有名になると,日本のTVでの紹介の仕方は「悲惨で暗い極貧の中でもくじけずに」の部分や、主人公への意地悪の部分のみが強調されて・・・。
 が、今見ると、貧しく苦しい中でも多くの大人達が幼い主人公の特質を見抜いて温かい目で見ていた事に気づいた。特別扱いとは,他の人間には適用されないのだが。特に、奉公先の山形の酒田の大きな米問屋の大女将だ。周囲には「難しいヒト」と言われているが、実は物事の本質を見抜く目があるために日本的な『空気に合わせる』型の者たちから煙むたがられていたようだ。この大女将に見込まれて読み書きソロバンから帳簿付け、行儀作法だけでなく茶道や華道まで習い、まるで大商店の跡取り娘のように育てられた。
 しかし、危うく主人公を左翼活動に巻き込む所だった若い男が現れて振り回され、このコメ問屋を辞める。親が朝鮮系スパイだか左翼だかだった私には何とも他人事とは思えない話も多く出てくる。場所も山形と東京だしな。私はオマエにとってどちらだったのカネ。

 まあ、ヒマがあったら見てみるが良い。私も今、ちょうど書きながら見ている,録画しながら。上のように考えると、ますます若かった頃の主演女優と浅田真央の顔が似て見えてくる。演技の勉強にもなってよいかもな、古くてベタだけど。


 まあ、五輪の夏もTVで何かやるのだろう? 予行演習かね。そのうち崩壊するかもしれないから、今のうちに見ておくのも良いかもな。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml