CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年02月 | Main | 2011年04月 »
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
東北地方太平洋沖地震 −国内観測史上最大ー[2011年03月11日(Fri)]
宮城沖から茨城沖にかけての大地震が起きた。茨城沖も震源の一つだが、正式名称は「東北地方太平洋沖地震」。震度7が表示されるのは近年まれ。東京でも大きな揺れだ。地震のエネルギーを示す「マグ二チュード」の値は当初の速報値の「7台」から「8台」へ修正された。最新情報では「8.8」だと。この値は「対数値」が元だから、数字が1違うだけでケタが二つとかの大チガイとなる。「8.8」とは滅多にない極めて大きい値だ。地震の多い日本でも「明治の観測開始以後(国内)最大」との評も出ている。正に「天災」「天罰」だ、地中にたまっているストレスが天によって解放・発散される・・・。

 「津波地震 −海底部の長く連なる震源での地震ー」
 宮城沖から茨城沖までの長い地域(海域?)が震源で、影響を受けながら大きいものだけで3つの地震が「短時間に連続」して起きたようだ。このような地震の危険地帯・発生源は長く連なっている。不正確さを承知で分かりやすく言えば、「長いヒビ割れ」のあちこち、あるいはヒビ割れ全体で地震が起きるとでもいおうか。このような地震では地震のエネルギーも巨大。「マグ二チュード8.8」は半端ではない。調査では、南北400キロにわたり水平方向で4メートルのずれが今回の地震で生じたそうだ。最も大きな地震だけで阪神大震災の180倍、群発した複数の地震全体では1000倍のエネルギーとか(13日気象庁発表ではマグ二チュード9.0)。
 タイ・プーケットを襲った「インド洋大津波」を起こした広い震源地帯での巨大地震・スマトラ島沖大地震もそうだったとされる。紀伊半島、四国、東海地方だけでなく、関西圏や中部圏の大都市にまで「巨大津波」の被害を及ぼす「東海、東南海、南海の3大地震の同時・連続発生」のメカニズムとも似ている。このような海岸に近い海底部の広い範囲での大地震では津波も大きくなる。長く伸びた震源の上の海底が大きく動き大きく海水を波立たせるから。
 リアス式海岸(山が海に迫る入り組んだ海岸)の三陸海岸部等は特に津波災害に慣れた地域。だが、高さ10mを超えた今回の津波は規模が大きすぎ、「最大級の(10m級?)防潮堤」でも防げなかったようだ。「インド洋津波」と同じく、地震の揺れより津波の被害の方が大きくなろう。周囲が濁流では救助も難しいが、ならば自衛隊始めヘリコプター等を総動員すべきだ。
 タイは台風も地震もほとんどない。インドネシア等でもだが、津波の来る直前に(津波に水を吸収されて?)水の引いた海岸線で、多くの子供や白人観光客等が「珍しい」とか言って遊んでいて津波にのみ込まれた。天災の少ない楽園に住み、この種の天災に関する知識も備えもなかった(その意味で愚かな)タイ人よりは、日本人は天災への備えがはるかに固い。漁船と並んで津波に流される港の自動車の相当部分は人間が避難してカラだろう。
 だが、今回は平野部の奥深くにまで大きな津波が急速に侵入した。津波情報や避難勧告を聞かない者も増えている。明日以降の被害状況の判明は見たくない気もするが、立場上、見ない訳にも。恐らく、散々触れてきた「阪神大震災」を超える死傷者数だろう。

 「天災と同時に人災にも備えろ −大規模火事場泥棒を防げ− 」
 自然と共に生き、万物に神が宿ると考え、自然を怖れ敬ってきたはずの日本人。神国日本の国民のはずが、天災にさえ鈍感になってきている。「災害後の人災」への警戒態勢は更に薄い、愚かとしか言いようがない程。日本人の「火事場泥棒」等への警戒は、このような面ではまともなタイ人に及ばない。 
 地震や津波は既に起こってしまった。今後は被災者の支援・救出だけでなく、人災への備えもしなければ。広大な被災地での火事場泥棒の被害が心配されるのだ。
 最近、中国人犯罪者検挙の報道が相次ぐ。元から治安のよい村社会に住む日本人が、戦後の反社会的な左翼が導いた平和ボケ、「外国人犯罪者天国」的な状況に安住してきた。「外国人を悪く言うのは差別」とのおかしな「外国人性善説」をマスコミがばらまいた結果が中国人犯罪急増や韓国ドラマがらみの日本人大量殺害事件。似た事が災害現場でも起こる。外国人犯罪者集団には日本の大災害は「最大の稼ぎ場」、日本軍入城前の南京のように。
 四川大震災後、地元中国人は被災地の写真を土産物として売った。崩壊した建物だけでなく、遺体が映っていた可能性もある。どの国でもマスコミには悲劇が最大の商品。自分でそれを作る場合もある。が、批判もされる。個人が表立ってそこまでしない、できない、通常の人間社会では。我々の常識では考えられぬ感覚だ。金の為なら何でもやる。大米魔のバカアメリカ人や欧米マスコミが日本人と中国人の区別もつかづに「日本人はエコノミックアニマル」とわめく一因が、中国人の異常さとの混同だ。そんな連中が100万人近く日本に入り込んでいる、不法入国や不法滞在を多く含む。盗人が10人に1人でも10万人。被災した親類を見舞うふりなどして被災地に侵入する大量の火事場泥棒をどう防ぐか。中・朝人(三国人)は一切被災地に入れぬ覚悟・対策が必要だ。遺体からカネメのものをはぎ取りかねない。 
 左翼やマスコミのように「自警団は関東大震災後の朝鮮人殺害を想起させて嫌だ」などと言っていては、敵国から来た犯罪者どもの思うつぼ。朝鮮人は「恨みの文化」を強固に持ち、テロ的傾向が強く、「ウラミ」だ「復讐」だなどと普段からわめくから嫌われ疑われる。最近の政治の混乱は韓国人の違法献金が元。朝鮮スパイと朝鮮系と疑わしき者の殺人未遂という私の家の問題も同根か。それに、世界恐慌後の中国の経済混乱や日本の売国観光政策等により中国人が急増し犯罪を増やしている。それが日本の現状だ。
 被災者救助や災害復旧だけでなく、治安維持の為にも、警察、自衛隊、消防等の被災地への緊急集中配備と警戒網の構築を急げ。

 「火災被害」
 ・千葉臨海コンビナートのタンク火災
 千葉で臨海工業地帯のガスタンク(コスモ石油)が燃えている。当初は製鉄会社の施設との「誤報」もあったが訂正された。今(午後4時頃)は燃えるタンクは一つだが、他のタンクに引火したら大惨事(その後、隣接のチッソ石油化学の施設に引火)。千葉県知事は消防だけでなく、自衛隊の緊急出動等を要請し空中等からの特殊消火活動等を含め徹底した対策を講じ、火災拡大を抑えなければ(夜に海からの消火がなされた)。何をやっているのだ。周辺が火の海になってからでは遅い。それとも、天罰を世に知らしめる為、火を大きくしたいか?
 ・気仙沼方面の大火災
 昼から燃え始めたのか、夜に気仙沼大火災の映像が流れた。乾燥した風にも煽られ、消防活動が無理な状況の中で燃え広がり、地元自治体の地上からの消防能力をはるかに超えた一面の大火災になった。まるで米軍の木造家屋密集地帯での一般市民への無差別焼夷弾空襲だ。ここでこそ、航空機からの消火剤散布等の手法は取れないのか。
 まさに「火事場」。この光景は北海道の「奥尻島地震」での津波と火災に似ている。ブログでも話題にしたと思うが。

 「原子力発電所放射能漏れの疑い」
 原発で放射能漏れの恐れと報じられた。「あれだけ揺れれば地震対策のしっかりした日本の原発でもか」と思ったが、実際は炉心冷却用電力不足の為に危険が生じる恐れもある、といった話。現時点での放射能漏れは「誤報」のようだ。隠ぺいでないとよいが、マスコミの流言飛語としたら毎度困ったもの・・・。規則の規定に即して緊急事態宣言やら首相や官房長官の緊急会見があるとか。これも天罰だろうが。
 発電装置を積んだトラックが現地に向かっているそうだが、災害と渋滞でまともに走れるのか。これでは本当に放射能漏れが生じるまで冷却できない事になる。発電セットのスイング(ヘリコプターによる車両ごとのつり下げ輸送)等ができないのか。軍隊は得意なはず。自衛隊や米軍、特に危険な敵地への侵攻を役目とする海兵隊は。沖縄の女を犯し、子供を酔っぱらい運転ではね殺すのが任務でないのなら、こんな時に役立ってもらいたい。「日本人は合意するふりして金をユスリ取ろうとする」とか言いながら、巨額の米軍駐留費を「思いやり予算」として「民主主義者、反植民地主義のふりしてピストルの力で金をマキアゲる」米軍、大英帝国がアメリカ植民地にやったように。尖閣は米軍の射撃場だったのに、結局は動かなかったし。

 「天罰てきめん」
 首相にまで「韓国人違法献金疑惑」だ。前回の「前原外相辞任」でも指摘・非難したように、やはり民主党内閣は「敵国の手先」の「売国内閣」だった。これでは天もお怒りになるわな。私も朝鮮スパイがらみの殺人未遂事件に関する自分自身の問題へ対応のあまりの悪さも含めて、「クサレ小役人のために日本政府は支持・支援の対象ではなくなった」「精神的な距離を置いており反日ではないが離日」とか昨夜(本日未明)書き加えたばかりだった。私の「精神的」とは信仰や宗教の話も入るが・・・。
 私は、今回の地震については「天罰てきめん」としか言いようがない。ニュージーランド地震の折も述べたが、地震等の「天災」には正に「天の御意思」が現れると考える。今回の地震は「津波地震」。タイではリゾート地のプーケットに最初に訪れた私には、同地を壊滅させたインド洋津波は印象深い災害だった。私は敵国・韓国にもうけさせる日本の売国空港政策も批判してきた。津波の濁流にのみ込まれる仙台空港の映像は目に焼きついた。売国空港と批判した茨城空港の天井板が崩れ落ちるショッキングな映像も流れた。いくら赤く汚れた愚かな草取り百姓の日本人でも、少しは「天災」「天の裁き」の恐ろしさが分かったか。今まで分からなかったのだ、また「私のせいじゃない」とか逃げようが、今度こそタダでは済ませない。
 TV局の人間は地震という不幸の中継で視聴率を稼ぐだけでなく、韓国ドラマ問題を猛省しろ。地震発生は、フジTVが特別な装置なしで見られる地上波で昼間から2本連続で韓国ドラマを放送している時間だった。売国的韓国人違法献金問題の閣僚はクビ、TV局社長も殺人売国の韓国ドラマ垂れ流し問題で全員クビ。空き缶内閣はやめて挙国一致救国内閣でも作ったら? 中国政府が鉄道大臣をクビにし、米国政府も謝罪した。今度は日本政府とTV局。大地震後くらい反省を形にして示せ。

 「難を逃れた」
 私は夜間不眠の再発の為、起き出して間もなく一階の応接間・居間のソファーで地震に遭遇した。地震対策でこの部屋の家具は固定してあり、家でも最も倒れる物が少ない場所だった。私の部屋でも展示中?の鉄道模型の車両群はレールの上を動いた事で逆に倒れなかった。運転中の脱線を防ぐため模型車両は元から安定が良い。被害は案外少ない。隣り合う線路上の車体のかすれ等は今後確認するが。ウレタンケースの中の物は安全だし。手すり類が壊れやすいタンク貨車をしまっていて良かった。人形類は転倒・破損したが。
 我が家の猫は部屋の奥にちじこまっておびえていた。臆病にも見えるが、身を守る上では正解。「水と安全はタダで手に入る」と勘違いする戦後日本人なんぞより余程まとも。
 夜間不眠も幸いした形になった。不眠の再発前の普段どうりの時間に起きていれば、平日であり、恐らく外出先で交通機関の停止による大混乱に巻き込まれて難儀した事だろう。
 私が安全な時に地震が起きる。前にも経験した。新潟大地震は東京から日本海側の酒田に移動する折だった。普段どおり「上越新幹線から新潟乗り換えで羽越本線」の経路をとれば巻き込まれた可能性がある。新幹線電車が脱線した区間だから。だが、偶然に発車時間が合わなかったのか、「山形新幹線から新庄乗り換えで陸羽西線」という経路をとった。陸羽西線には特急もなく(私には悪くないが)、普段はあまり通らない。私が目的地の部屋に到着して座った頃に揺れを感じた。難を逃れたのだ、ちょうど。天は私を守って下さる。強く感謝し、天をたたえよう。いつもの事だが。望んだ通りの形の阪神大震災や、「離日」と記述した日の今回の大地震。天は怖れ敬うしかない。

●「追記」
続きを読む...
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml