CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 民主党政権 | Main | 自衛艦くらま破壊事件 »
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
全世界はスペイン裁判所を支持せよ −中国首領逮捕状発行ー[2013年11月21日(Thu)]
全世界はスペインの裁判所(全国管区裁判所)とその判断(中国首領に逮捕状)を支持せよ。ネットで世界中に呼び掛け、支持の書き込みだけでなく、支持デモを全世界で呼びかけろ。地元政治家に支持を求めろ。
 またぞろ中国は正義のスペイン裁判所とそれを抱えるスペイン全体に卑劣な脅しをかけている。スペイン政府は自国の裁判所を守れ。全欧州はスペインを守れ。全世界は欧州を守れ。共同で逆に中国に圧力をかけろ。
 EUは今年、安売りで不況を切り抜けを図る中国製太陽光パネルに反ダンピング課税をやってのけただろう? 日本はやらずにカモにされるが・・・。その調子で団結しスペインを守れ。得したのは結局ドイツだけという通貨統合などより、ずっと欧州の為になるぞ。欧州連合の真の価値が計られるぞ、神の目の前で!


 不当に安く作った製品を全世界に買っていただく事でボロモウケしてきた中国にとって、世界はお得意様のはずだ。が、そのお得意様を散々脅してきた世界のゴロツキ貧乏人に、いい加減に世界の秩序とルールを教えてやれ。中国人の無法は通用しないとな、神の目の前では。

 中国のような古代から進歩せぬ遅れた貧しい国は、バブルがはじければ何も残らぬ。あんな最低の独裁国には何の存在価値もない。存在するだけで世界人類の迷惑だ、不幸だ。全世界で中国製品へのボイコットや「減買」を更に進めよ。反中デモを起こせ。常時反中書き込みを続けろ。自分の地元や自国の政治家への圧力も忘れるな。中国からのワイロより選挙の時の票が大事だという事実を思い出させろ。

 中国もしょうが無いよな。私自身も中国の出すPM2.5の為に10年間もゼンソクに苦しめられていたのがほぼ明らかになった直後だしな。全てがその調子だったのだ。全く弁護弁解の余地はないよ、特に私への直接の危害は。

 卑怯下劣な中国の犬・日本のマスコミは、この世界史的な大事件になるべく触れずに済ませようとしている。だが、これは2013神聖世界ネット革命の始まりである。世界ネット革命は新しい重大な段階に入ったのだ。世界の潮流が変わり、もう後戻りは出来ないよ。
スペイン裁判所 チベット大虐殺関与の罪で中国旧首脳部5人に逮捕状[2013年11月21日(Thu)]
これは仰天。何と、スペインの裁判所が中国の旧首脳部5人に逮捕状を出したと報じられた。旧国家主席コウタクミン、旧首相リホウ等へだ。スペイン人が古代帝国的な中国共産党独裁の圧政にあえぐチベットでの弾圧・虐殺(大量虐殺)を訴え、裁判所(全国管区裁判所)が逮捕状を出し、例のごとく中国独裁政府が開き直って「強烈な不満」「スペインは損するぞ」とか騒いで脅しているのだ。
 訴えたのはスペイン国籍のチベット人だとか、チベットを支援するスペインの人権団体だとか、現時点では話が分かれてはいるが、結局は似たようなものだろうよ。
 逮捕状の発行とは、正確には勾留するための捜査を行う勾引勾留状の発行だそうだが、同じことだろう。インターポールを通じて中国側に伝達されるとか。


●「普遍的管轄権」
 外交上の摩擦を引き起こすのは分かり切っているはずだが、実はこのような話は初めてではなく、スペインでは伝統?を持つ。一カ月ほど前にも元首領コキントウへの逮捕状を出したそうだ、こちらは今日ほど話題にならなかったがね。日本のマスコミの妨害でか、みなが本気にしなかった為か・・・。
 他国の犯罪でも訴追する「普遍的管轄権」。国際秩序を揺るがす大虐殺や人道に対する罪、等の場合は、その対象になるという考え方がある。1990年台から2000年代にかけてスペインの判事がこの考え方を使って複数の外国の独裁者等を訴追したが、当然に強い国際摩擦を生んだ。そのため、スペイン政府は条件を厳しくし、被告がスペイン国内にいる場合やスペイン国民が被害者となる場合等に限った。
 今回は、告訴人の中にスペイン国籍を持つチベット人が一人いた為に「スペイン人が被害者」という条件を満たしたそうだ。

 
●「スペイン人の国民性」
 それにしても、思い切った事をしたものだ、よく考えれば当然とはいえ。近所すぎる事もあり、日本人ならやらないだろうな。
 欧州各国人の性格の比較で、「スペイン人は考える前に走り出してしまう」とも言われる。「英国人は考えながら歩き、ドイツ人は動く前に考える」とも聞いた、私の記憶が正しければだが。それになぞらえると、「日本人は考え込んで(畑から)動かない」かね、「岩橋をたたいて渡る」か・・・?
 そんな気風がスペインとポルトガルの世界征服という大変に迷惑な事態を招いたが、その広大な領域から得た富を産業投資等ではなく浪費気味に使ってしまい、英国等の後進勢力に主導権を奪われた。そんなスペイン人の、楽天的で明るいがズサンでいい加減な(後進国的な)国民性は、あの「スペイン高速鉄道大事故」の一因にもなったようだ。ややタイ人にも似ているかな。だからタイでズサンな中国式高速鉄道なんぞ導入(輸入)したら必ず大事故だと警告している訳だが。

 しかしながら、そんなスペイン人の気風が、今回は良い方向に働いたと思われる。「中国と対立するとカネが損する」「黙って見過ごすのが得策」とか、目先の小銭に惑わされて瑣末(サマツ)な事ばかり考え、事なかれ主義に陥っていると、逆にこのような当然の判断ができなくなり、犠牲者を見殺しにするばかりとなるのだ、朝鮮系スパイ夫婦に媚びた小役人根性の日本人が私にやったようにな。それが結局は自身に大きな損害をもたらすのに・・・。
 反共の王国を裏切ってでも中国貿易にのめり込もうとしたタイ人もそうだが、経済崩壊中の中国に媚びても利益なんぞ消えて大損するばかりなのに、大局が見えないのだ。特に日本人は細かな心配や矮小な取り越し苦労ばかり、それを口実にトニカク何もせずに済ます(ごまかす)事ばかり考えたりと。東日本大震災の折も特にもそうだったが、政治愚鈍でヘッドクオータープロブレム(司令部機能不全問題)のバカ日本人だからな、あるべき政治や経営上の大きな決断なんぞ大の不得意なのだ。
 だがな、中国のバブル経済崩壊が明白となり、世界の潮流は変わったのだぞ!


●「全世界はスペイン裁判所のカタをもて」
 全世界は、このスペインの裁判所の判断を支持せよ。全世界の信仰を持つ全ての民がこれを支えよ。共に戦え! スペイン人がやってくれたのだから、自分が中国に脅されることもなかろうよ、世界の小役人どもも。

 確かリーマンショック後だったか、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という古いビートたけしらのギャグになぞらえて、
「赤ドロボー、みんなでハジケばコワくない」
とか書いたが、異様で無謀なバブル政策で中国経済好調とのウソ宣伝に世界がダマされたフリしていた内は、なかなか中国をハジケなかった。だが、特に今年2013年に入ってから、世界の潮流は明らかに変わり、以前は出なかった反中の大きな動きが世界中で出てきた、欧州でもタイでも。一ヵ月前のスペイン裁判所によるコキントウ逮捕状が通っているのを見れば分かる。スペイン人もそれほど無茶ばかりとは言えない状況になったのだ。
 もう後戻りはない。戦えば必ず効果が出るようになった。仲間が増えた。今こそ全人類は中国をハジケ! 「やめないと損するぞ」といった中国の脅しがそのままバブル崩壊中の中国にはね返る事を証明してやれ、尖閣問題での「中国のレアアース自滅事件」のように。気に入らない日本に意地悪するつもりで中国の当該産業が自滅した事件だ。これを全面化しろ。今ならできる。今後はもっとやりやすくなる。逆に中国を脅せるようになる。もう一度言おう、
 
「赤ドロボー(中国共産独裁)、みんなでハジケばこわくない」


 全世界のネットユーザーへ。このスペイン裁判所への支持を書き込み続けろ。一人でも多くの同調者を募れ。ネズミ算式にやれば、あっという間に「億の単位」だ。そうなれば、中国ネットスパイ程度には何もできないよ。

 この件をもって、既に開始の世界ネット革命は、「2013神聖世界ネット革命」とでもいうべき新たな段階に入った。
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml