CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 農業・エネルギー政策 | Main | JR北海道の問題 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
フィリピン大統領来日 ードウテルテ報道少ー[2019年05月30日(Thu)]
来てたのか、ドウテルテ。フィリピンのトランプと言われるドウテルテ大統領が28日に日本に来ていた。28日とは本家トランプと入れ替わりの入国。国賓ではないとはいえ、仮にも元首だし、弟子だし、もう少し報道されても良いと思う。だが、28日はトランプは離日直前に私が推薦した垂直離着型F35Bを乗せる予定のヘリ空母「加賀」に安倍と共に米大統領では初めて乗り込んだり、川崎で大殺戮事件が起きたりで、すっかり影が薄くなった。日本ではほとんど報じられないのでは。私も早朝(明け方)のNHK・BS1のアジアニュースのタイの次のフィリピンのニュースをダビングしていて後から初めて知った。
 本家もフィリピンもトランプは神の弟子だ。両者とも誕生日訪日とは,当然と言えば当然ではあるが、トランプと違ってイブも当日も日本にいるとは、命知らずかとも思った。が、トランプは誕生日天災を避けたつもりが米国に帰国頃に巨大竜巻災害とは。どちらが賢かったのかね・・・。
ロヒンギャ難民化問題−ビルマとタイの連携をー [2017年11月24日(Fri)]
ビルマ(ミャンマー)に住む少数派イスラム教徒のロヒンギャ族の大量難民化問題では、ようやくスーチーが表に出て難民のビルマ帰国の約束をした。
 民主化の象徴としてノーベル平和賞まで取ったビルマの実質的元首スーチーも、国際世論と、イスラムギライの仏教国ビルマの世論や治安担当の軍部との板挟みにあい、苦しい。仏教は世界で最も平和な宗教なのに、普段はイスラム過激派に厳しい国際世論がイスラムテロの結果として仏教国ビルマで嫌われた側面のあるロヒンギャの問題については、仏教国ビルマに一方的に厳しいようにも見える。しかし、大量の難民が発生し続けては国際社会や国連としても無関心ではいられないのだ。
 
 さて、今後はどうなるか。いくら難民を帰国させると言っても、本人たちが安心して帰国出来るのか。ビルマの仏教徒の反感は根強い。長年の軍部独裁で強権化し腐敗した後進国ビルマの軍の兵士や警察官が帰国難民を人道的に扱えるのか。


●スーチーへ
 久しぶりに手紙する。元気か、と言いたい所だが、厳しいな、少々。だが、将来のビルマ・タィ連合の為にも、あと数十年、スーチーには元気でいてもらわねば困るぞ。
 すでに隣国のタイ王国には相談しているとは思うが、タイも南部イスラム地域に同様なイスラム過激派のテロの問題を抱えており、経験は豊富だ。知っているとは思うが、タイでもイスラム教徒の信用を得るため、陸軍最高司令官にイスラム教徒を据えた事がある。軍部が力を持つビルマでは軍事を含む他国の協力を頼りにくい事情があるのは分かるが、国連軍の導入よりは隣国人の方が幾らか良いだろう。この際、タイに協力を求め、タイ人イスラム兵等の部隊を含む部隊を派遣してもらってはどうか。イスラム教徒との面倒な仲介役をタイ人に委ねてしまえば楽になる、責任を転嫁できる、とか説得してみては? せっかくタイの首相プラユット将軍も陸軍の将軍なのだから、ぜひ相談してみてくれ。
 私は生まれて以来、仏教的価値観の中に居るが、同時にイスラムと同様の強烈な一神教的な価値観も持っている。タイでは仏教徒からも信頼されていたようだが、同時に世界のイスラム教徒の一部も私を預言者として尊重するようだ。私も世界のイスラム教勢力を糾合して自分で自分を統治し世界に迷惑をかけないで済むようにする神聖イスラム帝国の建国を提唱している。善良である限り、仏教徒もイスラム教徒も大切なのだ、私には。スーチーがイスラムに肩入れしたと思われるとビルマ国内での人気が落ちるだろう。長期政権が危うくなっては困る。それが分かっているから、余計にタイに頼ることを勧める。考えてくれ。タイ政府にはこの場にて協力を要請するから。将来のビルマ・タイ連合の試金石でもあるぞ。
 私も苦しいが戦っている。スーチーも苦境を乗り切れ。私やスーチーの昔の苦境に比べれば、ずっと楽なはずだぞ。
スーチー国賓級で来日−ビルマ8千億支援‽約束ー[2016年11月03日(Thu)]
ビルマ(ミャンマー)の実質的な元首、アウンサウンスーチーが久しぶりに来日した。タイ王国の隣国ビルマ(ミャンマー)だから私には縁が深く、最高指導者候補として野党暮らしの頃からスーチーを特に重視してきた。今回は単なる有名政治家ではなく与党党首で国家顧問という肩書も得、元首級の賓客。超政治愚鈍の日本政府も接待は迎賓館、正に国賓級。先日の暴言王、いや「神に帰依する改心大統領?」フィリピンのドゥテルテに続き、またもASEANの重要メンバーが来日だ。

 今年の日本はG7の各種会合が続いた直後でもあり、正に千客万来だが、G7は中央構造線上の直下型地震に常に脅かされ、先進主要各国の多くの閣僚たちが危険にさらされ肝を冷やす結果となり、ドゥテルテに至っては離日後の飛行機で神の警告を聞き「暴言を止めます」と神妙に懺悔という、なんとも神秘的? 神の影ばかり目立つ要人訪日の連続となった。
 だが、スーチーは今までもアドバイスをよく聞き、焦らず慎重に自制的に旧敵の軍関係者とも協力し、その実務力を利用するなど、よくやっている。ドゥテルテと違いビルマ独立戦の英雄、日本軍に訓練を受けたアウンサウン将軍の子孫であり、軍に軟禁されても長くビルマの最高指導者候補として期待され、気品・風格を持っていた点では、無名の地方首長出身で良くも悪くもギャング上がり的なドゥテルテとは真逆である話は書いた。良く神の言葉に従う者には良き御加護があろうから、恐らくスーチーの滞在中には天災や神の御警告はあるまい、「悪態を止めないと飛行機を落とすぞ、今すぐ!」とかいう・・・。
 私はナセアン(NASEAN。日本・NIHON+アセアン・ASEAN)という国家連合体、連邦組織を構想しているが、その中に更に、人心の安定した仏教国の連合としてのタイ・ビルマ連合を目指している。この場合のタイとは、旧タイ帝国?(連邦)のタイ、カンボジア、ラオスの3国だが、その相手となるのがビルマだ。スーチーには、出来れば構想実現まで元気でいてほしいと願う。それゆえのスーチー重視でもある。山田長政がタイで活躍した時代を含め、歴史的に長くライバルとして戦ってきたビルマ・タイ両国の連合・合体となれば、そこにも強力な指導者が必要だから。


 ここから先は神の敵に手先、悪魔の同類、私を集団でウジ虫呼ばわりしたような神を信じぬ下界の悪魔の手先の下民どもに読ませる文章ではない。関係の無い奴は読むな。


●アウンサウンスーチーへの手紙

 よく来た、スーチー。あの無節操で政治愚鈍で平気で東南アジアを中韓へのイケニエにする売国日本政府の安倍政権が、今度はスーチーを国賓級でもてなさざるをないとは痛快だ、実質的元首だから当然とはいえ・・・。
 スーチーが旧軍事政権関係者を不必要に敵視せず取り込んでいる点は私のアドバイス通り。この調子で慎重に地道に最高指導者として基盤を固め、20年は元気で現役でいてほしい。改革の成果が真に現われるのは10年後、とにかく焦るな。現状でもタイとビルマの協力は不可欠だし、既述の通り、私の構想するナセアン(日本+アセアン)を中核として支える仏教国連合(ビルマ+旧タイ系3国)の実現まで元気でいてほしい。とにかく無理をせず長生きしろ、生物的にも政治的にも。国際世論もビルマの民意もスーチーびいきだし。

 アセアン諸国は今、変動期に入っている。今まで騒ぎだったビルマが逆に平穏に見える程だ。不安定期とまではいわない、神もいるしナ。そう簡単には敵も付け入れないのだ、コワイから。しかし、変動期は確か。
 中国の海洋侵略だけではない。フィリピンは新大統領により治安が良くなり、大統領の暴言も収まりつつあるから良いが、反米強調の瀬戸際外交は中国に利用される。既に小国のラオスやカンボジアは中国の手先、破戒のブタ食い中国人が大嫌いなイスラム教のインドネシアも中国の見せかけ高速鉄道事業等に振り回される。
 隣国タイ王国は巨大なカリスマ王を失い、次期王の即位も遅れている。タイは父を失ったものの、神は健在なので、タイ人は大きくは動揺しない。だが、皇太子は元から王位継承を嫌がっていたようにも見える。今までタイに提言してきた鉄道整備案や王室強化案等は果たして実現される事やら。軍事政権の軍人たちは王国に忠実で私の声にも耳を良く傾けるが、中国の輸出圧力をかいくぐって民生・経済政策のシロウトたちが「向こう20年で首都バンコクに日本製中古鉄道車両5000両導入」といった具体的な話にまで着手できるかは別のようだ、尻を叩いているつもりだが。
 軍事クーデターを急いだ結果、タイは欧米先進国から冷たくされ、巨大反政府デモの原因となった中韓との癒着が一部で逆に疑われる状況すら招いた。二人の信頼する陸軍の元将軍が首相とカリスマ国王側近の重職を占める間に私の提言に筋道程度は付けられないと絶望とも考えたが、なかなか、まとまった話が聞こえなかった。後述の日本語の第一外国語化にまでは言及していなかったのに。何ら前進がないなら、暫定首相は辞任して重要領域の鉄道整備やタイ日本文化交流等で陣頭指揮に専念をと考えた。スーチーのような首相を超える立場となる訳だが、表向きには上記の状況に対する引責にもなると。
 これも実現してはいない。が、今はそれがより強く求められる。カリスマ王と比較される実績のない新王が私の提言内容等に言及して評価を上げると同時に、プラユット現首相が関連領域担当の特命全権大臣?等として新王を補佐して指揮を取り、先王側近のスラユット将軍も職に残れば、国王補佐体制は強化され、タイの政策が大きく動き、カリスマ王を失った後でも十分にタイ王室の強い威光を保てるからだ。分かりやすく説明すると、要するに、プラユット将軍を単に新王の新経済政策の総事務局長にするだけでなく、表面的には「新王の御威光によりクーデターを急いだ責任を取って首相を辞めさせられた」という演技をしてもらう訳だ、現段階では王としての(当然ながら)実績のない新王をたてるため。実際には出世だ、政府の社長(首相)が会長(政府顧問)に昇格する上に新王直属の長官になるのだから。だが、メンツを重んじる生粋の軍人の首相に、そんな芝居ができるかね。これぞ王国への大きな御奉公なのだが・・・。

 最前から提言してきた「第2王や複数の副王の設置による王室強化」等も同様だが、これらカリスマ王逝去の前から考えてきた話が、状況の変化により更に重要になった。十分に考えた提言とは、そんなもの。
 スーチーは良く知らないかもしれないが、私が実務力に欠ける民主党政権の鳩山首相による無理な温室効果ガス削減策の実現手段として提言した内容、例えば耕作放棄農地での太陽光発電や鉄道重視の省エネ交通インフラ整備策等の東日本地域に関する話は、ほぼそのまま東日本大震災復興用の提言となった、これもほぼ実現されなかったが。私は左翼勢力も入る民主党政権では無理だろうと原発強化案には一切触れなかったが、原発強化を打ち出した後に迎えたのが福島原発事故だったし。
 考えてみれば、私が博士論文での研究内容から発想した大震災復興策、「建設残土を活用した津波対策の被災地盛り土案」を読んでいれば、大騒ぎの「豊洲市場盛り土問題」もなかったろう。役人が議会や知事の了承なしに市場の建物の直下の盛り土を地下空間に変えたのは、ちょうど東日本大震災直後の混乱期。私が関係者なら「建設中の東京の新市場予定地で大規模盛り土の構想が進行中だから、被災地の自治体は注目せよ」とか強調したろうな。「私が知事ならこんな問題は絶対に起きなかった」ともいえよう。やはり当時の石原知事は単なる作家上がりの不適格者に過ぎなかった訳だ。スーチーは、そうなるな。
 そんな例はが枚挙にいとまがない。私の言う事は良く聞いた方が良いぞ、スーチー。聞かないと何年もたってから大変に後悔するから。

 政治の民主化が始まったビルマでは、今度は経済再建が急務と言われるが、当然のことをマスコミが騒いでいるだけ。これも焦るな。何が本当に必要か、ビルマに良いか、よく見極めろ。特にインフラ整備等は公共部門だ、スーチーが深く関わる。日本の支援8000億円といっても、ただ無見識にバラまいては問題ばかり生じかねない。
 例えば交通インフラ、特に人口密集地帯で重要な鉄道だ。中韓は国内経済が崩壊寸前なのを誤魔化すためにも外国にモノを売る形を作りたい、たとえデッチアゲでも。不良な余剰品の押し売りでもあり、振り回されるとヒドイ目に合う。一方の日本政府も「インフラ輸出は経済成長戦略の柱」とか言葉だけ振り回すが相手国の状況すら良く見ず、貧しい後進国にまで最新技術の高価な新品の新幹線なんぞ売りつけようとし、各所で失敗している。この辺の事情や望ましい政策については、他の場所にいくらでも書いているから、それを参考にせよ。特にアセアン諸国に対する大量の日本製中古鉄道車両による徹底支援等だ。これはビルマでも使えそうだから、特に注視せよ。
 既に、ビルマには日本の三陸鉄道の中古小型ディーゼルカー等が送られ、日本のTVドラマでそれを見ていたビルマの子供が乗りたがって家族に連れてこさせた様子が日本でも報道された。これを大都市(通勤鉄道)や都市間(長距離幹線)の輸送でも活用せよ。常に日本に係官を置いて日本で出る中古車両などの情報を十分に集め、良い出物があれば直ぐ交渉してビルマに運べる体制を造りあげろ。国家顧問ならできるはず。いや、出来ねばならないはずだ。

 8000億円の額に惑わされ細事や本質を見失うな。そうでなくても、日本政府がカネを出す事業を中韓の企業がワイロや異常な契約で不正に獲得する事が多い。これでは、ビルマの富になり日本とビルマの懸け橋になるはずの巨額のカネ・公金が、全て崩壊中の悪魔の中韓に持ち去られ、無法な中韓の企業ばかりビルマで幅を利かせ、腐敗や反日スパイ活動等が横行し、真に誘致したい日本などの望ましい先進国の企業は逆に二の足を踏む。ビルマの経済発展には完全に逆効果になる。
 武士階級を失った後の日本人は政治的には最低の百姓の集まり、神の重要性も理解せずに神を中韓へのイケニエにする卑怯な小役人の集まり、結局は神に逆らう売国命の無節操者の集まりだ。特にひどいのが現在の安倍政権で、保守系タカ派を気取りながら悪質なハト派顔負けの媚韓傾向が最悪。東京五輪や国際観光等の国内インフラ整備をコトゴトにサボって韓国の仁川国際空港利権を守るのに必死な一方、ヤタラ海外支援ではカネを出しまくって外向きの良い顔だけはする。しかも、恐らく、その巨額の海外支援金を中韓の企業に受注させるのが目的の一つと思われる。とんでもない裏切り行為だ、援助相手国にも日本自身にも。このような話は上記のタイの巨大反政府デモの一因だったのに。

 例えば、東京に新型電車を多数導入し、押し出される車両を東南アジア等への支援用に回せば、日本もASEAN諸国も鉄道は改善され、投資も進んで大いに助かる。日本の通勤用鉄道車両の大半は絶対にサビないオールステンレスカーで、100年たっても使えそうだし、自動車の乗用車の中古車とはだいぶ意味内容が違う。貧しい支援相手国が格安で良質の日本製鉄道車両を獲得できるだけではない。新車の投入は日本国内なので日本の車両メーカーは海外で頻発する悪質な中韓企業との不透明な(腐敗した)競争をせずに済む。なのに、そんな中古鉄道車両の活用の大規模な実行は対インドネシアくらい。安倍政権は国内インフラ整備を強調して政権を取ったのに、さっぱりだ。東京五輪の決定で弾みがつくかと思えば、それでもダメ。経済政策オンチの安倍は日本のためになる経済政策でも興味がなく、無能、無為無策で、しかも軽率な行為で国際関係を悪くし、そのゴマカシに益々中韓、特に韓国の得になる事ばかりしてごまかす有様。スーチーと違い、日本政府の実質的な官房だった竹下派をつぶしてしまった派閥の政治屋でもある幼稚で世間知らずな名家の坊やは、愛国者気取りの売国奴である事実に自覚すらないようで、困る。
 日本国内に投入すべき新型鉄道車両の内容とは、例えば「広扉車」だ。東京は都心から半径40キロに3000万人近い人口を抱え、世界最高の鉄道ネットワークでの高能率な輸送により奇跡的に無事に動く世界最大の都市圏だが、先進国とは思えぬ通勤混雑が大問題。その緩和のため、電車のドア幅を広げ乗降を楽にし、ドア前の立ち利用スペースも広げると同時に、価値観の変化により増加するベビーカー、高齢化の進行で増加する車いす、外国人観光客急造で増える大型スーツケースなどの通過も楽にする、扉の幅を広くするだけで。この、多数の目的を併せ持つ「広扉車」を五輪を機に東京に大量投入し、押し出される車両を格安でタイやインドネシアやフィリピンやビルマに回したいのだ。このような話は当然ながら高速鉄道にも適用可能だが、そんな話は、まだ聞かない。
 
 統治愚鈍の政治劣等性で、極めて程度のヒドイ言論無能、「サバン症候群」の日本。天才だが社会的不適応、支援者・介助者でもないと組織で働くような社会生活は相当に難しい、というものだ。それでも、日本人は「世界最高の高度なムラ社会的秩序の中に生きるモノつくり天才民族」であり、特に後進国の経済発展のためには日本企業に頼るのが一番。ベトナムは「日本語を義務教育の第2言語」にする方針を正式に表明し、この9月から一部の小学校で試験導入しはじめた。これは事実だぞ。
 日本語が第2言語、すなわち英語に並んでの「2番目の第1外国語」だから、政治愚鈍で万事に自信がない売国奴の集まりとなった情けない日本人には大事にも見えようが、反中感情が強く対抗手段が必要な東南アジアでは一つの当然の流れだ。中国貿易の歴史から特殊な中国的文化も持つため強い近親憎悪的側面も有し、中国に対抗する文化手段を特に重視せざるを得ないベトナムは、歴史的に中国の帝国の侵略を何度も遠ざけてきただけでなく、再び中国との海洋領土闘争を繰り返しているから、特にか。日本と同じくロシアの敵であるポーランド等でも、既に日本学科が大学の最重要学科と位置付けられているが、貧しい後進国ベトナムが経済成長するにも当然の発想なのだ、日本語教育の徹底は。隣国タイは円高による自動車関連日本企業の集団進出により奇跡の経済発展を遂げたが、日本側の働きかけ不足やタイ側の甘えによる学習熱の低さが日本語教育強化を妨げるのは残念だが。親日の台湾も反日悪魔の韓国も日本の統治を受けて近代化や先進国入りの基盤を得た。両国とも中国の経済崩壊に巻き込まれて瀕死の状態、韓国は経済破たん寸前だが、日本化が表面だけだから破綻するのだ。中韓が日本語教育を妨害するのは一般には政治経済戦争のためとか表現されようが、本当は自分らが学んで成功した最大最高の日本という教科書・参考書を他の国の人間に見せたくないのが本音。それに騙されるな。敵の覆うツボにはまるぞ。
 すでにビルマでも一般人向けの日本語教室は大入りだが、教室の数が足りないようだな。僧侶まで狭い椅子で日本語を学ぶ姿はビルマ人には重大な話だろう。仏教国のビルマに経済進出を図りながら仏教の敵という中韓人の経済政治文化侵略に対抗するには、結局は日本に学ぶのが一番だから。
 
 ところで、またまた韓国では信じられない政治的・社会的惨状が繰り広げられているが、これこそが韓国人の真の姿。いくら表面を日本風に誤魔化しても、中身は数千年遅れた中国型の古代文化圏の最も辺境の貧しい異様な国に過ぎない。この際、ビルマの若者たちにも韓国のおおぞましい真の姿を学ばせ、韓国ドラマに騙されて自分の人生や国の将来を誤らぬようにさせろ。そうでなくても、ビルマ人の主要出稼ぎ先のタイではプミポン王を侮辱し続けた韓国人に対する嫌悪が最も強くなる時期。私も「この際、韓国人の度重なる王室不敬事件を国民に公表・報道し、対韓国交断絶を進めよ」と書いている。尊王のタイ王国では当然の議論が、今までは不敬罪の関係等で証拠・資料が公に報道しずらく、政治の場では隠される傾向があったからだが、今のタイは別。韓国ドラマに騙された無知なビルマ人が今のタイで不用意な親韓・国王侮辱発言などすれば、不敬罪に問われるだけでなく、1000人単位の黒い喪服の群集に取り囲まれる。無知なビルマ人が韓国ドラマに騙されて韓国に行って奴隷扱いされないためだけではなく、良好なタイ・ビルマ関係のためにも、タイ出稼ぎビルマ人の安全のためにも、韓流に騙されないビルマ人の教育・情報伝達は是非とも必要だ。その延長線上でも、ビルマでの日本語教育の徹底強化が必要と思う。少なくとも、ビルマは同じ後進国のベトナムには負けるな。
 良いか、スーチーよ。日本語は既に単なる日本人の言語ではない。世界中で最も神に近づける言葉。神に逆らい、政治愚鈍で「政治的にはクソにも及ばぬ」日本人なんぞの言葉ではない。神の言葉なのだ。それゆえに、私もその学習強化政策を強く勧める。将来、ナセアン連邦等の成立の折には、ベトナムのように連邦全体では日本語を第2言語、単なる英語等と並ぶ第一外国語に留まらない、一種の「連邦共通語」としたい、連邦内最高の文明言語、神の言葉として。ビルマはベトナムに続き、それを先取りするだけの話。ぜひ実現せよ、スーチー国家顧問。


 しかしだ、私は海外での日本語教育を推進しても、今の腐敗して神に逆らう日本を支えるつもりなど毛頭ない。最後に重要な話を伝えておく。かなりのタイ人は知っていたので、スーチーも知っているかもしれないが、中韓、特に韓国に媚びる現在の日本の売国政権は、事もあろうに私に手を出してしまったのだ、警察を使って。今年の4月13日だ。
 その翌日の14日午前に反フジデモ(反韓デモ)側の有力者でもあった田母神・元航空幕僚長が逮捕されたので、その関連とも思う。が、さらに大きな事件が起きた。同じ14日夜には熊本の大地震、更に翌晩には最大震度の揺れが来たのだ。「後は(より小さい)余震に注意」という政府(気象庁)の言葉を信じて避難先から家に帰った者達が多数、下敷きになって死んだ。最大震度7にも耐えられる日本の家だが、二晩続けての最大震度は想定外だった。まさに「2度揺れ」だが、中国人(あるいは同じ中国文化圏の韓国人など)が車でひいた被害者の口封じのために2度ひいて殺すことを日本では「2度びき」といって強く非難するので、似たものかね。かつて朝鮮系スパイ夫婦に私をイケニエに捧げ続けた過去を誤魔化したくて私を犯罪者扱いにしたのだから。それへの天罰が2度揺れだった訳だ。
 しかも熊本は中央構造線断層帯という地震多発地帯の上にあり、その同じ中央構造線上にG7サミット会場の伊勢志摩があったから大変。何とかサミット中の伊勢志摩大地震は避けられたものの、中央構造線の東端に位置する「つくば研究学園都市」でのG7科学技術担当閣僚会議は直下型地震に襲われた。晩さん会直後に実際に揺れを感じて、科学的に天罰をどう解釈したのかね、閣僚たちは。
 日本の政府・警察などは米国大統領が来る間は私に米国批判を控えさせようともしたようだ。私は反日ナチ的ともいえる米国の偽善は許さないし、現在のケネデー駐日大使の日本に関する発言(知識見識)の粗末さにも呆れて批判してきた。だから、安倍が国際関係を悪くしただけでなく、元から卑怯で小心な日本政府は、G7の間だけはヤッカイごとを避けたかったのか。
 だが、結局はこれが逆にキリスト教国のアメリカの首脳部の不評を買う結果となったらしい、神に手を出したのだからな。すぐに日本はアメリカの為替操作監視対象国リストに載せられ、熊本地震後の円高の進行に対処できなくなり、数十兆円と思われる巨額の損出を出した。今回は私が地震後に国際為替介入を提案しなかったしな、東日本大震災の時と違い。何せ警察に監視されているから、簡単には発言できなかったのだ、スーチーの軟禁時代より状況は良くても・・・。

 これらの話は、ほんの始まりに過ぎない。私は今年2016年の4月13日以後2年間は日本を見放して一切加護しないと決めた。ちょうど日本は南海トラフ地震による西日本大震災の危険期の頂上部に入り、いつ巨大津波が日本最大の西日本の工業地帯を襲ってもおかしくない。日本経済の停止と国家破綻の危機が迫っている。次の大震災があっても私に為替問題などで支援してもらえないので、国家財政破たん等の経済危機が現実味を帯びてきた。しかも、今の首相は4月13日事件の最高責任者だ。
 これらの点でも、日本政府の約束したビルマ支援8000億円は途中で立ち往生しかねないから、額面通りに期待しない方が良い。巨大災害が襲い、国家財政が破たんの危機に立たされれば、他国支援は二の次になる。その点でも注意せよ、スーチー。
 付記するが、タイのカリスマ王の逝去は、私の事件のあった4月13日のちょうど半年後の10月13日。タイ人の一部は4月13日の事件を知って強く怒っており、当然、それと関連付けるだろう。神に手を出したために神の怒りを買ってタイの父が半年後に死んだ、と。これは戦争になりかねない。タイは親日国だし、あくまで一部の者による内々の話だろうが。でも、内々の戦争だと戦時国際法規等の歯止めもない「スパイ・テロ戦」になりかねない。これは大変にヤッカイだ。スーチーも、日本の現政権に深入りして、そんな話に巻き込まれるな、大ケガするぞ。この点も重々注意せよ。

 
 日本人が本当に全人類の神をイケニエにして償わず、結果として全世界人類をもイケニエにしていたのなら、それは人類社会から追放されても致し方ない大罪だ、神に全滅させられる前に。取り敢えず、日本は国連やIMF、WTO等の重要国際機関から追放。復帰はない。結果として復帰したいならナセアンのような国家連合に加盟し、賠償金に相当する1000兆円を連邦に支払う。そうすれば、ナセアンも無事成立して良い、とかな。これなら私も納得せざるを得ないか。ナセアンも仏教国連合も日本の国家財政破たん等も、構想や空想でしかなかったのが、最近、にわかに現実味を帯びてきた。この際、主要先進国などには、いざという時の為替介入等による日本支援は逆に行わないよう要請しておこう、真に日本のためを考えるなら。
 まあ、そんな国家連合の構想の実現まで元気でいてくれ、スーチー。
ドゥテルテに神の啓示−神により暴言王改心?ー[2016年10月29日(Sat)]
「飛行機の中で神の声を聴いた」「悪態を止めないと今すぐ飛行機を落とすと言われた」「誰か尋ねると、神だった」そして「もう悪態はつきませんと、神に誓った」。あの暴言王ドゥテルテが、訪日からのフィリピン帰国後に記者会見した内容が世界的に話題になっている。

 信じられない、冗談では、とか抜かすな、不信心を口実に神に逆らう日本人。事情は直前の文章(比大統領の素性に関する文章)でまとめた通り。それさえ読めばドゥテルテの言っていることも良く分かるはずだ、「言う事を聞かないと飛行機を落とす」まで含めて。ニセ日本料理の天罰等の話の中に全て出ているから。ドゥテルテ絡みの最初の文章から「(大統領になったなら)口を慎め」と書いてきたし、その通りになっただけだ。いや、正確には「私の弟子でいたいのなら、口を慎め」だった。お前のメッセイジは届いたから、安心しろ、弟子。そして口を慎め。

 スペイン、アメリカによって植民地支配されたフィリピンはASEANでは珍しいキリスト教ローマカソリックの国(他は主に仏教とイスラム教)。フィリピンから収奪するだけ、文字も文化も奪いながら後進国から発展させなかった野蛮で強欲な白人どもの支配の実情は、日本の統治で台湾と韓国が先進国になる基礎を築いたのと真逆だが、結果としてキリスト教という宗教だけは置いて行った。既述のように、キリスト教会以外には文化の無かった野蛮な後進地域の者たちだから、当然ではあろうが。キリスト教徒なのだ、良くも悪くもギャング上がりのような暴言大統領のドゥテルテすらも。神の前では「借りてきた猫」そのものだが。


 ところで、記者会見の中で、ドゥテルテは聞こえてきた声に対して誰かと尋ね、「もちろん(オフコース)、それは神だった」とかも言っている。その「オフコース」のセリフ、数日前にタイ人に私が使っていたのだ。
 ヒルズのカフェでタイ人の親子連れ3人(夫婦と幼児)が隣に座り、お子様プレートのスパゲッティーを子供に食べさせるのに苦戦し食器まで落としたので私が食べさせてやった。私には子供はいないが、食事に結構うるさい老猫に毎日キャットフードをやるし、食卓の下から遠慮がちに私の食べるモノをねだったりするので、慣れているのだ、相手の状況を見て自分より小さな相手に食事をとらせるのは。ついでにアイスクリームセットも子供にとってあげたが(代金は父親が自分で払ってしまった)。私はタイ人に贈られた簡単な現王朝五代王のバッジをしているし、深夜のNHK・BSの国際ニュースでタイの状況を簡単にだが把握している。プミポン国王(九代王)の逝去が大変悲しいとだけでなく、その父親(亭主)の出身地らしき「ピサヌローク(タイ北部の古都)」が今年も洪水に襲われた話なども、片言の英語で話した。
 母親(女房)が「あなたは(本当に)日本人ですか?」と聞いたから、「もちろん(オフコース)日本人だ(アイム ジャパニーズ)」と答えた。中国人やシンガポール人ではないぞ、と。そこも伝わったのかね。今にして思えば、タイ人から見た場合の私の公的?な誕生日「五代王復活祭(10月下旬の五代王命日の翌日)」を祝いに来たのかもしれないが、タイ人家族を名乗りながら、フィリピンにも通じていたのか・・・。


 やはり、ドゥテルテは神に会いに来たのだ、就任のあいさつに。だが、それは日本政府に、とは言いきれない訳だ。
 就任後フィリピンで最初に会った外国大使が日本大使、最初の海外訪問予定も日本だったのを、無理やり中国が横やりを入れて先に訪中させた事情は、既報の通り。もっとも、その中国の習近平も就任が決まって直ぐ日本に挨拶に来たけど・・・。このような事情も見ても、ドゥテルテの親日感情にウソはない。とはいえ、訪中での態度は余りに無節操、発言は瀬戸際外交的であり、二枚舌だったのは褒められない。その結果、早々に台風の天罰を食らったのかね。
 あの手の人間には制裁力を伴う実力を示す事だと書いただろう? その「制裁力を伴う実力」の最たるものが「神」のなのだ。意思を持つ絶対者。自然教、秩序教の日本人には理解できないか、しないフリだが、これが世界の現実だ。先進主要国だけでなく、フィリピンのような後進国も。全く、日本人は後進国の小国のマフィア上がりのような首長たたき上げの大統領より、神を恐れない。はるかに劣る。使えない。神に逆らえば破滅なのをわからぬふりで。

 そして、それを理解しないフリでトボケながら世界人類との貿易で繁栄してきた日本人は、世界人類最低のタダ乗り屋だ。そろそろ世界貿易機構等からも追い出されたら? 国連だけでなく。その警告が一番応えるか。いや、それさえ無視してトボケルだろうな。ならば、そうなるぞ。G7で先進主要国の首脳から閣僚たちから、ほとんどの身体生命を直下型地震で危険にさらしたのだから、国連安全保障理事会の常任理事国になりたいなんぞ、とんでもない話だ、追放されかねないのに・・・。
 もうソロソロ、再び神の裁きにお任せしよう。見てオレ。2016年4月13日から2018年4月13日頃まで続くであろう2年間の「見放し期間」は半年過ぎただけなのに大事件の連続だったぞ。開始翌日に熊本大地震、ちょうど半年目にタイ王国九代王の逝去まで来てしまったのだからな!
比大統領の祖父は華僑−ドゥテルテの素性とは−[2016年10月27日(Thu)]
既述のように、来日中のドゥテルテ・フィリピン大統領の祖父は華僑(中国人)との情報を今日になって聞いた。以前から「ドゥテルテはスペイン系の名で、中国系だろう」といった話は聞いてはいた。外国人の私の推測をまじえれば、ドゥテルテを含め、必ずしもスペイン系の血が濃いと思えぬ外観の者がそんな名を名乗るのは「非フィリピン系」の意味もあるのかと。
 東南アジアでは汚い商売で富を独占するとして反中国人感情が強く、「民族問題」といえば中国人問題だ。農業生産力が底なしで国民全体が飢える事がほとんどなかった温厚な仏教国タイでも華僑は移住後にタイ女と結婚しタイ風の名に変え同化するのが一般的だった。中華民国建国の頃から中国ナショナリズムの勃興で同化メカニズムが働きにくくなって問題を生じたが、温厚なタイ社会でさえ中国人(華僑)は同化努力が必要で、排他的でない仏教文化と同化努力のためにタイは東南アジア最大の中国人街等を抱えることになった。だが、一般社会でも戒律が厳しく他文化圏の者にも厳しい他のイスラム教やキリスト教の東南アジア諸国だと更に反中国人感情が強かった訳で、フィリピン華僑はスペイン風の名を名乗ってより強く素性を隠そうとしたのか。
 今回のドゥテルテ訪日に随伴した相談役?にも華僑系がいる。ドゥテルテの選挙の折にも資金援助した華僑系地方小財閥の一族で、記者会見の後の非公開の少人数首脳会談(日比3名づつ)にも参加したそうだ。

 中国に行って米国をののしるとは。中国小国の生き残り策としては歴史的に毎度の話とはいえ、ドゥテルテの無節操どころか「瀬戸際(せとぎわ)外交」ともいえる2枚舌(100枚舌)的な発言のオンパレードは信用を失うとか書いた。先進国的、いや、特に日本的な信用最優先の考え方を否定するのが中国的な価値観で、これは中国文化圏の辺境ともいうべき北朝鮮とも共通する訳か。少なくとも中国的交渉術的なものが出ていたと考えるべきだろう。
 愚かな日本人はうろたえたようにも見える。だが、話は単純で、力で抑える・圧倒するのが一番なのだ。だから中国の脅威にも媚び、日本の経済力にも媚びる。媚びたようで両てんびんにかけて短期的な利益を追及して「オレは賢い」とかうぬぼれ、軽蔑されはじかれても気づかぬフリ。信用という概念がない中国系交渉術だから、長期的利益など考えないから、そこが問題なるとモロい。が、長期的にはその場から逃げているから問題ない訳だ、中国文化圏では。
 困った話だが、その意味ではドゥテルテに悪意はないのだ、中国人の市場での乱暴な値引き交渉のようなもので。ドゥテルテの「親日」もダバオ市長の頃からの日本人との交流によるもので、ウソはないようだし。戦前のダバオには2万人規模の日本人街があり、日本のフィリピン侵攻と敗戦で崩壊したが、残された日系児童等の日本関係者の苦労を緩和する支援を日本人が行う過程で無名時代のドゥテルテは何回も日本に招かれ、日本人によるダバオ地域に対する支援を受けてきた歴史がある。ドゥテルテは自費で日本人の碑も建てている。ドゥテルテの反米、嫌中、親日は本物だ。

 良くも悪くも、こういう交渉術を使うタイプの人間に一番効くのは制裁力を伴う実力を示す事。日本人が最も不得意な話だが、私のような者には逆になる。訪中して媚中した頃の19日に台風22号がフィリピンを襲って10万人避難、といった話が一番効くのだ、日本人は全く無理な領域だけど。フィリピンも一応はキリスト教国だしナ。
 そういえば、「この台風は3年前の大規模風水害を思い出させる」といった香港の報道もあった。3年前の2013年11月(私の関連文章は11月11日付「フィリピン台風大災害」)の台風30号によりレイテ島やサマール島では高さ5mの巨大高潮が発生し海岸部から離れた場所でも津波被害のように破壊された。避難者5百万、死者7千人以上で、避難者は今年の台風22号の50倍、死者は千倍だった。確か、この時にフィリピンを植民地支配したくせに解放者を気取った米国のマッカーサーの上陸記念像群が破損した災害では? レイテは激戦地、レイテ島やサマール島沖では激し海戦があったのはその折にも述べた。日本からは自衛隊のヘリ空母「いせ」やヘリ空母的な形をした大型輸送艦(揚陸艦)「おおすみ」などが救援に向かい、大いに働き、感謝された。

 実は、この2013年30号台風の巨大災害の前にフィリピン人のニセ日本料理職人が他国でニセの豆腐料理を法外な値段で売るのをTVで見て怒った。この頃は台湾のニセ日本らーめんチェーンの店名パクリに怒ったら、台湾で台風襲来時に無理に飛んだ航空機が墜落。スペイン人のおかしな日本料理屋に怒ったら、スペインで高速鉄道事故が起きた。「ニセ日本料理くらいで高速鉄道や航空機が事故るのか」「ニセ豆腐料理一つで巨大高潮が襲うのか」と自身で書いていて信じられなかったが、結果はあくまでそうだった。それ以後、日本料理の事で私を怒らせるな、と何度も書いたはずだが。そのフィリピン大風水害が、今年2016年22号台風で思い起こされた2013年30号台風によるものだったのだ。
 最近、韓国人がらみでもあった、日本料理に関する大問題が、またまた。ただでさえ味覚が異常な野蛮人の中韓人が寿司に異常な量のワサビを入れないと文句を言って野蛮に騒ぎだすので、ある寿司チェーン店が大阪で中韓人と思しき客にはサービス・モテナシのつもりでワサビを増量していたそうだ。それを見た韓国人が、ここぞとばかりに「悪魔の日本人は韓国人客にワサビ爆弾のような寿司を出した。これは反韓テロだ!」と大騒ぎして世界中に反日宣伝をばらまいた。反日テロ民族が実質・自作自演の文化テロを仕掛けてきた訳だ、いつものように。
 元からの味覚異常者が日本文化を破壊しようとワサビ爆弾的な増量を日本の店で強要した挙句、それをネタにゆするのだから、例えワサビ増量をネットに上げた本人がテロリストでなくとも騒いでいるのが元の味覚異常者共だろうから、これも見事に、私が地獄の苦しみを味合わされた自作自演劇「ミュンヒハウゼン症候群」そのものだったわけだ。少しまともそうな韓国人がいても、結局はテロの手先にしかならないから、韓国人観光客はどうか減ってくれ。日本は既に限度を超えた観光客増加のために事故や犯罪が多発し多くの犠牲者を出している。そんな有権者・納税者の命の犠牲を払ってまで中韓人を呼ぶ必要など全くないのを肝に銘じろ、腐れ切った売国奴の日本人。

 だが、日本料理について私を怒らせるなという話は、私がブログを書かなくても有効だったのだな。神の裁きに休みはないから。
 まんまと敵の反日テロ悪魔の罠に引っかかったバカな日本の寿司チェーン店が謝罪文を出したのが報じられたのを私が見て事件を知ったのが今年2016年の10月3日、翌4日に沖縄を通過し特別警報まで出た巨大台風・2016年18号台風が韓国南部を襲ったのが更に翌5日だった。いくら表面だけ飾っても内実は軍事独裁国のまま、世界最貧国のままの韓国は、真に民政に必要だがカネも手間もかかる防災関連の対策・インフラ事業など、ほとんどやらない。まさにハリボテ・メッキの国だから、たまに大型台風が襲っただけで各地で異様な惨状となったのが、連日、韓国のテレビで報じられ続けた。が、韓国の惨状・恥は海外、特に日本では流させないという韓国政府の宣伝方針に沿う韓国系スパイ活動により、日本ではそれほど報道されず、私は夜中のNHK・BSの海外ニュースで見ていたが。
 ドゥテルテは、この有様も見たのかね。その後の2016年19日の台風22号のフィリピン直撃で、2013年の台風30号の巨大高潮も思い出したか。ドゥテルテが嫌いな米国のマッカーサーの像を破壊した台風の事を。当時連発していた「ニセ日本料理と大災害の奇妙な一致」を。親日・反米・嫌中のドゥテルテなら、それを知ってらはず。だから、私が言うようなことは聞かねばならないわけだ。


 いやはや、コンな所でも日本人は私に様なモノに依存せざるを得ないようだが、私を粗末にし抜いて命までイケニエにしようとしていた上に、口封じをはかるとは。全く、クソだな。これは追記しようと思ったが、もういやだ。巨額タダ働き、巨額やらずボッタクリの国だから。
フィリピン大統領来日−暴言悪魔か神の弟子か−[2016年10月26日(Wed)]
暴言王のフィリピン大統領・ドゥテルテが来日した。国連や米大統領を罵倒、軍事同盟の相手であるはずの米国と「決別」とか中国でわめくなど、暴言を通り越して「北朝鮮的な瀬戸際(せとぎわ)外交か」と思わせるほど。ちょうど最近もフィリピンで台風22号の大暴風雨でフィリピン人10万人避難との報道があり、「天の御警告」「天罰」と、また感じた。

 あまりにタイムリーだった台風22号の災害に恐れをなした訳でもあるまいが、訪日直前のTVインタビュー(フジTV)では、「日本大好き」「天皇陛下は神のようだ」とか、やたら神妙(しんみょう)殊勝(しゅしょう)な物言いに終始。元から親日で日本旅行も好きだったようだが・・・。
 「日本に来て皇室にまで合うなら口を慎め、ドゥテルテ!」と考えてきたのだが、聞こえたかな。インタビューでは「暴言すれば話題になって私の話が世界に届く」とか、私が書いてきたような話をして「暴言は作戦(わざと)」としている点も、通じている訳かね、私の書いて来た話に。では、神に無礼を働かないことだ、絶対に。破滅を招くぞ。まあ、フィリピンもキリスト教(ローマカソリック)という一神教の国だから、一応は分かっているな、神の恐ろしさは。嫌米は個人の心情・信条であって、いったん元首になったら別の表現方があろうよ。

 確かに私も、大米帝国?の支配体制下で半ば属国化(半植民地化)された戦後のクソ日本で、帝国的支配の手先となった朝鮮系スパイへのイケニエにされて地獄の苦しみを味わい人生を破壊されたから、有色人種を人間と考えぬ米国の直接の植民地として長く過酷で残虐な植民地支配にさらされたフィリピンとは共通する思いがある訳か。中韓等の反日国のスパイマネーに操られる国連等の様々な機関が悪質なウソに基づく超偽善な人権議論をするのにも極めて強い反発を感じたし、その意味でも国連の韓国人なんぞの事務総長をドゥテルテが罵倒したのも似た思いかもしれない。中国に対しても「国家主席の前でガムをかむ」とか面従腹背(めんじゅうふくはい)の可能性がある。「尖閣問題は、こちらから手を出して敵に政治宣伝のタネを与えるより、棚上げ状態で肩透かしを食らわせて中国のバブル崩壊による弱体化を待つのも手」とか書いてきたから、南シナ海棚上げ?と経済援助を引き換えにして和解したように見えても実はガムの話は、結果的には私の意見そのものかもしれないな、またぞろ中国の経済援助など中身の無い「カラ手形」かもしれないが。

 実は最近、ASEANでこのような話が続いていたのだ。表面的な報道では私の意見に逆らう形になっても、結果的には私が書いてきた話そのものだったりする。例えば、「インドネシア高速鉄道事業」だ。
 日本側の方が技術も経験も実績も優れ、高速鉄道事業の調査などから長年協力し先行していたのに、インドネシアの中国の手先などが日本側の資料を盗み出すような真似までして中国が「政府保証を求めない」とか直後に約束を覆すウソ契約で無理やり受注したので、当時は本当に腹を立てた。
 だが、中国が受注して派手に起工式までしたのに、実際の事業はほぼ完全に手付かず状態。もはや着工式もヤラセだったと言われており、このままでは事業全体が自然消滅だろう、中国が受注しながら放置して日本が代わりに引き受けたドゥテルテの母国・フィリピンの都市鉄道事業のように。一方、インドネシアの他の重要な在来線の幹線の改良(近代化)事業は日本側が依頼を受け、こちらは早々に動き出すそうだ、ヤラセでなく現実に。
 実は、これこそ、私が書いてきた話そのものだった事実に、やや後で気づいた。私が「再検討を」とか書いた直着にインドネシアの高速鉄道事業が突然「水入り」となっただけではなかったのだ。
 「インドネシアやベトナムなど、東南アジアのフロンティア・新興国とかいってもズサンな国民性の遅れた後進国や中進国。そんな国が焦って高速鉄道を持つと大事故の危険がある、特に中国製なんぞ導入すれば。まず在来線の改善で(高速鉄道新設に比べ金もかけずに)在来線の列車を正確に走らせる所から始めるべき。在来線を最高速度百数十キロに上げて確実に運転するだけでも万事が遅れた新興国では十分すぎる程に喜ばれる。そこに日本の中古車両の活用を組み合わせれば更に良い。第一にあらゆるものが不足してカネを節約したい新興国側の希望に沿う」とか書いて来た。「在来線改良事業なら高速鉄道事業の無理な売り込みを強行する中国ともぶつからない」とかも。
 インドネシアの鉄道事業の話も、中国の高速鉄道の見せかけ受注の部分を隠して見れば、まさに私の持論通りになった事が分かったのだ。しかも、中国がメンツで(とにかく)取った事にしたい高速鉄道ではなく在来線の改良を取ったのだし、結果的には中国に見せかけ受注で表面的には「花を持たせて」妥協したのだから、そこも私が書いてきた話に通じていた形になる。当時は「インドネシアの裏切りを許すな」とか怒ったし、その後に起きた不思議な事故や天災の連続を「天罰」と考えた事も書いたが・・・。


 しかし、だ、ドゥテルテよ。一国の元首として公の世界の国際的な政治家になって表に出たら、「口は慎め(発言は慎重に)」というのが常識であり、私の今までの考え。かつて第三極と呼ばれた日本の政治勢力の主要メンバーが失言すると、「政権が取れそうなのだから言動を慎重にして余計な事は言わない方が良い(口を慎むべき)。有権者は安心して政権を任せられるかを見ているぞ」とか書いたものだ。人気があると言っても、今のドゥテルテは正に「ヘイの上」を歩いている。検察出身で外交のシロウトだから、とかいう言い訳は通用しない世界に足を踏み入れている。

●追記(12月27日)
 前から出ていた情報だが、ドゥテルテの祖父は中国系。
 わざわざスペイン系的な名とは非フィリピン系だから
 との話は聞いてたが。訪日に随伴し首脳会談(少人数で
 非公開)にも出た側近も華僑(中国系小財閥)の支援者と。
 ドゥテルテが憎めぬキャラでも「信用を踏みにじるの
 が常」の中国系の行動パターンが出たらしい。振り回
 されるだろう、バカな日本の政府や政治屋や商人共は。
 神の威光に従わせるのが一番、こういう良くも悪くも
 ギャング上がり的な者は。「○○と刃物は使いよう」
 ともいうが、扱いようがあるのだ、日本人は全く不得手
 で私のような者に依存せざるを得ないくせに、私を粗末
 にし抜いたがな。




 前々から気になっていたが、「麻薬組織が銃を使って抵抗すれば銃で反撃するもやむなしと徹底しているだけ」程度に言えば良いのに、「麻薬組織の者は全て撃ち殺せ!」とか言うから余計に問題視されるのだ、スワットが立てこもり犯を簡単に撃ち殺す米国、ナセアン地域で大変な数の人を殺した植民地支配主義者の残虐な米国にさえ。言葉の問題は言葉で済ませろ、暴言ドゥテルテ。徹底した麻薬対策が必要なのだから、暴言という言葉の問題で必要ではない余計な摩擦まで生むな。
 ナセアン(NASEAN。日本+ASEAN)という国家連合構想の上に立つ私にとっては、フィリピン大統領はビルマのスーチーのような大切なメンバーであるはずだが、少々タイプが違うな。もしも本当にドゥテルテが私の弟子?でいたいのなら、今後は少々、口を慎め。まあ、国連から追放されかねない大ミスを犯した最低の日本政府の外相や首相なんぞに「俺の手柄だ」などといわれたくはないがね。そこが区別できると良いのだが、もしも上の話が本当なら・・・。



 あくまで大統領訪日とは言えフィリピンとの関係であり、その意味では日本とは関係ないから書いておいたが、またタイの話に戻りたい。タイも新王即位の話がやや手間取っているようで、また、しばらく休めるようだが。


●追記(10月27日)
 昨日のドゥテルテは、「米軍に2年で出て行ってもらいたい」とか発言。嫌米感情は良く分かったから、今後は少し控えるべきだ。米軍に頼らずに中国の脅威に対抗するには、やはりナセアン(NASEAN。日本+ASEAN)のような強力な国家連合を作って連邦軍がフィリピンに駐留しないとダメだから、米軍を追い出すのはそれまで待て。いや、その段階になっても、ある程度は米軍は必要だろうけど。良いか、ドゥテルテ。米軍は植民地支配の悪の帝国とはいえ、ナセアンという対中国共同防衛圏の最大の敵は中国赤色帝国だぞ。忘れるな。
 中国との海洋領土問題等では「時が来れば日本の側に立つ」とも発言。すると「今はその時ではない」訳だな。フジテレビ夜ニュース(ユアタイム)ではドゥテルテを「100枚舌」と評した。2枚舌どころではないぞ、と。どの方向にも良い顔をしないと生きて行けない小国の常とはいえ、これでは信用されない。ラオスのような小国が当時の実質的宗主国のタイ王国だけでなく隣国のベトナムにも朝貢して臣下の礼を取っていた事実に付け込まれ、ベトナムを植民地化したフランスの植民地にされてしまい、数百年続く悲劇の基を築いた事実を忘れるな。ドゥテルテは検察出身の元自治体首長だから、やはり国内、というより自治体の内務統治が専門で、元首として外交をするまでには至らないのか。「お高くとまっている」とか評されながらも元から元首の風格のあったスーチーとは違うな。様々な意味での風格を学べ、ドゥテルテ。



スーチーの野党の躍進−ミャンマーの総選挙−[2015年11月09日(Mon)]
民主化・開放を進めるビルマ(ミャンマー)の総選挙でアウンサウンスーチーの率いる野党NLD(国民民主連盟)が躍進している。が、詳細な結果は発表されておらず、今後も様々な不透明な誘導、野党が伸びすぎる事への警戒や反動等も加わり、一部で予想(願望)された普通の国と同様の政権交代に至るかは不明だ。スーチーは形式上は大統領になれないので、たとえ選挙に大勝しても日本でいう「総総分離(総理大臣と自民党総裁の分離)」による「院政」になるが、どうなるのか。院政はタイの軍事政権にも言っている事だが。


 とにかく、スーチーはアセらない事だ。誰が政権をとっても、大昔の内紛や英国の植民地時代の搾取、戦後も軍部独裁と国際的経済制裁で停滞したビルマの後進性や経済の貧しさは急には変わらない。国際社会も、最も反民主的な中国への依存を招く経済制裁は慎重にやってほしいものだが、いくら昔は巨大な農業力で豊かで「真珠」にたとえられたビルマといえども、日本に統治されて戦後の高度経済成長の基礎をきずいた台湾や韓国とは違うのだ。それに、軍部独裁は良くなくても、その実務力まで性急に排除したらビルマ政府には何も残らないだろう、竹下派解体後の日本の政府・政治のように。
 ナセアン(日本+ASEAN)という国家共同体の内の核の一つとして私が提唱する「タイ連邦+ビルマ の仏教連合体」を作るまでは、力を着実に貯えて待機せよ。軍部との無用な対立で消耗するな。国の独立を守る上では、ビルマの軍部は究極の敵ではない。中国の手先の姦流情報スパイ宣伝の方が余ほど危険だ。ナセアンという構想、隣国タイに縁が深い者として、再度、言っておく。


●追記
 単なる勝利でなくスーチーの野党NLDの圧勝らしいが、日本にもNLDの実態が伝わって来た。当選したと思われる候補者にはスポーツ選手等のタレント候補や学者など、実務力に疑問符がつく者も多いそうだ。かつての日本の民主党政権や、アラブイスラムネット革命(ジャスミン革命)後のアラブ世界。アラブで民主化革命を成功させたのは一国だけと言われるが・・・。これで焦ると命取りになりかねない。スーチーには、あと20年は元気でいてもらわないとな。
ベトナム反中暴動暴走 ー中国企業と混同し日本企業を襲うベトナムの無知ー[2014年05月15日(Thu)]
バカな話。というより、もったいない話だ。中国に海洋領土を侵略されたベトナム人が怒り狂ってベトナム南部の中国企業を襲ったは良いが、主要な標的は中国とは別の台湾の企業だったり、何と日本企業まで襲ったりと。「漢字表記」の看板や門標を見て中国企業と混同したのか。全く知識水準が低い後進独裁国だよ、ベトナムは。そこをスパイに利用されたか? 反中共闘すべき時に、これでは・・・。

 最近のベトナムでは日本観光の拡大だけでなく、ネットの普及や日本ブーム、中国の海洋侵略による反中感情の更なる激化もあって大学などでは日本語取得熱もあり、「日本留学熱現象」もあるとかで、それに付け込む後進国的な「日本留学費用先取りサギ」まで問題になっている。
 だが、一部知的エリートや日本企業関係者などを除く一般ベトナム人は、やはり限られた(統制された)情報の中で生きている。一般ベトナム人の知識の中身は昔のお粗末なまま。今回の暴走はネットなど見られない低所得層等の暴発なのか、反中でも昔から中国の皮相なパクリ泥棒文化の影響のある地域だからなのか・・・。
 それとも、韓国系や中国系のスパイか何かの誘導でもあるのか。反中暴動に紛れ込ませて、中国との関係が悪化する台湾や日本の企業を襲わせ、ベトナムと協力関係を深めるであろう両国との間にクサビを打ち込むとか。そう考えると、韓国企業襲撃の情報を聞かない理由にもなる。ベトナム政府が無知やワイロでそれを止められなければ、それもまた結局は似た話になるのだが・・・。


 最近来日したベトナム高官が「日本よ,共に中国と戦おう」と雑誌の取材で語ったと見出しになっている。それ自体は良いと言いたいし、逆の報道をされては困るが、いかんせん、遅すぎたのだ、そんな当然の報道が! しかも、発言のすぐそばで日系企業を襲ってはね。
 以前に触れたが、評論家の西部の話に、このようなものがあった。東南アジア人との会話でだ。

「日本は戦争の謝罪ばかりで何もしてくれない」

 何十年も前の戦争への謝罪とやらを求められ続けるのは主に反日テロ国の中韓のみであって、親日傾向のある東南アジアでは逆。ASEAN属国化を狙う中国への対抗上、あまりに遠く東南アジア軽視の人種差別国でもある米国だけでなく、同じアジアの先進国でASEANに経済進出して長い時間がたつ日本にも更に役割を果たしてもらいたいと願うのがASEAN各国の人間の本音だ。しかし、そんな相手に対して日本人の多くは戦争の反省で政治的影響力行使はできない?とか逃げ、結局は親日のASEANでも影響力を落としてきたわけだ。

「中国に媚びたいし任期中の厄介はごめん。ASEANはどうでもよい」

結局は、こうだったわけだ。
 政治ばかりではない。中国製の粗悪だが安い電気製品が大量にタイに流れ込み始めた頃、タイ人の関係者はそれを嘆いてこう話していた。
「誰もが高い日本製品を買えるほど金持ちではありません」
しかし、日本企業はそんな声は聞かずに高価格高品質路線のまま。その間にニセモノ日本製品の韓国製品にも追い抜かれて半ば自滅状態だ。しかも、東南アジア等での韓国製品の売り込み・宣伝の最有力手段である韓国ドラマは日本人が「冬のソナタ(悪霊)」で味をしめさせてしまったものと来た。
 まったく、日本人という馬鹿に付ける薬はない。日本にとって最も有害なのは日本人だ。日本を守るためには日本人をまず消さないとな。


 中韓の手先の日本の腐れマスコミ屋が世界の真実を伝えない為もあるが、今更ベトナム高官の発言を大きく取り上げるとはね。そんな話は「オトトシきやがれ」だ。無知な一般日本人にはそれがあっているが。
 私は「東アジア対中国共同防衛権(新東亜共衛圏)」である「ナセアン(日本+ASEAN)」を以前から提唱している。ベトナム政府も、そんな私に認められたければ、言っている時に日系企業を襲わせてどうする? 「言行不一致」だし、日本の力が利用できないぞ。直ちにベトナムの教育を改善しろ。韓国スパイ対策をやれ! ベトナム人の知識レベルや政治家のワキは甘いから!


「日本語は(漢字という)表意文字だから学習しにくい」

とかベトナムの自称教育関係幹部の女が訳知り顔でテレビで語ったのを観た事がある。だから日本語教育はしないとかいう安っぽい小役人的な言い訳だろうが、ここで出たのが混同された「漢字」の話だ。その漢字から単純明快な表音文字のカナを作り出して全国民が多用し、中国人の99%が無学文盲だった時代から極めて高い識字率を得ていたのが日本なのに。
 教育関係幹部からして無知だから親日のはずのベトナムでも情報がひどい。ベトナムで開かれた日本フェアーでもヘドの出る奇妙な着物を着たベトナム女性が会場をうろついた。襟(えり)の部分が太く別の色に染められた薄い下着(襦袢)のような着物だった。襟の色の違う大島紬(つむぎ)等は、あくまでアウター。日本では夏の衣服である薄い浴衣も襟だけ色が違う事も、ほぼない。ベトナム人が考えるような襟の色が他の部分と違う薄い衣服とは、外に見せない下着。日本では夏でもそのような姿での外出は一般的でないどころか、それが多くみられたのは売春街ではなかったのか。そこからして大問題だ、日本の女性はみな売春婦と言っているようなものだからナ。ベトナム戦争時の大量強姦などの記憶のあるベトナムでそんな誤解とはいただけない。
 襟の色が違うニセモノ日本着物とは、実は東南アジアはじめ海外ではよく見るのだ。恐らくは中韓の1000年以上遅れた文化と日本文化の混同であり、両者の混同により日本の信用・ブランドイメージを盗み取ろうとする「中韓の情報宣伝スパイ活動」の結果でもあろうよ、我が家のようなナ! そんなニセモノ着物は韓国汚染ドラマに出てきそうな気がするがね。
 そんな知識上の惨状を放置してきた結果が

「中国企業と間違え反中のアジア最大の味方の日本企業を襲う」

という救いようのないベトナムの姿だ。ベトナムの無知無学の表れだ。スパイの跋扈するベトナムだ。それでもナセアンの想定領域でそれへの加入?を望む国なのか。反省して改善せよ!


 もちろん、私は日本社会で散々なめに会わされて人生も破壊されたまま。愛国者として扱われることがあっても日本だけが素晴らしいとか言う偏狭ナショナリズムは持っていない。そうでなければタイびいきにもならない。神聖イスラム帝国を提唱したりしない。憂国者であっても幼稚なポーズだけの政治屋ではない。
 日本の社会、特に政府が私に償い和解するまで、天罰が続くことを祈っているが、最近に至るまで極めて不思議な一致による天災が続き、明らかに何者かの警告だと考えられても、日本人が一向に態度を改めないから、困り果てている。全く反省しないのだ、フリとゴマカシだけで。全くヘドが出る。日本人が態度を改めるまで事故や天災が続くべきと考えるので、政治愚鈍というより極端な政治的無責任社会の日本人を許すような立場ではない。ベトナムの日本企業襲撃も、その当然の罰の一部と考えて良い立場なのだ。

 だが、今回の日本企業襲撃をそのように都合よく解釈してばかりいられない現実も、最近のインドシナ半島には存在するから、嫌なのだ。



 更に気になることがある。中国の手先・朝鮮(韓国)の企業が襲われないとは。私に情報が届かないだけか? 奴らこそ中国による中華帝国主義的な東南アジア侵略の最も危険な先兵だ。韓国兵強姦問題にも謝罪しない女キツネ首領を先頭に、中国という悪魔にこびる最悪の手先だ。
 ローマ法王にまで「人倫に反する悪霊」と呼ばれた韓国人は、天に対してナセアンを代表する存在の代理・娘を傷つけ、その母親まで殺し、フェリー転覆沈没事故という大天罰で警告・罰を受け続ける悪魔だ。しかも、ベトナム戦争中の韓国兵による組織的なベトナム人への無差別大量強姦や、現在でも韓国人によるベトナム工員への暴行などの虐待も続いているのに。
 それなのに、なぜ韓国企業を襲わない? 中国の手先で中国本体ではないので、それを襲っても中国は手出ししないし、中国への警告にもなるし、結果的に中国の侵略を弱められるし・・・。

 それとも、今回の事件も韓国スパイによる誘導か? 「あそこにある漢字表記の企業は悪い中国企業だから破壊しよう!」とかいう自称留学生の韓国人スパイに先導・扇動されたのか? 韓国汚染が激しい隣国のラオスやカンボジアあたりから侵入した工作員の仕業か? ありそうな話だ。タイ・バンコクの武装デモ取材中の日本人記者が混乱に紛れた黒服のテロリスト集団に射殺されたとされる事件でも、犯人は(中韓の進出する)カンボジアやラオス方面で訓練を受けてタイに侵入したというのがタイ政府の公式見解だった。
 ガサツでズサンで倫理も道徳もない韓国人だが、人をだまして悪事を働かせることだけは超一流。悪者に媚びて弱い立場の者を傷つける事だけは超一流なのだ、自身の経験から言っても!
 それに、ベトナムは独裁後進国らしく腐敗した高官が中国の手先の韓国からワイロをとって政策をゆがめ、たとえば、日本が元から先行していたはずの高速鉄道事業にも無理やり韓国企業を参加させようと画策したそうだしな。そんな状況を黙って放置して保身するのがクソ日本人だがな。

 それが反中暴動でも出ただけかね。いかにも腐敗し遅れたベトナムらしい。本当に対中国共同防衛権に入りたければ、少しは反省しろ、世界最悪のクソ以下の政治愚鈍のクソ日本人と共に! もう遅いか・・・。

ASEAN首脳中国非難 −中国海洋侵略に対してー[2014年05月12日(Mon)]
ASEANが加盟国首脳会合で海洋侵略を強める中国を非難した。中国の名指しは避け、ASEANの外相会合で「強い懸念」とした表現も弱めた。情けない話だが、以前は経済支援でつられた媚中の小国・カンボジアがASEAN議長国となってASEANを裏切り、中国による海洋侵略問題を取り上げさせなかった。それに比べれば、いくらかよくなった、これでも。

●追記(5月13日昼)
 私の批判が聞こえたのかは知らぬが、12日発表の
 ASEAN首脳会議議長声明では上記の「強い懸念」
 の表現が復活したと。南シナ海の海洋侵略に中立
 だった国々も強い危機感を持ち始め、タイの巨大
 反中デモ(反親中政権デモ)等の動きも受けてか。

 繰り返すが、ラオスやカンボジアは元は実質的にタイ帝国(シャム)の領土だったのをフランスが無能なナポレオン3世の人気取りのため無理やりタイから引きがはがし、すでにフランスの植民地だったベトナムと合わせ「フランス領インドシナ3国」にしたもの。
 東南アジアらしい(西洋侵略者の言う)条約の無いあいまいな関係で、小国の常で隣国ベトナムにも貢納していた事などに付け込まれたようだ。特にラオスは山間の小規模土侯の連合体に過ぎず、メコン経済圏から無理に分離され更に経済基盤は弱くなり、今もまだ貧しい共産国で中国の属国。南隣のカンボジアも50歩100歩で、中国の経済援助という公然スパイ資金で動かされ、反共国家連合としてスタートしたASEANの議長国になっても中国の手先になった裏切者だ。かつては狂信的共産主義者による虐殺が吹き荒れ、今は中国の手先の韓国の資本の進出も激しく完全に悪魔の手先。日本人を狙うテロリストはこれら地域からタイに侵入するといわれる。
 フランス人は自分の低次元の欲望のため東南アジア人を踏みつけにし抜いてきた悪魔だ。そんな悪魔どもが赤い悪魔の中国の言葉を習い、神を裏切り中国人以外のアジア人も裏切って「中国語で小銭をモウけよう」というウソに騙されるのは、考えてみれば当然の話だ。元から悪魔なのだから、軽蔑するはずの米人のような!

 さて、とにかくASEANは強力な国家連合となって中国に対抗せねばならない。当然に中国は妨害するが、経済崩壊でやがてそれも無理になる。更にASEANと日本を合体させてナセアン(日本+アセアン)という「東アジア対中国共同防衛圏」を造って強力な海軍と核を持てば、中国人は逆に媚びるだろうよ。
 全ては実力の世界だ。中国人という理性のかけらもない奴らに「理性的な対応」は自殺行為。力をもって対抗せよ。なぜ連中が私の話なら聞くのだ? 巨大な損害の出る天罰を自分のせいにされたら困るから。高速鉄道事故も四川大震災も。浅田の母親を殺した韓国に韓国流の復讐をすればキムヨナ本人も両親も殺してようやく3倍返しだが、私は韓国人のような野蛮人ではないからやらないとか書いたが、結局は直後の転覆沈没事故で300人ほど死んだ、韓国への世界による千億倍返しとか書いた翌日に。これでは天罰を恐れるよな。全ては「実際の恐怖や損害」だ、三国人には。いや、欧米の悪魔どもも含めて、全人類かな。


 ところで、日本人はまだ私に対して何も償わないのか? 私を毎日殺そうとした悪魔を私の目の前に放置し続け、しかもその私のおかげで為替問題まで面倒を見てもらって利得額数百兆円とは、貴様らこそ世界最悪の厚顔無恥な恥知らずだ。人類の恥だ。生きているのが恥ずかしくないのか? 恥知らずなら恥もないから感じないか。ならば死んで償え。自分の命の価値も分からない奴らだよな、私の命を簡単にイケニエしして保身を図った奴らだから。転覆沈没事故という天の御警告によりローマ法王さえ異例の苦言を出す折に浅田に対する韓国人によるスパイ破壊活動へも抗議できない奴らには、私への償いも無理だな。そんな奴らにはナセアンなんぞも無理だ、貴様らを守るものなのに。日本のためには日本人が一番ジャマだ。消え失せろ、右も左も!
ASEAN首脳東京集合 −裏切者と愚か者の会?ー[2013年12月15日(Sun)]
タイのインラック首相が親中政権反対の巨大デモを食らって退陣して選挙までの暫定首相となり、ASEAN最大の親中政権が一旦とはいえ倒れた。そんな中で、私と縁の強いASEANの首脳たちが東京に集合してアベと会談し、中国がヒガンで大騒ぎとか。どいつもこいつもレベルが低くて話にならないから今までコメントしないできたが、「ウスらバカ(日本)」と「裏切り者(自称ASEAN諸国首脳)」と「死にかけの悪魔(中国)」のウソや宣伝のばかし合にも見えるぞ。

 
 まず、日本の首相は口ではASEAN重視とか言って訪問を繰り返しても、肝心の経済支援やらが、どうも表面的。国が1000兆円の借金を抱えて首が回らないのに、景気回復や成長戦略?の為の国内投資をおろそかにしてまでODAという愛想笑いをふりまいても、そのODA事業の受注は中韓やらの反日国の企業。中国包囲の為の事業がその結果かね? 政治的な騒ぎは好きでも経済政策には無関心と言われ、中古鉄道車両の活用等にまではとても頭が回らないらしい。東京五輪準備と言いながらリニアどころか国内の国際空港整備や空港アクセス改善にすら明確なリーダーシップの見えない人物では、東南アジアという遠い異国の事業で主導権とる事など無理。反中のタカ派気取りでも夫婦そろって媚韓ではね。

 そんな自称タカ派の首相を批判するマスコミは、もっとひどい。ASEAN諸国内の一大騒動であるタイの親中政権打倒の巨大デモは「反中(反韓)デモ」でもある事実を伝えるテレビも新聞も見たことがない。私が見ないだけか? 日本のマスコミは低レベルとは思っていたが、ここまでひどいとは。反中気取りだが媚韓という朝日新聞なんぞ、自分が批判する安倍とそっくりという滑稽な状況が自分で理解できないのかね。左翼の朝日は陰で中国と癒着しているからタイの反政権デモが反中デモだと書かないという側面はあろうがな。


 ASEAN諸国の首脳とか名乗る奴らにも信用できない者が沢山。フランスが植民地支配の為にタイから無理やり独立させたラオスやカンボジア(タイの東の隣国)は基盤脆弱な小国だからすぐ中国の手先になるし、ミャンマー(タイの西の隣国)は中国の半属国だった。シンガポールは中国系の小国だし、どこにスパイがいるか分からない。そこだけ見ると中国のASEAN属国化は順調に見える事もあって、中国の手先の日本の悪徳マスコミ屋どもは正確な記事を書かないのだ。
 元来、ASEANは反共国家連合としてスタートした。当然、基盤は「嫌中・反中」。それをカネで抑えたつもりでも逆に反発をかって親中政権反対の巨大デモとなるのだ、いずれはタイ以外でも。自称首脳の中の裏切り政治屋どもは、中国赤魔独裁が倒れたら失脚や逮捕といった末路をたどるだろうよ。そんな奴らが含まれるASEAN諸国の首脳なんぞに大会でコビて反中結束だとか口で言うから中国に反日宣伝の口実を与える。そんな表面的な政治劇より、都市鉄道でも高速鉄道でも洪水復興・治水事業でも、もっと地道に着実に現地の個々の事業を主導すべきと思うが、それができない、それもできないのが日本政府だ。そんな政府をどうにもできないのが世界最悪の政治愚鈍のクソ日本人だ。


 最後に中国だ。バンコクの巨大反中デモに戦慄する中国は、「日本が焦ってもASEAN諸国に無視された」と強がって虚勢を張り続けているが、ASEANの中心であるタイの巨大デモで「ASEAN最大の親中政権が倒れた」事実には当然ながら一切触れない。まるで日本のマスコミだな、赤魔中国の大ウソのバカ宣伝は・・・。
 
 アベは、日本政府は、ASEANの中心国であるタイにとっての超重要人物を毎日殺させようとした「大罪」にいまだにケジメもつけないのだぞ。そんな奴らが口では「ASEAN重視」だ? あきれかえる。貴様らの頭には脳みそ入ってるのか? アセアンとの関係では私が一つの中心なのにな、それを踏みつけにしたままで「ASEANさん仲良くね!」か? ガキよりたちが悪いぞ、貴様ら日本人!
 アベよ。この夏の異様な週末連続天災は、参議院選挙の翌週のお前の地元の大水害から始まった、私の警告を無視した結果となる形で。そんな話をつぶさに聞いていたのがタイ人だった。デモ隊側だったのだ。誕生日の訪タイ以後の私の怒りを聞いた後で今年の大洪水を見たタイ人たちには、これは偶然の一致でも何でもないのだ。そんな話を信じていたところに、「反政権の証拠が残ら得ねば破門」とか怒られたものだから、怖れおののいてデモや政権批判に参加した者が多かったのだ。次はお前達を狙うデモだという事を忘れるな。

 クソ日本人全体に言う。忘れるな。12月31日の期限だ。11月30日の中間報告期限を踏み倒した直後だがな、念を押すぞ。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml