CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 姦流汚染問題 | Main | 国際スポーツ関連 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
最低 日本の学校教育 −滋賀いじめ自殺事件第三者委員会調査報告出る−[2013年01月31日(Thu)]
日本人に任せておいたら学校の荒廃やイジメの問題なんぞ解決できる訳がない。クソのような日本人の偽善や無責任が出るだけだ。日本人の命を危険にさらす韓国ドラマの大量放送を止められない日本人には教育の荒廃やイジメの解決なんぞ無理だろうよ。第一、学校や教委のテイタラクを非難するテレビ局自体が姦流汚染の中心地だぞ。
 以前、こう書いた。大事な787旅客機を米人なんぞに任せられないのと同じく、日本の政治は赤く汚れた日本人なんぞに任せられない、絶対に。全ての日本人はこれを肝に銘じろ。日本の学校の被害者としても言うのだ。お前たち全員に対して言う事だ! よく読め! 学校教育の惨状は全て貴様ら自身の責任だ!

 「滋賀いじめ自殺事件」で第三者委員会が調査報告を出し、イジメが自殺の要因と判断した。被害者遺族は「子供は学校に見殺しにされた」と嘆いている、私と同じように。責任逃れで「家庭に問題」とかほざいた学校教育関係者がいたが、直ちに辞表を出させろ。だが、これが被害者家族を含めた日本人が築いてきた戦後日本社会の醜い実態なのだ。

●追記
 「家庭の問題」とは自殺は家族の虐待が原因との話で、
 第三者委員会メンバーも「責任逃れのでっち上げ」と
 断じた。「教育長」も虐待説を公の場でしたが、これ
 ぞ犯罪。調査報告が出た以上、厳しい処分が望まれる。
 でなければ、被害者も浮かばれない。

 マスコミやらをはじめ多くの日本人は、またぞろ「イジメ解決にはイジメられた生徒がシグナルを出しやすい環境の整備を」とかエラそうにもっともらしくバカな話をしている。「イジメ相談」をしやすくするのだと。バカか!
 全く日本人は、「アホで間抜けなカメ」だ。これではイジメをしている悪ガキに笑われるぞ、「やっぱりオトナはバカで無責任だ。今イジメてるあのバカ(被害者)が自分から相談なんかできる訳ない!」とな。

 結論からいえば(深刻な)イジメは大人が見つけて、大人が気がついて(責任を持って)止めてやるしかないのだ。クラスごとに子供を見守り見張る大人がいなければならないのだ。親の中から選ぶか、地元から選ぶなどして。
 しかし、教室に外部の人間を一切いれないのが学校という閉鎖社会の掟(おきて)だと。日教組教師は外部の干渉を一切受けない権利があるのだと。自分らでは(間接)殺人事件も防げない惨状になっている学校を、これからもずっと自分らに都合のよいように崩壊させておくのが権利なのだと。
 なにせ、日教組教師サマは、社会主義革命で民主社会を転覆・破壊した後の社会では、その支配者になる左翼労組サマの構成員だから、神様よりエライのだろうよ。そんなエライ奴らの授業を一般人の下民がのぞくなんぞ、あってはならない暴挙なのだろうよ。これはちょうど、運転中に運転席で飲食している姿を多数撮影されて新聞にすっぱ抜かれ、カメラが電車の運転台に向かうのを極端に嫌うようになった国鉄の運転手やその組合(旧国鉄からの動労)等の構成員と同じだからな。
 あのクソよりひどい学校関係者を一人残らず明るい所に引き出して裁いてやりたい。右翼の敵といわれた日教組だけではない、教育行政関係者もすべてだ!

 しかし、人手を出して子供を見守らねばならないはずの一般日本人も、「ヒマがない」「めんどう」「裁判員でもあるまいし」とかのたまって逃げるだろうよ、自身の問題なのに。そこで、結局は教師や教育委員会に任すしかなくなるのだ、あのひどい小役人たちに。
 学校という組織は大人が管理する以上、イジメという名でゴマカされる立派な「犯罪」を防がねばならないのだ、大人が。それができねば単なる無法地帯だ。その無法地帯に国が法律で子供の入学を強制するのだから、タチが悪いどころではない。何たる無責任か。無法国家の中国や朝鮮でもあるまいし!
 だが、日本社会には本当の意味での大人がほとんどいない。しかも、今の学校にいる自称・大人とは、日本でも最もいやらしい状況につけ込まれたクサレ小役人の象徴である「教師」のみ。それを管理するのも教師出身者が主導するクサレ小役人の教育委員会だから、まずダメなのだ。イジメ被害者をイジメ屋の子供に売り渡す事によって保身する最悪の赤く汚れたキチガイの偽善者どもの集まりだから、私が直接に接した多くの奴らのようにな。私の人生を破壊した奴らのようにな。私を朝鮮系スパイ夫婦に売り渡したようにな。


 深刻なイジメを受けている子供は「自分で相談なんぞできない」からイジメがエスカレートし、深刻化するのだ。イジメられるのを恥と感じたり、させられたりする。いじめられている事を、あるいは必死に、あるいは反射的に、隠すのだ。だから、「被害者以外による通報を受けやすくする」手はあろうが、やはり被害者の子供本人には相談はほぼ無理と考えるべきなのだ。
 ひどい場合には、例えば「売春強要」のような形で被害者が犯罪者・共犯者に仕立て上げられ、それによって更に脅されるのだ、朝鮮系犯罪といわれる角田一家による大量殺人死体遺棄事件のようにな。誰の眼も届かないのをいい事に、女子生徒の被害者に売春を強制しておいて「お前の売春がばれればお前が逮捕されるぞ」とかおどして被害者を犯罪者だと信じ込ませ、その上で「売春してカネを払う限りは許してやる」とかな。それにおびえたりウソを信じるような気の弱い子や追いつめられた子にイジメが集中する訳だ。これでどうやって本人に「どんどん相談してください」となるのだ? お前らみんなバカか偽善者だ!
 また、更に深刻なケースでは、自分がイジメ等の犯罪の被害者だと被害者自身が気付かぬ場合もある。これでは「相談する勇気」とやらの有無にかかわらず、相談なんぞ元から無理。私が良い例だ。自分がヒ素類の毒盛りの被害者だと分かったのは、実に毒を最初に連続的に飲まされていた頃から25年ほど後、「和歌山ヒ素カレー事件」の報道を聞いてからだ。しかも、その後も毒盛りとは頭を軽くたたく程度の罪でしかないと考えていた、東大教授夫婦がそれをやって平気な顔をしていたのだから。しかし、一回でも毒を盛れば殺人未遂の凶悪犯罪、繰り返せば連続殺人未遂の超凶悪犯罪だという事実を客観的に理解したのは、45歳程になってから、「中国毒ギョーザ事件」に関する報道を聞いてからだ。人生の良い部分の大半が終わってから、人生がほぼ完全に回復不可能になってから、自分が悪いわけではない、自分は超凶悪犯罪の被害者だったと気づいたのだ。日本人の言論無能もここまで来ると芸術的だな! 地獄に落ちろ。
 私の周囲のクソのような日本人どもは朝鮮系スパイに操られたか責任逃れでか、この「私が超凶悪犯罪の被害者」「親は超凶悪犯罪者」という極めて重要な情報すら私に伝えなかったのだ。結果、私は自分に毒を飲ませ続けた悪魔が、世界一エライと洗脳された両親だったと理解できなかった。そんな親が南北朝鮮の統一だとか抜かして学者訪朝団長として北朝鮮に行って公安調査庁に聞き取り調査されても、何ら不審にさえ思わなかったのだ。「立派な進歩は文化人だ」とか考えて。
 そんな状況の昔の私(被害者)には、親による虐待の相談を他人にする発想すらなかったし、その発想を薄ぼんやり持ったとしても、周囲が全てグルの状況では「相談してもムダ」とあきらめざるを得なかった訳だ。

 そんな状況の子供(被害者)に対して、いくら「相談体制」とやらを少々強化しても、全く無駄なのだ。それが分からんのか、クソバカども!

 問題なのは、深刻なのは、「相談できない子供」「自分からシグナルを発せられない被害者」の話であって、多くの場合、自分から相談できる程度の子供は最悪の深刻な状況ではないのだ。
 それがわからないのか、日本のクソどもめが。まあ、安倍のようなお坊ちゃんではダメだな、鳩山よりはマシでも。私から見れば、マスコミを筆頭に、日本人全体が「鳩山」のようなものだがな!



 まず第一、私に毒を飲ませ続けた最悪のイジメ屋(虐待者)の我が家の悪魔女をいまだに私と同居させているだけで、貴様ら日本人は人間として完全に失格なのだ。「イジメ対策」とか偉そうに語る資格の有無のはるか以前の問題だ。そんな奴らにいじめ問題の解決なんぞ無理だ。こんな重要な話を放置するような奴らが、何を偉そうに! 身の程を知れ!
 というより、貴様らのその無責任や偽善やバカさ加減そのものが、イジメ問題を生み出す原因なのだ。イジメの加害者は、そんな貴様らクソのような大人がつくりだす体制の中で当然のごとくに生まれてくるだけなのだ。まずそこを正さないと何も始まらない。大人が管理する学校におけるいじめは、言うまでもなく、大人の責任、日本人の責任なのだから。

 クソのような戦後の日本人め、まず、私の問題を解決してからにしろ、イジメ問題を語るのは、人間でございという顔をするのは。しないならとっとと死ね、首でもくくって。分かるか? これが貴様らに人生をすべて破壊されながら貴様らの為に巨大な貢献をしてやっている者の「生の声」だ。朝鮮系スパイに操られた貴様らにウジムシ呼ばわりされて人生の大半をノイローゼ状態で終わったいじめ(虐待)被害者の叫びだ。連日連夜の毒物連続殺人未遂を見殺しにされ続けた被害者の叫びだ。少しは肝に銘じろ、クソども!
 次に自殺するのは貴様らだ。よく覚えておけ。それを理解したうえで「イジメ対策には・・・」とかわめいていろ、腐りきった偽善者らしくな。もう完全に遅いが、日本のクサレ切った惨状を自覚して心の底から恥じるところから始めろ、左翼的・朝鮮的な自虐史観によらないな。










「いじめ」でなく「犯罪」だ−「学校教育ムラ」解体を−[2012年07月20日(Fri)]
文部科学省は「いじめ」という用語の使用を原則廃止しろ。もはや、「いじめ」とは「学校内犯罪」をごまかすための用語にすぎなくなった。犯罪を隠し、犯罪を促進するための悪魔の用語になっている。文部科学省はこの悪魔用語を直ちに原則廃止し、全国の教育行政機関に直ちに通達しろ。民主党政権は「政治主導」なのだろう? 今まではほとんどウソだったが、最後くらい、主導してみろ。

「イジメ」でなく「学校内犯罪」だと。

このまま悪魔のごまかし用語を使い続けるのなら、文部科学省自体を攻撃せよ、憲法に反する教育破壊官庁、反社会的な犯罪促進官庁、卑怯下劣な人権抑圧官庁として。日教組などは言うまでもないが・・・。

 この用語すら変えられないようなら、文部科学省の大臣はじめ、政務三役は全て今回の事件の責任をとって辞任せよ。奴らには今回の凶悪事件を防げず、事後の適切な善処もさせられなかった重大な責任がある。問題の学校の校長や教師、教育長をクビにする程度では絶対に済まない。TV等のマスコミも信用できない。日教組を進歩派勢力として持ち上げてグルになっていた連中だ。



 そして、世界ネット革命下には、更にもう一歩進んで、「悪の原子力ムラ」ならぬ、「極悪の学校教育ムラ」を解体すべきだ。文部科学省、日教組、地方の教育委員会、地方労組、地方の教育大学関係者・・・。あんな奴らに教育など絶対に任せられない。犯罪者集団が身内でかばい合っている限り、何の進歩も改善も望めない。「極悪のムラ」を解体、解放せよ。これは私の問題と同様だ。忘れるな。
殺人小役人と犯罪者の楽園、日本の学校の廃止を   − 滋賀いじめ殺人事件 −[2012年07月18日(Wed)]
「殺人クサレ小役人と犯罪者のガキの楽園」、「日本の学校」をたたき直せ。いや、一度全て解散して出直せ。無くすべきだ、いったん。日本、特に江戸では、江戸時代から寺子屋システムで世界最高の基礎教育水準を達成していた。後進地域の欧米人がキャッチアップの為に作った画一的なお役所仕事の学校システム、それを更に硬直化させた野蛮な占領米人推奨の戦後型学校システムなど不要だ、クサレ小役人根性がはびこるだけで。特にひどいのが戦後新設された中学校だ、公立の。今回の事件も公立中学校が舞台だし。
 すでに日本の学校は反社会的勢力の巣。行くだけムダどころか、子供を殺されてしまう。すでに学校は無法地帯、最も恥ずかしい反社会的な空間だ。教育の名を借りて犯罪が世間で最も安易に認められる最低の偽善空間だ。文明国としての最低限の秩序さえない、危険極まりない「偽善と無法と無責任の園」だ。私の例を見れば分かるだろう? 凶悪な連続殺人未遂をもみ消したのだぞ!
 まともな親は自分の子供を学校から引き上げるだけでなく、「憲法に定められた(子供への)教育の義務」を脅かす現在の学校教育関係者どもを憲法違反の犯罪者として裁判所に訴えろ。護憲だよ、護憲。教育労組はじめ左翼のクサレ小役人どもが大好きな。


 全学校の直ぐの全廃は大変というなら、ごく簡単な事くらいはしろ。
 給食費を徴収する「学校事務員」等の強化だけでなく、最低でも学校ごとに
「法務担当者(学校法律指導員)」
「警備担当者(学校ガードマン)」
「相談担当者(学校カウンセラー)」
「ネット担当者(学校ネット監視人)」
程度は常駐させ、ネットの書き込みまで含めて校内の状況に目を光らせ、校内パトロールを徹底し、警察や法律事務所や児童相談所等と常に連絡を取り合い、「イジメの名を借りた刑事犯罪」等はすぐ摘発し、学校に「文明国の最低限の秩序」を取り戻せ。トイレや屋上や体育館等でのイジメの名を借りた犯罪を防ぐ防犯監視カメラ等も必要だ。
 警察OBや法律業務経験者等のボランティア等でも動員しろ。「教育現場にはなじまない」とかいう赤いクサレ小役人的な言い訳は絶対に許すな。橋下の言うように、「教育には選挙で選ばれた知事などの政治家が責任と方針決定権を持つ」のが当然だ、文部省・教育委員会や日教組のクサレ小役人でなく。
 これだけ世論の目が向いている時なら、ボランテアもいくらかは集まりやすいだろう。「学校・教育現場への権力の介入を許すな」と言った教員組合や教育行政こそ許すな、絶対に。反左翼の日本の常識?勢力も「日教組は許さない」と口で言うだけでなく、今こそ学校や教師をたたき直せ、圧倒的なネット世論と共に。

 学校は既に無法の場になり下がった、教師とか言う赤く汚れたクサレ小役人を養うためだけの。表面的に秩序が保たれていると装っているだけの話。今の学校関係者だけでは何もできないどころか、ますます子供を殺すだけだ。私も経験したように、奴らは間接殺人者だ。見殺し殺人者だ。立派な犯罪者だ。まともな人間ではない。
 ネットでも何でも使って、すぐに社会の常識を学校に注入せよ、そんなものがあればの話だがな。全く常識のないクサレ切った反社会的な者の巣だから、戦後の日本の学校、特に公立中学校は。おかしいのは小学校でも大学でも、公立でも私立でも同じだが。


 同じことは、「近隣国条項?」とやらで韓国人犯罪をすべて見て見ぬふりし、報道すらさせてはならないという日本社会の状況と共通する。まさに、
「赤く汚れた草取り百姓と無法者テロリストの楽園」
だからな、日本は。そんな条項こそ、国民の人権を政府自らが踏みにじる反憲法の異常な「テロ犯罪促進条項」であり、直ちに廃止しなければならないし、それを捨てない政府を「憲法違反」として直ちに訴えねばならない。妨害する韓国政府に対し、正面から戦わねばならない。そろそろ姦国大使館への数万人規模のデモを考えねば、連日の。韓国とは国交断絶後、憲法を改正して戦争しなければならないのだ。
 すでに、世界ネット革命は、赤魔・韓魔撃滅の戦闘(砲撃)段階に入ったのだから。
 もっとも、それまで日本人とやらがこの世にいればの話だがな・・・。



 ところで、全く同じことが私の話でも言える。私にとって、日本社会は「偽善と無法と無責任の園」「クサレ小役人と犯罪者の楽園」だった。違うというならけじめをつけろ。私の目の前にいる超凶悪犯罪者への私個人による仇討ち(あだうち)等による復讐は,法律で禁じられているそうだ。私が母親と名乗る悪魔を殺したりすれば、「あいつが異常だった」と、全て私のせいにしてごまかそうとする意図が見え見えだ。ならばなぜ、「政治的判断」や「一人一殺」とか口では勇ましい連中がなにもしないのか。強度の精神障害者を隔離するとか。あんな奴らがどこで交通事故に遭っても、二束三文で示談なのだし。期限は迫っているぞ。後一週間ないのだぞ。




 
刃物を刺した子の例え話 −自身と大津いじめ殺人−[2012年07月12日(Thu)]
「背中に刃物(ナイフ)が刺さったまま放置される子供の例え話」 いつか書こうと思って書いていなかった話だが、大津市の事件が起こった折に、日本人に対する警告として書いておきたい。「学校教師や大津市教育委員会が悪い」とか安直にわめいて安直に善人ズラする全ての偽善な日本人に対する警告として。
「お前達も同じ穴のムジナだろう」
とな。


 以前、某県教育委員会の不正事件の折、「教師(組合)と教育員会(行政)は対立というのはウソ。実はどちらも教師で実質一体、同じ穴のムジナどころでない。教育委員会を動かすのは渡り歩きの全体の幹部候補の事務役人でなく、教師・教育大学出身等の専門役人。そのトップが逮捕された教育審議官、名目上はNO3でも」
とか書いた(今回の教育長が一般事務系出身なのか元から教育畑なのかよく分からないが)。しかし、実は、大半の日本の生徒や親たちも、無責任教師たちと同じ穴のムジナなのだ。


 普通、ナイフが背中に刺さったままの状態で歩いている子供を見れば、
「すぐに警察や救急車を呼ぶ」
と言う日本人が大半だろう。警察は犯人を探して逮捕しようとするだろう。
 しかし、実際にその場に立つと、まるで違うのだ。日本人に限らないかもしれないが、日本人は我慢強くて順応性が高いとかでな。確かに、実際のナイフなら、通報し治療するかもしれない。だが、子供に刺さったナイフが「学校や地域の集団いじめ」だったり、ちょっと「有力なヤツ」による犯罪だったり、「凶悪な三国人(特に韓国人等)によるテロ」だったりすると、途端に見て見ぬふりをし出すのだ。それどころか、加害者の凶悪犯罪者に媚びて自分もイジメ犯罪に参加し始めるのだ、
「その方が利口だ(メリットが大きい)」
とかな。
 国民・視聴者の生命や財産の安全を悪魔の韓国に売り渡して金もうけしているテレビ屋とか名乗る「世界のクズ」どもを見ればわかるだろう。実は、あれこそ、お前達日本人自身の姿なのだ。

 直ぐに警察や救急車を呼ばねばならない時に、しなくなる。それどころか、
「あいつ、背中にナイフさしたままで歩いてやがる!」
「異常な奴だ。みんなでいじめて直してやろう!」
とかなるのだ。しかも、被害者の子供に見えない所にナイフが刺さっていても、その事実さえ、本人に伝えないのだ。私はその事実に気がつくまで40年かかり、その間に人生のよい部分はすべて終わり、50歳になろうというのに結婚もしていない。しかも、日本にとって重要な貢献をし続けてきたのにだ。そんな状況を放置し、タダ乗りしつづけるのが、お前達日本人自身の姿だ。

 私の場合、公共事業利権に関わる業界や銀行や商社屋だけでなく、一番それを止めるべき公務員、教師、医師等が、先頭に立って、ナイフを刺された子供の被害者をいたぶって喜んだ。左翼のキチガイ文化人だか朝鮮系スパイだか知らないが、主犯の夫婦がその系統のヤツだから、左翼の教職員組合の教師も支援するのは当然だし、当時のマスコミは左翼や外国人の犯罪を擁護するような論調ばかりだったし。

 私の場合は、そんな例に事欠かない。世田谷区の上野毛にある私立の幼稚園の年中組(2年次)の担任は、私が
「弁当を食べないゼイタクでわがままな悪い奴」
とか、我が家の悪魔の虐待犯の口車に乗せられてか、それを信じたふりでか、毎日私に嫌がらせを続けた、昼食時以外にも。
 我が家の悪魔がそれで図に乗った為だろう。進学した地元の世田谷区立小学校の一年の担任の教師は、毎日、昼食の給食を食べられない私をなじり、毎日居残りにして教室に残し、帰宅する他の生徒にさらし、泣いて謝るまで私を返さなかった。凶悪犯罪者の被害者が毎日毎日、泣いて謝らせられていたのだ。逆ではないか。一年生では午後の時間割はないから、給食後にいくら居残りさせても不都合がないのだそうだ、これも立派な虐待だがな、犯罪被害者に対する。しかも、その教師は学校一優しいという評判の女教師だったし、私は大変な悪者にされてしまい、学校で顔も名前も知らぬガキにまで突然に嫌がらせされる事すら何度もあった、ヤクザのナンクセつけに近いような話でだ。
 これが貴様ら日本人が私にしてきたことだ。忘れようとしても、ゴマカそうとしてもムダだよ。いくらでも挽回の機会があったのに・・・。

 当然ながら、私が昼食という食事を食べられなかったのは、まず、幼児期からずっと続いた母親と名乗る朝鮮的な悪魔による毒物連続殺人未遂の為に、胃などがおかしくなっていたためだ。そして、ある意味ではそれ以上にひどかったのが、食事時の強烈な嫌がらせによる
「食事恐怖症」
だ。食事の場が毎日の最悪の虐待の場だったから。育ち盛りの子供が「ゴハン」という言葉を聞くだけで震えあがり、当然に胃袋も縮み上がっていたのだろう。私は食事以外のわずかなおやつ?やジャンクフードで生き延びていた事になる。
 これは、前にもふれた、韓国の焼き肉屋で日本人客に対し
「イヤというのに韓国人店員が日本人に嫌がらせの限りを尽くして給仕する」
という漫才ネタに極めて良く似た状況だったのだ、毎日毎晩。我が家の悪魔は、父と名乗る大バカの書斎に私を連れて行って、二人きりで嫌がらせの限りを尽くしながら私に食事を食べさせ、最後には毒を飲ませて食べたものを全て吐かせていた点にも、何度も触れてきたがな。

 そんな地獄から子供を救わなければならない学校や幼稚園の担任教師たちが、真っ先に悪魔の手先・パシリとなって凶悪犯罪に参加し、
「東大教授の子供でも甘やかさない進歩的理想に基づく英雄だ、私は!」
とか粋がったり、自身のねたみを正当化したていたのだろうよ。我が家のキチガイ文化人のスパイは、私が幼稚園の年長組(最終年次・3年次)には東大で助教授から教授に上がっていたのでな。

 その上に、小学校6年以降は、毎冬の盛大な毒盛りと学校関係者による証拠の隠滅・もみ消し、下水道事業団理事長と名の似た目の細い者によるウジムシ呼ばわりの集団嫌がらせ、更に朝鮮的な顔つきの中学の不良教師による必要な嫌がらせとが集中され、数万人に一人の天才児だったはずの私は、字の読み書きも出来ない状態になり、
「勉強(英語等)のできないバカ」
とさげすまれ、ますます嫌がらせされることになり、人間として生きてゆく上での最低下の自信もなくした廃人状態になってゆく。
 これは、韓国人が日本人に対して持つ欲望と極めてよく似ているのは、偶然なのかね? 親が朝鮮系スパイだったから、本国の指示に従っただけかね? 日本国政府の黙認のもとで。

 主犯はいつも何らかの形で朝鮮的な者だった。しかし、それに乗せられグルになり、凶悪犯罪の証拠までもみ消しつづけたのは、お前達日本人だ。今回の大津いじめ殺人事件を見て、また改めた強く思い出す。

 この
「ナイフが背中に刺さったままで放置されるどころか更に虐待される子供の例え話」
を心に刻みつけろ。

 善処せよ、朝鮮や中国の悪魔の手先のクソ日本人ども。クサレ小役人ども。児童相談所によると思われる私の一時保護時の情報を開示しろ。毎日目の前でのうのうとする凶悪犯罪者を社会から、私から隔離せよ。賠償せよ、日本政府と私との和解金や報償と合わせて。さもなくば、お前達に神聖な日本列島に住む資格など全くない。地獄に落ちろ。天による追い出しは大変に怖くてきついぞ、既に始まっているがな。 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml