CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 国政・対外政策 | Main | 対米交渉 »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
震源深さ420`の地震 ー三重県南東沖の震源で東北南部で最大震度ー[2019年07月28日(Sun)]
震源深さ420`とは大深度地下鉄ならぬ「超大深度地震」か。三重の沖の海底が震源なのに東北で最大震度とは「ステルス地震」かね。3時31分の地震は特異な揺れ方とは思ったが、まさか三重県南東沖というハルカ遠方が震源で、深さ420`とは。最初の初期微動(微細な縦揺れ)から大揺れまで時間が長く揺れ全体も長かった今回の地震は東京でも相当に揺れたから良く覚えているが、とにかく異様なのは分かった。
 地震後、しばらくしてから最大震度(震度4)は東北南部の宮城だが震源はズッと南の三重県南東沖と聞いて少々驚いたが、震源の深さが420`なら地表のどこが揺れるか普通とは違うのだろうよ。
 私が大反対した2015日本国際賞表彰式の直ぐ後の2015年5月30日という私の誕生日の超深度巨大地震(M8クラス)を思い出す。今回はM6.5だから、あれほど巨大ではない、何十倍も違うから。
 だが、選挙も終わって制裁の季節に入った事は、私自身が書いていることだからな、当然と言えば当然か。西日本大震災(南海トラフ地震)とはやや異なるとは言え、それを思い起こさせる震源でもあるし。
 それでも態度を変える日本の政府や主権者の国民ではないから、更に厳しい事態になるだろうが、ともかく、神の警告はあったのだぞ。警告はしたからな。証拠は残したぞ。後は、警告を聞かない方の責任だから、悪いのはそちらだぞ、何があってもな。トランプも神本体も聞いていよう。私も具体策に移る。
カリフォルニア大地震 ーM6.4直後にM7.1ー[2019年07月06日(Sat)]
米国西海岸カリフォルニアでM7.1の大地震だ。人口の少ない地域で損害は少ないが、M7.1は地震に弱い米人には大天変地異。先日のM6.4のカリフォルニア地震の折は「米人は大騒ぎだろうが規模は大した事はない」「これでは済まない」「津波を伴う西海岸大震災に注意」とか書いたが、すぐに警告に沿う内容の地震だな。M7.1とは日本でも大地震、M6.4とは10倍以上のエネルギーの違いだし。

 そういえば、土曜日だから未明に放送打切りを求めたTBS「ひるおび」は放送していないが、ウイークデイなら当たっていたな。担当のテレビ屋は残念だったね、速報できなくて。他人の不幸しか喜びのない朝鮮系スタッフも混じっていたかも知れないのに。いや、スポンサーもか・・・。

 何度か簡単に触れては来たが、米国西海岸カリフォルニア地方には、神の裁きが下るに相応しい罪があるのだ。それは次の機会にまとめる。かなり大きな分量になろうから。

 
 これが6月30日以降の天罰の一環だ。ちょっとやそっとで済むわけがないだろうよ。神本体に私の言葉が一々届いているというより、キリスト教正統派の解釈では一体化しているわけだから、即反応、という言葉自体が誤りと解釈されかねないな、カリフォルニアのある米国などでは。自身の話なのだから。

 それが分からないのは膝元の日本人だけでな。神を悪魔の朝鮮人へのイケニエにし続けて巨額の恩恵だけ受け続けもトボケル「不逞の輩(ふていのやから)」だから。自分らで昔は「神国」「日本皇室は神々の御子孫」とか言っていたくせに、ほんとうの神が自国内に現れてもイケニエにするばかりだったのを、都合良く分からぬフリでとぼけておるのだ。

 徹底した圧力や制裁で言うことを聞かせないと、聞かせない側の世界人類まで滅びかねないな、トランプよ。分かっているな? 日本での朝鮮人の跳梁跋扈は米帝国支配体制下での手先としてだった。まずは米国が朝鮮の南北両方に徹底して厳し態度をとれ,日本に対してだけでなく。これは自身の米国に対してもだ,内々にでも。
中国東北部で大竜巻 ー工業団地屋根消えるー[2019年07月05日(Fri)]
中国東北部で大規模な竜巻が発生、その映像が日本のTVでも何度も流れている。黄土を巻き込んで色が付いた巨大な竜巻が街を襲い、工業団地の粗末な屋根を根こそぎ吹き飛ばし、骨組みだけ残った建物が延々と続く。無事なのは共産党幹部のバブル投資用の空き部屋ばかりのエンピツ(ノッポ)アパートだけらしい。正にウドの大木か。滑稽な光景だ。
 中国側は死者6名とか報道だが、どうせ、またぞろの過小発表で、被害者の実数は数十倍とかだろう。いや、数百倍かな・・・。
 それにしても中国でも最近は異常天候の連続だ。6月から始まった南部の大水害は更に激化、熱波で湖に藻が大量発生して湖水が真っ赤、それに巨大竜巻だ。正に天罰だよ。中国共産独裁への神の警告だが、香港の過激派も、もう少し神の御業を見てからにしろ。赤魔を倒すのは一部の幼稚な過激派の人間ではなく神の軍団だ。
カリフォルニア地震 ー山火事で済まぬ天罰ー[2019年07月05日(Fri)]
ついに米国カリフォルニアで地震だ、警告の通り。竜巻以外の地震等の天災に慣れぬ意味でも全く「ひ弱」な米人は大騒ぎだろう。M6.4とは震源が浅いなどの事情でも無い限りは日本では大事ではないが、米人はM(マグニチュード)の値が一つ違うほど受け取り方が違うようだ。M(マグニチュード)は対数が元だから、Mが一つ違うと地震エネルギーの実数値は30倍違うので、これは「受け取り方が30倍違う」とも言えるようか。その意味では正に神の警告だな。

 大ウソ慰安婦像問題に強く表れるように、米国の中でも中国系が多い西海岸のカリフォルニアは特に眉韓・眉中が激しく、今日のように対中感情が悪化するまでは中国や韓国の反日スパイ活動がフリーパスだったようだ,今も改善したかは分からぬが。
 そこに私は怒り、カリフォルニアへの天罰を警告してきたはずだが、それが狙ったように6月30日の直後に起こるとはな。
 米人も神を怖れよ。キリスト教徒を名乗りながら、最も神を怖れぬ悪魔の親分だからな。
 次は何か。津波を伴う大地震による「西海岸大震災」かね。当然の話だが、天災とは、毎年連続で最悪を更新中のカリフォルニア山火事だけではないのだ。
世界中で異常気象  ー6月30日を境の天災ー[2019年07月05日(Fri)]
最近、世界中で異常気象だ。暑いはずのメキシコでヒョウが大量に積もって自動車が走れないどころか自動車がヒョウに埋まる始末。既述のフランスの熱波は更に激化して45.9度を観測、地下鉄が暑いどころではなくなった。中国では6月中旬から続く南部の豪雨で洪水や土砂災害が連発し死者61人と報じられるが、利権にならない防災インフラ整備が悪い中国では被害実数は10倍では済まないだろうよ。更に中国では猛暑で湖の喪が異常発生して湖水が赤くなったのは神の共産党への皮肉カネ。

 メキシコ人が何か悪いことをしたのかは知らないが、中国やフランスは批判対象だ。それに、私の問題を解決できないのは世界人類全体の責任と書いたよな。日本とやらを国際社会で説得し神に償わせないと人類全体に神の裁きが下ってしまうとか、G20に際して書いたよな? 
 最近の日本政府の対韓対抗措置は「以前から長期間かけて準備された」とは言われるが、急に始動したのはG20直後だから、それが一応の説得の成果なのか?
 でも、全く足りない。日本政府は各官庁の寄り合い所帯で最高指導部は無いのだ、ほとんど。国の頭、国の人格ともいうべき「国格」が何処にもないから、生きてすらいないと思う、日本という国は。特に無能で無力な坊やの安倍が首相では。だから、全体を統括して然るべき対外政策や神への謝罪と償いなんぞ、日本政府とやらには無理。統治機構の問題への対策も必要だし、そてもとても、これだけで神に謝ったことにはならないのだ。

 これは世界人類に課せられた宿題だ。出来なければ「人類断種による滅亡」も十分に有り得るだろうよ、東日本大震災の例を見るまでも無く。さあ、どうするのだ? 些末な問題で争っている場合では無いぞ!
南九州史上最悪豪雨 ーシラス台地重大危機ー[2019年07月02日(Tue)]
九州南部で記録的な大雨が続き、鹿児島県の日置市では24時間雨量が320ミリに達し、観測史上最多となった。特に鹿児島付近は水で崩れやすい「シラス台地」、火山灰土だ。桜島やその前の火山の噴出物が長年に渡り積もった痩せた土地の丘陵では、結果としてサツマイモなどの特産物が育ったのだが、水で崩れやすいという話も子供の頃から聞いている。そこに歴史的な大雨とは、土砂災害が起きない方がおかしい。これも天罰カネ、6月30日の直ぐ後に起きる。どう責任を取るつもりか。
新潟県村上で震度6強 ー山形県沖震源M6.8ー[2019年06月18日(Tue)]
18日夜22時22分、11の倍数が揃った時間に山形県沖を震源とするM6.8の地震が発生、新潟県村上市で最大震度6強を観測した。マグニチュード6.8とはM7にやや近いから小さくない。山形県日本海側の庄内地方でも震度6弱、NHKの中継映像は再放送中のドラマ「おしん」でも出てきた酒田の港(川沿い)のようだ。余震が続き、鉄道は止まり、停電も発生したが、昨夏の北海道の厚真での地震による北海道内全面停電(ブラックアウト)ほどではない。震源が海の下だから津波も発生したが、今の所は予想が1m級で規模は大きくないようだ。


 おやまあ、「おしん」が浅田真央に似て見えるとか、主人公のおしんをかわいがった酒田の米問屋の大女将(おおおかみ)の話などに触れたばかりで、その水沿いの米倉庫群に続く川(港の内陸側)らしき映像を見るとはね。それに、ヨシダ似の犯罪者が最近は続出だし、これが神の「兆し(きざし)」,正確には神の怒りや罰の兆しなのだ。香港のデモ隊宛に「神の意志」につて書いた直後だしな。


 最大震度の村上は新潟平野の最東部に近く、最も山形県寄りで、その先は山。鉄道(JR羽越本線)でも、人口も乗客も多い新潟から村上までが昔からの直流電化区間で、その先の山形方面へは輸送密度が低い路線向けの交流電化が後から成された。直流と交流の電化の違いは鉄道に感心がある人間には重要な話で、両者の切り替わる駅はジャンクションかと呼ばれて重視される。人口が多い首都圏の在来線(通勤路線)では交流電化自体が少ないから、一般の乗客がこれを意識するのは常磐線くらいかね。昔は一番イナカだった常磐線だけは交直両用の電車が本線普通列車として多く走り、新設の東京上野ラインを通って東海道線の品川駅まで来るからな。
 全車がグリーン車の座席を有する特殊な村上行きの夜行列車があったので乗ったことがある。直流専用電車のこの夜行列車は上野から新潟を経由して羽越本線の村上まで行ったが、新潟までの客も多く、交流区間は走れないこともあって、村上で終わり。その先の山形県の酒田方面まで行った時は早朝のローカル列車に乗り換えた。自動車への依存が強い地域で朝の通勤列車とはいえ主に通学輸送用で、電化区間なのに電車ではなく、古いディーゼルカーだった。古いディーゼルカーは私には面白かったが、眠かった記憶の方が強いか。
 そんな縁もあったわけだ、私とは。


 注目する北方領土大震災の予想地域の中で震度1の微弱な地震もほぼ平行して発生した。6月30日を目前に、少しは懲りると良いはずだが、日本人では全くダメ。どこをどう押しても全くまともな反応など出来ない超愚物だ。だが、これをみて世界の主要先進国の首脳部などが震えあがったり信仰心を深めたりすれば良いのだ。徹底的に日本に圧力をかけられるからな、外圧を。人類の根本ルールを破ったモノは、人類社会から追放が当然だ。イヤなら降伏しか残っていない、もはや。貴様らが悪いのだ。
韓国団体遊覧船転覆 ードナウ川で船の衝突ー[2019年05月31日(Fri)]
現地時間5月29日夜、ハンガリーの首都ブタペストのドナウ川で観光船2隻が衝突、韓国人団体客が乗る小型遊覧船が転覆、現時点の報道では乗員乗客35人中7名死亡、21人不明。衝突場所は川岸の国会議事堂(夜間ライトアップ)から600mの観光スポット。二つの川の合流する付近の橋の下、激しい雨で河川も増水していた。

 夜景を見る観光船同士が河川合流点付近の橋の下の水路が狭まる部分で接触した。韓国人団体客33人とハンガリー人乗員2人の計35人の乗る小型遊覧船に後ろから来た大型クルーズ船が接触(追突)したが、遊覧船は停泊中だったとも、遊覧船が何らかの原因で急に方向転換したためとハンガリー警察が考えているとも報じられる。
 ドナウ川は長さも流域面積も大きい、日本の川からは想像できないほど流量・流速の大きい大陸型の大河川。事故現場は合流部付近の橋の下の狭隘部で、その上に、強い雨による視界不良と増水という自然条件の悪さ等の原因の複合が考えられる。しかも、最近は観光客が増加し、オーバーツーリズム(観光公害)的状況が川の上でも生じていたようだ。そこに更に韓国人的な問題が加わった可能性がある。ナッツ姫的、アシアナ航空的、セオル号的な深刻な問題の体質だ。
 衝突された韓国人団体チャーター状態の小型遊覧船はハンガリー船籍で船長30m以下(27m)、衝突したクルーザーはウクライナ船籍で船長130m以上(135m)、大陸型の大河川とはいえ川船としては大型か。小型遊覧船は接触後7秒で転覆したそうだ。
 韓国人団体33人は5月25日に韓国の仁川空港を出発し6月2日に帰国予定の東欧巡りのパッケージツアーで、小児を含む9の家族等のグループとされる。韓国人は死亡7人、不明19人、生存7人中4人は退院、3人は低体温症で治療中と報じられる。

 いくら悪天候とはいえ、このような事故は十分予測される。元から流量・流速の大きい大河川で合流部の橋の下となれば、現地のドナウ川に慣れた操船者なら危険も分かっているはず。それが対応出来なかったのはセオル号転覆事件時のような未熟な操船者だったか、またぞろ韓国人側がセオル号運営者のようにパワハラ的な支配者気取りで無理な要求をしたり無理な航行をさせたりしたか、両方か。それとも、単に旧共産圏の東欧の遅れたイナカの貧乏国らしいズサンさからか。それら要因全体の複合か。いずれにせよ、セオル号事件のような韓国人のズサンさ、異様さを思い出させる事故と思う。
 まだ原因の詳報等はなく、韓国人の遊覧船側の急な方向転換とかの情報がある程度だが、韓国人客は全員がライフジャケット(救命胴衣)を着用しておらず、全員がそのままの姿で一瞬にして夜の暗くて冷たい川に投げ出されたが、この船では以前から客がライフジャケットを着用しない事が慣例化していたそうだ。遊覧船の無理な急な方向転換との情報もアリ、それら全てがセオル号事件を彷彿(ほうふつ)とさせる。
 この辺が事故や被害拡大の一因らしいが、そんな呆れた状況がワガママで横暴でズサンで安全等の直接的にはカネモウケにならない重要項目への配慮の薄い韓国人の客がよく使う船であるために生じた可能性も十分にあると感じる。そうだとすると、正に小さなセオル号事件か。
 日本人は良く聞け。コンナ相手国もメチャクチャにする奴らが日本に年間700万人以上も来て更に増え続けているのだぞ。直ちに「韓国人ビザなし入国の停止」を実行せよ、いくらかでもまともな頭が残っているなら!



 ここまでが客観的な情報に基づく話だが、私にとっては誕生日の5月30日に日本のTVで報じられた点が印象深い,時差もあって事故発生は現地時間ではイブの29日だがな。イブに起きて当日に伝わった川・内陸水運での事故。河川や運河での船による内陸水運とは新帝の専門領域でもあり、私とも縁が深い領域だ。このブログコーナーも旧・船舶振興会のものだしな。最近はNHKBSでも夜中に運河関係の特集の再放送が続いたが・・・。しかも、私が唱える「韓国人ビザなし入国の停止」を必要とする状況が生み出した事故だし。

 これも天罰かね。東欧は経済的な遅れに乗じて韓国財閥企業等が進出して幅をきかせ、韓国人観光客も多いのだが、韓国人は当然ながら陰でも暗躍、浅田を苦しめる基盤となった地域でもある。東欧諸国は、民主化までは赤い帝国のソビエト・ロシアに属国の共産主義国として支配され圧迫・搾取されたし、旧ロシア帝国の時代には殖民地的に支配された国も含むから、トルコなどとも似てロシアへの反発は強く、日露戦争でロシア帝国と正面から戦って勝利した日本への好感度が高かった。だが、そのロシアの手先となって日本を裏切り日本侵略の手先になろうとした韓国人が日本人のフリをして幅を効かせ政治も報道も経済も歪める地域でもある,東欧は。そんな東欧諸国と韓国人への天罰ではないのか、神の誕生日の。影の,真のクリスマス、イブの。
 日本人も「ざまをみろ、韓国人」とばかり言っていて良いのか? 朝鮮人という悪魔のグルになって神を断種し廃人化することに手を貸し続けながら神の巨大な恩恵だけは受け取り続ける日本人は,神の次の標的だろうに・・・。
5月初4日連続真夏日 ー観測史上初の高温ー[2019年05月27日(Mon)]
まだ春の5月の日本なのに昨日は北海道ですら40度近い異常高温、今日は東京で4日連続の真夏日となった。東京の5月の真夏日だけでも珍しいのに4日連続は観測史上初。とにかく異例だ。トランプが日本を離れる明日にようやく暑さが緩むが、やはりトランプ訪日に合わせた異常気象だったな、訪日(羽田到着)寸前の都心震度4の地震と同様に、私の警告の直後の地震だったが。今日未明には4時4分震度4だったし・・・。だから言ったろう、トランプが来までにやれと。何もしなかったからだ。日本政府の最悪の無責任のためにトランプまでプレッシャーをかけられているのが分からないのか、必死にオモテナシで媚びようとしている。やはりトランプ訪日を神が特別視したからだろう。やはりトランプが私の誕生日を祝いに来たのだ、2015年の前例に鑑みて29日と30日を避けて。結局は避けても軽い天災は来たが。これが貴様らへの通信簿だよ。もう次は,この程度では済まさないぞ。
4時4分茨城震度4 [2019年05月27日(Mon)]
4時4分震度4、茨城日立市で最大震度。異様な数字だ。意味はこれから考える
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml