CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« タイ大洪水関連 | Main | 浅田真央関係 »
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
中国キリスト教拡大 ー一億人超え弾圧激化ー[2019年04月29日(Mon)]
中国のキリスト教徒が推定一億人を超え中国共産党の党員数を上まわり、共産独裁政府による弾圧が激化と報じられる。赤魔と呼ばれる腐敗の強烈な独裁中国では弱者救済(権力批判)や清貧(反腐敗)を教える宗教は危険なのだ。
 中国各地でキリスト教会組織の解体が図られ、聖職者は逮捕され、教徒は暴行され同じ教会の教徒と二度と関わらないよう脅されるそうだ。職も失うが、弾圧を受けた側には「職を失っても怖くない」と大昔の日本でも聞いたような弾圧下のキリスト教徒らしい発言もある。

 どうやら、単に教徒数が党員数を超えただけではなく、共産党を上まわり脅かす勢力となりつつあるのを共産党に警戒されているとも感じる。一口にキリスト教といっても大分類だけで新教や旧教など様々なグループがあるし、教会ごとに別々の聖職者に付くから社会に対する考え方も統一されないはず。なのに、これだけ独裁政府から警戒されるのは、「反腐敗」を当然のように教え広がる宗教が共産党独裁国家には怖いのだ。
 なぜなら、かつで中国共産党自身がやったことだから。古い中国社会の古代帝国から進歩せぬ封建制度や腐敗の極みの資本主義での資本家や中国国民党を批判して革命闘争?を起こして権力を獲得したからだ。同じ事をキリスト教徒がやりかねないと感じて強く警戒しているのだ。革命を起こした張本人が腐敗して革命を起こされるのを警戒しているのだ。自分がやったことだから良く分かるのだ。鏡を見て怯えているのだ。

 中国のキリスト教徒も決してマジメな動機だけでなく、単に金持ちに見える西洋的アクセサリーとか、欧米移民時の教養教育程度のつもりで始めた者も多かったようだ、最初は。腐敗によって不正蓄財した共産党幹部一族が不正資金を使って移民してカネも送って隠して相手国(キリスト教国)に潜み溶け込んで贅沢な生活を送る上で必要な英会話程度に考えてキリスト教を子弟に学ばせたら、自分らの不正を嫌う考えを吹き込まれてしまった、といった話も多いのでは。最初の動機は褒めたものではなかったようだな、中国人らしく。
 しかし、一度キリスト教に触れると共産党の腐敗に嫌気が差して党から離れてしまう党員もいると言うから、少し驚いている、あの中国人がと。腐敗を抜いたら何も残らない中国人が。最初の動機が悪くても後から意外な成果を生んだのかもしれないし、当局側が警戒するのも単なる被害妄想もといいきれないらしいから、深刻なのだ。



 さて、ここまでが一般的解釈だが、これからは私の意見だ。

 中国のキリスト教徒に言っておく。信仰とは何だ? 教会に集まって聖書を読んで聖職者の説教を聞くだけが信仰か? もちろん、それは一般的な形だろうが、形にこだわる限りは信仰の入り口に過ぎない。
 聖職者や聖書が無いとダメなのか? そうではあるまい。信仰とは何か。神とつながることだろう? 聖職者とか聖書とか教会とかキリスト教組織とか、全ては手段であって目的ではない。目的は神だ。それを忘れるな。神が大切なのだ。神を信じる心が大切なのだ。それが目的なのだ。
 だから、無理に教会に集まる必要は無い。無理に聖職者に頼る必要もない。一人で静かに神を信じろ。そこでは聖書すら必要ないはずだ。

 「万象に神意を見る者は幸なり」
 この古い言葉か全てだ。世界の大災害だけ見ても,実に良く神の意思が表れている。それを読め。古い聖書よりハルカに勉強になる生きた教材だ。生きた聖書だ。外国の災害のニュースなら中国内でも検閲なしで知ることが出来るはずだ。「外国は災害ばかり。中国共産党の統治する中国だけは安心」とか言いたいだろうからな、中共も。
 私の言葉で言う。
 「万象を聖書となせる者は幸なり」

 それに、聖書は欧米人のローカルなモノであって決して全世界人類的な普遍的なモノではない。大昔の原始キリスト教やユダヤ教当時の布教の範囲内で現地人を納得させ得る内容にしてあるから、それ以外の地域や時代では別の聖書,少なくとも追加が必要だったはずなのに、それが無かった。だから、古い聖書にこだわると反捕鯨テロ問題のようなキリスト教の理想と逆な野蛮な行為、信仰の普遍性を冒涜する蛮行を聖書のせいにして正当化する野蛮が横行するのだ。
 弾圧回避の必要のある機会を捕らえて、聖書からも卒業した真に普遍的な信仰を目指せ。聖書も教会も聖職者も無いと信仰が維持できないというなら、それは真の信仰ではない。それに適応できるか否か。それがオマエ達に課せられた真の試練だ。耐え抜け。さもなくば辞めろ、ニセ信徒は。

 この「教会も聖書も必須ではない」といった言葉は弾圧者側にも都合良く解釈される可能性はある。「真の信仰には組織も教会も必要ないから当局の指示に従って今の活動はやめろ」とな。しかし、これこそが信仰の真の姿だ。かつて世俗化しすぎたカソリック教会組織に対抗してプロテスタントが起って「教会組織ではなく聖書により所を求める」としたように、今度は教会という場も聖書という教科書も離れて神を信じてみろ。そこに新しいモノが見えてくる。弾圧でムダ死にしないで済むし、砂漠地帯の習慣等に基づく聖書の表面的な記述は他地域・他文明地域では参考にならないものも多いのだし。

 今、抵抗しても無駄死を招く。やめろ。知らぬ顔で普通に生きろ。キリスト教の表面的な形にこだわるな。心に神を持て。普段は知らぬ顔でいろ。真の信仰はスタイルではなく心の中で成すモノだ。殉教は名誉と考えるキリスト教徒もいるが、自殺はキリスト教が禁じるモノであって、結果が自殺と同じでは意味が無い。自重して時を待て。自身を温存して神の国の到来を迎えよ。貴様らが真に神に仕えたいなら、神の帝国に仕えるまで待て、赤い帝国の赤魔独裁の牢獄なんぞに仕えるのではなく。それまで政治は腐敗嫌いの習近平に任せておけ。赤魔の崩壊は必ず来るが、それは神の成せる技であって、個々の教徒の力ではない。自身の限界を自覚し、自己満足の自殺やフライングは避けよ。


●追記
 この文章にも変調が出ていた。表題が「中国のキリ」と欠けて表示されることがあった、原稿に不備は無いのに。またハッキング妨害かね。だからアクセス数の増加が遅れて卓球騒動の文章にばかり注目が集まるのか。中国系の仕業か、ソンタククサレ小役人か・・・。
中国人ドイツ車を攻撃 ーベンツクレーム伝染ー[2019年04月26日(Fri)]
中国人のドイツ車・ベンツ社への抗議・攻撃が中国中に伝染している。エンジン不調の新車に関する対応が悪いと購入者の女が騒いだのだ。この中国人らしい他者に見せる抗議騒ぎのための抗議がSNS等で国中に拡散され、その最初の抗議者の女にベンツ社が過敏に対応して豪勢な詫びをして中国市場に媚びたため、逆用されて類似犯・模倣犯が中国内に急増した。これは中国人の常套手段で、それに過度に媚びて傷口を大きくしたベンツも愚かだった。赤いナチの中国に媚びて失敗とは、さすがに本家ナチの母国だが。

 マスコミの解説では、イタリアのブランド企業の中国人の食事に関する蔑視の動画広告が中国内で大不買運動に結びつき、いまだに解決していない事への警戒感があるとか。確かに中国人の食事のマナーは最低だから批判は同感だが。
 日本人のように村社会での協調性が最優先、事を荒立てるなとばかりで、個人ではイザとなると何をされてもボーとして逃げることしか考えない愚鈍で無力で無責任で卑怯な者たちには考えられない反応だろう。だが、残念ながら,これが世界という舞台なのだ。中国人は悪い意味で極端ではあるが、結局は日本人だけが異質なのだ,良くも悪くもな。


 さて、ここまでが一般的な解釈だ。ここからが私独自の解釈。備忘録的に書いておく。
 このベンツ(ドイツ車)抗議騒ぎは私がドイツのホームセンターチェーン企業の日本女性蔑視差別といわれる動画広告にドイツ人の変わらぬナチ的体質が現れている、戦後もユダヤ人の代わりに日本人にシワを寄せてきたドイツ人の罪の表れと直感し、「全ドイツ製品ボイコット」を日本やタイだけでなく世界に訴えた直後の話だったから、印象に残ったのだ。
 以前にも書いたが、政治的・思想的には対極のはずの国に、こちらに従うかの如き者が多いのだ。救いを求める者が多いのかね。自由や民主主義の無い独裁国や国家主義国の方が、より目立つのだ,皮肉にも。自由なはずの米国の白人なんぞも真の信仰が足りないから私の声に反応するのかもしれないが、やはり目立つのは信仰の自由も政治の自由も不足する共産国や旧共産国だ。そう、ロシアや中国。分かりやすい例だと、浅田真央のファンは国としてはソチ五輪で浅田に散々意地悪したはずのロシアに多くてロシアでは大変にキムヨナの評判が悪いのだが、似た傾向が中国のネットにも見られるのだ、共産党に雇われた五厘族ではない一般中国人の中に。そういえば、中国のキリスト教徒は推定1億を超え共産党員を上回ったため、当局は躍起になって弾圧し各地の教会組織の解散を図るが、やはり救いを求めて何かにすがるのは救いが必要な国という事カネ。しかも,私の考えに、その対極のはずの独裁政府まで得だからと便乗したりと・・・。

 そう考えれば、反応したとも思えるのだ、またまた。その最初の女の着ている服も、私の昔の服に似ている。太っていた頃にゆったり着たのものだから最近は着ない。着てもダブついて似合わない。だが、その服を着て六本木ヒルズの屋上で撮った写真にはそれが写っている。東日本大震災の数ヶ月前、低い雲に東京タワーの光が反射して光がつながり、天と地の間の竜巻のようなタワーに何かが流れるように見えた時に、普段は使わぬ屋上の記念写真コーナーで敢えて撮ってもらったもので、今でも写真は部屋に飾ってある。それを見て思い出した、「あの中国人も同じ服だな」。

 私の呼びかけに中国人が最も良く反応したのかね。考えの浅い日本人は、ドイツ企業の日本人蔑視への抗議に反応したのだからと喜ぶのだろうか。いや、そこまでの知恵や情報も無いか。私を朝鮮人へのイケニエにした日本人への怒りも極めて大きいのだぞ、私の場合。次には結局は貴様らに世界の怒りが向かうのだ。それを弱めるには私に従い私に償うしかなかったのに、全然ダメ。しかも更に悪さを重ねと。もう終わりなのが分からないのか、日本人。モウ弁護はしてやらないのだよ。神は全てを与えられるが全てを奪うことも出来る。全知全能の神は創造主でも破壊主でもある事を忘れるな。といっても,もう遅いな。それが分からぬまま、おまえ達は終わるのだ。

 
中国江蘇省工場大爆発 ー大連大爆発の再来かー[2019年03月23日(Sat)]
近年最悪の産業事故と香港(中国)でも報じられる化学工場大爆発事故が中国沿海部の江蘇省で発生、死者47人負傷者600人以上と発表された。だが、この数字もまたウソか。工業地帯の一角が完全に破壊され、1キロ離れたコンクリ建築物でガラスが窓枠ごと吹き飛び、3キロ離れた建物でも壁にヒビが入る大爆発だ。本当に死者40人で済むのか。

 爆発したのは当初は日本では農薬工場と報じられたが香港の報では殺虫剤工場?。殺虫剤も農薬に入るが、30以上の有機化学製品を造るとされる。大連と同じ毒物製造工場ではあるまいな。この工場も過去に安全管理不備で罰金刑を受けた前科者。大連の大爆発火災でも散々報じられたが、中国なら良くある話で、一般人も当局も全てズサンな上に共産党幹部一族や軍の化学兵器部隊が関わる工場なら規制も更にズサン、ほぼフリーパス。
 中国ではモウケやワイロにならぬ事故や災害の対策の専門家などゼロに近く、居ても機能しない。素人が制服を着るだけの消防隊は中国に多い挟まったバカガキの救助くらいしか出来ない。大連爆発事故のように水をかけてはならない化学薬品に消火と称して水だけかけて誤魔化して大爆発する大人災を素人同然の消防隊が自ら起こす有様だから、中国人が下手に対策?などすると逆にひどくなる。爆発による高レベル汚染物質(二酸化硫黄、窒素酸化物)や近隣河川の汚染についても報じられ、住民1000人が避難と報じられるが、そこでも情報インペイや被害の過小発表か。

 またぞろ中国流の犠牲者過小発表だろう。共産党幹部の金づるだったり軍からの薬の受注で規制が無かったか。当局が「3000人以上の医療スタッフ?」を動員し治療にあたると(自慢げに?)発表したが、また後進国独裁政府のウソ宣伝・アリバイ造りで、単に派遣者数を入れただけで本当の医療関係者がそれほど多いかは不明だし、第一それだけの治療体制が必要な大事故なら死者は40人台では済まない。
 「中国で死者40名(30〜40)とは極めて死者が多いの意味」と中国温州高速鉄道事故の折に盛んに語られたが、今回も同様か。3キロ離れた建物(おそらくコンクリ)で壁にヒビが入るくらいだから、「死者2百〜3百人,負傷者(要治療)2千〜3千人、カスリ傷や直後のみの聴力障害等の軽傷(治療不要)含めば負傷者1万人、避難民2万〜3万人」ではないのか。それならば「自称医療スタッフ3000人動員」の意味も分かるし・・・。

 中国は,このようなヒドイ国だ。そんな国と友好だとか抜かして技術やノウハウといった貴重な知財を日本の民間企業から盗ませ放題にして保身した政治屋や企業経営者は全て敵のグルだったのだ、昔は日本ではもてはやされたが。そんなヒドイ中国にトランプが制裁を加えるのは全く正しいことで遅すぎたくらい。日本が中国経済崩壊で損をしても全く正当な罰だったのだ。

 ところで、上記の大連の軍の毒物製造工場の大爆発事故で大量の青酸カリ等の超有毒物質が朝鮮半島西岸にも飛散したが、なぜ朝鮮製食品、海岸部の農産物や、特に海産物に輸入制限をかけなかったのだ、日本政府は。やはり朝鮮マフィアの日本支部だからな、日本政府や自民党は。だから日本国民とやらに「青酸カリ喰って死ね。そうすれば我々は良く保身できる」と影で言うどころではないのだ。「やった、やった、日本人に毒を飲ませてやったニダ!」と喜ぶわけだ、朝鮮系スパイ夫婦に私に毒を飲ませてイケニエにしたようにな。その筆頭が安倍だったのだ、自称愛国タカ派の!
南京虐殺記念館長来日 ー批判受け緊急来日?ー[2019年03月09日(Sat)]
何故だか中国の南京大虐殺記念館の館長が緊急来日した。言うまでもなく中国の国際政治宣伝の具の大ウソの南京大虐殺だが、それを反日ナチの米国が日本での無差別都市空襲による100万を超える一般市民大量虐殺を正当化する口実として戦後は延々と悪用し続けた。そんな事実に基づいて私が「南京で中国敗残兵の暴虐の取り締まりに当たった日本軍に罪をなすり付けた」とか書いた途端の来日だ。やはり、膝元のクソ日本人の政府や政治屋なんぞより、私とは対極の立場のはずの習近平の方が余程信頼できるのが、大変に悲しい事実のようだ、いくら米中経済戦争で中国が苦し紛れに日本に接近する状況とは言え。日本人が政治的にタダタダ無能で無責任で卑怯だから、日本のクソ政治屋に比べれば赤色帝国の首領が何やらうらやましく感じる点を、それを選んで支える日本人は心の底から恥じて償え、その恥を持っていればの話だがな・・・。

 だが、第一に日本人が反省すべきは、中国人のような政治的嗅覚を持ち合わせないで国際社会を生き抜こうなどと言う身の程知らずの妄想を抱いている点だ。中国は悪辣で狡猾なだけで、約束やルールなど守らずに踏みにじるか相手をだます手段にしか使わない、正に悪魔だ。だが、世界の何処に力の源泉があるかといった点を素直に見抜いて合わせようとする。日本は逆だ。自分らの国に全ての力の源泉が現れたのに、使いこなせないどころか、それを何とイケニエにして保身だ。米中経済戦争の中、最近の中国は「米国に対抗できる力はない」と正直に認め、おそらくは背後にいる存在についても理解していようが、日本はそれが出来ない。クソバカだ。中国共産党独裁は赤い悪魔なのに、その中国の方が神の姿が見えるとは。それだけ日本人がバカなのだが。
中国経済混迷深刻化 ー米中経済戦争で露呈ー[2019年03月07日(Thu)]
米中経済戦争により中国経済の混乱が隠蔽しようのない段階に入った。まともな国なら崩壊・恐慌(パニック)になるはずの中国経済の惨状を独裁強権でゴマカシてきたのが無理になってきただけか、今までのウソデーターの氾濫を米中経済戦争を口実に正しデータに近づけただけか。いずれにせよ、トランプ政権が対中強硬姿勢を取った事による成果だ。

 あらゆるデーターで中国経済の下落が顕著だが、タダでさえ腐敗したズサンなウソのカタマリの中国社会で更に独裁体制下でのゴマカシにより大幅に水増しされたデータですら急落が読み取れるとは、実態はどうしようもなくヒドイのだろう。
 「世界最大の中国の自動車販売台数が下落に転じた」とマスコミは大騒ぎするが、経済停滞が進んだここ数年間で既に減少に転じていたのを米中経済戦争のセイにして正しい(減少の)データーを出しただけなんじゃないか? いや、その前から既に「中国は世界の工場から世界の市場に」という国際経済宣伝のタネに販売台数が大幅に水増しされていただけではないのか。
 良くやる手だ、中韓人が。香港と本土中国の間で同じトラックを何度も往復させて輸出入を大きく見せかけて地方の役人が自分の業績にしていただけとか言う話は有名だ。香港の企業のタイとの取引額を一桁水増しして(10倍に水増しして)報告させ、追放されたタイの親中政権が対中貿易の重要性を宣伝したのと同じだろうが、それを経済全体でやっていただけではないのか,中国は。そんなゴマカシを止めたい習近平政権が米中経済戦争の機会を捉えて(責任転嫁の形で)やや実態に近いデーターを出し始めただけではないのか。

 特にリーマンショック後ではあるが、元からが「強度の麻薬中毒的な強度の水増し経済」だったのだ、中国は。こんな強度の麻薬中毒で正常な判断が出来ないヤツと取引して表面的な業績を稼いだ者たちもマタ、同類ではないのか。共犯ではないのか。いい加減に目を覚ませ、遅いけど。これによる損出は全ては自業自得。授業料だよ。
共産国の統計水増し ー中国と旧ソ連に共通ー[2019年02月12日(Tue)]
日本で統計問題が大騒ぎだ。共産国の水増しよりはマシなどと言わないでほしいが、「中国GDPは参考値に過ぎない」とは中国の現首相の言だそうだ,有名な。これは韓国のような異常な国家主義国も似たり寄ったりだが、中国でも旧ソ連でも共産党一党独裁国では統計データは正確である必要は全くなく、むしろ政府や共産党幹部の利益になるウソのデーターを出す者が褒められ出世する。ウソつきでないと出世できない訳だ。
 旧ソ連では毎年のGDP成長率が3%分程度水増しされ続けたとの話が伝わってきた。「毎年5%以上の水増しと言われる中国よりはマシ」とか言われるかもしれないが、これは貧しく低成長が当然だった旧ソ連型の計画経済では、大変な比率の水増しだった。だから、中国で毎年5%以上といわれる水増しが行われていても、全く驚くには値しないと思う。むしろ、共産独裁国では当然、本当に5%のみの誤魔化しなのかと思わねばならない。そして、そんな大ウソデーターを信じたフリで「中国経済は世界2位、日本の3倍以上だ」などという話をばらまく各国のマスコミ屋など、全て大ウソつきの悪魔の手先だった訳だ。そんなヤツらに取り囲まれた人類も,大半は悪魔の手先だったわけだな。もう、滅びたら、いったん・・・。
厚顔無恥なメルケル ー手のひら返しの訪日ー[2019年02月07日(Thu)]
ドイツ首相のメルケルが訪日中だ。だが、散々中国という赤いナチに媚びてきた元祖ナチのドイツの反日メルケルが訪日して日本に接近とは、いくらなんでも身勝手で無節操ではないのか。いや、安倍には良いのかな・・・。

 悪いことは全てユダヤ人のせいにしての差別虐殺や侵略戦争を反省したとか抜かし表面的な反省だけは行い,戦後は都合の悪いことは事ごとに日本人のせいにしてきたドイツ人の悪辣さを地で行くようなメルケル。元祖ナチが反省したと抜かして今は赤いナチの中国に媚び、ナチのヒトラーがはじめさせたフォルクスワーゲンを赤ナチの中国に大量に売り付け、東南アジアを経済侵略して独立を脅かす赤い帝国の悪魔に媚びたのだから,あきれてものが言えない。いや、それがまっとうな姿なのか,ナチ好きの元祖ナチ野郎の。ドイツ内で散々反日の慰安婦像を増殖させた悪魔の手先の。
 思想上はナチスドイツとの同盟に最後まで反対した海軍の系統の私ならずとも、あの眉中のメルケルは許せないはず。私の場合は縁が深いタイの国王までドイツでエアガンで狙撃されているから、絶対に許せない。

 そんなヤツが中国の経済停滞でドイツ車が売れなくなるからとか、ドイツ企業が中国人に技術を盗まれてイヤだとか、今更になって日本にすり寄ろうとしても,安倍が許しても神が許さない。中国の経済崩壊と共に滅びよ,元祖ナチ野郎。そしてとっとと日本から出て行け。もうドイツ車は買わせない、私の影響力が及ぶ範囲では。
中国高速鉄道はゾンビ ー超巨額の赤字と借金ー[2019年02月03日(Sun)]
中国高速鉄道はゾンビ,予想通り。中国的超腐敗バブルのニセがねバラマキ政策の実態だ。中国高速鉄道の黒字路線は極々一部で借金は80兆円を軽く上回り、とうに倒産状態,当然ながら。鳴り物入りの中国の自転車シェア事業が放置自転車の廃車の山を築いただけなのと同じ。中国や韓国の企業は似たり寄ったりだろうが、特に中国では全てこうなる。建設や開発の利権は全て中央や地方の中国共産党幹部一族などの懐に入って返す宛てもない巨額借金は人民とやらにつけ回される,韓国のもうけは全て財閥一族と腐敗政治屋と北朝鮮に行き反日テロに使われるのと似て。

 中国の高速パクリ鉄道は、技術だけでなく経営も全く大ウソ,メチャクチャだった。北京交通大学の教授の論文とやらが取り沙汰されているが、その報道内容に推測を加えて述べる。
 中国的な超バブル腐敗ニセがねバラマキ政策に乗って採算度外視で無謀に3万キロ近い無駄で無理な高速鉄道の路線網だけ造ったが、黒字路線は北京・上海間と広州間だけ。米中貿易戦争の前から続く中国経済不振の深刻化と格安航路等の拡充等で今後それすら危ないと推測される。いや、今でもか。
 最も輸送密度とやらが高いはずの北京・上海でも日本の東海道新幹線の半分の輸送密度だそうだ。新疆ウイグル自治区というイスラム教徒が支配され搾取される貧しい植民地の田舎に通じる路線では本数は何と一日4往復だけで利用客は極めて少なく、長距離の路線建設もたたってかコストばかりかさみ、その路線の収入だけでは建設資金どころか電気代すら払えないそうだ。台湾の「カナンタイシュウ」事業とはエライ違いだな。一日4往復のみの高速鉄道を大金使って作る時点で大ウソだったのだ,中国人がとぼけるだけで。
 私がテレビ報道で観た話では、中国の高速鉄道では運転手の基本給すらほとんど払えず、種々の手当てだけ支給して誤魔化しているが、金額は正常値の3分の1とか4分の1のようだ。バブル政策による深刻な物価高騰,分不相応な狂乱インフレの中国では、花形のはずの高速鉄道の運転手でも家賃を払うと衣食費がゼロとかになる可能性があるな。いや、まず家賃が払えないか。
 政府が監視する中での論文等での数字でも中国高速鉄道全体の借金は80兆円を軽く超え、政府建設融資の利子すら払えない状況といわれるが、内実は更にヒドイと思われる。民間からの借り入れが別にあったり、悪名高い「影金融」の分があったり、共産党幹部一族がたかって出費させた高速鉄道関連開発事業の経費・借金が鉄道会社につけ回されたりで,実際の負債は3〜4倍の200兆円〜300兆円、いや、それ以上かもしれない。
 今まで、私がこのような大げさと思われる推測を書くと、後に事実はそれ以上にひどいと判明することがあったから,中国については。何せ、リーマンショック後の中国の異常なゴマカシのバブル政策での借金総額が7000兆円とか言われるから、その一割の700兆円が巨大公共事業利権の柱である高速鉄道がらみでも、別におかしくない。
 中国高速鉄道は正に習近平政権が淘汰を求める「ゾンビ企業」そのものだ、韓国の大韓航空的な。だが、運営組織全体は潰せないので,おそらく不採算路線から順に休業とかいう形でナシ崩し的に放置が進むのだろう。だが、ほとんどが赤字路線だ,それも深刻な。正にゾンビだ。万里の長城のような遺産になるのか,それすら周辺住民や共産党幹部一族に略奪されて壊されるのか・・・。

 中国の腐敗バブル・ニセカネ経済の実態がコレだ。まさに「悪魔的な麻薬経済」だったのだ。全てがウソと誤魔化しなのだ,中国は。それなのに「中国経済は世界2位、日本を抜いて引き離した」だと? そんなウソ報道ばかりしている世界のマスコミは,全て神の敵だ。中国崩壊後にごまかしてもダメだ。神は見ているぞ!
札幌で飲食店大爆発 ーガス爆発かテロかー[2018年12月17日(Mon)]
札幌で飲食店が爆発し、40名以上が負傷した。8時半頃で客が多かった。店のみならず2階建ての建物そのものが崩壊するほどの異様な大爆発で、現時点で死者がいないのが奇跡的だ。

 店(居酒屋)の前の道路の真ん中で火が上がっていたとの情報から「ガス管の爆発か?」とも思ったが、プロパンガスボンベから火が出ていたとの目撃談情報もあり、複数のボンベの連鎖爆発等も考えられる。誘爆だ。軍艦で言えば空母の格納庫や弾薬庫の爆発物が次々に爆発するものだが、それなのか。私には店で使っていたのが都市ガスなのかプロパンガスなのかも分からない。建物の構造や爆発物の位置に特殊な問題でもあったのか。飲食店ではない同じ建物一階の不動産屋の付近で爆発との情報もある。どちらも外国人と接触しやすい業種でもあるな・・・。

 TVの情報番組では気になる発言もあった。「外から爆発物を投げ込まれたような」。コメントを求められた専門家の言だ。あくまで、ひどい建物の破壊状況を表現する言葉で、いくつもの可能性の一つだから、「テロ」と断定したわけではない。だが、店の破損の状況が異常なのだ。海外で頻発するイスラムテロを見るまでもなく、韓国も中国も反日テロをやる状況下だから、まともな大人なら爆破テロを警戒しても当然ではないのか。
 まず朝鮮半島。左翼政権下の韓国は完全に北朝鮮という狂った共産独裁国の手先となって反日文化政治テロを繰り返しており、南北を問わず朝鮮人は反日テロ事件を起こせば自国内で英雄となれる狂った状況がますます深刻化しているのは既知の通り。
 中国もだ。米中経済戦争に突入した中国はハウエイ副会長を逮捕したカナダのような米国の同盟国を攻撃しているだけでなく、米国に同調してハウエイ製品排除を始めた日本へも八つ当たり攻撃するのも当然の状況で、現に中国人による靖国内放火テロも起きている。
 当然ながら、この北海道という被災地を狙った卑怯で下劣なテロを面白がる中朝勢力の存在を常に警戒しなければならない状況なのだ。それなのに、「売国観光政策」で「反日テロリストさん、いらっしゃい!」だからな、日本政府とかいうウソ集団は。「観光客の姿で日本に行って店などで騒動を起こせばカネをやるよ」とかいう国が中韓だ。ネットで日本を悪く言えば一回で5厘と言う小銭をもらえる「5厘族」と呼ばれる独裁政府の犬のネットスパイ集団が中国には少なくとも数十万以上いると言われるが、日本観光で騒動を起こして生活費や旅行費用を稼ぐ奴らは、さしずめ「観光五厘族」かね。いや、5厘のような少額ではないか、報酬は。「観光5万厘族」? アジア人、欧米人問わず。今回の爆発騒動の飲食店で言えば、かつての「わさび騒動」は言うまでも無く、「無断キャンセル」から「お通しトラブル」まで、意図的な破壊活動が混じるのではないのか・・・。

 「警備は最悪を想定する」とは元警察幹部の佐々が母校でもある東大の五月祭(文化祭)に来て講演した内容。防災対策も似ていて、常に最悪を考えて想定外との言い訳をしないことが重要。「防災では想定は悲観的に、対策(避難)は楽観的に」。最悪を想定して準備に怠りなくするが、逃げる際には(実際の対策上は)楽観的に考え「必ず助かる」と信じて諦めないことが重要なのだ。
 現在の安全保障対策では「そこいら中で中朝人がテロをやる」と悲観的に想定し、対策は「中朝人観光客の削減から始めれば状況は良くなる」とか楽観的に考えて手を抜かない事が重要なのだが、日本はそこが世界でも最もダメ。観光客偽装のテロリストが多い場所では、以前から様々な器物破損テロが頻発し、つい最近も電車のガラスへの投石や銃撃(エアガン等)と思われるガラス破壊事件がつづいているのに・・・。

 私は生まれる前から防災とは縁が深かったが、この「想定は悲観的に、対策は楽観的に」の話は東日本大震災後に何度も触れたこと。それが最も重要なテロ対策という国家社会の安全保障では全く話が進まなくなってテロ国家やテロ民族を喜ばせ、国民の生命財産や国益を常に生け贄(いけにえ)にしてきたのが日本という国、自称保守政党だが内実は左翼と変わらぬ売国の常習犯の自民党だった。考えてみれば、その自民党の中でも基盤が弱く表向きは愛国タカ派気取りだった安倍の政権が最も眉韓だったのも、至極当然の結果だったのか。「タカ派の安倍さんだから期待したのに・・・」などという方が幼稚でおろかだったわけだ、結局は。あいつらの派閥ほど、浅田を踏みつけにした奴らもいないし。神を殺そうとした朝鮮系スパイ夫婦を国を挙げて表彰して天罰を食らうような政治屋どもが,神国日本の行政の責任者だとはな。

 「日本には天災が多く、韓国には人災が多い」とは韓国人自身が言っていること。韓国人自身が認める「韓国という災い」が直近にある以上、日本はその朝鮮という災いに最優先で対処しなければならないのに、実態は全く逆で、逆にその災いを激化させて保身するだけ。自民党が半島のスパイだから、当然か。自民党内からさえ「魔の2、3回生」と呼ばれる問題議員集団には多くの朝鮮系議員が。「ゲス不倫辞職議員」の夫婦も「チョギ暴力ばばあ議員」も朝鮮系と言われるが、経験や能力の不足の前に「尽くすべき国とは朝鮮半島」というやつらだからか。それが自民党だ。

 異常円高為替の改善で1千兆円を神にもうけさせてもらった礼にと、「神を殺そうとした悪魔の朝鮮系スパイ夫婦への表彰の式典に神を呼んであげる」とは、いくら超偽善者の米国民主党政権(当時はケネデー大使)あたりが介在した可能性があるにせよ、いくら安倍が無能で国内基盤が弱いと言っても、これでは独立国の体をなしていない。というより、あの時点で、その式典直後の私の誕生日5月30日のイブと当日に火山島の爆発噴火による全島避難(5月29日)とM8の巨大地震(5月30日)が起きた時点で、日本政府は完全に世界人類内で認められる基盤を失ったと言うべきだろう。そんな大事を気づかぬふりの日本人全体も許容限度を超える大馬鹿か卑怯者で、それを親分国のトランプらにニラまれているのだがな。

 私が帰ってきた以上、日本の親分国の親分が神の弟子で、その国のネットでまで「Q」とか名乗る連中が増殖する状況である以上、私が見るPCの画面に「安倍支持」なんぞと書かない方が保身上有利だろう。どういうからくりか知らないが、私が見ると世界中に広がる恐れがあるようだし。神に逆らい皇室まで退位に追い込んだ日本の首相などに媚びていると、数年後には「世界人類の敵」として数千年続く伝説に悪役として名を刻まれてしまうぞ。

 さて、その神が償いの期限に設定したクリスマスが、あと一週間に迫った。どうするのだ? いくら世界最悪の政治愚鈍と言っても、言い訳にならないぞ。

 
ハウエイ副会長保釈 ーカナダに中国の圧力?ー[2018年12月12日(Wed)]
米国の要請によりカナダで逮捕された中国ハウエイ副会長が保釈された。8億の巨額保釈金やGPS電子タグの装着、パスポートの提出、24時間警備などが条件だが、中国の圧力によるものか、正当な手続きなのか、良く分からない面がある、両方とは思うが。米国の要請による逮捕だが、カナダ自体は強国でも何でもないから、中国が報復措置でカナダ人を逮捕などしたため保釈に応じたとも考えられなくはない。
 あくまで米国が最大の責任者、対中経済戦争の主体だから、ここは同盟国を守らないと、同様のことが次々に起こると思われる。ともに中国という悪魔の経済と戦っているのだから、少々の軋轢は致し方ない。何ら損害のない戦いなど、つまらぬ戦いか奇跡かだからだが、米国の同盟国とはいえ無責任でまるで主体性などない属国の日本とやらは、同様に中朝の属国のように振る舞いかねない。米国に最大の責任があるにせよ、全人類の神を朝鮮人への生け贄にして保身したクソどもだぞ。米国は強く出て、同盟国にしわを寄せないことだ。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml