CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 韓国モノ番組偏重問題 | Main | 世界ネット革命 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
韓国人タイ洪水を嘲笑ー韓国新人グループ盲言ー [2013年10月29日(Tue)]
「Block B」とか名乗る韓国人らしい幼稚(新人)な男グループ7人組がタイ大洪水の被害を茶化・嘲笑してタイ人被災者を侮辱し、それがタイに伝わり、ネット等でかなり大きな反発が出ているそうだ。韓国の手先の日本のマスコミ(特にテレビ)は報じないから、ネットで読むしいかないがな。

●追記(2014年2月14日)
 タイは貧乏だから募金は700円程度で良い
 と鼻で笑ったとか。タイの投資で世界不況
 での破たんから逃れた韓国。無知、無神経
 これが韓国人。

 タイのネットはこんな状況だから、韓国はタイのネット(ライン)の監視活動をやりたいのだろうよ。是が非でも「ASEANの反韓のトリデ」をつぶしたいのだろうよ。

 アシアナ事故を起こした韓国人と同じ韓国人の悪徳テレビ屋が「死んだのが中国人で本当に良かった」とかわめいたのと似た無神経さによるようだ、表面的には。だが、「タイ大洪水はタイが韓国なぞと関わって神や仏を裏切ったから起きた」といった宗教的解釈がある中でのこの事件ほど悪質なものもなかろう。韓国人の精神価値の低さ、悪辣さ、邪悪さ、反神性、反仏性を示すものもなかろうよ。

 上座部仏教の影響が大変に大きいタイでの一部の宗教的解釈では、「2011年タイ大洪水は仏罰」とされた。口では反共の王国を名乗りながら、相当数の政治屋やアキンドが「反王室の中韓」に同調し手先となって(コビまくって)小ガネを得たのだ。しかも、私の強い促しもあってか、その2011大洪水の復興・防災事業は計画も資金も日本に出してもらったのに、結果として完全に裏切り、工事は異様な内容の入札により実質的には日本企業を排除して反日・反王室・反仏教・反王国の中韓の企業に受注させた。韓国を助け、韓国と関わったために起きたとされる大洪水で大もうけをタクラみ、カネをすべて持ち去るのが韓国だったのだ。そんな惨状を罰するがごとくに再び起きたのが、今年2013年の大洪水だった。
 一般タイ人が全て同じ宗教的解釈を強く持つとは限らないし、中国の政治侵略活動が激しい時期でもあり、尊王のはずのタイ王国でも裏切り者が簡単に出るのだが、今回の事件はひどすぎる。リーマンショックの経済危機で破綻した韓国を救ったのはタイ等の海外資金で、タイは韓国の最大級の債権保有国になったのに、いかにも韓国的に恩をアダで返す韓国人による「ムエタイ侮辱事件」「王室侮辱疑惑事件」等が起こった、元からの「仏教侮辱」のみならず。タイ人が大切にするもの、タイ社会の柱を、歴史的遺産を、コトゴトく侮辱してイキがっているのだ、韓国人は。
「厳しい人間社会・国際社会で他人を助けるとは甘い奴。ダマして取りついて食い殺してやれ! 骨までしゃぶってやれ! 日本のように」
とな。
 そして、今回のタイ大洪水嘲笑事件だ。タイ人が仏罰の恐怖?を無視してまで韓国に大モウケさせてやったら、再び大洪水が起こり、再び韓国人が2013大洪水まで嘲笑し、被災者を侮辱した。それもタイにも盛んに売りつけている韓流タレントだぞ。
 ひどいどころではない。正に悪魔だ。悪魔の仕業だ。韓国人は人の皮をかぶった悪魔だ。


 
 この際、日本のネットはタイのユーザーに今まで以上に積極的に呼び掛けて反韓の戦いを共闘で勝ち抜け。これは世界ネット革命の反韓部門だ。日本人だけで済む問題ではないし、言論無能の日本人だけでは無理だ。そこをよく理解して、行動に移せ。仲間は世界中に増えている。仲間というより、一部は(相当部分は)私を信じる者たちだろうがな。

 下手をすれば、親日国タイのネットも韓国に支配される。ワイロや政治圧力に踊らされ、タイの警察自身がタイ王室の敵の中国の手先でもある韓国の企業に「ライン」の監視を丸投げしようとしているのだぞ。今の中国系首班のタイの政権ならやりそうな事だ。それを選んだのはタイ人自身であり、その為にタイ人は破門とか言われているのだが、一般日本人は全くそれを笑えない状況だからイヤなのだ。

 事態は緊急を要する。ガチ右翼は東日本大地震フジテレビ韓国ドラマ津波警告テロップ不提示疑惑事件等に集中し、一般ネットユーザーは国際情報高校修学旅行問題やタイの問題などに力を注げ。どの程度実績を残せるかで、神からのお前たちの評価が決まるのだぞ。このままでは神の敵として私を信じる他国の者達に滅ぼされるかねない。分かっていても何もできないのが政治愚鈍の日本人だ。違うというなら実績を示せ、私の問題を含めて。年末までだ。「年末まで何もしなくてよい」のではないぞ、クソども。クソ程には役に立って「社会の肥やし」にはななれ。
台風25号インドシナに−タイ洪水にダメ押し?−[2013年10月17日(Thu)]
これは「タイ大洪水へのダメ押し」となるのか? 「台風26号」が大島に大災害をもたらした頃、「台風25号」がインドシナ半島(黄金半島)東部のベトナムに上陸し、ラオスやカンボジアを間においての隣隣国・タイにも大雨を降らした。聞いた情報(報道上の表現)では大雨はタイの東部と北東部で、今の所はタイ中心部の大河川「チャオプラヤー川」の流域の洪水を悪化させるには至っていないようにも取れる。が、結局は全くの無関係では済まないだろうよ。以前に「普段ならカンボジア方面に流れ落ちるはずの洪水がカンボジアの洪水でタイに戻ってきている」とかいう話を書いたし。そうなると台風25号は、やはり「タイ大洪水へのダメ押し」になるのか。こんな事が続くと「今年の降水量は2011年ほどでない」との話が成り立たなくなるからナ。



 それにしても、黄金半島(インドシナ半島)でも、また一致だ。私が10月12日初掲出の文章での赤魔中国の手先・インラック政権への批判で「反タイの政権を選挙で選んだタイ人全体を破門」と書いた直後の台風25号のインドシナ上陸だ、タイ大洪水のさなかの。私との和解(悪魔の追放や賠償、虐待の証拠の提示等)に関する3日間の期限を東京都や日本政府が踏み倒した直後の台風26号の首都圏接近と似た話だな、全く。

 タイ人は、これでまた分かっただろう? 私の言う事は聞くのだ。これが神の裁きの基となるものだから。私に従うのが今後の人類の進むべき道だ。我が膝元のタイ人は真先にそれに従って全人類に手本を示さねばならないのに、それがダメだから余計に怒っているのだ。私が怒るというより、天のお怒りだが。



 タイの首都バンコクでは改革を訴える「反政府デモ」が再び始まり、当然に政権側の警察が反デモ派からデモを守らなかったとか問題になっている。バンコク内だけで既に3か所、このようなデモ隊が長期にわたり特定の場所を占拠し続けている模様だ。タイのデモが大きくなると、日本のようにすぐには解散せず、目的が達成されるまで(座り込みのように)続くのが常らしい。過去には、これがクーデター等による政権交代を招いた訳だ。インラック首相はデモの拡大を抑えるために「治安維持法」の適用(延長)の検討をしているとか。
 クーデターが嫌なら、自分から総選挙に出ろ。そこでも現政権系や中国系資本(スパイ資金)等による買収で現政権側が勝てば、その時こそクーデターだろうが。

 ところで、このようなデモに参加、あるいは支援する証拠が残せれば、その者の破門は保留しよう。あくまで保留だ、政権を倒すか私が指摘した問題点を全て是正するまでは・・・。

 クソ日本人にも言う。いい加減にしろ。いい加減に私の言うことを聞け。「国際社会で名誉ある地位を得たい」とかクソのような植民地憲法にも書いてあるだろう? 全人類にとって最も重要な存在である私への悪魔の朝鮮系スパイ夫婦によるに筆舌に尽くしがたい虐待を見すごしにして保身したばかりか加担した罪、とっとと償え。今すぐ償え、クソども。東京五輪誘致で世話になったことへの礼や報酬さえ、まだなのだぞ、世界人類史上最低のただ乗り屋ども! 神の敵! 地獄に落ちろ! 

 

 
洪水 首都バンコクに迫る −2013年タイ大洪水ー[2013年10月09日(Wed)]
いくら今年の洪水は2011年ほどでないとタイ政府が言っても、洪水は早くも首都バンコク周辺部に達している。国家的に重要な首都ゆえバンコクは洪水防御もやや固く、バンコクへの水の通り道(洪水の侵入経路)は水門で外部から守られている。だが、既にバンコクの周辺には洪水が迫って一部地域は水浸し。そちらの住民からは「我々を犠牲にしてクルンテープ(バンコク)だけ守るのか」とか不満が出るから、バンコクを守る水門を少しだけ開けて水の一部をバンコク側(水路)に流す事を検討中と報じられる。

●追記(19月23日)
 上記の水門一部開放の話は報道時点では検討中だったので、
 そのように訂正しておく。ゼンソクもあって訂正が遅れた。
 このようなことが起こるようでは、書くのももう無理か。

 先日のタイ(バンコク近郊)からの電話で「今年もミズ(洪水)」と聞いたのは、遠くのイナカの話ではなく、既にバンコク周辺部に洪水が達した事を指していたようだ。排水条件の悪化で既に街中にもあちこちに大きな水たまりができ、拡大しているのだろうよ。2011年には、そんな巨大な水たまりが上流から流れ下る大量の水の流れと合流し、道は川になり、水田地帯は湖(みずうみ)と化したのだが。

 今の所は水量は2011年ほどではない模様だが、タイのテレビニュースで聞いた上流部の水害被災地域の住民の話では、「今までに経験した事のない状況」とか。東の隣国のカンボジアでも洪水で、カンボジア方面に流れ落ちるはずの洪水がタイ側に戻ってきているとか。2011年ほどではないとはいえ、限られた情報では今年の洪水の規模の詳細はつかめない。

●追記(10月13日深夜)
 今年は洪水被災経験のない安全?な地域まで広く
 水没と報じられる。経験不足地域ではレスキュ―
 も成果が出せないと。やはり、ただ事ではない。



 それにしても、今年の洪水はまさに天罰だろうよ。
 2011年大洪水の復興・治水事業は最初からほとんどを日本が支援して計画を立て、資金も日本で調達(円建てのサムライ債の発行)をしながら、その復興事業は異常な条件の入札で結果的に日本を排除して全て反日・反王室の共産中国や手先の韓国の企業に受注(誘導)させたり、そのような状況を非難するタイの反韓反中世論の中心であるネット(ライン)の監視(治安維持業務)を警察が当の韓国のネット企業に丸投げしたり。
 今年になって私が見たのは、目に余るタイ政府の裏切りの連続だった。日本への裏切り、王国への裏切り、タイ王室への裏切り、タイ世論への裏切り、神への裏切り、そして私への裏切りだ。これが決定的だったようだな。これでは仏(ほとけ)のシステムの中で当然のように罰を食らうわな。神仏に逆らう中国系首班の現政権に神仏の加護はなく、明日もないはずだが、タイ人は仏罰に頼って自分では何もしないわけか? 私の怒りを引き出してクーデターによる政権打倒の代わりにするのか? 

 いくらネット普及率も低く、国民全体での平均の知識・情報のレベルが低いタイ人とはいえ、この夏の日本での足掛け7週連続の週末天災を見た者はいるのだろう? それが五代王の生まれ変わりと言われる者に関係して起こっているのだぞ。これは宗教的例え話ではなく、実際に進行中の事実なのだぞ。それが今度はタイで起こっているだけだ。肝に銘じて態度を改めよ、神仏の敵のバカタイ人!


 タイ人に繰り返す。上記の異常な入札や、ネットの韓国企業による監視、そして中国製新幹線の輸入などをやめ、白紙に戻し、腐敗やスパイ活動をタイに持ちこむ反王室国(中韓)の企業をタイから追放せよ。それが実行されて私にその報が届かない限り、今年の大洪水の復興事業等に対する日本からの本格的な支援は一切認めない。
 JICA(国際協力機構)もJBIC(国際協力銀行)も良く聞け。まさか貴様らが日本国民のカネを反日の中韓にくれてやる手はずを整えて保身したのではあるまいな? 今回の洪水ではタイ現政権の善処無き間は最低限の人道支援物資の提供程度にとどめよ。タイの為にカネを出すと、全て反日国・反王室国に横流しされるから、それを防がねばならない。
 分かったな、バカタイ人、裏切り者のタイ政府! それに追随するクソ日本人!
「タイ大洪水」再び?−タイで洪水被害広がるー[2013年10月07日(Mon)]
2011年に続き、今年もタイで大規模な洪水被害が拡大している。今年は主要な工業団地、有名な国際的観光地等で大きな被害が出ていないためか、海外ではほとんど報じられない。下流部のバンコク等の大都市に被害が出るとしても、これからだろうし。だが、既にタイに70ほどある県の25県以上で洪水が発生し、被害が拡大中だから、大きな洪水には違いない。先ほどタイから電話があり、「またミズ(洪水)」だと。


 タイの位置する「インドシナ半島」は、半島とはいっても内実はユーラシア大陸の一部で、河川の勾配などの構造も洪水の状況も大陸型。普段から水が茶色く濁った大河川がいったん大雨であふれると、水がなかなか引かない。なにせ水の量が巨大なので、水がひくどころか、水が川に帰らずに下流の海に向かってゆっくり平野を流れ下り、通る先々を洪水にして行く。この状況は水が海に流れ落ちるまで続く、長期間に渡って。だから、大洪水がチャオプラヤー川のような大河川の流域の上流・中流部で発生すると、ゆっくりと多数の工業団地が水没してゆき、更にその一ヵ月も後になって下流部の首都等の大都市が水浸しになる。大洪水の始まりから半月〜一カ月以上たって、一連の長い大洪水の中盤から最終段階になって、最大の被害が出たりする訳だ。
 「今年の洪水は2011年ほど深刻ではない」 それが政府や関係者の見解のようだ。2011年の教訓や対策事業で工業団地は水から守られておるし、降雨量は2011年より少なく、ダムの(治水用)貯水容量にも余裕があるからとか。だが、上記のような理由で今後の被害拡大が予想されるので、全く油断はできない。



 2011年の大洪水は、私がタイの媚韓・媚中傾向に大いに腹を立てた直後だった。決定的だったのは、その夏の直前の「タイ高速鉄道に中国型導入」の話が中国マスコミによって報道されたのを見たことだった。「温州での中国高速鉄道の大事故の直後だからタイ側に交渉上有利」とかいうキチガイじみた話をタイ側がしているという話を聞いてからだ。

 今年も良く怒ったよな、タイの惨状に。
 今年5月の訪タイ時にはテレビの中国汚染が深刻なのに驚き怒った。怒りは料理番組やCMから始まったのだが、タイのテレビは反共の王国の許認可事業なのに。そして、あたかもタイ新幹線が中国製殺人新幹線に決定したかの如くにテレビニュースで報じられたのを見て、更に怒った。
 また、テレビの韓流汚染が改善されたのに、携帯電話等での韓国汚染はさらに進んでいて、これにも怒った。

 そして、帰国後にも、様々な悪いニュースが日本に伝わってきた。
 「2011年タイ大洪水」の復興・治水事業は日本のカネで賄われ、日本の支援で計画・設計されたのに、異常な形の入札で建設工事の受注は中国と韓国の企業へ。これには激怒したが、その後の改善の報は聞かない。
 タイの「反韓・反中世論」の中心の一つであるネット(ライン)を、諸悪の根源・反王室国であり中国の属国と化した韓国のネット企業に監視させるという暴挙を、タイ警察テクノロジー犯罪捜査部が決定した事。これだと私が「反王国の国家の敵」となるのだと説いて、腹の底から大いに怒った。
 更に、タイ国鉄のズサンな保守体制で事故が多発して呆れ、その後、高速鉄道の入札が迫ってから、タイ当局の人間が言い訳のアリバイ作りでもするように、ようやく日本の鉄道を視察して「優れている」とか言い出したから、更に呆れたのだ。



 仏(ほとけ)と呼ばれる大自然のシステムでは、因果応報、悪事には必ず報いが与えられる、自然に、自動的に。「風が吹けば葉が揺れる」ように。それを考えると、今回の大洪水も当然の報いカネ。それとも、やはり、私が怒ったからか。この夏の日本での週末連続天災を見ると、後者のように見えるがね。いずれにせよ、タイ人は猛反省して問題点をすべて改めよ、直ちに。これこそタイ人の罪への天罰・御警告だ。そして、それを見て政治愚鈍の日本人もいくらか恐れて反省しろ。


 上記のような精神的・宗教的解釈から、私は今回のタイの大洪水には全く同情しない。2011年大洪水時の反省が全く感じられないし、2011年に私が強く指示した日本からの支援は全て悪魔の反日国を肥え太らせるために使われた。それらの反日国は反王室の共産国やその手先であるにもかかわらず、タイの腐敗政治屋や腐敗役人、腐敗テレビ屋どもは・・・。
 今回のタイの大洪水に対して、日本は一切の支援をしてはならない。反王室国の支援なんぞは論外だが。タイは日本からの支援を受け取ってはならない。そして、異常な入札や警察捜査権の海外丸投げなどをただちに改め、タイ王国の財産や日本の財産を返せ。それができねば、前回と違って日本からの支援なんぞ私は絶対に指示しないし、更に怖れるべきは更なる天罰だろう。







タイ異常入札事件続報 −治水事業全体に猛反発ー[2013年06月29日(Sat)]
工業団地の日系企業を守る治水工事であり、日本が資金面でも計画面でも当初から支援したタイの大洪水復旧・治水関連事業なのに、異常な条件の入札で日本企業が実質排除され、日本のカネ(円建て復興債)を「反日連合」で「反王室(タイ王室)連合」でもある中国と韓国の企業がせしめて山分けするという、異常事態のタイの大洪水復興・治水事業。その報道に激怒して数日、続報が入りはじめた。
 まず、タイの裁判所が治水事業で再考を求めるとも取れる判断を下し、内閣がそれに従って監視や検討の委員会(審査会)を設置し、事業開始が少なくとも数カ月遅れる事になりそうだ。
 野党タイ民主党議員は首相と閣僚の弾劾(だんがい)請願を提出。他の集団も腐敗防止委員会に訴える、この事業は入札にも汚職の疑いがあるとして。

 「入札」の話にまで具体的に言及する内容の情報が、日本にまで伝わってきたのだ。しかも、中国汚染の懸念されるタイCH9のニュース(日本での放送はNHK BS1)だから、余計に重大だ。
 やはり、タイ人の政治面での動きは速いな、世界最悪の政治愚鈍の日本人より。これをひっくり返せないならタイ軍(軍関係者)に存在意義はないとまで厳しく指摘した結果カネ、日本はまるで動かないようだが。ここでも私のような者にオンブにダッコか? 公務員でもなく、情報機関員でも軍人でもない者に、散々踏みつけにして償いもしない相手に・・・。




 このTVニュースはタイCH9で日本時間28日夜9時(タイ時間夜7時)に放送されたもの。日本ではNHK BS1の29日早朝4時代「ワールドWAVE アジア」で放送された。

 情報が限られるが、多少詳説する。

○「裁判所が公聴会開催を求める」
 裁判所の判断は事業に関する「公聴会の開催」や事業内容の公表等を求めるものと伝えられる。内容の詳細は不明で、先進国ならごく一般的な手続きをタイ政府に促した、程度の話かもしれない。
 だが、どうも、実質的に「事業の再考を促した」とか、とられているようだ。判決内容より、入札問題などで事業への反発が特に強まった直後に出た判決だから、騒ぎが大きくなった側面があろう。タイの対中国(香港)輸出額大幅水増しによる貿易統計改ざんが暴露されて大騒ぎになってから一ヵ月たっていないし。明らかに世界の潮流が変わり始めた中での判決だったので、この騒動になったのか。
 この裁判所の判断(命令)に従い、この事業をこのような形にした現政権のインラック首相(中国系・客家系)が、事業を監視し裁判所の判決・命令を精査し控訴を含め対応を検討する「審査会」の設置を命じた。
 タイの「水資源管理・洪水対策基本計画」を進める「水資源管理・洪水対策委員会」は、裁判所が命じた公聴会を開催する準備があり、二カ月程度で終了するとしている。また、事業の環境影響調査等を政府担当部局に命じると同時に、自身でも調査を行って報告するとしている。

○「審査会の設置」
 審査会の設置は、上記の「水資源管理・洪水対策委員会」の提言に沿う形をとる。審査会のトップにはスギスワン副首相兼教育相をすえる。治水事業の実質的な最高責任者と目されるキティラット副首相兼財務相とは当然に別の人物だ。最近、私が何度も言及しているタイの教育行政の一応の責任者。中国系首班の現政権の一員というだけで、どのような立場かは不明。私の激怒の直後の就任であり、それなりの内容を求めたいが、この事業の中韓(特に中国)への売国性が政権そのものからきているとすれば・・・。

○「首相と閣僚への弾劾の嘆願」
 野党のタイ民主党のチュリン議員が、この事業で法律違反をしたとして、首相と閣僚を弾劾(だんがい)する嘆願書(たんがんしょ)を提出する。嘆願書とは、相手は司法か行政か、それとも王室か。どの程度の実効力を持つのか不明だが、アナウンス効果はあるのだろう。問題はその先だが。

○「国家汚職撲滅委員会への提訴」
 反地球温暖化グループのメンバー(スギスワン)が、この事業に関して「国家汚職撲滅(おしょくぼくめつ)委員会」に提訴する。事業に関し、内閣に対して法的措置を取るよう求め、「入札自体が不透明で汚職の余地を残した」と入札の問題を特に取り上げて批判していると、ニュースでも報道(翻訳)された。中国やそのスパイの政治的介入が疑われ、中韓に不当に有利な異常な入札に反対しづらいとも思われるCH9の報道でもあり、注目すべきだろう。
 提訴者がどれ程の影響力を持つのか私には不明だし、この入札批判がどの程度強力な動きに結び付くのか。計画自体は治水に慣れた先進国の日本がたてたもので、大きな無理はないはずだから、最大の問題である入札条件と指名業者をひっくり返せねば意味がないのだが・・・。 

 

 このように、立てつづけに多くの動きが出た。政治愚鈍の日本人よりはるかに速い。だが、この異常な入札条件等が中国・韓国と中国系首班の現タイ政権の強い結託によるものなら、政府側の動きはアリバイ作りのポーズに終わる怖れがある。もっとも、5月下旬の貿易額水増しの発覚にも見えるように、もうゴマカシがきかなくなってきているのも確かだ。

●追記(7月2日未明)
 ASEAN会合で中国外相が南シナ海行動規約
 締結の準備があるとか、急に態度を軟化と。
 中国も分かっているのか、経済も崩壊寸前、
 オンボロ空母の逆宣伝で海軍もハリボテと
 ばれ、虚勢・ムリは止めてやめておこうと。


 東南アジア属国化(チベット化)を目指す中国は、全インドシナ半島の重要インフラの支配をモクロムだろう。だが、上記の状況もあり、執行部も交代し、各事業に関してどの程度本気かは分からない。タイの現政権が簡単に買収でき、タイ経済を主導する日本が全くフガイナイから、いい気になっただけで、反撃が強ければ引く可能性もある。スパイ活動でも当然コストパフォーマンスは考える奴らだろうし。EUの反ダンピング課税やミャンマーのダム建設のように引くかもしれないのだ。当然、その反対は反対。だから、タイに速い動きが出たと言っても、全く安心出来ない。

 私が望んだ軍関係者の動きでは、まだ情報がない。背後で動いて、このような形が出たのか、それとも動いていないのか。昨年の退役軍人が呼びかけた反政府デモは3万人程度の参加で目標の10万人に達せず、ひとまず解散となったが、今回はそれではダメだ。流域の地域住民の基本的人権やタイ経済の根幹である工業団地の防御だけでなく、反王室連合の中韓に国を牛知られるのを防ぐという極めて重大な話だ。

 とにかく事業入札をひっくり返すまで戦え。単なる公聴会でのガス抜きや環境影響調査、事業内容の小規模見直しなどでは、絶対にゴマカされるな。

 
 
 
 
タイ復興事業 中韓受注 ー日本資金 中韓が山分けー[2013年06月25日(Tue)]
これほど怒りを覚える情報は近年少ない。中韓の汚さだけでなく、日本人やタイ現政権の無能さや売国性をこれほど明確に示すものもないからだ。日本の資金(円建て復興債)で行われるタイの大洪水(2011)の復興・治水事業の大半を中国韓国が受注したのだ。山分けだ、日本抜きで。
 用地買収まで受注者の責任という特殊で異常な条件をタイ側が提示し、日本側が辞退した所をまんまと受注。計画から資金の用意まで日本にやらせ、モウケは、日本のカネは、全て日本の最悪の敵、タイ経済の敵、仏教の敵、そしてタイ王室の敵である中韓にくれてやるとは。山分けさせるとは。タイ人がテレビの過剰な韓国文字にボカシを入れたのは単なるポーズか? そして、日本政府はまたぞろ全く無力、無為無策、売国で保身した、最悪の形で。


 タイ政府は中韓のスパイ活動によってねじ曲げられた異常な入札を直ちに取り消し、やり直せ。さもなくば「復興債の全面売却」だ、いくら政治愚鈍のバカ日本人でも。日本でカネを集めた円建て復興債を売って資金を引き揚げろ。タイの退役軍人は全力を結集し、この異常事態を是正せよ。野党だけでは頼りにならん。経済国防、情報国防の時代、これができねばタイ軍にもはや存在意義はないぞ。田舎にはネットも普及しないタイでは、全国規模では退役軍人のネットワークを使うしかない。ネットもバンコクではデモの呼びかけくらいせよ。田舎の学校のPCに情報を伝えろ。中国によるウソ情報操作による「対中貿易額水増し」が発覚した直後だぞ。
 

 考えてみれば、親中売国のはずのタイの現政権(中国系首班)が異常な程の従順さで私の提言に従って無能な日本の民主党政権よりはるかに早く動き、担当の副首相が事あるごと日本に来るようになったのも、私をだます為だったのか? てっきりタイ大洪水が私の怒りに応じるように起きたことに恐れをなしての話かと思ったが・・・。
 タイ(東南アジア)の属国化・植民地化を狙う中国が表向きには妨害しなかったのも、このクソ日本人の底なしの政治愚鈍やタイ現政権の売国性を踏まえ、「どうせ成果はこちらがもらう」との目算があった為か。「表面は従って洪水を仏罰とか唱える向きをごまかせ。後で中韓に売り渡せばよい」とタイの現政権を抱き込んで。日本政府の小役人もだ。「うるさガタが仏罰だ、タイや日本を守れ、とかウルサイので、資金と設計は日本がやるけど、後は中韓に譲るから、ボクらを責めないでね、退任までは」とかな。それとも、当初は私が受注企業の国籍までは厳しく書かなかった為とでも?

 本当にバカな話だ。先日、私が何年も前に日本企業に提案した「携帯端末による電気製品遠隔操作(スイッチON)案」をよりにもよって韓国企業が実行したのをタイで知ってショックを受け、「日本人は自分のウスらバカさ加減を自覚しろ」と怒ったが、これで、その意味がわかったか? いくら救いようのないウスらバカの日本人でも。政治や外交や経営判断の面では、どうしようもなくウスらバカなのだよ!



●●「用地買収交渉も全て建設会社の責任? −異常な受注条件ー」  
 「復興事業では地権者との交渉等まで全て事業受注者(建設会社等)にやらせる(責任を負わせる)」という極めて特殊な条件をタイ政府が提示したそうだ。ここからして異常なのに、私には情報が入らなかった。これも日本のマスコミや政府の売国性ゆえだろう。条件提示と同時に騒ぎになってひっくり返って当然だから。
 公共事業の場合、用地買収の地権者交渉などは別に役所側がやる(やらせる)のが普通(日本でも国土交通省の地方整備局には河川部や道路部とは別に用地部がある)。そんな作業まで全て建設会社がやれば、そこだけで大変な出費となる。この条件自体がウソ・ワナとは思うが、それを真に受けた形で(口実?として)日本側が「赤字になる」とか辞退してしまったのだ。中国という異常な独裁国や韓国という国家主義テロ国とはちがい、民主主義国の日本では用地買収などは特に難しくカネもかかるからだ。そこに付け込まれたのか? 中国では用地買収など警察や軍(武装警察)や地方政府の手先の暴力団が反対住民を逮捕するか暴力で追い出して終わり。国家主義で反日テロ国の韓国でも、反日の為の国際空港や港湾インフラの整備とか口実がつけば相当に通りやすくなる(反対しづらくなる)のとは、全く違うのだ。
 しかし、それをタイでやらせるとは。タイ政府がワイロで協力するとは。タイを植民地化してタイ人を支配したくてしょうがなく、違法で凶暴で民主主義を破壊することに生きがいを感じる中国共産主義者の暴力的な地上げに、タイの多くの住民(地権者)をゆだねるのか? 散々強姦したベトナム女もタイ女も同じと、古代的で強姦好きで非人道的な姦国人の住民虐待を奨励か? まさにイケニエだな、私のように。
 後進国の中国企業はどんな手抜きや無法をするか分からない。タイに進出した中国企業の製鉄所が役所を抱き込んで環境基準を無視して大音響を響かせながら操業を続け、中国人従業員が(支配者気取りで)周辺農地に無断侵入を繰り返して問題になり、地元役場に無視?された住民が抗議の声が外に届くようにと近隣ハイウエーを封鎖した話は、日本の私の元にも届いた。それを忘れたのか? 地上げとなればもっとひどいことが続発するのだぞ。
 姦(韓)国人も先進国を気取っても中味はガサツでズサンでタイ国王も侮辱していい気になる最低の奴らだ。古代封建主義者であるばかりでなく、「ケンチャンタ(いい加減で良い)」という言葉をよく使う、ひどく粗雑な国民性で、最近も地震でもないのに首都ソウルの雑居ビルが崩壊する映像が世界に流れた。この調子でかつては大きなビルの崩壊も起こった韓国だ。そんな奴らに大事な治水工事を任すのか? 地権者家族の女のからだが危険なだけでなく。
 日系企業の入る工業団地に再び打撃を与えたいのカネ、韓国スパイからのワイロの為に。大半が日系企業という工業団地を守る治水工事を韓国企業に任せてワザと手抜きや危険な落とし穴のある構造にし、大災害を起こさせる「インフラ災害テロ」をやらせるのか? 「東日本大震災テロップ不提示情報テロ」のように。更に、受益者となる日系企業に工事上必要な聞き取りと称して企業秘密情報を提出させるのか? 

 これではタイ国民の基本的人権もタイ経済の根幹も社会も破壊される。それが目的かね、売国奴の親中政権や政治屋には。売るモノが大きいからワイロも大きいね。それとも大した利権も渡されずに大安売りか?
 タイ人もタイ経済もイケニエにしタイなら、自分がイケニエになって死んで地獄に落ちろ。自分が仏に地上げされてタイから追い出されろ。

 シロウトの首相にかわり、大洪水復興事業の実質的な最高責任者であった副首相兼財務相は、責任をとって辞めろ。さもなくば首相が辞めろ。対中貿易額大幅水増し事件も発覚し現政権の売国性・裏切りは隠しようもない状況となった。もう逃げられないぞ。
 
 日本側も国土交通省や外務省、JAICAやJBICといった関係機関すべての責任を厳しく追及せよ、担当大臣まで含めて。当然、最高責任者であり、インフラ輸出を国家戦略だとうそぶき、直前の訪タイ時に何一つ義務を果たせなかった首相もだ。日本のバカどもがなにもしないなら、タイ軍にやらせるまでだ。

 米国も何をやっている? 中国対策でアラブ産油国から「アジア(東南アジア)重視」に方向転換だろう? 「インフラ整備で中国に対抗」だろう? 今回の件は、まさにオバマガがえる方針そのもの。それをむざむざ中国と(朝鮮半島問題や経済利益の為に)中国属国化を進める韓国との連合に渡すとは。オバマよ、気は確かか? マジメに政治してるのか? 
 オバマがまじめにやっているなら、米国の東南アジア担当の情報機関も軍の情報部門も、責任者は処分だな。それとも、これは中国という赤い悪魔を陰で操る大悪魔と揶揄される米国自身がやった事かね? そういえば、中国系タイ人も違和感を持つ中国風獅子舞CMで中国系タイ人より本国の中国人やそのスパイに媚びたのも、米国のフォード社だしな。あれこそが政府や大統領まで含めた米人全体の赤く汚れた醜い姿そのものだったのかね?
 オバマへも宿題だ。タイの退役軍人にはこの話をひっ繰り返せと呼びかけるが、オバマへも同様の呼びかけをし、宿題とする。解決できないなら、さっさと共和党に譲れ。神が見ておられるのだぞ、お前達の国歌どおり。最近また始まった大竜巻で少しは懲りたかと思ったが、結局は直後にこの有様だ。お前ら米人は神を恐れない宗教上最低の奴らだな。宿題をやらねば破門提言対象だ。イヤ、とっくにそうだったかな?


●●「常習的な韓国のウソ芝居 −被害者装い日本だます?ー」
 表面上は、韓国側も今回の異常な受注条件に難色を示し、入札辞退をちらつかせる姿勢を示したそうだ。が、どうせ、中国とグルになって自分らで異常な条件をタイ側に提示させておいて、自分も悩んでいるかのごとく演技し、「日本企業も一緒に辞退すればタイ側も考え直す」とかダマしたりニオわせたりしたのだろうよ。
 この、毎度おなじみのウソつき韓国の「加害者なのに被害者を装うウソ芝居」でバカで売国な日本側をダマし、あるいはダマされたフリをさせる条件を提供し、辞退させ、自分がまんまと事業を獲得したと思われる、日本のカネで日本企業を守る事業を。
 そして、受注社が決まって日本を外し、ある程度事業が進んだ所で、「この条件ではどうしてもダメだから変えよう」とか、普通の条件に戻すつもりだろう、表に出すかは別としても。

 この「加害者(テロ犯人)が被害者を装って他人をだまし、罪をゴマカす」という手口、韓国人には毎度であろうが、私が我が家でも散々経験してきた事だ。
 我が家の朝鮮系スパイ夫婦が親(保護者)の立場を利用して毎晩のように無抵抗の子供の私に毒を飲ませ続ける極めて凶悪な連続毒物殺人未遂を常習的に繰り返したのに、「この子がすぐ吐いて骨と皮だけなのは異常体質の為、私は病弱な子供をケナゲに看病する同情すべきかわいそうな被害者」とかわめいたことだ。
 周囲の人間を傷つけておいて看病すると見せかけ、加害者が被害者や親切者を演じて周囲の同情や関心を買おうとする「代理によるミュンヒハウゼン症候群」という強度で悪質な人格のゆがみの典型例だが、韓国人(朝鮮人)の犯行手口にはこれが良く出てくるのを忘れたのか? 外交に関係する者達がこれを知らねばモグリか余程の無知かタイマンか、そうでなければ見て見ぬフリの卑怯モノか、スパイだ、我が家のキチガイ文化人の東大教授のように。朝鮮人(韓国人)が上記の症候群なら、日本人は「ミュンヒハウゼン犯罪見殺し症候群?」かね。
 今回の事件に限らず、クサレ小役人根性のクソ日本人が実情を知っていて私のツメに出たヒ素類中毒の証拠まで抑えながら朝鮮人(韓国人)を追及せず、恩を着せたつもりで共犯となり、保身してきた事も忘れたのか? 今回はそうはゆかないぞ。中韓は当然だが、日本やタイの政府も絶対に許さないぞ。日本の関係者も犯人側とグルか、少なくとも「ほう助(助けたり見て見ぬフリ)した者」だろうよ。純粋な被害者ではないのだ。
 厳しく追及せよ。程度や様相の差こそあれ、裏切りやタイマンにかわりないし、今後の類似犯罪を少しでも減らすためだ。「あのように社会的に非難され、厳しく罰せられるなら、ワイロを断ったり、少々脅かされても、韓国に妥協しない方が良い」という戒めにせよ。以前にも「海外の日本フェア―に日本人でもないのに大きな顔で入り込む韓国人を排除しない日本側責任者を(外国スパイ活動協力等の容疑で)厳罰に処せ」と書いたのと似ているが、今回はまるでレベルが違う。
 2011年のタイ大洪水時の復興事業を提案・督促した折、私は「治水(洪水対策)は私と最も縁の深い領域であり、ここでサボれば、すぐばれるぞ」と強く警告した。結果、タイ政府ばかりでなく、自国の大震災でも動きの鈍いバカ日本の関係者すら直ぐに反応したことは、何度も述べた。今回、その私に警告された最悪のバカをやってしまったのだ、日本人は、タイ人は。最悪のサボリが最悪の形でばれてしまったのだ。覚悟せよ。決して許されないぞ。
 しかも、今回は、タイの日本大使館がタイフェス2013で私のシンボルカラーのオレンジのポロシャツを会場の関係者に着せて私の誕生日(性格には誕生月)を祝った直後の話だ。繰り返すが、これはタイでは国王など王室・王族に対する礼儀。タイ王国軍人が「国を守るとは王室を守ること」と断言する話は以前にも述べたが、仏教の輪廻の考えに基づき私が最も有名な王様の再来と考える向きもあり、すでに一部のタイ軍関係者には私は「命に代えてでも守るべき存在」になったようだ。守るべきは、私の名誉や、私の特に重視する提案などにも及ぶだろう。
 それが現時点で全部隊、全退役軍人にまで及んでいるかは、私には不明。だが、その私がタイの為に特に重視する話で、私が最も警戒した悪い結果になり、私が激しく怒ったとなれば、どのような動きが出るかは私にもわからない。そう、分からないから、何が起ころうとも私にも直接は止めようもないし、どうなっても知らないのだ、まさに。それを理解しているのか、日本やタイのクサレ公務員どもは。内々にせよ、部分的にせよ、王に近い存在とは、総理大臣より確実に上、総理大臣を精神的に指導する立場という事でもあるし・・・。

 
 実に簡単な話だが、今回問題になっている復興事業の異常な受注条件は、表面的には合法的に日本を入札から外すための策略だったのだ、中国と韓国による。それにワイロや安い利権で乗ったのだ、タイの現政権や政治家は。日本側も真相を知っていながら気づかぬフリでごまかして保身したのだ、カネも全て出し、計画もすべてやってやりながら、国民のカネや国益を敵に売り渡すことによって。
 これほどの売国、裏切りもない、日本政府もタイ政府も。日本やタイの政権の売国ぶり、日本人やタイ人の無知無能・・・。クソ程にも役に立たない。クソならば立派に肥料になるのに。クソにも全く及ばない。何かやるだけ害になるとは。



●●「警告を聞かなかった者達 −日タイの無能と売国ー」
 この件に関し、私は強く注目し、再三に渡り強く警告してきた。いくら日本人が政治面では世界最低の愚鈍の赤く汚れた草取り百姓とはいえ、いくらタイの現政権が中国の手先とはいえ・・・。

 日本政府とやらは「インフラ輸出が経済成長戦略の柱」と言い切り、特に今回は「タイ洪水復興事業はインフラ輸出のモデルケース」とまでかぬかし、受注活動をした形をつくってはいる。が、結局は最低の「アリバイ作り」にすぎなかった。国土交通省という、技術系が主体で外交やスパイ活動なんぞ全く不得手な国内事業ばかりの内弁慶の役所の役人が少し動き回った所で、結局はムダだったのだ。
 つい最近、安倍がタイを訪問した折、しっかりとクギを刺し、話をまとめてしまうべきだったのだ。全体構想も設計もカネを出すのも日本、洪水で守られる受益者まで大半は日本企業。実質的に日本の事業なのに、「インフラ輸出は成長戦略の柱」とか口では抜かすくせに、実質的な日本の事業を丸ごと反日の中・韓にくれてやって保身とは。
 いくら、世界的に有名な経済学者にまで「経済政策に無関心(経済政策オンチ)」と言われる安倍でも、程がある。タカ派気取りなのに媚韓で政策に無能なお坊ちゃん。これでは同じく朝鮮がらみと思われる私の問題の解決も無理だな。ならばすぐにやめろ。今回もまた「国益を敵に売り渡す巨大な失態」だ。これでは異常な鳩山すら悪く言う資格もない。アベノミクスといっても現時点での実態はクロダノミクスだし、公共事業政策はイシバノミクスでも良いわけだし・・・。

 このような場面ではまるで無力な国土交通省の小役人なんぞに形だけ何かやらせてもムダだ。相手は国家ぐるみのスパイ活動で親中売国のタイのビジネス政治屋や現政権を抱き込んでいる。中韓という反日国が完全にグルになって連携してだ。それと対抗するには日本も国家ぐるみ、というより政権トップが先頭に立ち、あらゆる部門を投入する意味の「オールジャパン」で強力に意思を表示し、タイが裏切るならカネは引き揚げ協力も取り消し、と強力に迫るべきだったのだ。それを・・・。
 しかも、国土交通省とは、かつて私を裏切り続け殺させようとした売国奴の裏切り者の役所だぞ。下水道事業団理事長とか名乗る事務屋とそっくりの名前のガキに私を集団でウジムシ呼ばわりさせた役所だ。しかも、死ぬほど私に世話になり、恩恵をこうむりながら、いまだに私の目の前に私を殺そうとし続けた悪魔を放置しているような奴らだぞ。そんな、国内では受注業者にいばっていても(外交的には)全く無能で面倒になるすぐ裏切り、国家最大の国益を敵に売り渡すような最低の奴らに・・・。



●「王国防衛の最重要点」
 これは新幹線(鉄道)問題などと並び、タイの最も重要なインフラに関する話。国の経済や社会の背骨に関する話だ。これを守れなければタイは中国の半植民地への道をまっしぐら。中国依存の激しいミャンマーやラオスでさえ、インフラ整備などで中国バナレが出てきたのに、反共のタイ王国がこの醜態か、私が特に注目する領域で。
 絶対に許されない。これが放置されればタイはタイでなくなる。当方からの保護支援もなくなる。結果、何が起こるのか、私にさえ予想できないぞ。

 国軍関係者、特に政治的に自由な退役軍人は、このような時に働けなければ存在価値はなくなる。直ちにデモでも何でもやって、この異常な入札を元に戻せ。それを聞き入れないなら、裏切り者の現政権の退陣を強く迫れ。特定の政策に明らかに売国的な大きな異常が発見された以上、単なる退陣要求とは違う。中国のバブル経済崩壊が進み始めた今、ここが天王山かもしれない。戦いどころだぞ。ネットも同様だ。

●追記(6月26日)
  先日の中国の株価暴落で「当局が救済せず」との解釈が多い。
  短期資金金利急騰による金融機関株暴落を当局が資金供給等
  で救済せず、「中国が本格的なバブルの後始末を始めた」と。
  バブル崩壊救済が必要な時に景気後退覚悟でバブル退治とは、
  バブルの貧富の差や困窮で社会不満爆発寸前か。中国経済は
  終わりで何を期待しても出てこない、小額のワイロを除けば。
  まだ粉飾腐敗の中韓屈従とは、国を想う気持ちなど全くなく、
  売国以外の何物でもない。そんな奴らを王国から追い出せ。



 2011年の大洪水は、タイの媚中・媚韓の悪い傾向への強烈な仏罰、御警告と考えた故に、タイ人は反省し、怖れたのではなかったのか? それを、中国バブルが崩壊して反中の戦いが有利になってきた時に、このような裏切りを表に出すとは。地獄に落ちるぞ。大洪水以上の仏罰が下るぞ。それが嫌なら従え。タイ政府が内々にでも王室に近い扱いをするようになった者の言を聞かねば、それが既にタイ人ではない。タイの軍人ではない。それを忘れるな。タイ軍人にとっては「国を守るとは王室を守ること」なのだろう?




 タイ軍や退役軍人には、タイでも日本での働いてもらわねばならない。タイでは異常な政策・政権を改めること。日本では私に対する侮辱と疑われる事件・状況に厳しく対処し、解決すること。タイの国そのものへの侮辱につながる後半部分については改めて述べるが、もう大人しくしている訳にはゆかないのだ。
タイ地方警察幹部・反乱 −警察少佐・抗議住民引率−[2011年12月07日(Wed)]
少し前だが、浸水被害のひどいタイの首都バンコクの近郊部「パトゥンタニ県ランブルガー郡」での事。バンコクを浸水から守る水門をもっと開けて自分らの地域から水を流して浸水を緩和してくれと、住民の集団が運河の水門付近に抗議に押し掛け、騒ぎになった。しかも、警備の警官が100人いる所に住民を率いて行ったのが、地元警察の幹部なのだ、「警察少佐」の肩書を持つ。


 タイでは警察も軍隊同様に階級を持ち、独自の幹部養成システム(警察士官学校)がある。タクシンは軍の士官学校や予備士官学校の出身との誤報があったが、実はこの警察幹部学校の卒業だったらしい。

 タイでは警察官僚キャリア組も東大のような官立大学でなく、警察内部で養成される。これは、旧・工部省の最高幹部養成学校として今の世の中では想像もつかぬエリート教育をした工部大学校が工部省の重要な部門だったのと似ている。工部省の解体後、これが東京帝国大学の理科大学(現・理学部)内の工学部と合体して東大の工科大学になり、純粋学問系的な(ハクつけ?)教養学校だった東大が高級官僚養成所となったようだ。順番や傾向から言えば、法学部が後追いの形で事務系官僚養成所になったのは、前にも述べたろうか。
 実社会から見ると東大法学部は専門性が薄い二番目の教養学部で、卒業生の就職先の官庁との関係は限定的だが、東大工学部土木工学科等と公共事業官庁の関係は極めて深い。「東大土木の教授は局長よりエライ」とは、スパイのうぬぼればかりとはいえない。それも、河川局や道路局など、実力は次官級をしのぐ直轄公共土木事業を統括する局の局長だ。これは、元は両者が一体だった歴史的経緯による。逆に、東大法学部にも「警察学科」はないのだ。法学部卒のキャリア官僚でも、専門教育は主に各官庁での仕事上で「オン・ザ・ジョブ・トレーニング」。事務系の「官庁営業職」に専門教育は不要という見方も可能だが・・・。


 そんな重要部門にまで、まんまとスパイが入り込んでいた所が戦後日本の問題点だが、反共の王国のタイでも、中国勢力の浸透し始めている。その手先が韓国ドラマとも知らずにだまされるバカも多いのだが・・。そんな状況への抵抗の一側面ともとらえられるだろうか、今回の騒ぎは。
 バンコク周辺では似た騒ぎはいくつもあった。水門の開け方を大きくしろと騒ぎ、聞き入れられないと水門付近の施設を破壊した集団の話は前にもした。バンコク近郊では、バンコク防衛(防水)の為に水門を閉められて犠牲?になっている地域が多いから。
 しかし、この場合は政府の指令で治安・秩序を守るべき地方の警察の幹部が先頭に立っているから、洪水情報のあふれかえるタイでも大きなニュースになり、日本にまで伝わってきたのだ、地名入りで。水門を管理し、抗議を受ける側のバンコク知事は王族出身だそうだが、反タクシン系の強い地域の住民がタクシン系の現政権に反抗したとも考えられる。クーデターもうわさされる状況下だし、なおさら深刻なのだ。

 実は、この「パトゥンタニ県ランブルガー郡」とは、先月初頭まで私が滞在していた地域。知り合いがいるので、タイに長期滞在する時は多くの場合この地域なのだ。またまた、私と縁の深い地域だ。
 中国鉄道省の異常な実態を暴き、中国のネットの反政府・民主化要求勢力に火を付けた中国の高速鉄道事故。私は中国のパクリ鉄道を非難し続けてきたが、この事故は、私の祖父と名乗る者(静岡県カンキツ試験場・初代場長)の研究対象だった「温州(うんしゅう)ミカン」の「温州」でおきた。
 タイ政府が中国式殺人高速鉄道の採用を決めたとの報で激怒し、関係者は地獄に落ちろと書いた頃からひどくなったのが今回のタイの大水害。洪水対策・治水は私の父親と名乗る者(東大工学部土木工学科・元教授)が東大で教えていたものだ。
 四川大震災は私が父と名乗る者と初めて中国を訪れた際に立ち寄った古い利水施設のある「トコウエン」付近で起きた。インド洋大津波で壊滅したタイのプーケットは、私が初めて訪れたタイの領土の観光地だった。東日本大震災やフジデモの話は、今更するまでもなかろう。
 
 最近、私の周囲で何か大きな事件・災害が起きる時、何かしら私と関係する事が多い。天災でも、人間の起こす事件でも。これが何を意味するのか、それこそ「神のみぞ知る」であり、私は確定的な事は何もいえない。しかし、私を観察していれば、様々なランダムに見える事件・災害が、それぞれ関連しているようにも見える、とはいえよう。
 私が天に与えられた使命とは何か、最近も時々考える。重大ではあるが、大げさな事でもないようだ。私を観察していれば天災にも関連性が見られる、となれば、何者かによって統制された可能性に思いが至る者もいよう。それがどうやら「人間をはるかに超える意識や秩序」によるものらしいと、下界の人間に思わせればそれでよい。私の仰せつかった役割とは、そんな所か。私は神様ではなく、自分で天災を起こす訳ではないからな。

 それゆえに、私は天の使いと称している。下界のものは全てが天の御意志や秩序によって存在するから、皆、何かしらの「天の使い」なのだが、私の場合はもう少し積極的な役割り、周囲の人間よりは大きな役割を与えられたようだ。人間をはるかに超えるものの存在を下界の人間に示すという。逆にいえば、それだけなのだが・・・。
 
 だから私は生きていなければならない。「生きる価値の無いウジムシ」「絶対に幸福になる事が許されない奴」という洗脳にかかわらず生きてこられたのは、そんな理由による。朝鮮系スパイ夫婦らによる洗脳だ。私は今回のネット革命でも役割を負っているようだが、この革命だけ指導して終わりという革命指導者?でもない。死ぬと革命の英雄になれるとかは決して思わないし、赤魔中国を倒した後も私の役割はずっと続く。むしろ、その後の世界でこそ必要だろう。
 それゆえに、私はそろそろ、今回の革命に関わる発言を抑えようと思う。既に革命は始まったから、とも、政治的な話に深入りは無用、ともいえる。しかし、そう思っているのに次々にバカ日本人がバカを繰り返してくれるから、いい加減、腹にすえかねているし、書くのをやめられないでいる。

 日本政府も私との和解を急がねばならない。クサレ小役人政府が相手では全く前進がないがな、前進させねばならない、今月末までに。私以外の者達の集団に強く促されてからでは遅いのに、その時が来るまで責任逃ればかり繰り返すのか。もう、そうはいかないぞ。社会情勢の急転をみれば、分かるはずだが・・・。日本人はフジデモこそやったが、現役の官僚やマスコミ屋がタイの警察少佐程の事をしているのか? してないよな。ならばやれ、今すぐ。
タイ洪水復興計画始動 -治水・金融で日本全面支援-[2011年11月27日(Sun)]
日本が全面的に支援するタイの洪水対策・復興策が動き始める。複数のタイの関係要人が直ぐ訪日し協議を始める。治水対策と金融支援策が主な内容として報じられる。治水は日本の「JICA(日本国際協力機構)」が当初から計画策定に参画し、同じく日本でのタイ国債(復興債・サムライ債)の発行等でも日本の「JBIC(日本国際協力銀行)」が強力に支援する事がほぼ決まった。

 「治水と金融の対策」
 東日本大震災の復興に比べ早い動きだが、一応、私がブログで述べた意見が実現した形にもなっている。
 ・治水
 洪水が起きたチャオプラヤー川流域の治水では、(上流部では)河川の拡幅や遊水地の整備、(下流部では)放水路(人工河川)の新設等が検討され、緊急を要するモノは来年6月頃からの雨季の前に着手するとの事。チャオプラヤー川下流部付近に位置する首都バンコクの防衛を最重要課題とし、工業団地が多いバンコクから70キロほど上流の古都アユタヤ付近も大規模工事の対象になる。
 日本のJICAは治水計画策定段階から参画し、来月から1年半の予定で治水計画を策定すると報じられる。
 このような迅速な動きを東北の被災地でもやってほしいが、山本弘のような奴ばかり目立って。「治水は日本の最も得意とする所。私と最も縁の深い領域だからサボるな」とハッパをかけたカイがあったか? 私の提言をほとんど実現できない民主党ド素人政権に比べ、中進国のタイの政権の方が有能だったか? 日本の役人よりタイの政治家の方が私に対して従順だっただけか?
 ・金融
 「カネ余りの日本の資金を被災企業へ」「日本のカネの融資にタイが保証や利子補給を」とかも書いたが、これはJBICが日本国内で売られるタイ国債に保証をつける形に変わって実現しそうだ。日本で発行される円建て外国債「サムライ債」で、タイは1000億円規模の発行を目指し、JBICは保証だけでなく一部国債の直接引き受けの可能性もある、と報道されている。日本では復興債の日銀引き受けも出来ないようだが。
 以前、私がタイなどへの国際支援関係機関の強化・一元化等を唱えた後、JBICの独立性回復?等があったと記憶するが、やっておいてよかったな。
 考えてみれば、私は東大の経済学部卒だった。同窓生の多くが金融関係に行っていたから、こちらも縁の深い領域だった訳か。忘れがちだ、私は公共事業関係の官界の人間だからな、生まれる前から・・・。

 「来日タイ要人」
 間もなく訪日するタイの要人は、タイ政府の
 ・水資源管理戦略委員会 委員長 キティラット副首相 
 ・復興戦略策定委員会 委員長  ウィラポン元財務相
 と報じられる。
 大洪水が収束していないタイから動けぬ若い新人女性首相にかわり、前者(副首相)は治水事業関係の実質的な最高責任者、後者(元財務相)は金融対策関係の実質的な最高責任者としての来日と思われる。
 これはタイ政府の本気度を示すものだ。ほぼ、復興事業の治水と金融は、報じられるような方針で、このまま推進という形になろう。 

 「高速鉄道問題」
 しかし、訪タイ前の9月の私の強い怒りの直接のきっかけとなった「高速鉄道問題」はどうなったのだ?
 「中国式殺人高速鉄道を導入しタイ人多数を殺す計画」だ。これを白紙に戻して安全を確保できる「日本式新幹線」にし、「中古車導入」等によるコストダウンも図らねばならない。安全第一の超高速公共交通機関に確実に事故を起こす中国製粗悪品など絶対に許されない。大洪水後の出費の増大で新車の大量導入も無理になったし。
 それに、中国に多額の出資をさせれば「世界最低最悪の組織・中国鉄道省のタイ版」をタイ人が自らタイに導きいれる事になり、腐敗やスパイ活動がやりたい放題となる。これは絶対に防がねばならないし、そんな悪の計画は絶対に白紙に戻して全面改善せねばならない。
 洪水復興事業(治水・金融)と並び、それもやれ。今後、タイ政府は日本のJICAやJBICと密接な相談が続くのだから、そのついでに高速鉄道問題でも並行して相談せよ。首都から北部に向かう路線なら被災したアユタヤ付近も通るのではないのか? この話を外せば元も子もない事は忘れるな、タイ政府も日本政府も。
 すでにJR東海あたりに話は通したのだろうな。新幹線では、中国と結び付くJR東日本はあてにならないし。東日本にはバンコク等の都市鉄道で支援させろ。中古通勤型電車という宝の山を抱えているのだから。
 ・中国は自然に撤退する
 私が最も重視する話だ。タイ人は仏罰を見た直後である点も忘れるな。中国も内々にはこの問題への深入りはマズイと分かったはず。中国国内でも高速鉄道建設は実質中止。中国の不動産バブル崩壊で政府自体が火の車になりつつある。他国への出資の余裕はない、崩壊寸前名のだから。表立っての中止ではメンツがなどと、この期に及んでもわめくのか、赤魔は。ならば内々に撤退せよ。誰にもわからないように消えろ。
 ところで、山本弘とは、このような面で雇われたスパイかと疑われてもいたしかたない、まるで無駄な抵抗だったが、大きな仏罰・天罰の連続の前では、天のお力、仏の秩序の前では、チンピラ作家ごときでは。中国が殺人高速鉄道で人を殺したり、ASEAN諸国を植民地化したりして極めて汚いモウケをするのを邪魔させないために・・・。 
 スパイといえば、東京の鉄道関係者上層部の一部は既に中国に取り込まれている。東京には中国に新幹線車両技術を売ってしまったJR東日本の本社もある。「JR東日本は売国企業」との評には、そんな背景もあるのか。上で、旧国鉄系の本家筋のJR東日本でなくJR東海の名を出したのは、台湾に新幹線技術を輸出し中国と距離を置くという事実を重く見た為でもある。

 「韓国スパイ情報活動の追放」
 タイへの批判の根本原因の一つは、日本の敵である韓国とタイとの関係だった。タイは韓国の最大の債権国になり、タイでも韓国のスパイ情報宣伝が吹き荒れていた。この惨状を速やかに是正・改善せよ、またこれだけ日本に助けてもらうのだから。そうでなければ更に仏罰を食らうと考えよ、当然の因果応報だろうから。この辺がスパイを使っても「天罰説」を否定しようとする原因の一つか。
 これと同じ背景を持つ問題だから、私はタイ人の日本研修も急げと唱えるのだ。言論無能の日本は特に国際的な情報伝達が全く下手。今までタイ政府も何もできなかった。タイの経済国防に極めて重要なのに・・・。 
 タイのテレビ局等の韓国との連携・癒着などは原則すべて断て。表ざたにしたくなければ内々にやめさせろ。私が見た限り、日本の8CH(フジテレビ)に相当するのがタイでは7CH。BS日テレやBS朝日のように最も多く韓国ドラマを流す局はまた別で、見た限りでは3CHだ。できれば、このような局にクーデター軍兵士が向かう前に、現政権のもとで是正せよ。



 「私の感想」
 自分の提案通りに国政が動けば、普通の者なら喜ぶだろう。「どうだ、すごいだろ!」 最近は、そんなシロウトが政治家や大臣をやるので困る。
 しかし、私にはシロウトとは別の感想がある。
 「私が脅かすような事まで言って強く促さないと何も進まないのか、この国では!」
 政治無能も、ここまでくれば芸術品だな。博物館にでも入れたら? 
 「モノツクリでは世界一の日本人が言論や政治ではガキ以下」という、極めて珍しい物として。
 しかも、こちらがどんな貢献をしてもタダ乗りに近い状態だ。「頼んだ訳じゃない!」か? 政治無能の赤く汚れた草取り百姓め。殺そうとしたままケジメもつけていない相手のおかげで恥ずかしげもなく助けられ続けるとは。

 それにしても、また、様々な者が得をしたようだ。タイは当然だが、再びプレゼンスが高まり、その分あまく見られなくなる日本もだ。事業がらみの受注だけでなく。この状況ではASEAN植民地化を狙う中国もケチをつけにくい。今回の歴史的大洪水が鉄道がらみだけでなく、中国のASEAN進出侵略策動全体への天や仏の警告とする解釈も、当然あろうから。世界を侵略しようとする中国でも、エタイのしれない「天罰」という恐ろしい「地雷」は避けて通りたいのだ。
 また日本は決定的な外交力不足を補ってもらったか? ならば、いい加減、私に償って和解しろ。言い訳ばかりしないで。利用するだけなのをやめて。賠償も犯人処罰も私の人生の再建も何一つ進まないぞ。
 これではスパイを使ってイヤガラセをさせて泣き寝入りさせようととするわな。せめて黙らせたいと、様々な奴らが。敵国スパイだけではない。そんな者が日本にも残っていたろうから、少なくともフジデモや中国鉄道事故やタイ大洪水の前までは。
 こりゃ、やはり、タイ軍に日本でクーデターを起こささせて悪い小役人どもを締め上げ償わせねばな。山本のような者もスパイ容疑でMP(憲兵)にでも検挙させねばな。あくまで空想小説だが・・・。
タイ人工員大挙来日 −タイ洪水後の生産移転−[2011年11月25日(Fri)]
多くのタイ人工員が日本に入国する。「懲りない女性週刊誌」の「追伸」でも述べたが、タイの大洪水で被災した日系企業が日本に生産を移動する為だ。当初予想は2000人規模だが、更に増えそうだ(12月初旬段階では4000人申請)。政府は特例ビザを出す。中国人犯罪者を観光客と称して入れるくらいなのだ、親日国の重要な産業要員の受入は当然だ。

「日本のマスコミ屋へ」
 タイ洪水やタイ人工員入国の報道でも「タイは親日国」との重要情報が日本人に伝わらない。「タイは微笑(ほほえ)みの国」と表現しても「東南アジア一の親日国」との言葉は出ない。記者が無知なだけでなく、意図的に隠すようだ。日本のマスコミは反日国の中国・韓国のスパイだらけ。反日的な左翼だらけ。アジアに親日国があると日本人に知られたくないのだ。「アジアはみな日本の侵略戦争の被害者」「アジア人民はみな日本嫌い」との中・韓のスパイ宣伝や偏向した左翼史観に基づくウソを日本人に吹き込み続けるのが反日スパイ活動の基本、反体制左翼革命の基本。ウソがばれると反日のユスリ・タカリもやりにくくなるから、世界中で。
 違うなら報道姿勢を直せ。事実の隠ぺいを重ねると反・反日勢力にたたかれ、タイ人にもウラミを買う。ネットは真実を日本人に伝えよ。タイは親日の王国。若い者が韓流汚染にさらされても、熟練工の世代は親日が普通だろうし。

「選ばれたタイ人工員の評判」
 今の所、タイ人工員の評判は上々と報じられる。タイの日系企業で日本人から何年も技術や仕事の指導を受けた者の中から、技術、積極性、勤務態度等も考慮し選ばれた「うわずみ」も相当いる。タイのみで製造される製品では逆にタイ人が日本人に製造法を教える。「日本人並み」「タイ人に負けそう」といった評も、決してお世辞だけではなかろう。
 問題はこれからだ。暑い国のタイ人は日本の寒さに弱い。後進国から中進国に上がったばかりの国の人間は生活マナーやカネに関する感覚では日本人に及ばない。親日の敬虔(けいけん)な仏教徒の優秀工員にも、日本の生活での弱点はあるのだ。そこはフォローしてやらないと。

「インドネシア介護職員との違い」
 当初、私は東南アジア人介護関係者の日本入国に消極的だった。漢字もよく読めぬ者に日本での試験は無理だし、後進国的側面が残るタイの若年者を急に受け入れても金銭トラブル等を起こしてタイ人の評判を落とすとも心配した。結局タイ人は来なかった。当時は私の意見は閉鎖的に見えたろうが、結果的には正解だった。
 私が止めなかった?インドネシア人の介護職員の来日後、問題が発生した。受け入れ態勢がダメな所に急に受け入れた為、資格試験もうからず、受け入れ側も金銭負担が大きいだけだった。心配が当たったのだ。今回来日のタイ人模範工員とは違うのだ。
 介護職員問題では、日本の介護企業がタイに進出してタイ人を長期教育し、そこで選抜された者を日本に送り込む体制が望まれる。今回来日のタイ人模範工員と似た体制の整備だ。日本側でも受け入れ態勢の整備がないと、問題が広がるばかりだろう。
 そんな工夫は外国人と接する上では最低限必要だが、日本ではそうでない。経済連携協定の形だけ整えて肝心の外国人受け入れ態勢がダメなのだから。今回のタイ人工員については、そんな受け入れ態勢の不備がないよう切に祈る。気候の違いや食べ物の違いは、タイにいる日本人に選ばれた模範工員であろうとなかろうと、仕方のない問題だからだ。

 
●タイ人の弱点と対策(1) 寒さに弱いタイ人 −極端な気候の違い− 
 ・日本の冬の寒さは地獄
 夏ばかりの国のタイの人間は寒さに弱い。タイでは一年に3回半コメがとれる。日本では考えられないが、冬がなく年越しでイネの栽培が可能だからだ。これから日本は冬に向かう。来日タイ人には「極寒地獄(ごっかんじごく)」か。果たして、カゼをひかずに冬を越せるのだろうか。
 ・保温対策  −暖房、衣服、マスク− 
 受け入れ側は部屋の保温に気をつけ、社員の家族の古着でよいから貸せ。「加湿機」も必需品だろう。カゼ予防用マスクも配布せよ、安物で良い。吸気に湿気を与えるので、私もゼンソク対策で使っている。ただ、使う分だけ支給せよ。商習慣が中国に近いタイ。大量に先渡しすると売ったりする者が出かねない。
 ・入浴のススメ
 シャワーでなく湯船での「入浴」を奨励し、体を温めさせよ。湯上り後の湯ざめに注意すればよい。タイでも有名な「日本の温泉」の気分でリラックスにもなろう。無理にカネをかけて温泉宿に行く必要もない。タイでは一般にはシャワーのみで、バスタブ(ふろおけ)での入浴は一部(大金持ち等)だから「歓待」にもなる。日本人には当然でもタイ人にはゴチソウなのだ。「首までつかれ」とな。

●タイ人の弱点と対策(2) 生活マナーの遅れ  −ゴミ出しやトイレ− 
 中国と違い、タイは「微笑みの国」で穏やかな国民性の親日国。仏教的「寛容さ」が特色だが、その「ユルさ」は「だらしなさ」でもある。タイは円高での日本企業の大量進出で奇跡の経済発展を遂げた中進国だが、以前は後進国だった。生活習慣やマナーはそこにひきづられる。大半の男は寺(出家)と軍隊(徴兵制)で厳しい規律・戒律や忍耐も学ぶが、多くの女(母親)は両方とも行かない国だ。

「トイレ事情」
 ・タイの遅れ
 7年程前、タイの観光地の公衆トイレ(トイレ屋)が汚くてあきれ、ブログでも改善を訴えた。先月のタイ訪問時には改善の跡が見えた。ガソリンスタンド等の施設整備だけでなく、タイ政府は地方出身者等に「トイレマナー啓もうパンフ」まで配ったとか。来日タイ人にも初期研修が必要か。
 ・世界一の日本人の清潔好き
 日系企業従業員とはいえ、全員がマナーで日本人並みとはいかない。欧米人との国際結婚で日本の女(母)のトイレのシツケが厳しすぎるとガサツで不潔な白人の男ともめる事が多いとか。白人をはるかに上回って(トイレマナー等で)潔癖症の日本人。一方、タイは年中夏でモノが腐るのは当然。以前のタイ人は汚物への嫌悪感すら強くなかった。
 ・電気式ウオッシュレットなど夢
 タイでは工員等の一般家庭へのウオッシュレット(自動洗浄便座)の普及など「夢のまた夢」。一部に普及し始めたトイレシャワーは吹き出し口を自分で持つ遅れたタイプの「手持ち式」で、汚物がトイレ後方に飛びかねない。水洗トイレが更に普及しても、シャワー等の水周りをトイレと一緒にするタイだ。「水圧式洗浄装置」は別だが、日本のような電気式洗浄装置など一部の金持ちでもないと無理だろう。研修でこのギャップを埋めろ。
 
「ゴミ出しマナー」
 日本人のように、労働者階級どころか貧困層に至るまで清潔好きで潔癖症で規則を守る国民なんぞ、世界中探しても滅多にいない。タイ人でなくともギャップは出る。
 タイではゴミ分別以前にゴミ出し日も守らぬ者が多い。道へのポイ捨ても当たり前。街路樹の落葉など言うに及ばず。「街に放置された大量のゴミがいたる所で排水路に詰まり、今回の洪水被害を大きくした」とタイ人自身が語っていた。ゴミが流れていない日本の都市の川はタイ人には驚きだ。日本の細かいゴミ分別に慣れさせるのも、一苦労か。
 
●タイ人の弱点と対策(3) 食物の違い −食材や好みの極端な違い−
「コメの大食い」
 タイ人は食生活に後進国的状況を残す。タイ米の大産地でもあり、昔の日本人にも似て、タイ米を大量に食べる。ご飯を皿に盛ってフォークで食べる。日本でいえば「どんぶり飯」でお代わりだ、若い女でも。なのに若い頃は太らない、中国系等を除けば。食事の脂肪分が少ないためもあろうが、冬に備えて体に脂肪を蓄える必要がなかった南国のタイ民族の体質なのか。
 タイ人にはタイ米を腹いっぱい食べさせろ、安いし。高い日本のコメを上品に茶碗に盛るだけでは足りない。タイ米には独特のニオイがある。コメ独特のニオイを消すべく品種改良し続けた日本人には悪いニオイでも、タイ人にはそれがないとモノ足りないだろう。


「味の好みの違い」
 ・スッぱく辛いもの好き
 暑くて水が豊富なタイは農業生産力が底なし。上記のようにコメ(タイ米)は一年で3回半とれる、それも収穫量の大きな品種(長粒種)で。作物の種類も昔から極めて豊富だった、日本では珍しかったトウガラシ、カンキツ(みかん)類等も。ここが、空想歴史小説でタイ王族の私の祖父が敗戦後の日本の静岡で「カンキツ試験場長」になったというストーリーの背景でもある。
 タイの食物の味は極めて「カラい」「スッぱい」。有名な「トムヤム・クン」は「カラいスッぱいスープ・エビ」の意だ。最近は日本でも知られる「トリそぼろバジル炒め」もタイの本物は口から火が出るほど辛かった。そんな食文化のタイ人には上品な薄味や「しょっぱい」日本食や洋食だけでは・・・。
 調味料のトウガラシやレモン、魚醤(ぎょしょう)等を豊富に食卓に置くだけでなく、タイ人にはタイ料理も食わせろ。故国の味なら最も安い物で充分。食べ慣れた物でないと元気が出ないのだ、特にカゼ等で体調を崩すと。この話は、タイ長期滞在で下痢など起こした時の私自身の経験に基づく。
 ・ニオイの強い食材
 タイではココナッツミルクも豊富で、隠し味どころか主要材料とするスープもある。コクがあって味は良いが調理中のニオイもすごい。ニンニクも豊富でよく使われる。タイ人は熱帯以外の生活を知らず、「日本の緑茶は砂糖入り」と思う者も多い有様で情報不足。日本でそんな強いニオイが嫌われると分からぬ者も多いだろう。自炊ではニオイ対策に留意させよ、充分に事情を説明して。
 日本での仲間の集まりの折、夜間の騒音より調理での強いニオイで近隣から警察に苦情が寄せられ、不法滞在(オーバーステイ)がばれて強制送還されたタイ人の一団がいたそうだ。笑えぬ話だが、これが実情だ。


 ●真の国際化の為の外国人(タイ人)研修を
「日・タイ両政府へ緊急提案」
 日・タイ両政府は来日タイ人の生活フォロー・アドバイス体制を整えよ。役所で手が足りないならアルバイトやボランティアも集めろ。日本人にとってはごく当然の事を教えるだけだ。日本政府・自治体は忘れるな、これは「日本の味方の支援」だ。敵なのに金の為に味方ズラして侵入してくる悪魔どもとは違うのだ。
 しっかりやれ、タイ人。工作技術だけでなく、タイ王国経済防衛にはこれこそ最も大切な勉強だ。日本人の「他者の為」の「潔癖」「完全主義」「省資源(ケチ)」が日本の高度な技術・繁栄・独立を築いた基本なのだ。これを体感し、体得し、母国に持ち帰って伝えよ。
 それに、お前達タイ人の恥は王室の恥という事も忘れるな。TV取材を見ると、それが伝わった者もいるようだが。そして、政治無能の日本人に政治・国防・王室(皇室)・宗教の重要性を教える機会があれば、逆に教えてやれ、手とり足とり。野蛮な植民地主義者の米人に国としての存立を否定された戦後型日本人より、そこの考えはタイ人の方が優れるから。

「この機会にタイ人に日本を知らしめよ」
 意味もわからず「国際化」「グローバル化」ととなえ敵国の思うツボにはまる日本人。フジTV的、山本的だ。それを反省し、親日タイ人が多く来るのを良い機会とし、日本を知らしめよ。国際社会での国益を踏まえた「真の国際化」だ。

「タイ人向け日本研修構想」
 私は前々からタイ人教員等を大量に継続的に日本に来させて研修させるよう提案してきた。無能無策の日本政府は表立っては何もせず、行政力が劣り対親中政権クーデターも重なったタイ政府も(私が知る限り)何もしなかった。それを実行したのは王室の敵・共産中国という「オチ」までついた(タイ人の中国研修制度)。それを今やれ。サボると許さない。大洪水という仏罰を見たろう? 繰り返したくないなら我が言に従え、両国政府とも。
 
「想定研修内容」
 ・日本の状況を把握する事の重要性
 研修といっても、最も洗練され秩序だった世界最大級の先進国日本の産業、文化、インフラ、都市の状況等の見学が主。細かい専門的知識より、タイ王国経済国防の基礎的見識を身につける。日本を良く知れば、中国や韓国の「ウソ宣伝」にダマされてタイの進路を誤る事も防げる。
 ・研修内容
 例えば、ニュースやドキュメントだけでなく、娯楽番組でも温泉グルメや旅行モノ番組でも5分間の料理番組でも、日本のテレビ番組を(日本をよく知る者の)通訳付きで朝から晩までずっと見て楽しんだり。CMも極めて重要なのだ。
 観光地としてでなく真に私がタイ王国を理解し始めたのは、目の手術を含む長期滞在で長時間タイのTVを見てからだ。各局のゴールデンアワーの王室ニュース等を見てからだ。外国マスコミや映画産業の流すウソや偏見に邪魔されずにその国の状況を知るには、何日も(通訳付きで)その国のTVを見る事だろう。私の実体験に基づく話だ。来日タイ人を「(日本)短期旅行者は自身の偏見を確認しに来る」との米国白人の言のような状況にするな。
 東京を観光し渋滞のバンコクとは大違いの鉄道(地上・地下)の整備状況を実感すれば、「上海の鉄道(地下鉄)は東京を追い抜かした」などというウソにダマされずに済む。逆に、そんな知識がないとすぐ共産中国のスパイ情報宣伝にダマされるのだ。
 東京をはじめ、日本の街にはゴミも違法看板もほとんどない。タイとは異なる街の清潔さや秩序を見、メイド喫茶でもない安い店でも異常に礼儀正しい店員を見・・・。
 ・知的観光・大人のホームスティ
 適切に計画・組織化された「知的な観光」「大人の長期ホームスティ」だ。最初の段階はそれでよい。日本語が不得意なタイの英語や数学の教師でも無理なく参加できる。日本語の習得の進んだ上級者は、小売店舗やサービス業での実地研修等も行い、合格後は「上級日本研修者」と認定したい。親日的なタイでの名誉とし、多くの日系企業との関係等で優遇される、といった。
 
「今こそ研修構想を復活せよ」
 一部でよい、それを来日タイ工員にやれ。金のかからぬ事からやればよい。「ようこそジャパン」と飛行船に大きな広告を出す経費を削れば? ボランティアのTV通訳や、ハイビジョンチューナーや大型パネルテレビ(液晶やプラズマ)の一社一寮一台の食堂等への貸付程度なら、小さな負担ですむ、大型テレビも値下がりしているから。
 日本人には政治無能や売国奴が目立つが、金はある。安い貸切バスさえいらないかもしれない。電車で新宿駅・東京駅・日暮里駅や品川の車庫に行って駅の混雑や電車や線路を見せる程度なら簡単だろう。「ワイワイタイランド」等の親タイ・マスコミも利用せよ。生活アドバイスだけでなく、そこまでやれ。それもできずに「国際化」とわめいてムダズカイするな。従わないと許さない、今度こそ。
 タイ政府は洪水対策での生産移転支援の延長で来日タイ人支援・研修を始めよ。後続事業の先行・試行でよい。王室プロジェクトに取り上げてもらえるよう要請もしたい。「王室プロジェクト選考員会」あてか。「日本財団」にもだ。日本の為の文化事業だぞ、既存国際事業の拡大でよいから助力してほしい。商業目的でTV番組にタイ語訳をつけて放送するには許可やカネが必要だろうが(著作権問題等)、文化事業なら条件が緩む。タイ人自身がタイ人に通訳して聞かせる程度なら国策宣伝活動(スパイ活動)でもない。この際、タイの軍・警察の士官学校、特に軍の大学のエリートの日本受入れ等も徹底拡大せよ。 
 経済産業上では、タイは日本の一部。政府はすぐ動け。経費の安い話からでよい。復興事業のように予算不足は言い訳にならん。タイの治水と同様、サボればばれる、私の問題と同様。

 それにしても、親日国の人間が多数来日するだけで脅威に感じかねない反日の者が多いとは。日本人を見たら売国奴と思え、か。ア、山本弘か。
 いかに親日のタイ人でも、五代王の再来と噂される者への凶悪犯罪を見殺しにして償わないままの日本を見れば・・・。日本の味方くらい大事にしろ、いくら政治無能の草とり百姓でも。敵国スパイばかりか? 私の問題の放置はやめろ、直ちに。大事な所で無能無策な者ばかり、日本は。
タイ非常事態宣言は? -遅いタイ政府の洪水対策-[2011年11月08日(Tue)]
首都や主要工業地帯など国の主要部分が大洪水に見舞われるタイだが、住民に避難を強制できる権限を軍などに与える「非常事態宣言」はなされていない。避難を拒否して住居に残り、水死する被害者が数百人に達している。浸水地域での感電死も多い。住民があちこちに残っていては水や食料の配給も大変だが、留守中の空き巣被害を恐れたり、日本より窮屈な避難所での暮らしを嫌ったり。タイ人は日本人ほどは周りに気を配らないし、多くの避難所で一人に与えられるスペースは布団分だけだし。
 バンコク周辺部では、バンコクを守る防水壁を周辺住民が破壊してバンコク外の自身の居住地の浸水を小さくしようとし、大騒ぎになったのをTVで見た。何故かそのような場には私に似た服装やひげの者が現れるが・・・。住民の剣幕に押された警備員は結局は黙認。当局も水門の開放度合いを拡大せざるを得なかった。このような騒ぎでも、非常事態宣言が出ていれば、国軍が警備にあたって施設の警備ができる。逆らえば逮捕か、最悪の場合は武力鎮圧(銃殺)だが。まさか、この騒動、非常事態宣言を出させるのがネライか? 

 この「非常事態宣言」に政府・インラック政権が消極的なのには、様々な理由があろう。日本のマスコミ等が挙げるのが「対外的なイメージの悪化」だ。
 しかし、非常事態宣言は被災地域限定にできるし、あくまで被災地の治安維持や救援の強化の為で、クーデターや戒厳令と少々違う。国内的にも、タイは徴兵制で、国民は非常事態の意味が良く分かっており、非常での非常事態宣言への抵抗はそれ程あるまい。タイ人自身があまり対外的イメージを気にしていないのがマズイ、との指摘もあるくらいだ。

 東南アジアの中国系の小国・シンガポールのマスコミ等が指摘するのが、「軍に大きな権限を与える非常事態宣言に(中国系・タクシン系の)インラック政権が及び腰」というものだ。タクシン元首相をクデーターで追い出したのはタイ国軍。インラック政権には軍は怖い存在。場合によっては、部下なのに敵になりかねないのだ。非常事態宣言下での大きな権限は政府のものとはいえ、権限の相当部分は現地で救援活動をする軍などが行使する形になろうから。
 一面では敵でもある軍に大きな権限を与える非常事態宣言は、自らが自らに対する半クーデター状態を作り出すようなもの、とも解釈できよう。これではインラックは嫌がる、という、タクシンと同じ中国系の国のマスコミの意見なのだ、恐らくはそれを警戒する立場の。

 私は軍隊のクーデターを「民主主義国家での禁じ手」として嫌ってきた。しかし、赤い悪魔の中国の拡大が続き、タイが(経済)植民地化されそうな状況下で、中国の殺人高速鉄道をタイ新政権が自ら導入しようとしたりするものだから、「クーデター容認」に意見を変えたのだ。それが、タイで中・韓という悪魔の影響力の拡大を見、様々な惨状を確認した後では、「容認」から「推進」にかわった。
 非常事態宣言によるイメージダウンなども、これほどの災害によるダメージに比べれば全く大きくない。タイに行って、もうすでに「対中・韓の世界同時ネット革命」は始まっていると感じた。その一環ともなる非常事態宣言は必然の流れだろう。それが実質クーデターにつながるとしても、相当部分が被災者になってしまって巨大な不満を抱えているタイ人には当然に感じられるだろうよ。
 クーデターが起こらなくても、中国式高速鉄道など絶対にだめなのだ。タイ国内に世界最悪の組織と言われる中国鉄道省をタイ人が自ら作り、中国式殺人高速鉄道で大勢のタイ人を殺すなど、言語道断だから。それをインラック政権がやるなら、クーデターは当然だ。
 また、タイの経済や社会の根幹を腐らす韓国を持ち上げる放送をするテレビ局がタイにもあるが、クーデター軍でなくとも捜査の者をそこに差し向けなければならない。それができないなら、これまたクーデターは当然だ。兵士を真っ先にそんなテレビ局に向かわせよう。

 タイは非常事態宣言を早く出せ。政府がやらないなら、軍が政権をかえてやらせろ。どうせ同じ事だ。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml