CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 地デジ移行関連 | Main | タイ大洪水関連 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
TBSの韓国ドラマ汚染[2009年08月08日(Sat)]
日本人の大量虐殺(ぎゃくさつ)を狙う北朝鮮の核ミサイル開発の資金源の一つとなってきた朝鮮ドラマの問題点については再三述べてきた。大変な害悪を持ちながら買う者にその自覚がなかったり、売る側がそれを隠したりしている状況は、まるで麻薬のようだ、と指摘してきた。電波の麻薬。
 特に汚染のひどいのは「BS(衛星)放送」と思っていたが、最近のTBSの昼の番組表を見て驚き呆れた。韓国もの、日本ドラマのコピーのドラマと宮廷料理ものドラマの再放送を、午後に約2時間続けて流しているのだ、それもウイークデーの毎日。民放のBS放送はハイビジョンなので専用機器なしでは見られないが、今度はアナログ機器しか持たない者でも見られる最もポピュラーな地上波放送だ。それも、夜中でもない昼に何時間も堂々と。本当に、いい加減にしろ。

 「日本人抹殺(まっさつ)を助けるTBS」
 折しも、週刊誌に、朝鮮労働党(朝鮮の共産党)の幹部の話として、「日本の原子力発電所を核ミサイルで攻撃し、放射能で日本人を抹殺(まっさつ)する」とか言う発言が載ったそうだが。韓国のノムヒョン左翼政権がそんな北朝鮮に「太陽政策」でさんざん経済援助して核ミサイルを持たせてしまったと、南の朝鮮人、韓国の元大統領等も認めている。左翼政権の後も南北友好・統一的雰囲気は民間では更に強くなっている。韓国の若年世代の考えがすっかり「北朝鮮は同胞だ」「北の核を使って日本と戦え(日本人を殺せ)」といった方向に流れてしまったからだ。そんな世代の韓国人俳優のドラマや映画を喜んでみている無知で幼稚な日本の中高年女性などには、自分の子供や孫がその朝鮮人の殺戮(さつりく)願望・計画の対象になっている事、そんな恐ろしい話を自分が支えている事実を徹底して教えねばならない。
 韓国が北朝鮮に核を持たせたと、大統領経験者達が大統領だったノムヒョンを訪れて指摘・批判したのだから、日本でも報道されない訳がない。日本のテレビはそのニュースも報じた張本人だ。なのに、その一方で、そのニュースからも核ミサイルの資金源となっていたのが明らかな「朝鮮ドラマ」を放送して汚く金モウケしている。本当にいい加減にしろ。核ミサイルで命を危険にさらされる日本の視聴者相手に資金源のドラマを見せて金もうけしているのだから。「超偽善者」「凶悪犯罪者」「売国奴(ばいこくど)」「国賊(こくぞく)」。どんな言葉を使っても足りない。

 「TBSのオウム・ビデオ事件」
 TBSはかつて同じような大罪を犯して強烈な社会的批判を浴びた。「オウムビデオ事件」だ。自分達がオウムの犯罪行為の証拠となる話を隠しながら、一方で、「オウムの犯罪に関する情報の提供」を散々呼び掛けていたのがバレたのだ。その話が隠されないで、その時点で警察が本格的に動いていれば、「松本サリン事件」も「地下鉄サリン事件」もなかっただろうと言われている。TBSのいやらしい態度が、結局、オウムにあのような大規模殺人テロ事件を起こさせた事になるのだ。
 その悪事の露見の結果、TBSは、一切CM無しの異例の長時間の反省・検証番組を制作して放送せざるを得なくなった。当時の同局で夜のニュース番組(NEWS23)のキャスターをしていた筑紫哲也に「TBSは死んだ」とまで言われた。にもカカワラず、それ以上の悪事をまた働いている。日本国民の生命・財産の安全を脅かす結果となる極めて有害な韓国ドラマという超問題商品を、その危険性には触れず、隠して、売りさばいている、昼間から堂々と。オウム・ビデオ事件で信用や視聴率を失ったのを無理に取り戻そうとして、穴埋めしようとして、更にまた似たような悪事、もっとひどい悪事を働いている訳だ。凶悪犯罪者が性懲り(しょうこり)もなく罪を繰り返している。
 虐待やイジメ等、弱者相手の犯罪者は「再犯率(再び罪を犯す率)」が高いと言われる。止める者がないためだ。エスカレートもする。政治も行政も触れられないマスコミは、専制君主的でもあり、視聴者・国民という弱者をいじめる虐待者でもある。私の母親と名乗る、何やら朝鮮人的な、我が家の凶悪犯罪者や、それを全く止めずに助け続けた朝鮮スパイに名を使われたらしい父親などもそうだ。我が家の悪魔とマスコミは、良く似ているのだ。

 「政府・監督官庁の無責任」
 このようなひどい放送局には、オウムビデオ事件の発覚・検証の時点で「免許停止処分、廃業」が当然だったのだ。それを、「権力の報道機関への介入はいけない」とかいう、もっともらしい逃げ口上で、政治や監督官庁が厳しい処分から逃げてしまったのが問題なのだ。こんな放送局には、この世から消えてほしいが、あの時に消しておかないから、このような事になるのだ。
 私のケースと実によく似ている。虐待で一時保護処置による親子分離までしておきながら、後はまた、ほとんど野放しにして、私の体も人生も凶悪犯罪者に自由に破壊させ、家に何億円もの損害を負わせたのだから。全くの腐れ小役人だ。

 「破門でなく消滅を」
 「シャープ」について述べた時には、「信仰の世界からの破門を提言したい」などとは書かなかった。提言とは、新・旧両キリスト教世界の最高位者がいるとすれば、その人物に、という仮定の話。日本のキリスト教徒の比率は高くない。また、日本が神国であった事も忘れた現在のニセモノ日本人には、信仰の世界から追放といっても効果が薄いだろう。だが、今回は、東芝の追随?等を引き出す条件整備といった責任がシャープには生じた事になる。今回は書く。「シャープ」と「東芝」は破門提言対象だ。
 しかし、TBSはその対象にもならない。信仰の世界からの追放では到底済まない。罪を重ねるごとに更に重い罪を重ねざるを得なくなるような悪徳放送局だ。この際、この世から消えてほしい、あのような放送局には。

 「長良川河口堰問題の再来か」
 この話は以前述べたが、再記する。長良川河口堰が地元で待ち望まれているのに、東京のテレビ局等、主に朝日・毎日系等は真実を曲げ、「地元でも反対されている河口堰建設の強行は天下の悪政」と言うウソ報道を続けた。特に上記の筑紫哲也のTBSの夜のニュース番組「NEWS23」では、反対派のウソが指摘されるようになった後にもかかわらず、河口堰反対特集を放送強行した。「天のご覧になる前でウソはダメ」 それが私の行動原理・原則だし、当時、「天は下界の人間を災いから救う役目を私に与えたのでは」とか思いこんでいたこともあり、この放送に強く反発した。
 結果、「このような悪人どもに天罰をお下し下さい、私はどうなっても構いません」とか天に祈り始めたのだ。そんな話を聞けば考え直す者も出るとも考えたし。まさか、その13か月後、阪神大震災のような事が起こるとは思わなかった。当時の私は「映画・十戒で戦車隊を神に全滅させられ一人帰ったエジプト王の姿は演出ではなく、いつの世も繰り返す人の愚かさや天の裁きを表しているのでは」とか語っていたが、反対派報道機関の代表格、朝日新聞のオーナー・社主の一族が、大地震という裁きを受けて破壊された神戸に住んでいたのだ。結果論だが、私の言う通りになっていたのだ。それを知って少し青くなった私は、時の読み書きが不自由な中での論文作成での疲労も重なり、体調を崩し、博士論文提出も一年遅れるというおまけまでついた。以前にも述べたことだが・・・。
 その折に私が河口堰の地元自治体に提言した内容の中に、放送関係者等による自主的な放送監視の第三者機関の設置が含まれていた。放送業界の監督官庁だった当時の郵政省の大臣(公明党の神崎)はこの問題に関心があったようだ。地元岐阜県の知事は建設省都市局長OBだったこともあり、話は中央に持ち込まれ、放送と人権に関する委員会機構「BRO」となって具体化した、時期によって呼び名が変わるような状態で、体制不十分ではあったが。それが別の組織と合体したのが現在の「BPO」だ。今月7日、大阪府による保育園の畑の強制収容に関する報道について、TBSが「重大な放送倫理違反」をしたとBP0が勧告した。偶然かな。
 
 今回の朝鮮ドラマの件は、ちょうど、その時のことを思い出させる。私個人は、TBSは、オウムビデオ事件発覚時でなく、その時に滅ぶべきだったと思う。TBSは阪神大震災では裁きは受けなかったようにも見えるが、オウム事件でなく、河口堰問題で消えるべきだったのだ。

 ともかく、これからは、TBSという放送局の、この世からの消滅を天に祈る事にしよう。今回は、「私はどうなっても構いません」とは祈らない。こんな放送局や、そんな犯罪者を野放しにして喜んでいる下界のニセモノ日本人なんぞのためには、死にたくないから。朝鮮やそのスパイや左翼の反社会分子を野放しにして私をイケニエにささげ、連日の毒による殺人未遂の対象にさせただけでなく、自分らも利権やら職場の上下関係やらを口実に私をさんざん虐待した挙句、現在に至るも納得のいく善処をまるでしないでいるニセモノ日本人もだ。TBSと一緒にこの世から消えてくれ。
 
 「どうか、悪魔の使いの極悪放送局TBSを、この世から消して下さいませ」

 「どうか、私の周囲の悪魔やそのグルどもに償わせ、この世から消して下さいませ」
韓国ドラマ感染度[2009年05月06日(Wed)]
テレビの「朝鮮(韓国)ドラマ」や「韓国旅行もの番組」等を問題視する私だが、衛星放送(BS)での放送本数が、まさか、ここまで多いとは、最近まで確認していなかった。以前、レンタルビデオ屋(TSUTAYA)で、韓国ドラマだけの大きな棚がいくつも並ぶ光景に強い疑問を持った事はあったが、これは公共の電波での話であり、状況・事情は大変に重大・深刻だ。

 本日5月6日(水)のBS211チャンネル(無料)の番組表で韓国ドラマ等を見てみる。
AM 10:00 韓国ドラマ 復活  第12話
PM 0:00 韓流ドラマ 「いかさま師〜タチャ」 チャン・ヒョク来日記念会見
   2:00 韓国ドラマ ホジュン 第28話
   3:30 韓国ドラマ 雪だるま 第3話
   6:30 韓国ドラマ 無敵の新入社員 第8話

 上記チャンネルは無料放送で、アンテナの状態が良ければ、ハイビジョンのテレビ、ビデオ、チューナー等で誰でも見られる。とはいえ、東京に拠点を置いて全国をネットする大きな「キー局」とは別の系統なのか、小局で番組制作の余裕が小さく、個別分野に特化した結果、韓国ドラマが多いのかとも考えた。だが、大きなキー局系のBS放送(無料放送)も五十歩百歩か、同等の場合もある事を知り、更にショックを受けた。

 本日5月6日(水)BS151チャンネル(無料・テレビ朝日系)の韓国ものだ。
AM 9:00 韓国ドラマ「王の女」第36話
PM 0:00 深秋の韓国 (韓国旅行もの?)
   2:00 Ryuがいざなう韓国
   3:00 Ryu・黒田福美が行く韓国四季の旅
   7:00 韓国ドラマ「必殺!最強チル」第2話
 
 「高い感染度」
 豚インフルエンザの感染が心配されているが、日本のテレビの韓国ドラマへの「感染」?が、いくらなんでも、ここまでひどいとは。これでは日本でなく韓国ではないか。
 韓国製品は半導体や液晶テレビだけでなく、ドラマまで数十年前の日本のテレビドラマのマネ・打ち直しで、その為に、中高年女性等が若かった頃に見た日本のドラマの再放送やリメイク作品を見る感覚で見始めた、と聞いたが、ここまで「感染」が進んでいたとは。
 しかも、日本から韓国に支払われる番組の放送料、DVD・関連グッズ販売収益等々が、結果的に、日本を狙う北朝鮮の核ミサイル開発の資金源となってゆく。「あきれ返る」としか言いようがない。

 「核ミサイル開発の資金源」
 韓国の得る金銭的利益が結局は北朝鮮の核・ミサイル開発の資金源になるとは、私の偏見でも何でもない。前にも述べたが、韓国大統領経験者達が集団で当時のノムヒョン大統領に面会した折、直接に指摘・批判した内容だ。「(韓国の)太陽政策(融和政策での支援)が北に核を持たせた」と。
 「韓国が北朝鮮に核を持たせた」と、韓国の元大統領が公に認めたのだ。それも、かなり以前の事。前回のミサイル騒動の頃からなのに。

 「朝鮮のカモになるとは」
 これは、日本の安全保障の根幹を揺るがす超重大問題だ。韓国は日本を重大な危機に陥れた。分かった時点で「対韓国交断絶」を検討すべきだった。いや、直ちに断交すべきだった。元大統領の発言が日本で報道されたにもかかわらず、日本のテレビ局のその後の態度は何なのか? 「朝鮮のカモ」になるとはどのような事か何度も述べたが、まさにカモだ。
 中国・朝鮮(南・北)の反日トリオの得点操作が、ドーハ大会のシンクロの日本選手の順位を下げ、後進国だった中国の選手が優勝。メダル有望種目化したシンクロに国策的により力を入れだした中国に日本人コーチが雇われ、北京五輪で中国に日本が抜かれた。日本は抗議するどころか、いやらしい敵に得をさせた。
 北京五輪では野球の審判が日本に不利な判定を繰り返しても抗議せず、日本人は逆に監督を批難。優勝は五輪でメダルをとった事がなかった韓国。
 WBCでの朝鮮の反日裏工作(文化テロ)等は更に激しかったようだ。守備位置が悪い為に好プレーに見えるともいわれる朝鮮選手が多く表彰され、日韓戦で大活躍の日本人投手や野手は選ばれない。日本に劣る朝鮮チームが世界ランクで日本の上。日本に抜かれた事実を認めたくない米国野球関係者のいやらしい感情を、反日の朝鮮があやつったのか。WBCの資金の半分は日本負担なのに朝鮮の反日活動に利用される。日本人は愚かだ。日本の野球は世界一だし、WBC脱退を考えるべきだ、優勝者の抗議の脱退を。
 日本企業の広告目当てに日本人選手を買いたい米国メジャーリーグ(MLB)は、その評価を低くすれば財布も(人種差別的)プライドも楽になる。自動車産業では、自国の怠慢・傲慢を棚に上げ日本車を叩いたが、米社工場は他国へ逃げ、韓国車が幅を利かせる有様。半導体等ではもっとひどく、日本を叩いたが、反米的な世論の韓国にシェアが移っただけで米国のシェアは上がらず、結果、北朝鮮に核まで開発させた。米国の異常な間抜けさやいやらしさは、ここでも出ている。米国こそ「テロ支援国」では? イランへのけん制でイラクを大きくし、新たな敵にしてしまったような米国の近視眼、幼稚、浅はか、横暴、無能、自己中心。
 そんな環境では、イチローの不調や内臓出血も当然。朝鮮のテレビでは「韓国は優勝候補(日本チーム)を緊張させた」と自画自賛。平和なスポーツの祭典で、相手チームを「文化テロ」で緊張させるような醜悪・卑怯な犯罪的行為が、朝鮮社会では英雄的行為なのだ。
 そのような朝鮮による国家的な対日「文化テロ」「民族ハラスメント」の資金の多くは日本で調達される。しかも日本のテレビ局等は韓国ドラマ利権等の為、大金は出すが口は出さない。文化テロだけでも大問題なのに、日本を狙う「核・ミサイル」となれば、致命的重大問題だ。

 「電波麻薬汚染」
 ここまでくれば、単なる外国製ドラマの「感染」というより、公共の電波の「汚染」というべきか。テレビ局側は危険な物と知りながらの過度の依存。無知な視聴者側は危険を知らないままの過度の依存。気づいた時には「手遅れ」か。薬物依存、麻薬中毒等と似ている。
 中国の大量の違法コピー製品は世界を害する「経済の麻薬」とか前に述べたが、日本のテレビ局は日本を大変な危険にさらす「社会的麻薬」「放送の麻薬」「電波の麻薬」の公然・大規模販売人か? 政府から免許を得た、自称・社会の公器の。
 前回のミサイル騒動や核開発騒動以後、日本のテレビ局は、上の事情を十分承知しながら、間接的であっても、韓国へ核ミサイル開発資金の元の金をせっせと提供し続け、結果、今回のミサイル発射騒動を生じさせる一因となった事になる。低次元な自己の利益・利権の為に、国民全体の生命・財産という根本的に重要なものの安全を「敵に売り渡し」続けていた事になる。

 「売国奴」
 「売国奴(ばいこくど)」という古い言葉がある。滅多に使うべきではない、いやな言葉だ。そんな言葉をもてあそぶ者もいたそうだ。自分の悪事を隠す為、他人にその評をなすりつけると、うまい逃げ方になったようだし。しかし、今の日本のテレビの状況に関しては、使って良いのではなかろうか。
 「国賊(こくぞく)」という言葉もある。同様に、乱用は大変危険な言葉だ。本当に何が国で何が国益か、定義は難しい。「日本にとって最大の敵は日本人」と、書かねばならない状況でもある。しかし、上記のような状況では、使って良いのではなかろうか。

 「このような売国奴の国賊的行為は決して許してはならない」、とか。
  
 「韓国ドラマは売国ドラマ」、「韓国旅行は売国旅行」か。今の日本では多くの者が国交断絶すべき敵に得させて喜ぶ「売国奴」「国賊」か。虐待文化の韓国人への利益供与は、私のような世界の虐待被害者を踏みつける行為である点も忘れるな。やはり、日本の事は日本人なんぞには無理か?

 「自業自得」
 上記の異常な状況を喜んで支えてきたのが他でもない日本人、日本人社会そのものである点、決して忘れてはならない。日本を狙う北の核ミサイル開発は自己の愚かさの結果と認識し、反省し、態度を変えねばならない。これは、命の安全を長年脅かされ続け、日本社会に見殺しにされ続け、いまだに何のけじめも示されないままの立場の者としても、声を大にして言いたい。「自業自得だ」「次はお前たち自身だ」「深刻な場面で人を見殺しにする者は自分をも見殺しにするのだ」 そんな声が聞こえないのか? 人間ではない、天からの声かもしれないが・・・。
 核ミサイルは射程圏内どこにでも飛ばせる。北朝鮮の宗主国を気取る中国は、子分の大量破壊兵器というカードが増え内心喜んでいよう。シャープの件の時に使った言葉を繰り返す、日本人に対し。
 「損をするなら、馬鹿をやるなら、人に大迷惑のかからない所でやれ」

 「大魔神」
 上記衛星放送(BS211)の番組表を見たのは、同日、古い日本映画「大魔神シリーズ」が放送された為でもある。山の中にある、大きな埴輪(はにわ)のような、巨大な古代の戦士の像が、悪政に苦しむ者達がいると、穏やかな表情を憤怒(ふんぬ)の形相(ぎょうそう)に変え、正義の「大魔神」となって動き出し、悪人どもを壊滅させる、有名なシリーズだ。
 映画の中では、普段「大魔神」は、火山噴火、洪水、干ばつ等の「天災」を起こす「荒神(あらがみ)」として恐れられているようだが、真実の「正義の姿」と、人間の頭の中の「荒神のイメージ」の間にはギャップがある。神は怒れば大変怖い一方、優しさも人間をはるかに超える。愚かな人間は、自分の罪が罰を受けても都合よく隠し、「コワイ、コワイ」と言っているだけらしい。洋の東西を問わない。西洋人が「悪魔の仕業(しわざ)」と恐れる天災も、「神のお裁き(さばき)」かもしれないのに・・・。
 昨年は、見えない「大魔神様?」が現れ、赤悪帝国やその腐敗官僚に痛打を与えた。被災者4000万の大洪水も大地震も、大魔神様には小事だろうが。その後、「世界恐慌」の形をとって、また大暴れ。中国の製造業は半ば壊滅、4000万社とも言われた中小企業の大半は倒産か倒産寸前、失業者は一省1000万に達する勢いだ。その後、大魔神様の活動?らしき話を少し聞かないと思ったら、ここにきてまた復活か。 
 豚インフルエンザのパンデミック・世界的大感染の今後の展開は不明だ。が、来年は上海万博。赤魔帝国は崩壊寸前のはずなのに、悪アガキでまた増長しよう。消えた米国の「過剰消費」「無謀消費」の代わりになるはずないのに、自国の貧しい農民等に(大不況への備えとすべき)金をはたかせて自動車を買わせる「過剰消費」「無謀消費」を作りだし、「中国は有望市場」と宣伝し、日本のテレビ等はまた乗せられている。そろそろ赤魔の幹部達は逮捕後の情状酌量(じょうじょうしゃくりょう)を狙うべきだ、死刑と無期刑では大違いだから。大魔神様かと思われる話が、また出てきそうだ、赤魔帝国の解体まで。
 ところで、そのBS放送局等だが、韓国ドラマばかりやっていると、大魔神様が現れて叩きつぶされるのでは? 「つぶされないよう祈る」(態度を改めて)と書くべきか、「つぶされるよう祈る」(売国奴は)と書くべきか。
 大きな反社会的行為があれば放送免許は取り消しのはず。多くのテレビ局が対象だ。行政を監督する政治はどこにいる? 議論するはずの国会は? 保守系議員とは嘘だったのか? 大魔神でない私は是正や厳しい対応を求めるしかない。虐待の後遺症のゼンソクで冬はマスクの取れない大魔神などいない。
 「神を畏(おそ)れぬ行為」とは、欧米では非難の言葉だが、日本では評価か。日本人には大切なものへの畏れ・尊重が足りない。愚かな日本人はともかく、大魔神様だけは怒らせるな。私も根本的な場面で全く大事にされない。でなければとっくに虐待関連の証拠でも出ているはずだ。

 悪政の象徴、アジアを覆い尽くそうとするガン、悪の赤色帝国をここまで肥え太らせ、核テロリストを大きくしたのが日本だと「大魔神様」が知ったら? 日本は「つぶされない」のか「つぶされる」のか。少しは良い判断材料を大魔神に提供してほしい。私も良い判断材料が欲しい、自己の問題について。
韓国教祖ヘリ事故(改)[2008年07月20日(Sun)]
韓国の統一教会教祖のヘリが不時着した。日本等を資金源にしたとされる韓国の宗教団体だ。「反日活動の最大の資金源が日本」ではおかしい、客観的にも。韓国ドラマの日本での放送は問題かと思うが、統一教会はその先輩格? 元祖格?か。韓国人が強い反日の本音や正体を隠して日本で集金という形、組織を、30年以上前に造っていたのだ。強引な勧誘や無理な資金集め(悪質とされた販売行為)、特殊な集団結婚式等々が取りざたされ、反社会的と非難された。東大等の有名大学での信者獲得の重視とかで、学内での勧誘はすごかった。「聖書に興味はありますか」とか言って近づいてきた。高校の頃は聞くだけ聞いた事があるが、大学では無視した。キリスト教系団体からの批判も強かった、まじめなキリスト教とは無関係と。左が強かった為もあり、東大内でも教団批判が強烈だった。教団は南(韓国)の組織だから反共だが、同時に当然反日。日本では隠していたらしいが、日本の皇室をサタン(悪魔)呼ばわりしたとかで、日本の反共主義者にも「右の面汚し(つらよごし)」と言われたそうだ。国外で韓国人宣教師?が多くの問題を起こしているが、ここでも、「表面はキリスト教でも内実は韓国風個人(カルト)教団」とか「異様なセックス教団」とかいった批判が多く出ていた。「貧しい韓国より日本で信者と資金を獲得」が組織の方針だと、聞かされた。日本等で獲得した膨大な資金により教団は裕福化、巨大化したとされる。乗員避難後に炎上(爆発)した教祖のヘリは韓国大統領専用機と同型(?!)で、ヘリの不時着場所も教団施設が集まる「教団領地?」、役所の原因調査もやりにくいとの事。
 前回の最後に「日本の亭主は、反日活動の資金源となり兼ねない韓国ドラマを見ないよう、奥さんや娘を説得できるのか」といった内容を書いた。そのパターン、システムを何十年も前に構築し、多くの無知な日本人をだまして大量の資金を獲得した、と批判された宗教団体の教祖のヘリが、その文章の公開直後に原因不明の不時着事故を起こしたのだ。一般的に、常識に沿って書いた文章の方向が実際の出来事と一致しても何ら不思議ではないが、あまりにも絶妙なタイミングと内容だった。あくまで私の感想だが、またまた、不思議な一致に遭遇した事になる。

 聖書が恋愛物語に、勧誘役の信者が日本のTVに、教団拠点の幹部が韓国人俳優に、霊感商法の販売物品がDVDやグッツに変わっただけか。無知で熱心な韓国ドラマファンには分からないのだろうが。評判の悪い韓国系の宗教団体や宣教師より、よりソフト(巧妙)に、自然体になっているが。
 私は東大入学時点で既に夜間不眠等、神経をやられていたが、大学入学後、更に進んだ。高校(慶応高校)でおかしな進路指導をされ大学の無試験推薦入学は辞退。国立大学入試の朝は突然起こされず遅刻、準備不足もあって浪人。以後、試験前夜等は全く眠れなくなった。後進国日本では虐待被害者への関係当局等からの説明、回復プログラムなどない。被害者は「悪いのは全て自分」と洗脳され半永久的に苦しむケースが多いが。周囲の者は皆、小役人根性で事実を私に伝えない。私は虐待の客観的把握・自覚がなく、上記のような災難を避けられなかった。翌年度、私は東大の経済学部進学課程に入った。当時、教団は、世間知らずで非常識な上に過密授業に不満をためていた理系学生の信者獲得を重視したようだ。明治以来の立派な理系学部が多く、予算や人員では工学部中心に発展してきた東大では、理系学生が文系より多い。理系信者の多さは、後にオウム教等とも類似を指摘された。理系よりカリキュラムが楽で進学先の学科振り分けという第二の入試がない経済学部進学課程の学生への不満をあおって勧誘等に利用した形になっていたようだ。工学部進学課程に比べ3分の1の学生数、全体でも一割程度の少数派だ。「経済学部進学課程の学生に触ると手が汚れる」といった表現が統一教会系の学内新聞に出、東大生に受けていたようだ。新聞とは大変な資金力だが、宗教団体でありながら、それを救済でなく、人を苦しめ、己の利益の為に使った事になる。理系の人間に囲まれる私には一般より深刻に感じられた。私はサークル等にも一切加入しない生活となった。学者として大学に残ろうとしていた私には、大学内での生活、将来に、大きな不安を起こす結果となり、絶望していった。元から人生に絶望させられていた上に。夜間不眠は更に悪化、試験前日等以外も全く眠れなくなった。私の青春期の時間や体力は、夜に眠らない生活に耐えるためだけに使われたようなものだ。字の読み書きの不自由も悪化。就職は考えない状態となった。幼児期から続く虐待のため、思春期に既に読み書きには不自由だったが。その状態で東大受験、しかも、大学無試験全入が前提で受験指導が一切ない高校からで、神経のみでなく、目もやられた。タイでの視力回復手術まで、鼻先の物しか良く見えなかった。最も悪いのは家庭の虐待者、知りながら見殺しにした他の者や日本の役人、保身・出世や利権目当てに尻馬に乗った者や野次馬だろう。が、朝鮮人は、こんな所でも、己の欲得のために、罪のない者に大変な迷惑をかけていた訳だ。
 今回の事件を知って感じる事として、領土問題等とは別の、純粋に私個人の問題としては、大学での過去の出来事の方が、より重大に感じる。
 
 今回の不時着事故の原因として、TVでは機材故障との報もあるが、現時点では原因は不明。昔、日本でも、「ありがたいと評判の高い仏像を盗んだ窃盗団のメンバーが次々に謎の死を遂げた。仏罰だ!」 といった話があった。死因は心臓マヒや交通事故との事。逃亡・潜伏生活での強度の緊張や不節制が原因と、現在の科学でも充分に説明できる。本当に仏罰か、天罰かは、仏や天のみ知る事で、一般の下界の人間は推測するだけだ。が、「仏様は見ておられる」「神様(天)の御覧になる前でウソはダメ」という気持ちを持つ事に、意味があるのだ。人間をはるかに超える存在を意識し、己の傲慢(ごうまん)や独善を抑え、周囲の人間の雑音に惑わされず、客観的に真実を追求するよう心がける、その気持ちや態度が重要なのだ。これは、西欧の科学の背後にもあると言及してきた。誕生直後から現実の世俗の重大事項である政策議論に関係させられてきた私が、客観的で公益に沿う議論の基礎とすべく重視している点がそれだ。反日資金源のドラマは日本ではマズイとか書いた直後、元祖?の集団の教祖の事故とは。私の心の支えは、また強くなった。そして、また、このように書いておこう。
 「天罰、天の御警告は、恐ろしいほど的確に来る」

 私にとって重要なのは、下界のもめ事の勝ち負けより、その議論が真実なのか、ウソのないものか、という点。真実に基づく謙虚で誠実な議論がなされる限り、日本が良いとか韓国が悪いとかいう結果は、スポーツの試合と同じで、それ程は問題ではないはず。だが、今回の場合、謙虚さや真実が韓国側には足りないように感じ、自己の実際の経験等に基づき、前回のような内容を書いたのだ。今回の事故は、それを読み、納得した者には、やはり納得できるものだったのかもしれない。あくまで心の問題だが、重要な問題だと言っておこう。
 前回の文章の内容は、少々日本に住む者の立場の反映が強く、客観性に欠けるのではと、内心は少々自信が持てない面があった。それが、今回の件で、何やら、救われたような気持ちになった。大げさに言えば、天の懐(ふところ)に一瞬抱いて頂けたような安らかな気持ち、とでも言うのだろうか。こんな気持ちを大切にしたい。たとえ下界の人間が全て信じられなくなる事があっても、天はどこまでも信じられると。
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml