CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 台湾関係 | Main | 中国関係 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
危険な結核患者を隔離せず ー我が家の危険要因がまたー[2019年09月29日(Sun)]
危険な結核を発病した事が判明したヤツを隔離もせずに我が家に放置し続けるのはナゼだ。朝鮮系スパイ夫婦の人権とヤラが最優先で、私を更に病気にして苦しめたいのか、日本人は。
 結核が国民病だった戦前の日本に生まれた老人の多くは発病せずとも結核菌保菌者だそうで、こちらへの感染を心配していたが、私に毒を飲ませ続けた超凶悪犯罪者の悪魔女は保菌者どころか発病状態らしい、本人の話だと。隔離が必要と言われるのにスパイ亭主の介護を口実に家に居すわるようだ。
 私はどうなる? 隔離が必要なほどの結核患者と同居させられ続けるとは。毒を飲ませられなくなったと思ったら、今度は結核菌か? 真冬の夜に窓を開放されなくなったら,今度はストーブ事故に見せかけた京アニテロのような放火に注意しなければならないように。
 我が家の結核病患者は、電話口では自分の病気を悲劇のように宣伝して悲劇のヒロインにでもなったつもりのようだった、いかにも朝鮮人的に。だが、その自身の言葉を私から突きつけられると、またぞろの朝鮮的なウソで「結核菌なんていないよ!」だと。このウソのトボケ・開き直りも全く朝鮮的だが。
 なるべく家の中でも接触を避け、結核患者・発病者が居る場所には除菌装置付き空気清浄機を置いてこちらへの伝染を防ごうとしているが、例えばプラズマクラスター付きの機器は高く、同装置の寿命が来ている恐れがあっても中古品を買わざるを得ない。既に4台だが更に必要だから。除菌装置のみだと直ぐにホコリでフィルター清掃が必要になってダメなのだ,要介護者が複数カ所に布団を引いていることもあるようだが。その空気清浄機の設置と作動にまたぞろ危険な結核患者にケチを付けられジャマされようとした時の会話に上記の不愉快極まりない朝鮮的な開き直りが出てきたのだ、フジの若枝が大量に折られた時のように。

 昔、私は何故だか「結核予防会」の病院で検診を受けさせられた。その折は「血中脂肪(中性脂肪)が多い」とかの話ばかり記憶に残り、結核の方はあまり気にしなかった。だが、若い頃に何故だか微熱が一ヶ月も下がらなかった経験があり、後になって「ゴク軽い結核の症状に類似」とか聞かされた事があった。私はアレルギーの症状としか考えなかったが、我が家の老人どもは見事に結核菌保菌者だったのだ。すると、意図的に「結核予防会病院」とヤラに行かせたのかね。そういえば、数年前までの毎冬のゼンソク的症状も・・・。

 もうガマンできない。いくら何でもヒドすぎる。真冬に窓を開放してゼンソクの発作を起こさせただけでなく、我が家の悪魔はワザと私に結核を発病させようとしていた訳か。そして、それもクソ日本人は全て見殺しにしていた訳か、相当に昔から事情を把握していたにもかかわらず!
 朝鮮人は悪魔だが、これだから日本人も絶対に信用できないのだ。最も大切な部分で信用できないヤツは,他の部分が世界一信用できるとか言い訳しても全くダメなのだ。許されないのだ、被害者には。いつでも私を朝鮮悪魔へのイケニエにしながら,私からの巨大な利益だけはタダ取りするから。私がやれと言うことは全くやらずに、こちらが嫌がることばかりし続けるから。
 
 これはトランプに対日制裁をさせないと。今回の日米貿易交渉では私に最も縁が深いコメはほぼ従来通り。当然かね、私の直轄領域だし。ただし、自動車は縁が深くない。自動車が走る道路の建設等は縁があっても、私は免許さえ持っていないのだ。戦前からの住宅街という鉄道に便利な地に住んでいるし、若い頃は廃人状態で免許を取る発想すらなかったしな。
 今回の協定では対米自動車輸出規制の関税についてはあやふやにゴマカシ、台数制限には触れないから、逆に言えば何時でもやれる、と言う事。「協定発効中は趣旨に反する事はしない」といっても、どうとでも解釈できるし、今はまだ発効前。第一に、キリスト教文化圏で生まれた近代の契約の考え方でなくとも、あくまで契約とは信義誠実の原則によるから、その思想の根幹である神への反逆などする究極の犯罪者との約束など、悪事がバレれば破棄や無効が当然、いや、絶対に必要だ。今回の場合は,正にそれに相当する事実が、今こうして正式に暴かれたわけだ、またぞろ。
 モウ後戻り,ゴマカシは出来ないのだ。書いただろう? 悪魔の隔離などをしないと一項目で対米自動車輸出規制100万台と。是非やらせたい、トランプに。地獄を見るが良い、神の敵のクソ日本人!
 
 
強烈台風直撃の中で窓を解放? ーまた我が家の惨状かー[2019年09月09日(Mon)]
首都圏直撃の台風は少ないのに規模も過去最大級の台風15号。東京湾の埋立地の羽田空港と千葉の内陸の成田空港の両方の直近を通り、例の香取市の近くで茨城へと抜ける進路だった。私が提唱していたが支持支援を止めた首都圏空港間連絡の地下鉄やリニアの構想と沿うルートで、しかも朝鮮系テロを疑う京急踏切事故のトラックの運輸会社の香取の付近を抜けるとは。首都圏鉄道(在来線)整備全体に支持支援の停止を広め始めた直後に首都圏の鉄道がマヒだ。それに問題視していた千葉県が最大の被害を受け成田空港は輸送不通、停電56万軒と・・・。ここまで重なると単なる偶然の重なりと考える方が無理がある、全く。キリスト教などの一神教の文化圏ではない日本人はトボケルだろうけど。

 そこは別の文章でも「ドリアン」などと共に触れるが、またまた我が家でも異様な事態で、あの強烈な台風の直撃の中で窓が開けっぱなしだったかもしれないのだ。我が家を支配した醜悪な朝鮮的文化では、子供の虐待の当然視だけでなく、戸や窓は開けっぱなしでほとんどキチンと閉めたりせず、それに日本人が少しでも文句を言えば朝鮮人は火病を起こしてテロの口実にする話は何度か書いた。それが、朝鮮人の家では床暖房が多くて燃費も悪く空気も乾燥するため加湿器を多用し汚い水の消毒剤で薬毒事件まで起こしながら英国人のせいにした事件の背景でもあろうと。
 我が家では自称・妹まで朝鮮的文化で真冬にも暖房する部屋の襖(ふすま)や障子(しょうじ)を開けっぱなしにして私が叱られたり閉めさせられたり。子供の頃だけかと思ったが、最近もだった。これは自称祖父母が死んだ後は逆にヒドクなり、建て直した後の今の家でも真冬の夜中に風呂場の窓を開放し、私は明け方に寝床の中でアレルギー性ゼンソク(寒暖差アレルギー)の発作を起こし続けた、毎冬、気密性の良いはずの西洋建築の今の家で。

 それを強力台風直撃の中でまたやったのか、我が家の悪魔どもは。自分で開けた窓を閉めなかった可能性があるのだ。私が台風直撃時に家の中を吹き抜ける相当に大きな気流を感じて「ドコか開いている」と家の中を動き回るのを面白がったのか、分かっていてとぼけたのか。
 窓の開放に気づいたのは台風通過後に何時間も経った昼になってから。「昼になってから窓を開けた」とか言い訳するのか、予想最高気温37度の日に。以前から付近は妙に温度や湿度が高かったことを考えると、ずっと前から開放状態だったのか、台風直撃時をふくめ。普通の日本的感覚なら台風時などには自分が開けた窓を思い出して点検し閉めようと確認するが、朝鮮文化ではやらないのだろう。
 その窓は普通の窓と異なりガラス全体を上側を支点に下側を外側にスライドさせ下が30p程度開くタイプ。防犯にもなり普通なら雨も入りにくいが、台風は別。夏期は猛烈な湿気や隣家の反射光の熱を防ぐため,冬は保温のため、窓はもちろんレースカーテンも開けないように言っているのだが、言うと逆をヤルのが朝鮮的な文化らしいのも既述の通りで、この窓も開けたママだったのか。保温のためにレースカーテンの裏にシャワーカーテンを取り付けて空気を遮断しているのだが。
 家には複数の換気扇の通気口や木製ドアの隙間などもあって近代的なマンション等に比べ気密性が劣るが、昨夜は風が吹き抜け郵便受けの箱の扉まで吹き開けられる状態で、夜中に寝もせずに方々を見て回っていたが、私が住んでいない旧・おば居住部で窓が開放状態とは考えなかった。油断だった。朝鮮的な悪魔の異常性を考えれば、そこまで疑ってかかるべきだったのに。

 「まさか,真冬の夜中に窓を開放しないだろう」
と同じで
 「まさか、台風の最中に窓を開放しないだろう」
だったのだが・・・。
 「まさか、まさかの積み重ねが戦(いくさ)というものだ」と未熟な秀忠を教育した家康のセリフ(再放送中のNHK大河ドラマ)を引用したのは私自身だ、東日本大震災という非常時(有事)に。だが、私もキチガイの悪魔と同居させられているという非常事態の連続なのを忘れてしまいガチなのだ,それが日常化してしまうと。

 柑橘類を運んでいたトラックの京急踏切事故でも再度触れたが、我が家は柑橘類(みかん)の農協の全国組織(後に日本園芸農業協同組合連合会)の初代事務局兼幹部住宅だった。自称祖父は農林省園芸局の独立(今は再び吸収合併)にも関与し、果物農業関係者だけでなく保守系政治関係者や官庁幹部等も客として来訪したろうが、我が家の朝鮮的な悪魔は重要な客の前でも扉を開けっぱなしにしたり,注意されると開き直って足で戸を開閉したり。それを注意されると「病院ではこれでいいんだよ!(看護婦は荷物を手て運ぶから扉は足で開閉するのが当然)」と例のお得意の台詞と口調でワメイて被害者ぶてっってテロの口実とした。そのテロの対処が私への虐待や毒物殺人未遂だったから、たまらない。
 今回は私が夜中眠れず家の中に台風の湿気が入り込む?程度で済んだが、つい最近まで似た手口で私にぜんそくの発作を起こさせてほくそ笑んでいたし、このままだと冬の夜中にワザと石油ストーブを転倒させて京アニテロと似たことをして私を殺そうとする可能性等の危険もある。「さっさと悪魔の隔離を」と言い続けて無視されており、私はついに日本制裁(ストライキ)に入り、首都圏の鉄道整備への支持支援を停止し始め、まず空港アクセス路線から、具体的な路線名や構想を挙げた始めた。それに沿った台風の直撃経路だ、それも異例の強力な台風の首都圏直撃と鉄道網のマヒを残した。


 今回の台風は,そんな話までアブリ出した訳か。そう考えると,正に神の警告、天罰だな。空港間リニア等の空港アクセス改善策を地で行くような台風の進路、首都圏鉄道整備への支持支援の停止を地で行くような首都の鉄道のマヒのみならず、か。
 いい加減に日本人は懲りて態度を改めたら? いや、東日本大震災の段階で完全に思い知って降伏すべきだったのに何もやらなかった奴らだから、無理だな。すると更なる天罰の連続となるが、それはおまえ達自身の選択だという事実を忘れるな。これはトランプなどにも伝わろうな、同じく天罰と思われるハリケーン「ドリアン」に襲われた直後でもあるし。
折られた藤の花   ー自宅でも観光施設でもー[2019年06月08日(Sat)]
世界的な藤の花の名所・足利フラワーパークまで鉄道で何時間もかけて行ったのは何年前か。東京の南の端から北関東まで、3社乗り入れ線を乗り継いで、東武の単線の田舎路線まで行った。売国観光政策で荒らされる前。まだスマートフォンを持つタイ人が増える前で、自分で写真を撮って見せようとしたのだ。
 足利でも最近は大量の外国人が立ち入り禁止の花壇に入ってフジの枝、正確には藤の花の付く新芽的な細い若いツルを痛め折る行為等が続発しているのに、公園側は極めて背の低い柵を作ってアリバイ作り。外国人、特にルールを破るのがルールという三国人(中韓台)等には全く無効なのに。京都でマナー違反を戒めるつもりで「あきまへん」との小看板を出したが全く無効で、「中国人の集団に言うことを聞かせるには武装兵士が必要なのに。これでは、あきまへん!」とか書いたがな。

 しかし、足利フラワーパークだけではないのだ、藤の花の若枝(ツル)が大量に折られるのは。
 我が家の藤も花が付く寸前の若枝(ツル)が大量に折られてぶら下がり、せっかく咲くはずだった藤の花の大半がやられてしまった。私が大切にしたり楽しみにしたりするモノを壊すのが最大の楽しみという朝鮮的な奴らがいるからだ、我が家にも。相手の苦しんだり悲しんだりするを見るのが無上の喜びで、理不尽に威張り散らせる地位に上がることが民族的目標とか言う超悪質パワハラ文化、民族だ。我が家の悪魔女も最近はさすがに私に毒を飲ませられなくなったようだが、代わりに大切なモノを破壊して気勢を上げるのだ。朝鮮的な自称母親の悪魔女だ。
 相手は何時また私に毒物殺人未遂を繰り返すか分からなかったキチガイの凶悪テロ犯罪者、朝鮮の手先の日本政府に野放しにされてきた奴で、事もあろうに安倍バカ政権が国を挙げて表彰までした奴だ。
 だが、今回はさすがに、「なぜ花が咲くツルを折った!」と問い詰めた。すると、「成長しすぎるから(藤を間引いた)」とか朝鮮人的に異様な口から出任せの苦しい言い訳。「花が咲き終わってから切れば良いだろう!」と重ねると、今度は前言を翻し「やってない」とかトボケ始めた。当然ながら謝罪も何も全くない。
 全く、レーダー照射事件での韓国のキチガイどもの言い訳やウソそっくりだ。やはり同じ民族か同じ文化だからだろうな。

 さて、6月30日を前に、また昔を思い出させるようなことをさせたな、貴様ら日本人は。貴様らが野放しにしてやらせてきたのだ、悪魔に、56年間も。これも日本語では「やらせる」と表現するのだ! 
 「神とか名乗る奴一人を殺しかけ断種して廃人化して人生を潰しただけで国が滅びるのか?」とか言いたいだろうが、滅びるのだよ,相手が神ならばな。貴様らが札幌虐待殺人放置事件でやったように、私も貴様らが死んだら、助けてやるよ。どうにもならずに泣きついて言うことを聞くまでは、徹底的に苦しめ。死ぬまで苦しめ。自動車対米輸出への関税と数量制限のダブルパンチなど、ほんの序の口の序の口に過ぎないぞ。
 
旧優生保護法の救済法 ー強制去勢等への償いー[2019年04月24日(Wed)]
旧・優生保護法による強制避妊・去勢等への救済の法案が成立だ。連合軍兵士や中朝人による強姦妊娠も多かった時代の制度とは言え、非人権的・ナチ的とも言える暴挙への政府・厚労省(旧厚労省)の謝罪は無い。児童虐待対策の長年の不備、儒教口実の虐待という朝鮮マフィア犯罪の黙認の罪を誤魔化そうと被害者への口封じで「虐待の連鎖」を殊更に強調する憎き厚労省の関連でもアリ、様々な意味で私の問題に通じるのだ、朝鮮系犯罪の被害者でもアリ。


 私への小学校6年と中学1年の冬の自称母親・我が家の朝鮮的悪魔による大量の毒盛り(ヒ素類)によって発熱、長期欠席した後、精液の状況が大きく変わった話は以前にも一度は書いたと思う。長期の高熱の発熱かヒ素類中毒の後遺症かで生殖関連機能に何らかのダメージを受けた可能性がある。それまでは極めて粘性が高い、というかプリプリ状態だった精液が単なる液体に変ったのだが。

 これも一種の去勢目的か、それに近い行為ではないのか。あの悪魔なら当然やりそうなことだ。もしも小学校6年の末の毒盛り発熱の後の集団検診名目の検査で悪魔の犯罪が摘発されて悪魔が「毒物殺人未遂」で逮捕等されれば、最悪規模だった翌年の中1冬の毒盛りは防げ、私の性機能のダメージは相当に緩和されていた可能性が高い。単に毒盛りを見殺しにして発熱嘔吐で長期欠席させて私を苦しめただけではなかったのだ、日本のクサレ小役人どもは。朝鮮系スパイ夫婦による神への毒物殺人未遂を黙認したのみならず、その生殖機能を破壊させ、実質的な去勢を幇助(助ける事)した疑いが濃厚となったのだ。
 小6から中2まで3年も続いた冬の毒盛りは、インフルエンザ感染との口実も使えるだけではない。バレンタインデーという当時ようやく定着しつつあった男女関係絡みの子供の騒ぎに私が学校に行くのを妨害する機能も果たしていた事を考えると、この「去勢」の話は単なる例えやこじつけではない。悪魔女ならやりそうなことだ、正に。


 「神の去勢(きょせい)」かね。良くやったものだな。全人類史的大犯罪。神への「千兆円規模のサギ横領」といい、「神の去勢の幇助」といい、その正当化・ゴマカシのためのウソ宣伝といい、貴様らクソ日本の政府も完全な悪魔だな。今までは神殺しの悪魔は朝鮮人で、日本人は手先程度、厳しくとも共犯とか書いてきたが、やはり日本のクサレ小役人どもも悪魔だったのだ。主権者なのに全く監視も修正もしなかった日本人も、やはり主権者の資格は全くない。


 いや、待てよ。今回、問題になっている旧優生保護法で行われた強制去勢と正に同様のこと、すなわち、長期の発熱・嘔吐でぐったりした私に更に安定剤名目の睡眠薬でも飲ませて、意識の無い内に本当の去勢手術でもした可能性も疑ってみなければな。それが作り話とも思えない状況だったのだ、私が置かれた地獄は。何せ、朝鮮系スパイとしては大物だったからな、我が家の悪魔夫婦は。全くのバカなガキなのだが、その程度のことはやらせ得ただろうし、日本人ならやらせただろう、黙認か共犯となって。朝鮮マフィアの犯罪の地となった戦後の日本では、連中は普通なら出来ない悪いことも、し放題だったろうから。「東日本大震災フジテレビ韓国ドラマ津波警報テロップ不提示によえる無差別殺傷情報テロ」の疑いという大問題が日本の政府にも社会にも不問に付されている事件を見れば分かるだろうが。
 我が家の朝鮮系スパイと疑われたキチガイ夫婦は「児童虐待防止法(初代)」や「犯罪被害者救済制度」などを作らせたキッカケとなった大犯罪者なのに、日本は三権の長だけでなく皇室までお呼び立てして表彰したくらいだからな(2015日本国際賞)。直後の5月29日と30日に大天災という神の怒りを買ったのに。あのスパイ夫婦等の犯罪行為の私の描写がキッカケで、それらのシステムが出来たのだ、私は連中の正体が分からない頃だが。正体が分からず,要するに犯罪行為が普通の日本人によると考えていた頃の話だから、朝鮮人らに妨害されずに済んだのかもな。「悪いのは日本人ニダ!」と連中は言えるから。




 戦前は神国だとか抜かしていた日本だが、戦後は長く朝鮮マフィアに占領され、平気で神殺しをさせる人類史上最低最悪の国になった。米国の首脳部などがこの「神の去勢」の話を聞けば、どう思うかね。今度は気が短い奴らだから、顔を真っ赤にして怒るくらいでは済まないかもな。
 この惨状を是正し、宗教的たとえをすれば神による人類への裁き(復讐)のような悲惨な事態を避けるため、国連などの国際社会による日本(特に政府)への強力な指導が必要だろう。虐待問題での異例の対日国連緊急勧告も結局は実質的な効果を生まなかった事実から考えるに、勧告などを大きく超える強力な指導が必須で、日本が全くマジメに従わない事態に備えて国連軍の駐留のような力の背景も必要かもしれない、主権を大きく損なわない上でだが、表面的な形式に囚われて人類が滅んでは元も子もないし。
50年遅い虐待対策 ー欠席一週間で情報共有ー[2019年03月01日(Fri)]
国連に突かれてやっとか、50年遅いんだよ、朝鮮人の手先の悪魔のクサレ小役人ども! 文部科学省と厚生労働省の合同チームなんぞ今更作ってアリバイ作りに徹して「虐待の疑いのある子供が一週間以上欠席したら学校は市町村や児童相談所と情報共有をルール化」だと,今更になって! 私が朝鮮系教師の斉藤が担任だった中一の折、朝鮮系スパイ夫婦に相当に多くのヒ素類を飲まされて一週間以上(約10日)休んで数日通学して更に数日休む異常事態を全て見殺したクソ日本人が?
 どうせ「あくまで虐待の疑いのある子供だけです。お宅の子供は関係ありません(ドンドン虐待して,死なない範囲で)」とか言い訳して殺されて騒ぎになるまで被害者を「虐待の疑いがある子供」とやらに分類しないでゴマカスのだろうよ、朝鮮系の親に殺されそうな最も危険な子供を! そう、虐待の疑いナシと判断した形を取れば一年欠席してもお構いなしなのだろう。「あの子供は虐待の兆候が確認できませんでしたので10日以上欠席した時点の情報は共有しませんでした」と、またぞろクサレ小役人的なクソ言い訳を続けて保身と責任逃れをするだろうよ、子供が殺された後になっても。
 本当に日本人は愚鈍で卑怯で無責任だ。朝鮮人犯罪の代表例とも言える子供虐待の対策が50年遅れるとは、その間に多くの子供達がイケニエになってくれて良かったね! そんな惨状を国連にまで追及されているのだがな。安否未確認の子供が表に出ただけで3千人もいるのに、何から何まで後手後手のクサレ小役人。それを支えるクサレ小役人的な日本人。もう消えてくれ。貴様らが朝鮮人という悪魔をここまで培養してしまったのだ!
法務省の目障りな広告−文章作成画面侵入掲示−[2017年12月14日(Thu)]
このブログの文章作成画面に目障りな広告?が出ている。法務省の人権擁護何たらという極めて偽善で危険なモノだ。まだやっているのか、ここに至っても、なお! 作成中の文章を消してしまう妨害を繰り返している奴らの正体かね。そう、外国のスパイより、国内の裏切り者の仕業なのだろう。なにせ、大切なモノを全て売って保身する売国奴だから、朝鮮系凶悪犯罪の被害者の心の叫びなど封殺して、それを助けてきた自分らの大罪を誤魔化したいのだ、何としても。ちょうど、日本の警察が、朝鮮系パチンコ屋のトバクの用心棒となって北朝鮮に巨額の資金を流させ、それによって日本を狙う核ミサイルを開発させた事実を誤魔化したいのと同じか。人権擁護とは、結局は売国クサレ小役人の保身という人権の擁護なのだろう。そういえば、DNAまで取ったのだよな、昨年4月13日に。その翌日は午前中に田母神逮捕、夜は熊本大地震だったが。私は警察に監視されているから何も書かず、ついでに日本人を助ける文章も書かなかったら、翌晩に更に大きな地震が来て、「もう後は余震だけ」と安心して家に帰った避難民を軒並み押しつぶし、17万軒ほどの家を壊したが。偽善者のオバマにも呆れられて日本は為替操作国監視対象リストに載せられて震災後なのに為替問題で助けてもらえず、熊本と同じ中央構造線上の伊勢志摩のサミット会場はずっと地震の脅威にさらされ、ついには中央構造線に東の果ての「つくば」で開催中だった科学技術担当閣僚会議の会場が直下型地震に襲われたけど。このような不思議な一致は前々から観察されてきたものであり、ついに世界中のキリスト教圏の巨頭たちが私の弟子のようにふるまう結果となった。最近も、ここでの文章によりトランプ訪日は成功し、ロヒンギャ問題で法王が呼び寄せられ仲介の労を取る結果となった。貴様らのような国民の最低限の人権を踏みにじって保身する売国クサレ小役人なんぞに汚されるものではない。第一に、私は連続毒物殺人未遂を全て見殺しにされた被害者だ。早々に消え去れ、保身したいなら。保身といえば、オバマ政権に批判的だった私への迫害?には米国の為という言い訳もできたが、今度のトランプ政権は全く違う。このタカ派的な政権は完全に私の側だから、これ以上、私におかしな形で手を出すと米国が襲ってくる。トランプに「貴様はクビだ!」とか言われたくないよな? ならば大人しくしていろ。それが最も有効な保身の手立てだ。キリストが起こした奇跡を信じる事から文明のほとんどが成立するキリスト教圏の米国では、この種の奇跡が真実となる。だから熊本大地震は天罰と解釈され、それを起した奴らは凶悪テロ集団として撃滅の対象となる、テロとの戦いの。だから、クビで済めばよい方なのだ。優しい方なのだ、対処法としては。そうだろう? 17万軒の家を壊し、500人殺し、世界の主要先進国のVIPを危険にさらした事になるのだから。いや、公の対テロ戦というより、主要諸国の国家安全保障上の重大脅威として、貴様らが排除対象候補にはなっているだろうよ、内々に。排除とは、この世からの排除だが、法務や警察なら自分の警備くらいできるだろうな・・・。
 そう、公安調査庁や人権擁護部門を抱える法務省こそ、皇室を退位に追い込んだ超本人ではないか。我が家の超凶悪犯罪者の朝鮮系スパイ夫婦を国を挙げて表彰し、そこに3権の長のみならず皇室まで呼びつける凶行を止めさせねばならなかったはずだが、全ての悪の情報を抑えていながら、何一つやるべきことをやらなかったのだから。スパイ行為の幇助どころではない。内外の反日・嫌日勢力のみならず、日本の忠君愛国勢力にまで心の底から憎まれる大罪を犯したのだから。これが許されるわけがないし、国の内外から徹底的にたたかれる事になるのだ、日本にマトモナ人間が居ればの話だがな、口先右翼ばかりではなくて。

 だが、安心しろ。貴様らの売国保身のイケニエにされ続けて、私の体も人生もボロボロで、もう、クソ日本人なんぞの為に書きたくない。だから法務省のカタも持たないのだがな。だから安心しておれ、私の疲労に助けられて! トランプが聞いたら、さぞ怒るだろうけど、怒る者に法王まで含まれないと良いな。米国以外の全てのキリスト教国を敵に回すことを意味するからな。再度確認するが、貴様らがマジメに働いていれば、私はこのような事を書き続ける必要もなかったのだ! 貴様らが原因の話を貴様らが止めて仕事したフリをする。これぞマッチポンプだな、公費を使った!

●追記
 「維持費のかかる顔つなぎ屋」。そんな表現が聞こえて来た。これは私に対するクソ日本人の正直な本音の一面だろう。神ではない仏を信じる仏教以外には海外の一神教的な強固な宗教的文化背景をほぼ持たない日本人は、神の出現に直面しても、その程度の異様な感覚しか持たない。これでは神を朝鮮人という悪魔に簡単にイケニエにするだろうよ。しかも、その相手のために得た利益は巨額なのに、千兆円のモウケに対して払った額が千万円をはるかに下回り、一兆円に対して一ま年にも満たない状況なのに、「維持費がかかる」と抜かすとは。やはり日本人は世界人類の敵だった。この惨状をトランプにも法王にも伝えたい。後は世界が判断することだ、日本人を野放しにして世界人類が滅びるか、それを防ぐか。恐らくは、二つに一つだろうよ。一神教的な神に中途半端なグレーゾーンの判断はないのだ。
土日ゼンソク土日腰痛[2017年03月23日(Thu)]
温暖差アレルギ―的状況の私は家の中の大きな温度差だけでもゼンソクを発症したり、熱を出したり。昨年12月から体調不良が続いたのも、家の中の温度管理の半ば意図的なズサンさが原因だったと、冬が終わりかけた今頃になって気づいた。年末年始に寝込んで熱を出しただけが意図的な嫌がらせ・テロではなかったようだ。
 この冬、特に新年に入ってからは、家の中の保温対策で家中(AB両棟)のカーテンの無い窓に新たにシロウト仕事でカーテンを付けたり、既にあるレースカーテンには保温断熱の為に裏にシャワーカーテンの追加等を続けていた。だが、我が家では私以外は何やら朝鮮文化圏のようで、ガサツ乱暴にカーテンなどを扱うので、あちこちが、すぐ外れる、壊れる。保温対策物を外されてしまう。
 窓の開放で家中が冷却されてセキが出るだけではない。普段は家に居ない者が家にいる土日には、それが多くなる。軽い素材のシャワーカーテンの追加部分の手直し(外れたものの補修)等のために(天井に近い部分に向かって)上を向いて(エビぞり等で)作業するので、土日には腰痛が出やすくなる。
 「土日右翼」といった言葉があるが、これが我が家の「土日ゼンソク」や「土日腰痛」の原因だろうよ。破壊やテロは朝鮮半島文化の特色のようだが、なぜ日本人は、そんな事が分かり切っているのに、テロリストを隔離しないのだ? 「管轄外」「人権問題」とか言い逃れか? これが我が家の、我が国の重大な「慰安婦像問題」だよ、日本人が撤去しないで放置する。韓国での慰安婦像に抗議するのは当然だが、同じ文脈で、それ以上に重大な問題を早く解決しろ、トランプが来る前に、神に裁かれる前にな。これは主権を有する貴様ら日本人の責任だよ。
「寒暖差スパイク⁈」−ゼンソクの一大要因−[2017年01月16日(Mon)]
「寒暖差スパイク」の前に、似た表現について書く。「血糖値スパイク」とは急な血糖値の上昇を指す。主に食後に起こる成人病等の一大原因だそうだが、通常の健康診断では検出しにくい、朝食を抜く現在の通常の検診の形では無理なので。他の要因への対応が進んでいる分、余計に「穴」が開いていた訳か。これでは「隠れメタボ?」も続出する。

 私は、この「血糖値スパイク」という言葉が有名になる前から、それを緩和する工夫をし、無理のない大幅減量を成功させた。「食後の血糖値の上昇の度合いを抑えよう」と考えて。それに、これは経験的に日本人が知っていた話だ、「食べてすぐ寝ると牛になる」、だから食後も体を動かせ、と。それが食後の血糖値上昇幅を幾らかでも抑えるから。
 ぶくぶく太ってダラシナく腹を突き出したバカで愚かで欲望に抑制のきかない不健康な白人等の外人どもは「食後の休憩もとらない働き中毒の日本人」とか揶揄しても、それが日本人の成人病を抑制していた訳だ。だが、日本人は貴重な自分らの言い伝えを科学的根拠のある有用な話と気づかず、「単なる勤勉のススメの精神論」程度にしか考えずにバカ外人に迎合したのだろうよ。口で説明もできずに、毎度のように、世界最悪の言論無能のバカどもは。


 私の場合もそうだが、この「血糖値スパイク」現象は起床後の最初の食事の折に最も注意を要するようだ。就寝を挟むとはいえ、長時間の絶食の後となる朝食時には、人体では最も養分の吸収が良い(激しい)ようだし。逆に言えば、この「起床後最初の食事」にさえ気を付ければ、すでに食事に関する他の領域では肥満対策が進んでいる日本などでは、相当部分の人間にとって減量が相当に楽になる可能性があると考える。
 私は起床後の一番初めの食事ではインスタントラーメンを半分だけ自分で煮て食べる。朝から玉子焼き機で卵を焼く程のまともな日本人家庭なら考えもできない手抜きメニューだが、私はこれを続けた。卵や牛乳は同時にとるし、後述のミドリムシのサプリも同時に取るようになったし、午後を中心に間食もする場合があり、全体の栄養は不足しないが、とにかく最初の食事の血中の糖分を急に増やす恐れのある穀物については「吸収の遅いメン類を少なめに」しているわけだ、日本ではルール違反のメニューだが。このメン類の話も日本では言われていた事なのに、「ソバを食べても太らないとはソバ屋の広告」程度にしか考えなかったようだ、従来の日本人は。
 このダイエット法、最初は、あくまで健康診断前のダイエットに半月だけ、と試してみたのだが、半月で無理なく数キロの減量に成功した。以後も続けた所、13か月後の翌年の診断時には一時的だが高校2年生時の体重にまで減量できた、激しい運動や高価なダイエットメニュー等もナシで。ピーク時と比べると30%近い減量だから、半ば奇跡的とさえ思えた。十分に科学的根拠のある話だから、本当の奇跡ではないけれど。
 最初の半月で、見る見る腹やアゴの脂肪が減り、ノド元にはシワまで寄って、まるで老人が病気にでもなったような外見の変化だった。アゴの脂肪がとれた事がなかったから、皮も余ったのだろう。しかも、午後に甘い物を食べても、夜に少し酒を飲んでも減量に大きな支障がなかったから、我ながら驚いた。いや、夜に酒を少し飲むと夕食時に飲んだ「α−リポ酸」や「ミドリムシのサプリ」が良く吸収されて益々効果が上がったのだろうか・・・。それまで様々なダイエット法を試したが、労の割には効果が薄かったり、新しい工夫の導入後一か月で効果が出尽くしたりと。きっと、それまでは起床後最初の食事で相当大きな「血糖値スパイク」が起きていたのだろう、毎日。そこが最大の問題だったのに気づくのが遅すぎた。
 「この子は肥満気味で困る」。コンな悪魔の口実で成長期から栄養失調にされていた私の場合、表面的には肥満気味を装う事で虐待による栄養不足をゴマカす意味がアたったのだろうし、後には最初の食事で太らせるのも虐待の一つの手段と化していたのか。悪魔などに任せず、もっと早くから自分で食事を用意すべきだったが、廃人状態では食事に気を配る事もなかったし。「いくら努力しても痩せない」と私が懸命になって苦しむのを見て、ほくそえんでいたのかね。これも朝鮮文化か・・・。


 そのような事実から考えるに、バカ白人の文化での朝食シリアルとか称する工場製の甘い菓子のようなジャンクフードは、朝食時の血糖値スパイクへの対策を考えると最悪のようだ。砂糖は多いし、穀物は異常に吸収の良い状態だし。それを食べるなら時間のない場合の間食や午後のオヤツだな。老人になっても甘いジャンクフードを毎朝食べる米人の食生活は極めて幼稚で貧困で異常。これを日本のようなまともな食文化を持つ文化圏でやると痴呆が進んだ老人の幼児退行現象にしか見えないが、それだけではない訳だ。たとえ砂糖もかけない単純なコーンフレークスでも、更に牛乳をかけて柔らかくするから、消化が良すぎるのだろうよ。中国人の「朝がゆ」も最悪だろう、消化吸収が早すぎて。両者とも欲望に抑制がきかない野蛮文化には変わりがないし、貧しい者が多い貧しい文化圏では「太るのが繁栄の象徴」「腹を出すのがカネモチの証拠」だったろうから、わざわざ「血糖値スパイク」を自分から起していた訳かね。


 タイ人もよく聞け。お前たちは本当に仏教国の人間なのか? まるで侵略民族の白人や中国人のように腹を出して、僧侶にまで糖尿病が多発とは、何たること。口ではプミポン王(前王)を大切にするとか言いながら、その前王の経済哲学「欲張り過ぎない経済」が浸透していない、本当の意味では、全く。近年は中国風の俗悪な成金と腹を出した中年が目立つと感じるぞ。現国王(新王)の体形に見ならえ。現王の若い頃の行状を取り上げる者は多いし、それが中韓のタイ王国を貶すためのスパイ活動である可能性も大きいが、現王の体形こそが先王の哲学の体現だと気づけ。



 ところで、「血糖値スパイク」になぞらえた表現で、私は「寒暖差スパイク」という言葉を使うようになった。私のアレルギー性ゼンソクを引き起こす原因の中でも、この寒暖差(温度差)が、より直接のきっかけになるようだ。5月の真夏のタイから桜が散った直後の日本の東北に移動した直後のゼンソクが最悪の深刻さだった話は以前にも書いたが。
 既述の通り、我が家では真冬でも窓やドアを開けっぱなしにする者が多い。朝鮮文化的なシツケの悪さか、ゼンソク持ちの私への意図的な寒冷テロか。恐らく両方だろうよ、反射的に悪さをする体質の連中だから。風呂場のカビ対策を口実とする真冬の夜中の窓の開放による冬の明け方のゼンソク発作は最近は何とか抑制できるようになったが、休日の洗濯や掃除の為と称する真冬の扉や窓の開放は現在でも続いており、この暮れの発熱・ぜんそくの原因となったのも既述の通りだ。
 住人の死去で真冬でも全く火の気のない隣接のB棟との間の扉の開放は日常茶飯事。洗濯や物干し等を口実とする窓の開放は更にひどい結果となる。昨日までの休日・週末にもセキが出たが、妹と称する奴の洗濯と物干しの結果だ。私が窓やドアを閉めろと頼むと全く逆に開放し続けた。他人が頼む事の逆をする、頼みごとを無視して逆をやって粋がるのは、まさに朝鮮的特色の一つと思う。朝鮮人の中に日本人が一人だけ混じれば余計にそうされるようだ。なにせ、私に毒を飲ませて青くなって吐き続けるのを見るのが無上の幸せという奴らだから。
 ニンニクのにおいが苦手な者が多い日本では弁当にはニンニクなど入れないか、少なくとも少なめにするのが普通だ。が、周囲の朝鮮人に下手にそれを頼もうものなら、逆に何倍ものニンニクを弁当に入れて周囲の日本人ににおいをかがせて嫌がらせして、「ジョッパリ(日本人の蔑称)の抑圧と戦って民族の誇りを守った!」とか大イバリになる。ニンニクのにおいくらいしかホコリの無い情けない幼稚な異常者とかいう話の前に、朝鮮人は他人の嫌がる事をするのが生きがいで、人の願いを踏みにじるのが大好きなのだ。学術研究の結果からも明かるように、これは既述のように一万年の歴史の違いからくる遺伝子的な結果だ。その嫌がらせやテロの口実に、やれ反日だ、やれ儒教だとか口実を後から付けるのだ。
 こうして、密閉性の良いはずの西洋型建築の我が家なのに、日差しのある日中でも温度が10度を割ったり。冬の昼間、私は日当たりのある2階の部屋で暖房もつけ、なるべく室温を20近くに保ってゼンソク対策としているつもりだが、部屋を出たとたんに10度の寒暖差にさらされては逆効果かもな。部屋を冷やせとでも? このような状況を私は「寒暖差スパイク」と呼んでいる。まさにゼンソクのもと。それも人為的に作り出されたものだ、我が家の場合。これを「寒冷テロ」とも呼んでいるが。 
 我が家は真冬の六本木ヒルズの屋上よりゼンソクに悪いようだ。ヒルズの屋上展望台にたどりつくには高温多湿の古い地下鉄や地下道を通って歩くから、防寒着で屋上に出る頃にはちょうど良い「おスズみ」にすらなる。温暖差スパイクも屋上との上り下りの一回づつだけ。しかも、屋上から下の展望階(室内)に戻る時には温かい方への移動だから全く問題ない。逆に、我が家ではトイレに行くだけでも冷える方向の寒暖差スパイクにさらされる、寒さに半ば無防備な状態で。これではセキもでる。

 良いか、バカ日本人。我が家では大使の前に慰安婦像が複数置かれているのだぞ。しかも他人に危害を加えるテロ慰安婦像だ。それを撤去もしないで、韓国の慰安婦像の放置だけ責めているのか? どちらも最低だ。どちらも撤去が当然だ。さもないと対抗措置だと言っているだろう? いつになったら当然のことをするのだ? そんな最低限の常識も良識もないのか、日本人には。いい加減にしろ、クソども。数百兆円のタダどりだ、10億円どころじゃないぞ。早く我が家の慰安婦像を撤去しろ。第一には自治体の東京都だ。そして日本政府だ。対抗措置がイヤならとっととやれ。集中制裁期間だという事を忘れたのか? 取立人のトランプ就任も近いのだぞ!
ゼンソク再発[2016年12月31日(Sat)]
またゼンソクの再発だ。今日は寝床に居る時からセキ。カゼ薬を飲んだから正月は酒も飲めず食物の味も分からないだろう。家の窓も扉も解放で冷えて乾燥した外気が大量流入した結果だが、「年末の大掃除をしてやる」とかいう口実が付く。和室は障子がカーテン代わりで、年末年始くらい1〜2度でも暖かくなるようにと、シロウト仕事で苦労してプラスチック障子紙を重ね張りした直後に、その和室の窓を解放され家中が冷えきった。2世帯住宅で和室が境界付近に2室並ぶので両方とも開放すると冷却効果抜群。当然「ゼンソク誘発効果も抜群」。昨日に苦労して障子に紙状のプラスチックを張り付けているのを見計らっての異常行為だろうよ、年末の大掃除という日本的風習を口実に。こちらの意図を読んで成果を破壊して粋がる。これこそ朝鮮的文化の象徴だと思うが。ところで、日本語では「見て見ぬフリしてやらせる」と表現する。やらせているわけだ、日本人が。更に言えば、そんな行為を日本人が「やっている」わけだ。前科山盛りの朝鮮文化の人間は放置すれば更に悪地を重ねるに決まっているのが分かりながら。ここ数年だけでも為替で何百兆円儲けさせてもらったかわからない相手に? こうしてずっと殺させようとしてイケニエにして、神を。今後千年以上非難されるだろう。それが似合い、当然の結果だ。中朝は悪魔だが、日本人は世界人類史上最悪のクズ。神を殺そうとし続ける神の敵。貴様らに安らかな新年などない。見てオレ。
アクセス数100万突破[2016年03月03日(Thu)]
累計アクセス数、正確には累計ページ閲覧数が100万を突破していた。やや日が過ぎてしまい、今は101万を超えている。だが、このブログのように堅苦しい評論形式で、しかも中国愛国教育などと違って読む側の日本人を甘やかさない内容であるばかりではなく、実質的に「元ネタ」であり、アクセス数の意味が違うようだ。インドネシアにも送られた旧国鉄型103系車両に関しても書いたが、輸送人数も寿命も極端に大の通勤用鉄道車両は、一両で自家用自動車の数千台から数万台に相当する、とか。それと似ている。しかも、ただ読んだだけで神の側につけるとか勘違いすると罰を食らいかねないから、一般のブログと違って、恐ろしい。

 100万ねえ。神には見ていただけるようだが、下界の人間どもに対しては書いた甲斐がない100万だった。まるで私の人生のようだが、神の敵となった日本人に向けて下手なことを書いて同類とみなされても困る、滅びるべき相手と。
 下界のバカどもが私に対して大きな悪さをしてから東日本大震災という天罰が降るまで約10年かかった。すると昨年2015年のキチガイじみた表彰や法務省の無礼などの10年後の2025年ころに西日本大震災でも来るのかね。すると東京五輪の2020年はまだ無事となる。せいぜい生きて五輪を見るのだナ、天罰の降る5年前とすれば。私の住む都市、聖地での五輪だから。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml