CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 小池都政 | Main | 北朝鮮 核ミサイル危機 »
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
米国が中国を「為替操作国」に ー遅すぎた決定ー[2019年08月06日(Tue)]
トランプの米国が中国を25年ぶりに「為替操作国」とした。11年ぶりの中国の元の低水準にゴウを煮やしたのが直接の契機とされるが、実際には長年に渡り米国が目先のカネのために中国という赤い悪魔を利用し甘やかしてきた結果、ずっと元は低水準だった。この決定は遅すぎたのだ。それを乱暴者のトランプが取り戻そうとしただけだと思うが。
 確かに最近の中国の元の下落は異常な早さだった。これには米国の強い経済制裁で中国経済への不安感が強くなった結果の当然の市場の反応も混じるという評もあろうが、問題はその前から続いていたのだ。元から中国は為替を低く誘導して輸出を有利にして巨額の暴利をむさぼったのだから、それを是正した上で「最近の元の下落は経済の原則に沿う」と言えば良いと思う。その根本のゆがみが是正されない限り、同じ乱暴者でもトランプの乱暴の方に軍配が上がろうな。

 それにしても、私がクギを刺した後、米韓外相会談のキャンセルや米の対中関税拡大や為替操作国認定やらが立て続けに、短時間に続いた。それを喜んでばかりはいられないのだぞ、当然、日本人も。次は日本だからな、標的は。神の敵である点は中国も北朝鮮も韓国も米国も日本も変わりは無いのだ。
日米安保片務性批判 ートランプだけの怒り?ー[2019年06月28日(Fri)]
トランプの「日米安保片務性(一方性)批判」は乱暴者の暴言、経済交渉や選挙の道具とか批判される。「世界戦略の道具として日本の基地をタダ同然で使う米国は、有時以外は一方的な日米同盟の受益者」だから「その米国の大統領を2年続けて何度も日米首脳会談をやっても,この失言か」とか非難されている。確かにバカな乱暴者だよ、トランプは。だが、果たしてそれだけか。ちがうだろう! 

 日本に来る直前のトランプの片務性(一方性)批判とは、単に日米同盟への批判ではなく、「神日関係」への批判も意味するのだ。そう、あまりに一方的な神と日本の関係だ。神を踏みつけにして朝鮮の悪魔へのイケニエにした上で神を守りもしなかったのに、一方的に日本が巨大な利益を受け続ける異常な関係だ。いつまでそれをトボケ続けるのか、日本人は。それに、それを正せもしない自称キリスト教国の主要先進諸国も大問題だぞ。
 それら全てへの軽い警告ではあるまいか、G20を狙ったように関西地区の南をかすめた「令和」最初の(日本を襲う)台風は。訪日前のドイツ首相に痙攣が起き、欧州の異常熱波で冷房もない遅れた不正確なフランスの地下鉄「メトロ」は蒸し風呂だが、これも警告だ。5月末のトランプ訪日の頃には米国で竜巻の集中発生が長く続き、来日寸前には東京を揺らす地震で、しかもトランプ滞在中も地震だったのは、記憶に新しい。これらが全て神の警告だ。

 今までも何度も引用したキリスト教徒の言葉
 「万象に神意を見る者は幸なり」
では済まない。
「万象の神意を見ぬ者は滅びる」

 これはもう、日本だけの問題に収まらなくなった。人類全体に突きつけられた宿題。さて、どうするね。海洋プラスチック問題も重要だが、次元が違うぞ。「テイクアウト飲料カップ禁止、歩き飲み禁止」という神の言も聞かない奴らが!
トランプ安保批判確認 ーインタビューで強調ー[2019年06月27日(Thu)]
トランプの日米安全保障条約への不満(批判)は本当だと確認された、私は本当と思っていたから驚かないが。26日、日本開催のG20に出発する直前、フォックス(ビジネス)TVの電話インタビューで明言と報じられる。

 フォックスはトランプに近いメディアと聞くから、ある意味で安心して本音を語れたのかもしれないし、「安保破棄」という部分が一人歩きし大騒ぎになったのを味方メディアに消させた側面もあるかもしれない。予め相談?した上での「火消し劇」かもな。
 前述のブルームバーグのように「反トランプだからトランプの揚げ足を取ろうと暴言を誇張して暴露した」とかいう推測や批判は当てはまらないだろう。本当だったのだ、少なくともトランプの日米安全保障条約への強い不満は。

 そう、直に日米安保破棄というと大騒動だから、トーンを下げて単なる「片務性への不満」と言い直した可能性はあるな。「日本が攻撃されたら米国は命をかけて日本を守るが、日本は我々を守る必要は全くない。ソニーのTVで様子を見るだけだ」とか。
 だが、やはり、単に経済交渉を有利にする脅しだけでなく、日本への大きな警告だという私の感想は消えない。周囲に注意されて一応は「安保破棄」という根源的に重大な話には触れなくなっても、本音では強い怒りを感じているのだ。それを伝えたから、一応の目的は果たしたとも言えようか。
 強い不満とは、日米関係だけでなく、神と日本の関係にも。それを忘れるな、日本人。もう遅いけど、完全に・・・。
日米安保条約破棄! ートランプ発言報道 タカをククるな日本人ー[2019年06月25日(Tue)]
「日米安全保障条約(日米同盟)破棄」 ついにトランプ砲が吠えた。トランプが日米安保条約破棄と発言との報道が出たそうだ。トランプによる日米同盟(安保条約)の片務性(米国に不公平)批判は昔からとはいえ、これは日米軍事同盟の一旦破棄に近い話と警戒した方が良い。「単に安保の条文修正の願望の表明で日米同盟自体の破棄ではない」とタカを括ってはならない。「コレグジット(韓国の西側陣営離脱)」の狂った極左の韓国との米韓同盟の破棄だけでなく、日米同盟の破棄まで相当に深刻な形で出てきたのだ,以前とは違う雰囲気の中で。

 日米同盟の片務性、米国に日本を守る義務があるが日本には米国を守る義務がない、という一方性は、米国が日本を属国支配する宗主国の方策、米国が日本に独自の攻撃的防衛力を持たせぬ装置でもあり、米国が日本批判で有利になるための世論操作のプロパガンタでなく政策的にそれを否定するのは米国の世界戦略の根本方針に背くというのが、今までなら一般の考え方だったろう。だが、なぜ敢えて、朝鮮半島危機で日米同盟が重要と言われる今、G20日本開催の直前、こんな事を言うのか。大いに考える必要があろう,日本人は。大きな動きがあるのだ、背後には。今さら気がついても遅いが。

●追記
 今度はこの段落が不提示だ。日本人への警告も隠すとは、やはり日本のクサレ小役人の仕業カネ・・・追記 終わり


 米政府関係者は、この話を非現実的と断じたり、特にトランプから具体的な安保破棄発言に関わる政策指示等は無いとか述べたそうだ。また、このスクープ報道?をした会社(ブルームバーグ)が反トランプだからトランプの非常識さを強調するためワザと報道したとの解釈もある。

 だが、そんな発言や解釈を口実に高(タカ)を括って(ククって)事態の重大性を何も考えずに逃げてトボケてきたのが日本の政府と政治屋、それを支える主権者の日本国民だ。「米国が鉄とアルミに課税(関税)といっても同盟国の日本は別」とか高を括っていたら見事にトランプに課税された先日の痛い経験など全く生かされない、世界最悪の政治愚鈍で無責任極まりない日本人では。
 来るのだよ、本当に、そんな時代が。日本が米国から見放される事態、いや、先進国社会から放逐状態になる事態、いや、世界人類社会全体からの追放という事態が。それを思い出させるには、極めて良い教材ではあろうよ。その意味では、さすがトランプだ。



 ここまでが一般的解釈だ、少々厳しいように見えても。これからが私の独自の解釈だ。

 日本人は狩猟採取時代からの一万年来の世界最高度のムラ社会の遺伝子のため、奇跡的な秩序やモノ作りは世界最高でも言論能力が極めて劣って政治が全く下手、という話では留まらない。現在の世界人類社会の根本の指導理念である一神教的価値観、特に先進諸国で決定的に重要なキリスト教的な価値観が全く理解できていないし、理解しようともしなった。先進国社会の根本のルールのそのまた根本も理解できないフリで都合良くとぼけてきた。そのツケが決定的な形で現れようとしているのだ。
 神を朝鮮の悪魔へのイケニエにし続けた上にタダ乗りし続けて巨額の利益とは、まさに片務的、一方的、そのものだからだ、最悪の形の・・・。

 世界人類社会のルールの最も重大で根本的な部分の、そのまた根本を踏みにじり続けての、日本の地球人類社会からの追放など、全く当然。大雑把に言えば、それを防いできてやったのが、被害者の私自身だったのだから、私にとっては大笑いだが、人類にとっては大激怒だ。私も怒り始めた、最終的に。先進国社会のみならず、ほとんどの人類社会の価値観の根本に座る存在をイケニエにして見放される以上、終わりしか無いのだ。
 井の中の蛙(いのなかのかわず)、井戸の中しか知らずに井戸の中からしか外を見られないカエルが大津波が来ているのも分からないフリで何もしないでいれば、溺れ死ぬのは当然だ。

 「人類社会からの日本追放」。今までに何度も経済的な追放について述べてきたし、部分的には具体化してきている,トランプ政権成立後は。今の所は一部製品への課税だが、これが将来的には「日米軍事同盟」という日本政治の根幹にも及びかねないのも、当然と言えば、ごくごく当然の話だ。

 「なぜ日本のG20でのトランプ再来日直前に日米安保破棄などと!」と驚いたり嘆いたりする奴は全く浅くて甘い。この「トランプ日米安全保障条約破棄発言」の報道が6月30日の直前に出た事実を、まず肝に刻み込め。まあ、ここまで来てもなお、何も考えずにトボケて逃げ回るのが日本人だから、6月30日以後の徹底した裁きを求めているのだ、留保の無い。
 日露交渉中なのに爆撃機を領空侵犯させたロシアは元は宗教弾圧の共産独裁国だったからこそ,逆に強く救いを求める側面があろう。あのロシアでさえそうなのだから、元から宗教弾圧をしてはならない自由主義国の盟主を名乗り、しかもローマ法王と同じカソリック・キリスト教のイエズス会系のバノンが参謀役でもあり、ロシアに後れを取る訳には行かないのがトランプ政権の米国だ、神の言葉への反応において。神への忠誠の意思表示において。いままで貴様らが神に対して犯した罪を見ぬふりする連中ではないのだ。トランプ一家が責める批判する日米安保の片務性・一方性とは、一番深い意味においては、神と日本との関係における異常なまでの片務性・一方性の事なのだ。6月30日を待て。
 
米は対韓経済制裁を ーハーウエイ部品供給ー[2019年06月05日(Wed)]
米国は西側の同盟各国にハーウエイ締め出し・断交を求め、対応に差こそあれ実行する国も多い。だが、韓国は「企業同士の話に政府は介入できない」ととぼけている。米国は「コレグジット(韓国の西側陣営離脱)」の裏切り者・韓国を制裁すべきだ。さもなくば対中経済戦争が完遂できない。韓国は既に多方面で「制裁破り」なのだから。

 元から貧しい上に経済が「満身創痍(まんしんそうい)」と国内でも揶揄(やゆ)される韓国は、当然ながら貿易の中国依存が激しく、それが日本恐るるに足らずという現実離れの妄想も生むし、貿易では日本に依存していないから日本は経済制裁してもムダだというウソ宣伝の口実にもなっている。より大々的に日本から技術を盗んだ中国に全部で追い上げられ、ITの半導体と自動車くらいしかまともなモウケを上げず、それさえ先細り。その代わりとして国際観光、特に海外旅行をモウケの柱にしようとするのだが、その最大のモウケ道具の日本旅行は「韓国人の日本ビザなし入国の停止」で壊滅すると予想される。
 そんな韓国ではハーウエイに供給する部品がIT関連輸出で少なくない比重を占める。具体的には、表に出るだけでも、中国に輸出される韓国製IT部品の17%がハーウエイ向けとの事。そのため、米国トランプ政権からハーウエイボイコットを要請されても、「コレグジット」の貧しい韓国の政府は「企業取引には介入できない」とか、ここでもトボケてコウモリ(どっちつかずの御都合主義の裏切り者)を決め込んでいる。

●追記
 この段落が掲示されないトラブルがあった。韓国の中国依存とハーウエイ癒着の具体的な数字を示す部分だから、消したかったのかね、スパイや手先は・・・。 追記 終わり

 しかし、西側民主主義陣営にあって常に直接に半島有事のための米国の軍事力の保護を受ける韓国は、中国が背後にいる北朝鮮という脅威を抱えているはずなのに、コレグジットで北朝鮮と一体化を図り、西側を裏切った。許されない話だ。今回の「ハーウエイ制裁破り」問題での態度も、ニセ徴用工裁判という茶番を自らデッチ上げながら「政府は裁判に介入できない」とトボケて逃げる極めて卑怯で無責任な醜態と似ている。もううんざりだ。ガマンの限界は過ぎた。直ちに人類は韓国を制裁せよ。

 米国は対韓国経済制裁を実施すべきだ、何らかの形の。トランプ政権まで世界最悪の政治愚鈍の日本人の政府と同じになっては困るのだ。日本車と並んで韓国製自動車に関税と数量規制の両方を課せば、ちょうど良い薬かね。そのくらいやらないとダメな相手だぞ、韓国は。
無理な晩餐会スピーチ ートランプも新帝もー[2019年05月28日(Tue)]
国賓のトランプを招いての宮中晩餐会でのスピーチには少々無理が見受けられた、トランプも新帝も。社交とは、そんなものではある。特に国家同士の高度に儀礼的で形式的なものだと。だが、違和感というか、無理があったのではあるまいか、日米両国とも。

 トランプは恐らく知りもしないのに万葉集の歌人まで引き合いに出す,実に似合わない、ガラにも無いスピーチだった。新元号に関する内容は令和の時代の新帝の即位の祝いの席には良い話題で、良く時機を得てはいるが、スピーチライターがいることが見え見えに感じられては、どうも。最も盛装すべき晩餐会でもボタンを外したままだったし・・・。
  
 新帝のスピーチにも少々無理を感じた。幕府に開国を迫った「ペリーの砲艦外交」は、やり方が有色人種をサルか殖民地人・奴隷としか見ない極めて無礼なものであっただけでなく、結果として鎖国で平和に暮らしていた日本を帝国主義的国家間騒乱に巻き込んでしまい、最も有色人種差別が激しいペリーの米国と必然的に対立を招く結果ともなった。開港の口実も今は米人が必死に非難し反日活動の口実にする「捕鯨」のためだったりと、日本人から見て全く感心できない内容の詰まった話がペリーの「黒船」の来航だった。
 「トモダチ作戦」もトランプの共和党とは違う民主党のオバマ政権の発動によるもので、トランプ歓迎の話としては、いささか難物。オバマ政権の対中国や対朝鮮での弱腰・無策などの失策を非難して政権を取ったのがトランプだし。しかも、オバマは福島第一原発事故の原因を造った米国GEの責任を追及しないよう日本政府に圧力をかけて飲ませたといわれる。その上に、トモダチ作戦参加の米軍部隊は日本人復興関係者用の建物を占拠して被災者でもある復旧作業員を車内泊に追い込んで手柄だけ主張したり、沖縄での米兵の乱暴狼藉を知る被災地自治体に次々に受入を拒否されたり。しかも兵士らが米国に責任がある原発事故の被爆患者を名乗って日本に総額20兆円の損害賠償まで求めてきた。結果「ライアー」と共和党議員の米人にまで議会で叫ばれたし、トモダチ作戦とは結果的には史上最悪の火事場泥棒だったのだ。
 これは研究対象が水に関する新帝にとっても迷惑な話だと思う。水害という日本にも極めて多い災害における救援や復旧にも深く関係する領域だから。津波災害も、真水ではないものの、立派に「水の害」なのだ。スピーチライターは、それを忘れたフリなのかね。「水の新帝」のスピーチなのだぞ、私が後見する。


 招待側も受ける側も、スピーチには無理があった。こんなことだから、私は2015日本国際賞に行かずに良かったと思うのだ。トランプ訪日のスケジュールを決めた2015年の話だよ。いい加減にせよ、これも恐らくはバカ安倍がやらせたのだろうが・・・
単独訪日 妬む韓国 ー情報歪曲と神の冒涜ー[2019年05月28日(Tue)]
トランプ国賓訪日が日本単独となって韓国には行かないことを韓国マスコミは「日本が韓国に行かないよう圧力をかけた」とウソをワメいているそうだが、またぞろで大笑いだ。いや、神に対する冒涜だ。

 まず、外交無力で売国最優先の日本政府でも特に眉韓傾向が強い安倍政権では何も出来ない。
 次に、「コレグジット」との言葉で表現される「韓国の西側陣営(日米側)離脱と中朝との合体」は、対中国でも対北朝鮮でもタカ派色の強いトランプ政権には絶対に受け入れられないから、そんな極左政権の韓国に進んで行きたがる訳が無い。

 そして、トランプ訪日の影の目的は神の誕生日の祝いだったし、実際の訪日に際しても、またぞろ神の意向が何度も見られた。神に毒を飲ませ続け、神を殺そうとして果たせなかった後は断種し廃人にしようとした悪魔の文化・民族の国に、その足で行けば、神への反逆・冒涜となりかねない。前回のトランプ訪日時も私がトランプに「浅田をハグしてやれ」とか書いたが、直後の訪韓時に大ウソ慰安婦がトランプにハグを求め、私は大いに怒ったのは記憶に新しい。その愚も繰り返すわけには行かないのだ、トランプ側も。

 またぞろ、韓国人・朝鮮人の悪魔ぶりが出ただけか。いや、ぶりではなく、悪魔だがな。
少々迷惑な相撲観戦 ートランプ国技館へー[2019年05月26日(Sun)]
今回も夕暮れ時に六本木というトランプの訪日スケジュールは変わらないが、少々迷惑だ、相撲観戦も炉端焼き屋も。これもトランプ流か? 誰も教えないのかね。安倍のコビだな、きっと。トランプも宗主国の元首だからと載せられたのかね。この調子で新帝新后に接しないと良いのだが。
 国技館で皇室も利用する後方の貴賓席でなく最前部近くの枡席に陣取ったのは日本を理解した姿勢を示すためだろうが、わざわざ枡席は改造するわ、警備で最人気の千秋楽の前部席が買い占められるわ、後ろの席の者は見えないわ・・・。炉端焼き屋の周囲を大きな白い膜で覆うのもチト迷惑だが、国技館は別格なのに、安倍のコビだろうな。政治基盤が弱いのを外国へのコビでゴマカス手法は相変わらずだ。
 トランプ自身も大統領杯授与で土俵上で手を叩いて見せたり。拍手される側が拍手するのは悪しき中国流。これはマズかったな。米中経済戦争中なのに日本と中国を混同とは、内容は最悪なのに日本の信用を盗んで日本人のフリをして相手をだます中韓の常習的な策略に自ら乗ってしまうとは。安倍も日本の首相なのに、神聖な土俵の上で観客に手を振って自己アピールとは、伝統を軽視し幼稚で軽薄だったが、ちょうど良い取り合わせかね。浅田をイケニエにしたばかりか、今度は国技までカネ。コンナ状況に嫌気が差して、私は六本木ヒルズ展望施設の年間入場パスを返してしまったのだがな・・・。
トランプ羽田に到着 ー今回は基地でなく空港ー[2019年05月25日(Sat)]
トランプが羽田に到着した。今回は東京都心でも震度4を観測した最大震度5の地震の直後でもあるから,敢えて歓迎の言葉は控えておく。地震が警告でもあり、歓迎でもあるらしい、神の。

 米軍基地でなく普通に羽田に来るとは、前回が異例だったのだ。まだ私が六本木ヒルズに行っていた頃だったから、基地について安倍とゴルフをして六本木のヒルズのふもとの米国用ヘリポートに飛んできて、私が屋上から夕日を見ている下を通過して都心に向かったのだが、今回は私はヒルズの年間入場パスは持っていないからな、悪い外国人がイヤで。

 さて、今後の天災を見ているが良い。トランプ離日後の29日以降とかな。
ついにトランプ来る ー宿題はどうした?ー[2019年05月25日(Sat)]
ついにトランプが来るが、訪日までと期限を切った宿題はどうした。全くやっていないな。トランプや在日米軍基地の安全のためにも「韓国人ビザなし入国の停止」とか、日本政府は何もやらなかった。ゼロ点だ。トランプ側も中国との戦いは画期的な成果だし、国連の動きも無関係ではあるまい。だが、韓国への圧力は? 日本政府への圧力でも、どうだったのか。何せ、責任逃れだけで生きている奴らだから、米国などからの外圧しかないと思うが。私の問題も全く前進ナシどころか、むしろ後退だ。さて、そんな状況への神の御意志が最近の自然現象にも現れているようだ。さて、どうする? 
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml