CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 中国・昆明テロ事件 | Main | 東京無差別焼夷弾大虐殺 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
ロシアのクリミア併合ー功を焦ったプーチンー[2014年03月20日(Thu)]
少し以前になったが、何といきなりロシアがクリミアを併合(編入)だと。クリミアの歴史から見てロシアが独立するクリミアを保護国にする程度は覚悟していたが、あまりに併合が速かった。私もクリミアのウクライナからの独立に関する住民投票等の話をしたが、あくまで民主主義国での常識に基づく手順を踏んだものを想定していた。これでは武力侵略だ。
 だが、プーチンの演説では私が書いたような話が延々と出てきた。クリミアの帰属はかつてはソ連邦内での国内問題だったとかいうくだり等だ。こりゃ、演説の元原稿の執筆料でも取らないとな、佐村河内騒動ではないが。感謝するなら中立の中国ではなく、まず私らだろうに・・・。
 
 欧米の反応は鈍い。歴史的経緯はあるにせよ、これでは侵略だ。なのに、経済制裁といっても実質的にはゼロに等しい。シェ―ルガス革命の最中でもあるし、これでロシアの資源バブルが完全に崩壊すれば、かなり効くだろうに、目先の利益に振り回されて何もできないのだ。さっさと制裁くらいやれよ、ロシアへの資源依存を脱却するためにも。

 日本のアベもこれで北方領土問題では手が出しにくくなった。プーチンとのパイプというアベの売りもなくなった。ならば余計に強くロシアに出ればよい、原発の一部再稼働等も考えて。目先の利益ばかりに目が行く政治愚鈍の日本人には無理だろうけど。

 さて、いい加減に休みたくなった。目の負担が激しい。ナゼ、カネにもならないのに、償いもせぬお前らの為にやってやらねばならないのか。これは世界全体にも言えることかもしれないがな。苦しめば良いのだ、せいぜい。中国はバブル崩壊、中国への輸出で表面的な利益を得た欧州も降下、中国依存の韓国も経済崩壊、ロシアの資源バブルも崩壊、新興国も経済崩壊・・・。中国とて漁夫の利益さえ得られないのだ。おしまいだな、各方面とも。ちょうど良い罰だよ。
ロシア軍の最後通告?−ロシア艦隊 クリミアのウクライナ軍に降伏要求‽ー[2014年03月04日(Tue)]
日本時間3月4日未明、クリミア半島にいるロシア軍(ロシア黒海艦隊)が外国領であるクリミア半島のウクライナ軍に投降(降伏)を求め、現地時間4日午前5時(日本時間正午)までに従わないと攻撃すると「最後通告」を出した、と報じられた。事実なら、ウクライナという外国でのロシアの侵略行為となり、大騒ぎとなろうよ。この情報の真偽を別としても、「クリミア危機」は最初の大きなヤマ場を向かえつつあるようだ。

 ロシア軍はこの話を全面否定し、ウクライナ暫定政権等も確認していないそうだ。が、現実はそんな話が出てもおかしくない所まで来ている。既に旧ロシア領で親ロシア地域のクリミアではウクライナ海軍の総司令官がロシア側(クリミア自治共和国)に従って無抵抗で武装解除(投降・降伏)してしまい、「国家反逆罪」に問われているそうだ。陸軍等でも相当数のウクライナ兵がロシア側についたとの報もある。ウクライナ軍の基地がロシア側の武装兵士に包囲されている光景はテレビでも何度も流れた。クリミアのウクライナ軍は実質「死に体」かもしれない、「最後通告」の前に。

 国際社会とやらは口ではロシアを非難し「ロシア包囲網」を作ろうとしているが、まだ具体的には何かなし得た段階ではない。元はロシア領で住民の相当部分がロシア系というクリミアの特殊な歴史にも理解があるかどうか不明だ、ロシアのカタを持つわけではないが。
 最終的な妥協案は「クリミアのロシアへの返還」と、それと引き換えに「親EU(EU加盟)となるウクライナをロシアに認めさせる」ことだろう。その道筋は見えているのか? ウクライナという旧ソ連邦の一員の大きな子分を失うロシアにとっても、クリミアという重要な領土を失うウクライナにとっても、厳しい妥協だ。だが同時に、ロシアにとっては「クリミアを取り返した」、ウクライナにとっては「独立を認めさせた」、と主張できる方策でもある。クリミア住民による投票などの民主的な手続きは必要だろうけど・・・。
 その方向以外に道は少ないように見える。どっちつかずの中途半端な妥協ではない、これしかないギリギリの選択、仏教でいう「中道」か、灼熱(しゃくねつ)と極寒(ごっかん)のちょうど中間にある(人間が通れる唯一の)道といった意味の。

 さて、どうするのかね、国際社会とやらよ! それとも、良い意味で神に従うかね? 両国ともキリスト教国だろう? しくじると新たな冷戦構造ができてしまうぞ。人類を導く女神となった浅田を苦しめたロシアも米国も苦しめば良いのだ。世界皇女への反逆の報いを受けろ。
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml