CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« タイ政権 中国と結託 −高速鉄道建設協力協定ー | Main | 台風被害に人災の疑い−大島で避難勧告ナシー »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
台風26号首都圏襲撃 ー都心部から大島までー[2013年10月16日(Wed)]
完全に季節外れの超大型台風26号が首都圏のすぐ横を通過して大雨を降らし、都心から大島に至るまで被害をもたらした。東京都に属する伊豆大島では14世紀の火山灰層が大量の降水で広く崩壊して家々がのみ込まれ、死者・不明者多数。都心部でも冠水被害が多発。千葉県では京成成田駅の盛り土の斜面が崩壊し線路がむき出し。成田市でも土砂崩れ。千葉市内では24時間雨量が観測史上最大の300ミリを超え、駅前付近が冠水し車が波を立てて進み、タイ大洪水で私が見たような状況となった。

 伊豆大島での24時間雨量は800ミリを超えて観測史上最大、過去の最大記録の2倍に近かった。6時間雨量も約550ミリで、これは日本最大の記録とか。斜面崩壊直前には一時間雨量が90ミリを超える時間が4時間続き、内2時間は時間100ミリを超え、120ミリに達した。予報をはるかに超える異常な豪雨だった。
 大島の土砂崩れは、普通の「土石流」とは違う、「高密度洪水流」とか。土石流は極めて狭い範囲で起こるのに対し、今回の斜面崩壊はより広い面積で極めて大量の水が土砂などと共に急速に流れ下るもので、恐らくは秒速10mを超える速さだったとか。土石流なら密度は濃いが幅が狭いので横によけることもできるが、高密度洪水流は密度が低いものの幅が広くて簡単には避けられないとか。これでは、大島にもあった「砂防ダム」のような流れに障害物をつくる対策でも防げないだろう。

●追記(当日夜)
 被災地域の川には土石流対策の砂防ダムがあったが
 今回の高密度洪水流は対策のあった川筋をはるかに
 超える大きさで発生したためにまるで防げなかった。
 まさに「想定外」か。

 今回の斜面崩壊は、大雨の水が不安定な斜面の火山灰を流す形で起きたらしい。高密度降洪水流は全体の流れ下るモノの量が大きく、このような状況になったのだろう。「斜面全体が流れ落ちる」ような。

●追記(当日夜)
 専門家による航空撮影の分析では、斜面の崩壊は地面
 のごく浅い所で起きており、極端に大量の雨水を地面
 が蓄え切れなくなって起こったようだ。

 崩壊した地域は、14世紀の大島三原山の大噴火で出来た厚い火山灰の層の地域で、元から崩れやすい条件だった。「火山灰の扇状地」に街ができ、この手の災害の危険と背中合わせの地域だったことになる。その為に砂防工事がなされていたのだろう。
 火山灰は農地としては痩せていて条件が悪く、災害時には水を含むと崩れやすくて厄介だ。九州の桜島を含む火山の噴出物である「シラス」や、富士山から出た「赤土」(関東ローム層)などは、このブログでも触れてきた地域の火山灰だ。
 水で洗われ殺菌され微量成分も補給される水田と違い、関東の赤土のためにヤセた畑の地力向上もあり、江戸周辺(武蔵野台地等)の農家は先を争って大都市・江戸の排せつ物を買い取って肥料の原料とした。そのため、江戸は排せつ物回収率ほぼ100%という極めて優れた状況となり、基礎教育普及率や水道普及率も最高水準で、世界最先端を気取った後進地域のパリやロンドンをはるかに超える文明都市となっていた話も書いてきた。汚物は公共の場であるはずの道に放り投げて放置する数千年おくれた中国や、中国文化圏の辺境の世界最貧国の韓国などとは比べ物にならない進んだ状況だった。韓国は日本に統治されたおかげでその面ではいくらか文明化されたが、それが無い中国は21世紀の北京五輪になってあわてて北京の目につくトイレだけ改善してごまかした。
 そんな話を知らないのは無知で傲慢なだけの白人や、それにダマされたバカ日本人だけだが。桜島などの話もここでふれてきたのは言うまでもない。そんな火山灰土で起きた大災害だったのだ、今回の「高密度洪水流」による斜面の大規模崩壊は。


 それにしても、東京都と千葉県で大きな被害とは。東京都知事も千葉県知事も、五輪準備期間の知事としては極端に実務力が劣るばかりか、仕事の邪魔をするばかりだから換えろ(辞めろ)、と書いてきたよな? 連休前には猪瀬も安倍も3日以内に辞めろと書いたよな? その期限を設定した頃から急速に発達して突然に首都圏を襲ってきたのが今回の台風26号だ。期限の踏み倒し直後に起こった災害。火山とその噴出物(火山灰)についてはここでも触れてきたし、京成成田駅等付近を通るのは空港アクセス鉄道。成田リニアまで含めた空港アクセス鉄道の徹底整備についても散々述べてきた、それを実行する実務力が今のアホ知事にはないから換えろとも。大島を含む東京都の知事も辞めろと。
 今回の災害は、私には参議院選挙の一週間後に起きた首相の地元の山口県での大災害から続くものと感じる。その意味はバカでもない限り分かるはずだ。それでも何もできないクソ以下のバカ日本人。そこへ、また天の御警告。それでも何もできないクソどもだがな、何もしなければ天災を貴様らのせいにされ続けて地獄を見続けるだけだぞ。
 
 
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/869
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml