CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 韓国ドラマの完全追放を −韓国への対抗策の柱− | Main | 米国は旗色を示せ   −竹島問題の元凶 米国− »
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
韓国 首相親書拒絶  −国交断絶に近い暴挙−[2012年08月23日(Thu)]
ただでさえ異常な韓国が野田首相の親書を拒絶する暴挙に出た。許されざる皇室への再度の非礼(侮辱)に続き、相手が日本でないなら戦争につながる怖れのある行為だろう。「外交上あり得ない」「後進国ならともかく」「無礼というより幼稚」とも評される外交上の異常行為で、単なる野蛮(やばん)幼稚(ようち)では済まない。通常なら国交断絶に近いともいえるかもしれない。

 いくら反日テロ国家の韓国とはいえ、いくら反日テロ民族の朝鮮人(北朝鮮と韓国)とはいえ、いくら社会の実質は軍事独裁時代のままの野蛮な後進国とはいえ、いくらワガママの為に五輪の精神でも何でも踏みにじる独善民族とはいえ、いくら古代型封建思想の1000年以上遅れた韓国とはいえ、さすがに今まではやらなかった行為だ。


 さあ、どうするのだ、日本人よ。
 敵の韓国は、異常な植民地的な占領憲法でも国の象徴と記される皇室を何度も侮辱したのみならず、今回の「親書拒絶」で実質的に戦争一歩手前の段階まで来ているのだ。すでに韓国は「戦争モード」なのだ。「相手が何もできない日本なら、やっても平気」とナメきって(安心して)暴挙に出ているのだぞ、韓国は。
 そこまでされても、「閣僚の面会拒否」程度か? 国際的な影響力が低いだけでなく、いつ総辞職するか分からない民主党政権の非力な大臣が韓国人と会談しないくらいで、何の意味がある? 韓国人は痛くもかゆくもないどころか、逆に韓国側の反日宣伝の絶好の材料にされるだけだろうよ。
 本当に韓国がこたえる事は何もしないのか? 韓国人を怖れおののかせる事をしなければ、反撃としても警告としても無意味だ、日本人よ。実質的に無為無策のままならば、民主主義国家の主権者としての資格は一切ない。神国の民として神聖な国土の住まう資格はないという以前の問題として。


 いくらなんでも異常な「皇室侮辱(ぶじょく)」や、今回の「親書拒絶」だが、拒絶当日のインタビューでは日本にいる韓国人達は「当然の行為」だと語っている。異常者には異常な行為が当然、テロ民族にはテロ行為こそ当然の行為なのだ、子供だった私に毒を飲ませ続けていい気になったように。韓国人(朝鮮人)は同じ天の下で地上に共に暮らす事のできない敵、まさに

「不倶戴天(ふぐたいてん)の敵」

なのだ。



●「日本人よ、真の反省をして行動せよ」

 だが、このような異常者どもをここまでつけ上がらせ、のさばらせたのは誰か。日本人自身ではないか。
 私は、戦後型日本人の悪しき象徴としての無能極まりない民主党政権を批判してきた。特に、東日本大震災後の復興の遅れや対外的な無能さをさして、「日本人の無為無策、政治的愚鈍」などと強く批判してきた。そして、「自虐史観によらない真の反省をせよ」と訴えてきた。
 だが、無責任でない批判者は私だけではなかったのだ。似たような反省・批判の弁が、終戦直後から責任ある地位の者達からも出ていたにも関わらず、ほとんど大きく取り上げられることはなく、日本人は真の反省をしてこなかったのだ。
 そんな状況が招いた韓国の竹島侵略であり、今回の「親書の拒否」という国交断絶に近い暴挙である。


 何度も繰り返すが、第二次大戦の敗戦という未曽有の歴史的大失敗の原因を、戦後の日本人は真摯(しんし)に究明・反省してこなかった。もてはやされるのは左翼や中国・韓国(敵国)の喜ぶ「自虐(じぎゃく)史観」ばかり。左翼的な歴史観ばかりだった。自衛の為の日露戦争まで含めて「明治維新後の日本の行為はすべて侵略」といったタワゴトばかり。更に一部の保守系(右翼)は、これに対抗?しようとしてか、「軍部批判は一切許さない」とか硬直化していった、まるで原子力ムラの住人のように。「原発絶対反対」と「原発絶対安全」という硬直化した声しか聞こえなかったことが、原発事故の一因だがな。

 こうして、戦後は左翼以外からの有益で真摯(しんし)な反省の弁はほとんど黙殺されてきたが、最近になって、それがテレビなどでも出てくるようになった。

●あそこまで軍部の独裁(暴走)を許した原因として、
「重臣、議会、財界、文化 各方面の人々の無気力」
という永野護の意見がある。永野は財界から政界に転じ運輸大臣等を務めた。初代新日鉄会長だった永野重雄の兄だ(テレビ東京 8月18日放送「田勢康弘の週刊ニュース新書」で紹介)

●戦争指導に失敗した国の最高責任者たちへの評としては
「無為、無策 
 意志の薄弱
 感覚の愚鈍 
 の驚くべきものであった事」

 これは、海軍で終戦工作に関与しようとして果たせなかった高木惣吉海軍少将(当時)の文章の中の表現(NHK総合 終戦の日8月15日放送「終戦 なぜ早く決められなかったのか」で紹介)。
 要点だけ聞くと驚く者もいようから、放送で読まれた部分をすべて記しておこう。

「現実に、太平洋戦争の経過を熟視して感ぜられることは、戦争指導の最高責任の将にあたった人々の、無為、無策であり、意志の薄弱であり、感覚の愚鈍さの驚くべきものであったことです。」

 高木少将は更に続けている。

「反省を回避し、過去を忘却するならば、いつまで経っても同じ過誤を繰り返す危険がある。
 勇敢に真実を省み批判することが、新しい時代の建設に役立つものと考えられるのであります」
(引用の細かな表現に間違い等あれば各自で修正願いたい)

 冷静・真摯(しんし)な分析で、辛辣(しんらつ)に見えても的確な表現と思う。前半部だけ見れば「厳しい言葉」にも見えようが。
 高木海軍少将は、ソビエト連邦(ロシア)が中立破棄・対日参戦の腹を決めた頃になってもソ連の仲介による対米・和平交渉にこだわった暗愚な日本政府首脳部の方針とは別に、戦後のソ連の影響力拡大を警戒し始めた米国政府との直接交渉ルートを見出していた。スイス駐留武官からの情報によるそうだ。このルートでの交渉が成功すれば、終戦の悲惨さは相当に軽減できた可能性があった。
 にもかかわらず、このルートはほぼ黙殺された。しかも、軽視・黙殺したとされるのが、戦後に「陸軍悪玉論」が多い中では良識派とされた米内海軍大臣や東郷外務大臣の率いる外務省だったから、余計に以外だった。「彼らまでもか」と。
 そして、無為無策のうちにポツダム宣言が出され、ソ連軍による満州侵入・蹂躙(じゅうりん)や米軍による原爆投下となり、一般人の熱戦・放射線による大量無差物殺戮や満州居留民の凄惨な逃避行、関東軍の壊滅の段になって、ようやく終戦にするという、ひどいお粗末さとなった。
 その為、高木少将の嘆きは大きかったのだろう。一見すれば「厳しい言葉を吐き捨てた」ように見えても、この人物の立場を知れば、むしろ「抑えた表現」と感じられるのだ、悔しさを抑えた。「抑えられた魂の叫び」だろうか・・・。

 どこにも重大事を決断できる責任者がおらず、いるのは保身ばかりの小役人の代表だけ。日本人社会は、戦争時に極端に現れたそんな自己の欠点を反省してきたのか? しないからこそ、今回の竹島問題ような結果を招いたのだ。地道な草とり百姓・職人としては世界一優秀で、モノツクリでは奇跡が起こせる天才モノツクリ民族でも、言論能力はガキ以下のレベル。政治的には愚鈍としかいいようがなく、イザという事態になると「無為無策」で「意志が薄弱」で「感覚が愚鈍」で、まるでダメだ。
 第二次大戦中の日本兵は「圧倒的な敵との兵力差や物量の差の中でも頑強に抵抗する忍耐力」とか評された。事実だ。だが、国全体を見れば、個々の兵士の忍耐力と真の精神力とは別の話。日本兵は指導層の無為無策で何も解決できない結果として、ひたすら我慢させられる結果となった。真の精神力を持った優れた指導者がいれば、兵士に度を越した異常な犠牲ばかりを強いないよう決断する。結局は、優れた指導者の養成に手抜きした日本社会全体が、そのツケを払わされたのであって、大きく見れば日本人はやはり単なる被害者ではないのだ。
 軍隊ばかりでなく、これは日本社会全体に当てはまる。意志の薄弱や感覚の愚鈍、無為無策の結果として組織・社会の大きなカジ取りを失敗し、ただひたすら我慢してごまかす。ごまかしきれないのに、それを精神力だとか賛美しても・・・。
 戦争敗北の真の教訓も生かせず、優れた指揮官、指導層の不足する日本では、ひんぱんに「無為無策」「意志薄弱」「感覚愚鈍」状態となる。そんな日本人が、何も出来ずに失敗し、我慢する。これほどのバカ、「いじめられっ子体質」があろうか。それが竹島問題の原因だ。しかも、その我慢を私のような者に押しつけて平気な顔をする場合がある。被害者には到底、許されないのだ、中・韓が喜ぶ左翼的自虐史観によらずとも。
 日本人も日本兵も、極めてガマン強かったのは確かだが、無為無策のごまかしのシリぬぐいで、国全体で言えば自業自得。これは大地震後にも思い知らされたはずだった、日本人は、敗戦後と同じで。それでも反省しなかったのだ、毎週金曜日に原発反対は叫んでも。


 そんな卑怯な行為・政治を積み重ねてきた結果、韓国という悪魔にコビへつらって金もうけや保身をし、韓国などという正体を知ればだれにも愛されない悪魔のテロ民族の国をここまでつけ上がらせたのだ。ちょうど、悪玉とされた陸軍・軍部の暴走を許したとされるのと同じように。
 戦後は口先では軍国主義・軍部独裁を非難しながら、反省は口先だけで、やっていることは昔の繰り返し。第一、戦後は戦争を散々非難しているマスコミこそが、かつては軍国主義を最も賛美していたのだし、今は韓国という悪の独裁勢力の最大の手先なのだから。

 戦後の左翼労働組合の全盛期には
「昔、陸軍 今、総評」(横暴で困ったものとは、の意味)
と言われたものだが、今は
「昔、陸軍 今、韓国」
なのだ。

 これは、ほかでもない日本自身の中にある「無為無策、意志薄弱、感覚愚鈍」によるものだ。第一義的には政府高官や政権与党などの欠陥だろうが、それを生みだしたのは他でもない、戦後の日本の世論であり、それを作ったマスコミであり、それを喜んだ日本人自身、自称「一般庶民」なのだ。多くの日本人自身の「無為無策、意志薄弱、感覚愚鈍」に他ならないのだ。


 これほどの異常者である韓国・韓国人の罪は報じる事もできないような体制、「近隣国条項」といった人権無視・主権無視の異常なシステムを放置してきたのは誰か。これほど異常な韓国の国策宣伝手段である韓国ドラマを、政府の許認可事業であるテレビ局が異常な本数の放送をし続けるのを止めないのは誰か。日本人自身の「無為無策」ではないか。社会全体で毅然(きぜん)として危険な姦流ドラマをやめさせようともしない「意志薄弱」ではないか。韓国ドラマにダマされたバカな日本人観光客が韓国で犯罪にあい続けても知らぬフリ、焼き殺されても他人のフリという「無為無策」「感覚の愚鈍」ではないか。海外では韓国ドラマやコンテンツは反日宣伝活動の道具でしかなく、同胞を危険にさらすだけのものであるのに気がつかぬフリとはな。


 私が朝鮮系スパイ夫婦に毎日毎晩のように毒を飲ませられ続けていても、なかなかまともに対応せず、ヒ素類中毒の証拠まで抑えながら「無為無策」で私をイケニエにし続けて保身を図ったのは、どこのどいつだ? お前達日本人ではないか。
 幼い子供が毎晩毒を飲ませられて骨と皮だけの姿で毎日外出しているにもかかわらず、その苦しみは想像もせず一顧だにもせずに見殺しにするという、異常なまでの「感覚の愚鈍」「卑怯(ひきょう)」ぶりは、お前たち日本人自身のものではないか。異常な敵に対して、何ら戦おうとしなかった「意志薄弱」は、お前達日本人自身ではないか。これは一部の戦前の「重臣」や「政治家」や「陸軍」だけの責任ではないのだぞ。
 そして、東日本大震災直後のG8やユネスコの反応、大洪水直後のタイ王国政府の私の声に対する反応を見るまでなく、五輪の折の不正判定騒ぎやその後の結果を見るまでもない。そのイケニエにされた私がいなければ国際的にほとんど何もできないも同じの無能で幼稚な存在が、お前たち日本人ではないか。そんな私との和解が国政上極めて重要であるにもかかわらず、それを放置しつづけるとは、これが異常な「政治愚鈍」でなくて何なのだ。「感覚の愚鈍」でなくて何なのだ。「無為無策」や「意志薄弱」でなくて何なのだ。

 それ程までに弱くて意志薄弱で愚鈍な日本人自身の態度こそ、韓国という悪魔をここまで増長させ肥え太らせた原因だ。私はそれを「戦後型日本人の短所」と表現してきたが、戦前から既にそうだったのだ。その為に軍部の暴走を許したのだ。武士の家で育てられた指導層、児玉源太郎や後藤新平等のラストサムライの世代が去った後は、残ったのはクサレ小役人根性の情けない草取り百姓の代表だけだったのだ、日本は。上から下まで。戦前は赤く汚れていなかっただけの話なのだ。

 上記の高木海軍少将の魂が、その死後に私に乗り移り、私にこれまでの論評をさせてきたのかね? いや、人生もなにも破壊されたにもかかわらず日本の為に散々ムダな貢献をしてきた者の当然の感想だ、高木少将と似て。




●「さて、どうするのだ?」

 一応、お前達日本人は日本の主権者だろう? 首相親書まで拒否して、韓国は実質的に日本に戦争を仕掛けてきたのだ。軍隊が実弾を発射していないだけなのだ。
 私は既に散々この問題についても触れてきた。とるべき対策にも触れてきた。普段からこのような問題についてまじめに考えていれば、今更あわてる必要も何もないはずなのに。


○ 外務省は日本人観光客の韓国渡航を禁止か強く制限せよ。
○ 「近隣国条項?」を廃止せよ。
○ 国土交通省観光部局は韓国旅行の販売時には危険の説明を業者に義務付けよ。
○ 文部科学省は税金を使うあらゆる学校や機関の韓国との交流を中止せよ。子供や関係者を韓国人のテロから守るため絶対必要だ。
○ ただ留学生を増やせという売国的留学政策を廃止、敵国スパイの学生としての入国を止めろ。
○ 放送行政当局は、極めて危険で有害な韓国ドラマの放送を原則全面延期・中止させよ。
外務省は韓国タレントの入国を拒否せよ。
 竹島関連問題(ウサン島問題)で日本人国会議員の入国を拒否した時の韓国側の口実をそのまま使え、「身の安全が保証できない」と。現状で日本人観光客が韓国に行けば危険なのと同じ、として。

○ これはネット関係者の仕事だろうか。連日の異常極まりない反日報道を繰り広げて視聴率を稼ぐ韓国のテレビ局の報道ぶりを日本人に伝えるだけでなく、どのテレビ局がどの韓国ドラマを作っているかも、日本人に分かりやすく伝えてやれ。手段・ツテを持つ者はネット民の中にならいるだろうよ。
○ 大きなデモもかけねばなるまい。韓国ドラマを放送する全てのテレビ局をつぶすつもりでやれ。外務省や総務省(放送行政)や韓国大使館や新大久保の韓国街は言うに及ばず。
○ ネットを通じ、このような反韓ネット革命の考えを世界に広めよ。

 放送行政当局は
○ 東日本大震災テロップ不提示疑惑なども解明せよ。
○ テレビ局内に韓国の報道機関の出先が同居して報道管制を行うような悪の体制も是正してつぶさねばらならない。
○ 外国資本によるテレビ局の資本所有の制限制度も厳格に運用しなければならない、この際。

 運輸政策・公共事業政策では、
○ 国際航空での韓国の排除。韓国の国際空港が日本のハブ空港という惨状を克服せよ。日本の飛行機がソウルに行ったり、韓国の航空会社が日本の地方空港を占拠して肥え太る惨状を是正すべく、路線規制の強化や、東京の空港(羽田や成田)の強化、特に羽田空港の徹底拡大などを直ちに検討・実施せよ。
○ 韓国の港が阪神大震災のドサクサで火事場泥棒的に奪った日本の船を取り戻すべく、日本の港湾を24時間荷扱い可能に規制緩和せよ。日本各地の地方港湾等の使用実績を稼ぐための韓国船に対する使用補助金等を即刻停止せよ。

 要するに、敵国韓国を肥え太らせる売国的な空港・航空行政、港湾・海運行政を是正すればよいだけの話だが。


○ そして、その後には、
「憲法改正」
「徴兵制」
「核武装」
だろうな、いずれは。




「犯人を死刑にしないなら、そのまま出して下さい。私が殺します!」

 これは光市母子殺人事件で妻と赤ん坊を殺された遺族(夫)の声だ。別に脅迫罪には問われていないぞ、もっともな話だし。
 同じ事を、ここでも言いたい。姦流ドラマにダマされて敵にスパイ活動資金を与え、韓国にまで引き込まれて犯罪のエジキになる日本人が多いのを全て無視して金もうけや保身に走る日本のテレビ屋や監督官庁の人間。被害者や遺族に「殺してやる」とののしられて当然だ。全てのまともな者に同じ事を叫ばれて当然だ。
 ならば、叫んでやれ。「デモではヘイトコール(憎しみの叫び)禁止」なんぞと言っている場合ではない。すでに韓国とは実質戦争一歩手前の状態なのだし、日本のテレビ屋どもは犯罪者のグルであり間接殺人者で、排除するのが当然の社会正義だからだ。

「総務省はTV屋の犯罪をやめさせて下さい。でなければ私が殺します!」

と叫んでやる必要があるのだ。ちょうど私が、

「我が家の殺人鬼の悪魔を隔離して下さい。でなければ私が殺します!」

と言いたいのと同じだ。実際にやれば私が全て悪いことにしてゴマカスつもりだろうから、実際にはやらないだけだが、上記のような姦流犯罪被害者や関係者ならば、当然その権利があるのだ。


 ところで、尖閣問題では突出している石原東京都知事だが、東京都が支援する「TOKYO(東京)MXテレビ」では韓国ドラマや韓国文字が多数出る番組を放送中だ。
 毎日、昼に録画していた「全国百線鉄道の旅」が終わった次は「イッツ ソウル」(再放送)だと。ソウルとは韓魔の首都らしい。なぜ、よりにもよってこの時期に、都民を危険にさらす韓国観光PR番組をワザワザ放送開始しなければならないのか、都民の税金を使って。このような広告にダマされて、今、日本人が韓国なんぞに行ったら、何をされるかわからないのだぞ。食べ物にツバを入れられたりタクシーや路地裏で恐喝されたりするだけでは済まないのだぞ。
 国民の税金で日本人を危険にさらす行為に手を貸すのか? 敵に反日活動費を提供させるのか? そんな事をさせながら、一方では尖閣購入で国士気取りかね? 
 私の問題でも、毒物連続殺人未遂の頃に私を一時保護したのは東京都中央児童相談所と思われる。その東京都はその折の情報・証拠も開示しない、被害者自身の私に。私のツメに出たヒ素中毒の証拠をもみ消したのは、東京都世田谷区立尾山台小学校の校医と名乗る者達。散々私を抑圧したのは東京都世田谷区立尾山台中学校の教師なのに・・・。
 その東京都の石原知事が、やるべきことを何もしないままで、「TOKYO MX テレビ」(9ch)に都民の税金をつぎ込んで危険な放送をさせるのか? だとすれば、いい加減にせよ。尖閣購入問題は、Xデー宣言後に中国の反政府暴動が一部で本格化したため、結果として是としている。この段階になれば、反日デモが反政府デモに転化するのも良いからだ。が、内心はハラハラものだった。元気が良いのはよいけれど、政治家としては足元が不安定なのでは? やるべき事を後回しにしているとすれば、石原のスタンドプレーには少々辟易(へきえき)。この場で、あえて石原の全ての信仰の世界からの破門を提言する。取り消してほしくば、私を納得させる善処をせよ。


 だが、破門されるべきは石原だけか? 尖閣問題で活躍の石原でさえ破門されるようなら、お前達日本人も当然、大半は信仰の世界から追放だ。信仰など持たない為に精神価値が低く、常に絶対の存在に見られているという信念からくる強い意志も持たないために「意志薄弱」な日本人には分からないかもしれないがな、これは世界的に孤立無援と同じになったということだ。それをわきまえろ、政治愚鈍で赤く汚れた草とり百姓。

 私の支持支援がほしくば善処せよ。8月15日の期限を踏み倒した後に事態が急展開している点も忘れるな。それがない限り、日本の問題とは、しばらく距離をとりたい。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/644
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml